タグ:パナソニック ( 2 ) タグの人気記事
単焦点レンズの凄さ 6月19日(月) 6078

b0069507_52835.jpgモザイクをかけた写真にお許しを…
今日の午後は、昨日の撮影会で撮影した写真の整理をしました。
18日のヨドバシカメラの撮影会で写した写真なので、そのままアップするとモデルさんの諸権利に触れる恐れがあるので、こんなカタチでのアップになりました。それでも、なぜアップしたのか…
明るい単焦点レンズの描写と、ピント合わせの顔優先瞳モードに感嘆したからなのです。
18日、日曜日の名古屋の天気は、午前の薄曇りから午後は曇りでした。午後は雲をディフューザーとした、暗めの柔らかい光で、明るいレンズをNDフィルター無しで使うには絶好のチャンスでした。
というわけで、LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.という、オリンパスとパナソニックで使えるマイクロフォーサーズ規格、フルサイズ換算85mm F1.2というライカブランドのレンズを使用してみました。
絞り開放1.2 シャッタースピード1/1000 ISO200 露出補正:+1
ピントの合った右目のシャープさ、髪の毛のピントの合った部分からボケている部分へのなだらかなボケの美しさ… 被写界深度は2Cmくらいでしょうか… 良いですね~ すごいです。ピントとボケは写真の醍醐味のひとつです。瞳ピント合わせモードの精度の高さにも驚きです。モデルの弥生ちゃんの動き表情も良かったです。
私のフィールド、広告系の撮影では、商品絡みの人物写真だったり、服やランジェリーの撮影でもモデルさんの顔にも商品にもピンとが合っていなければいけないので、1.2のレンズを開放で使うなんて事は無いのです。
撮影会の講師をさせて頂いて、写真の醍醐味を再確認しました。
次の札幌の撮影会ではM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8に挑戦です。
大阪の撮影会でのAF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDといい、今回のレンズといい、明るい中望遠レンズの魅力に目覚めたのでした。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-06-20 06:59 | 機材 | Trackback | Comments(0)
フォーサーズ兄弟   2月9日(火)   5451


b0069507_4415562.jpg毎日ぶら下げているオリンパスミラーレスOMD-EM1と同じ規格のパナソニックGH4とGX8が事務所にやってきました。
明後日の撮影用で、オリンパスOMD-EM1と同じ規格のマイクロフォーサーズとはいえ、メーカーによってカメラの「味付け」が違って面白いです。
一口に言うと、パナソニックは4K動画に力を入れています。オリンパスは静止画に注力しているようです。
マイクロフォーサーズ規格、パナソニックのGX8,オリンパスのPen Fが2000万画素になりました。これまでは1600万画素だったので、25%も画素数が増えました。
これで、いよいよ我々広告系の撮影にも、フォーサーズが視野に入ってきました。できれば、APS-Cのように2400万画素までいけばよいのですが・・・
デジタルカメラは「画素数ばかりではないよ」とは言いますが、広告系の撮影には一定数以上の画素数は、余裕として必要です。その変わり、超高感度は通常必要ありません。せいぜいISO800位までが綺麗に写ってくれればOKです。
今年はフォトキナの年です。各社色々なモデルが出てくると思います。
私が気になるのは、仕事用の5D MkⅢの次のモデルMkⅣと毎日ぶら下げているOMD-EM1の次のモデルです。MkⅣは2800万画素とも3000万画素オーバーとも言われます。その位が日常業務には、ちょうど良いと思います。OMD-EM1の次のモデルは2400万画素位で、バッテリーの使用可能時間を長くして、充電時間を短くして、それに加えグリップを付けた時に、キヤノンのようにバッテリーが2本グリップに入るようにしてくれたらと思うのですが・・・ 期待します。あと、レンズフードやアイカップも落ちにくいように・・・ 
来年の今頃は、どんなカメラを使っているのでしょうか・・・

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-02-10 07:23 | カメラ | Trackback | Comments(0)