タグ:フォトショップ ( 12 ) タグの人気記事
修正済みです。 10月11日(水) 6191

b0069507_04164379.jpg広告写真系撮影には無くてはならないツール、ドキュメント写真系にはあってはならないツールPhotosopに代表される画像修正に関して、フランスからニュースが…

フランスの官報の10月1日付けに「フランスで出版やネット上での公開またはポスターやカタログなどで使用する写真において、その写真が画像修正を行われている場合は、その旨明記しなければならない法律が10月1日から施行さる。」と掲載されたとの事です。
2017年10月1日以降はモデル等に施されたレタッチは書籍・雑誌等に明記する義務があり、罰則規定もある強制力のある法律のようです。
日本でも、だいぶ以前に経産省が化粧品のポスター等には、画像修正してある事を明記しなければならいという規制をするという噂がながれましたが、その後、沙汰止みになったようです。

私がビックリしたのは、何年か前に世界報道写真展に出品された多くの作品が画像処理をされていたというニュースです。
自分自身が広告系フォトグラファーなので、広告写真は何でもありという事はしょうがないな~と思っていますが、ドキュメント、報道写真は真実を伝えるという矜恃のもと、画像処理なんかはしないと信じていただけにショックでした。

その後、世界的な通信社は画像処理を見抜くソフト等を開発、使用して処理をチェックいるようです。
報道写真の画像処理問題の詳しくはココからどうぞ。少し長いですが問題がわかります。
報道・ドキュメント写真だけは、あのトランプ大統領から「フェイクだ」なんて言われて欲しくありません。

フランスの画像処理明示義務の影響、世界にどう影響するでしょうか?
注意して見守っていきたいと思います。



by mash_boss | 2017-10-12 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
無くなった職業   2月22日(水)  5962


b0069507_242652.jpg今日は、画像調整の日でした。
最初は人物写真のRawデーターを色調整し、現像してトリミング。
次に、建物の画像の、垂直・水平の修正と色調整、暗部とハイライトの調整。
最後は編集プロダクションから戻ってきた、使用するカットの色調整をしました。
この3つの作業、これまでに時間を見つけては処理をしていたのですが、本日はフィニッシュに向かって画像処理の日にしました。結局、Macの前に座っていたのは7時間程でした。
今日は、7時間でしたけど、トータルはどのくらい時間がかかったのでしょう?
フィルム時代のカラー写真は、撮影後はそれぞれのプロフェッショナル作業の世界で、フォトグラファーにはアンタッチャブルの世界だったのです。それが今は・・・
撮影後にイメージしたとおりに仕上げられるデジタルの良さもあれば、フィルム時代はしなくてもよかった作業をしなければならなくなった事もあり、デジタル写真の功罪、色々あります。
写真がデジタルになって、無くなったプロの職業があります。
それは「レタッチャー」?? 今のレッタチャーでは無く、フィルムやプリントに「手作業」でレタッチする、レタッチャーです。
そもそも、フィルム時代のレタッチャーさん、そんなにいらっしゃいませんでした。
私が知っていたのは2社。
お願いしていたのは、青山の骨董通りにあったツチヤカラーレッタチ。
いつも、目を赤くして仕事をしていた、ツチヤさん、お元気でしょうか?
フィルムで撮影して、スキャニングしてデジタル化していた時代。フォトショップが台頭してきた頃「デジタルのレッタチってどうですか、始めようと思っているんですよ・・・」と話していたのが忘れられません。あの頃を最後に、レタッチをお願いしなくなりました。フィルムで撮影しても、デジタル化するようになったのです。
フィルム時代、商品撮影等の背景にゴミが落ちていて、どうしてもそれを消さなければならないなんて事になると、時間も経費もかかります。だから、アシスタントは丁寧に撮影商品のゴミをおとし、撮影バックのゴミをきれいにしました。それにひき替え、今の・・・(オーット 愚痴になるから止めます。)
大きな撮影になると、フィルム時代でもレタッチャーさんに撮影前に相談をしていました。
私が一番レタッチャーさんにお世話になったのは、漆の螺鈿のタンスと家具。当時、一棹数百万する商品のカタログ撮影。撮影前からツチヤさんに相談して撮影をすすめたのを、思い出します。
※もし、現役のフィルムレッタチャーさんがいらしたら、無くなった職業と書いてすみません。お知らせください。表現を変えます。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-23 07:26 | 写真 | Trackback | Comments(0)
疑似編集&レイアウター   1月17日(火)  5926


b0069507_5374856.jpg今日の午後は、JPS・公益社団法人日本写真家協会会報164号の編集作業に集中でした。
私の担当は、賛助会員トピックスというページで、JPSの法人賛助会員からのトピックスを掲載するページです。
あらかじめ、字数と写真枚数等を指定して賛助会社さんにトピックスを募集します。それをJPS事務局到着順に、送られてきた文章には全く手を加える事なく掲載するのですが、掲載は無料なので最近人気がでてきて、応募社数が多くなり、レイアウト作業はそれなりに大変です。
使うソフトは、アドビ・インデザインです。詳しい使い方を知らなくてもそれなりのレイアウトができてしまうのが、凄いです。
写植、トレスコ(若い人は?だと思います。)を知っている世代の私としては、昔はレイアウターがやっていた仕事を、フォトグラファーができてしまうソフトウエアに感慨深いものがあります。
以前、デジタルのDTPソフトといえばクォーク・エクスプレスが定番でしたが、価格と日本語開発の遅れから、今はインデザインが主流です。
私はこの作業を、ワードでしていたのですが、インデザインがリリースされて、すぐに使い始めました。
最初は、ワードに比べて設定が細かく編集、レイアウト用語も多く戸惑いましたが、わからない事があると、Webで調べながらどうにか作業をしています。インデザインもバージョンが上がる事に使いやすくなっています。
JPSの広報委員になっていなかったら、インデザインなんて使う機会は無かったとおもいます。何でもやってみるものだと思います。
b0069507_6272387.jpg数時間の編集作業を終えて外にでると、御同輩が仕事中でした。(ちょっと三脚細いかな〜 ウエイトつけなくてだいじょうぶかな〜)
寒いなか、ご苦労様です。
それこそ、フィルム撮影だったら、きちっとした写真が必要な、夜の建物や店舗の外観撮影は大事でした。
それが、高感度・高画素の現在のデジタルカメラだと、いとも簡単に撮影できて、後はフォトショップでちょっと処理すればOKです。
仕事の撮影では、エクタクロームが再販売されようが、コダクロームの復活が噂されようが「そんなの関係ねぇ~!!」です。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-18 07:29 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
結論です。  8月4日(木)   5732


昨日のエントリー、Photoshop黎明期より使用し、レタッチャーとしても活躍したフォトグラファーの永嶋サトシさんから、Facebookでレタッチに関するコメントをいただきました。そのおかげで大変盛り上がりました。
そして、永嶋さんが正しいレタッチをしてくださいました。

b0069507_6165769.jpg
中央が永嶋さんがレタッチしてくれたものです。自然なレタッチです。少し若返りました。この修正なら納得です。
こうして比べるとポートレートプロの画像修正、ほんの少し使っただけですが基本的に、アジア系の顔になるようです。開発した国の肌の好みにどうしても影響されるのでしょう。
永嶋さんのレタッチは、ブログにアップした写真jpgからレタッチしたものです。
レタッチするデーターについて、永嶋さんから次のメッセージをいただきました。
「信頼のおける第三者にレタッチを出す場合は、階調の仕上げを依頼する場合、イメージとしてのTIFF or JPEGの添付とRAWデータを渡したほうが、仕上がりが良くなるはずですので、意固地でRAWを封印することは、結果として自分に跳ね返ってくることも覚えておいてください>写真家諸氏」との事です。
b0069507_6461721.png
永嶋さんの、レタッチ行程です。
参考にしてください。

以上、レタッチに関するエントリーは、本日でおしまいです。
勉強になりました。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-08-05 07:38 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(1)
調子にのって・・・   8月3日(水) 5731


b0069507_512434.jpg昨日のエントリー、予想外にレスポンスが良かったので、調子にのって画像修正してみました。
夏休みモードなので、ネタが枯れ気味なのであります。暑苦しい顔がモデルですみません。
今回、主に使ったポートレートプロというソフト、男性修正モードもちゃんとあるのです。
そのサンプルは、かっこいい外国人のイケメン。
私の顔を修正するとどうなるか・・・

おわかりと思いますが、左がBefore, 右がAfterです。
ほんの、ちょっといじっただけなのですが・・・
御感想は・・・

修正ポイントは
1)目の大きさ。
2)肌を若干滑らかに。
3)右頬を若干暗くして立体感を強調。
4)肌色の調整。
5)もみあげから飛び出していた髪の毛の消去。
6)歯を少し明るくしました。
7)メガネの部分変形、歪みを修整しました。
ポートレートプロVer12で1,2,3を修正、フォトショップ2015.5で4,5,6,7を修正しました。
尚ポートレートプロは現在Ver15になっています。
ちなみに、今回バージョンアップされた、フォトショップCC 2015.5では、ポートレートプロで行っていた事も全部ではありませんができるようです。
ポートレートプロ、整形外科の病院で整形後はどうなるかの、シミュレーションに使えるのではと思いました。
さて、先日の参議院議員選挙では片山某議員のポスター、修正しているのでは?と話題になりました。
また、都知事選挙で、石原某氏が「厚化粧」と発言、ひんしゅくをかいました。
何かと、お顔が話題になったこの夏です。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」、やり過ぎは注意ですね。

自戒を込めて、男は内面が顔に反映されます。
画像修正で遊んでいる場合ではありません。内面を磨かなければ! 
まだまだだな〜 


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-08-04 07:44 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(1)
紺屋の白袴・・・  8月2日(火) 5730


b0069507_3153624.jpg先日、自分のポートレートを撮影してもらいました。
紺屋の白袴といいましょうか、フォトグラファーなのに、ちゃんと写した自分の写真ってあまりありません。
今回は、ヨドバシカメラの撮影会等のイベントに使う為に撮影とあいなりました。
今、使っている写真は4年程前にスタジオで写した写真を使っています。
「そろそろ変えてください」と、マネージャーの多比良に言われました。
今回は、外での撮影にしました。
撮影場所を自分で決めて、撮影は飯島君にお願いをしました。
まずは、ホワイトバランスを取ります。
b0069507_3285480.jpg撮影場所は、スタジオの前。
背景は、後ろの緑にします。
70〜200mmの長い方を使い、背景をぼかします。
撮影ではフレーミングを安定させるために、三脚を使います。
プロ、特に広告系のフォトグラファーは、殆どの撮影で三脚を使います。
ゴミは、フレーミングには入りません。
画面、右斜め後ろからの薄曇りのトップライトで、ポートレートにはちょうど良い天気です。
白レフを柔らかくあてました。
写真では、私がレフの一方を持っていますが、これでは強すぎたので、本番では私は持つのをやめて、地面に置き、もう一方は長井君が高さを少し低くして持ちました。
b0069507_3371957.jpg撮影後、Raw現像はC1(キャプチャー ワン)で、画像処理は定番フォトショップです。(画像処理といっても、シワ等を消すわけではありません。)
画像処理は自分で指示して、実作業は長井君にやってもらいました。
背景の緑、針葉樹で薄曇りなので、少し青っぽく、暗めに写っているで、調整レイヤーで背景の緑だけを、トーンカーブで明るくして、同じく緑の彩度を上げます。
細い目の中のキャッチライトを強調します。
白いシャツのディティールがでるように、白とハイライトを押さえます。
顔の明るさを微妙に調整して、最後は立ち過ぎた髪の毛を少し消し、トリミングをしてておしまい。

b0069507_3451147.jpg恥ずかしながら、できあがったポートレートです。
ゴミの前で写したとは思えないでしょう。
ヨドバシカメラのイベントでの写真は、これを使います。
感想は、写される事にもっと慣れなければと思いました。


それにしても、目が細いです。
ちょっと、目を大きくしちゃおうかな〜


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-08-03 07:39 | ロケーション | Trackback | Comments(0)
七・五・三  11月15日(日) 5365


b0069507_6595825.jpg今日は、日曜日ですが市ヶ谷のスタジオのOfficeで事務作業兼フォトショップ作業。
フォトショップ、写真展用のプリントをするようになってから、接触する機会が多くなりました。
触れば触る程、奥が深いと感心しきり。Photoshopは今年25年になるようですが、PhotoshopとPCは産業革命のワットの蒸気機関の様な役割でしょうか?
私のように、40代前半でPhotoshopを触り始めた者と、10代後半からPhotoshopを触る若者とは、土台が違うようで、若い人にはかないません。
b0069507_621518.jpg今日は七・五・三。日曜日と七・五・三が重なるなんて、何年に一回でしょうか? でも、生憎の天気でした。
写真は、何日か前に原宿の事務所に行く途中にスナップしたものです。
原宿は明治神宮のお膝元。10月の始めから、七・五・三のお詣りの親子が見られるようになります。
七・五・三と成人式は、我々の同業者写真館のかき入れ時のようですが、こちらの方もデジタル写真登場後、爆発的に増えたスタジオ△△△のようなチェーン店の影響で大変なようです。

そして、今日外せないのは、フランスの同時多発テロ。
もちろん、テロはいけない事ですが、少し離れた日本では、その元になった事柄も思わないといけないでしょう。
時間は戻せない歴史問題です。日本人には理解しにくい、古くは十字軍に始まるキリスト教とイスラム教の問題、植民する側とされる側の問題、第二次世界大戦後の植民地独立等々、恩讐が絡み合っての結果なのでしょう。
isのような過激派まで派生して、その様々な活動をWebで宣伝活動ができるようになった現代、そしてこれから先はHome grown terrorist等の問題もあり、先の事はわからくなってしまったのでしょうか?

亡くなられた方々に合掌。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-11-16 07:35 | イベント | Trackback | Comments(0)
写真展準備 Ⅴ  引き伸ばし(プリント) 11月14日(土)   5364


現像液・・・
今回の写真展「Old Fashioned Portrait 先達へのオマージュ」では、プリントを自分でします。
プリンター(引き伸ばし機)は、CANON PIXUS PRO-10でします。Sではありません。
プリント用紙は、バライタ感が良い、ピクトリコのGEKKO シルバー・ラベルでする予定です。
GEKKO、銀塩時代は「月光」モノクロ印画紙の定番中の定番でした。
b0069507_6541280.jpg引き伸ばし機と印画紙が決まったら、次はペーパー現像液です。
銀塩印画紙だったら、Kodak D72 が標準的でした。
デジタルの今は、たくさんの画像処理ソフトがあり、迷ってしまいます。
そのなかで選んだのは、キヤノン純正 Pro10用のPrint Studio Pro.
Photoshop,Lightroomのプラグインソフトなのですが、PhotoshopCCは2014まで対応していますが、2015には対応していません。LightroomはOKなので、今回はLightroomで使っています。
このソフトを気にいったのは、モノクロに温黒調、白黒、冷黒調が選べます。
という事で、今回のワークフローは、撮影→Capture ONEでraw現像→Photoshop+Silver effectで調製→Lightroom+Print Studio Pro+Pro-10でプリントという事になります。
銀塩でも、デジタルでも、モノクロhsおくが深いですが、このワークフローで、満足いくプリントができあがりそうです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-11-15 09:44 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
 チョット緊張します。 10月8日(木)  5236

b0069507_6575837.jpg今日は、JPS・公益社団法人日本写真家協会広報委員会の編集会議。
10月末発行の会報誌の校了日です。
途中で、印刷会社の営業さんも来て、最後の確認をしました。
この時ばかりは、やっぱり、少し緊張する編集会議です。

報道系やドキュメンタリー系が多い、JPSにとって今年(まだ3ヶ月ありますが)は、ショックなできごとが幾つかあります。
そのなかの2つをご紹介します。
ひとつは捏造問題。
AFP通信によると
「世界報道写真財団(World Press Photo、WPP)が主催する報道写真コンテストには今年、前例がないほど多くの「加工された写真」が持ち込まれ、写真報道(フォトジャーナリズム)における芸術性と不正の境界線の在りかをめぐる議論が再燃した。最終選考の一歩手前まで残った写真の20%が、過度の加工を施していたために失格となった。昨年の3倍だった。
最終選考まで残ったカメラマンには、「RAW(ロー)画像」という未加工のファイルと最終版の両方の提出が求められた。
とりわけ、画像の不正加工による打撃が大きかったのはスポーツ写真部門で、この部門で失格せずに最終選考まで残ったのは2作品だけだった。『多くのスポーツフォトグラファーが、自分の仕事はジャーナリズムではないと思っているかのようだ』」。
もうひとつは、ピュリッアー賞ローカル報道部門を受賞者。
「ロサンゼルス郊外の街の小さな地元紙の記事が、ピュリツァー賞を受賞した。しかし、執筆した記者はすでに退職していた。」
アメリカの地方紙の給料では、家族持ちでは生活できないので、名より実を取らざるを得なかったとの事。「今はもうジャーナリストではないことに胸が痛むが、ロサンゼルス圏内で家を借りながら新聞の給料でやっていくことは難しかった」と話したとい事です。
アメリカでは、ここ名年かで多数の新聞記者が離職をしているとの事。紙媒体の衰退が原因です。

デジタル、色々な所に、いろいろな影響を与えます。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-10-09 08:05 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
今日は、色々・・・  6月17日(水)  5214


b0069507_254554.jpg昨日の続きです。
ライカQ発表会のお土産は、何とケーキでした。Leica Qのロゴが入った重々しい箱に、ケーキが一つ入っていました。
このケーキ、リベルタ-ブル“La Cuisine Pâtissiartism Libertable”というお店のKouglof Noir pour“LEICA”という、フランス・アルザス地方の伝統菓子クグロフをライカのためだけに、つくったケーキだそうです。難しい事はともかく、美味しかったです。
b0069507_310394.jpgスタジオには昨日届いた機材が、まだ開封されずに置いてあります。
銀一さんのバーゲンセールで購入。センチュリーが、かなりお得なお値段でした。
b0069507_3151081.jpgこちらは、ニューヨークのB&Hから購入したノートブック用ケースです。
円高の頃の安さ感はありませんが、こういうケースはまだ、B&Hの方が安くて、種類があります。
このケースはイタリア製、ペリカンほどではありませんが、十分な強度がありそうです。
ペリカンは必要ないので、これを選びました。
b0069507_3193685.jpg今日はなんといっても、これです。
クリエイティブクラウドのソフトが2015にバージョンアップされました。
Photoshop CC2015、まだ殆ど触っていないのでどう変わったかは、よくわかりませんが、このWebにアップする画像を準備していたら「Web用に保存」というのが、無くなったみたいです。
b0069507_3252691.jpg私にとっての最大の出来事はこれです。
私のソウルフードは、インスタントラーメンです。その元祖チキンラーメンの酸辛湯風です。
酸辛湯麺は大好きなおそば、チキンラーメンが酸辛湯と合体なんて・・・  コンビニに別のものを買いにいったのですが、これを見つけたとたんに買ってしまいました。

さっそく、いただきましたが、やはり酸辛湯風は、あくまでも風でした。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-06-18 07:38 | 機材 | Trackback | Comments(0)