タグ:ニューヨーク ( 11 ) タグの人気記事
受講  6月20日(火)   6079

b0069507_2325894.jpg今日は、朝一でフォトネクスト2017へ行きました。
フォトネクストは、主に写真館向けのカメラショー。
他の写真のショーには出展しない、アルバム屋さんや衣装屋さん等が出展しています。
フジフイルムやキヤノンは出展していますが、コンシュマー向けのCP+とは違った内容で面白いです。
そのかわりというか、マーケットが異なるからかNikonやオリンパス等は出展していません。
現在、写真関係の大きなショーはCP+とPHOTONEXTの2つですが、以前はカメラショー、写真用品ショー、国際プロフェッショナルフォトフェアー(IPPF)、ラボショーと大きなショーだけでも4つありました。カメラショーは最盛期には全国で10箇所以上で開催していました。以前は、ヨドバシカメラもビックカメラも全国展開等はしていなく、各社のカメラを触れるのはカメラショーだけでした。
量販店の台頭ばかりが原因ではないでしょうが、現在ではCP+もPHOTONEXTも横浜開催だけになりました。昔を知る人にとっては、寂しいです。
b0069507_2554551.jpg本日、PHOTONEXTへ行ったのはこれがあるからです。
カメラ販売業界のリーディングカンパニーのヨドバシカメラの専務であり、ヨドバシカメラ撮影会の総合プロデユーサーでもあり、JPS・公益社団法人日本写真家協会の会員でもある日野さんが、写真需要喚起について、フォトネクストの基調講演として何を語るかを、聞きたかったからです。
大学の講義以来、久しぶりにノートを取りながら受講しました。
ヨドバシカメラのカメラ・写真文化に対する基本姿勢、そのなかでの撮影会の位置づけ等が、系統立てて聞けて非常に面白く、納得できるものでした。
ヨドバシカメラの専務の講演は貴重な機会なのか、90名定員のシートの廻りには立ち聞きの方が多く、全体では定員の倍以上の方がいらした感じです。
撮影会の位置づけもわかりましたが、講演のなかで話された「品揃え」の姿勢、「無駄な品揃えがあってこそ品揃え、1年に1個、3年に1個しか売れない物でも揃えておく」云々と、「コツコツやっていく」は、非常に共感できました。
b0069507_3215416.jpg昼過ぎにはPHOTONEXTを出て、次に向かったのは、渋谷の東急bunkamuraで開催中の「 ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展」。
今年、上半期のベスト写真展ではないでしょうか?
ウィリアム・クラインの「New York」でもなく、小川隆之の「New York is」でもない、Wetで優しいニューヨークが垣間見られます。
東京での写真展は6月25日(日)までです。お見逃しなく!
詳細はココからどうぞ!
この写真展は2018年春には伊丹市立美術館での開催が予定されています。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-06-21 06:51 | イベント | Trackback | Comments(0)
到着 6月12日(月)  6071 

b0069507_6123268.jpg先日、ニューヨークのB&Hに注文した物の一部が到着しました。
台車とスタンド入れとアップルボックス(木箱)です。まだ、到着していないのは台車に付ける部品です。
こういう物は、日本製にはありません。
アップルボックス、何に使うのでしょうか?
「雪洲」(セッシュー)に使います。
「雪洲」? 俳優さんの背丈の調整の事をさす、映画業界の用語です。
人種差別が多かった第二次大戦前から戦後にかけて、ハリウッドやヨーロッパで活躍しスターになった早川雪洲という日系俳優がいました。
私が小さい頃、日本のTVでも放送していたディズニーの番組に出演していたのを見た事を覚えています。その雪洲さん、二枚目俳優だったのですが、背が低かった(172Cm)ので、白人女優さんと同じ画面に収まる時に、背丈の調整をする事を「セッシュー」するというようになりました。ちなみに、人の背丈を調整する事だけでなく、物の高さを調整する時にもつかいます。なんと、ハリウッド発祥の言葉なのです。ムービー用語で、写真の世界ではあまり使いません。
b0069507_755849.jpg昼過ぎ、原宿の事務所にフォトグラファーのクリスが来ていました。
b0069507_773057.jpgクリスは、コーディネーターの岡本と売り込みに行く時の、Book用のプリントをしていました。
彼は、オーストラリア、シドニーで広告写真を撮影していたのですが、日本が好きで、ついにアーティストビザで日本に住んで仕事をするようになりました。なんでも、叔母さんがニューヨークにいるのですが、アメリカには一度も行った事が無いという、私からすれば「不思議な」オーストラリア人です。
クリスは、いつも物静かで勉強家の人です。着実に物事を進めて行くタイプで、見習わなければと思います。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。
by mash_boss | 2017-06-13 07:28 | 機材 | Trackback | Comments(0)
その昔… Polaroid 20x24   5月16日(火)  6044

b0069507_20231458.jpgこんな写真が出てきました。
時は1980年代半ばだったと思います。
当時、MASHでは世界に数台しかなかった、ポラロイド20x24カメラを預かっていました。
アメリカのポラロイド本社の色々なプロジェクトに協力しましたが、この記念写真もそのひとつ。
ニューヨークの女性フォトグラファー サンディー フェルマンが日本の刺青に惚れ込み、ポラロイド20x24(フィルムサイズ50Cmx60Cm)で撮影するプロジェクトでした。
3年程だったと思います。協力しました。
毎年、2~3週間東京に滞在、MASHのスタジオで撮影したのですが、ご覧のように刺青の人達がたくさん来ました。女性もいました。
その撮影時期には、事務所部分に撮影待ちの刺青の人がゴロゴロしていたので、異様な雰囲気でした。
撮影は彫り師事にグループ分けして、日が重ならない配慮をする必要があったようです。
刺青の人達の職業は、ジャズメンや不動産王者や香具師、とび職、そしておヤクザがかった人等様々でした。
レンズは製版レンズを改造した600mmと890mmだったと思います。
ストロボは、この撮影では15000Ws位をメインライトとして使いました。
この仕事で、日本の刺青の世界を少しですが、知りました。深いです。東大医学部には刺青標本があるようです。
最近は彫り師には医師免許が必要とかで、摘発が相次いでいるようです。
このプロジェクトで困った事は、フォトグラファーのサンディーが、ベジタリアンだった事でした。魚は食べるベジタリアンだったので、一緒に食事する時は、居酒屋にいったり、インドカレー屋に行ったりしました。
ベジタリアンのイメージはスレンダー。でも、ちょっと太めの彼女でしたが、その後、彼氏と別れてベジタリアンを止めて普通の食生活に戻ったら痩せたそうです。そんなの有りですか?
ちなみに、私は前列右端です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。
by mash_boss | 2017-05-17 07:30 | 撮影 | Trackback | Comments(2)
Break Time Xⅱ 5月4日(木・祝) 6032
b0069507_1552238.jpg

今日も、飛行機です。
ガサガサと家の整理をしていたら、こんな物が出てきました。
ニューヨークからサンフランシスコ経由、ニュージーランドのオークランドまで行った事があります。
その時、サンフランシスコ空港でもらった1Stフライトの証明書です。
もう41年前の思い出でです。その日は、偶然ですが、あの12月8日だったのです。
PAN AM,アメリカを代表する航空会社だったのに、もうありません。
ニューヨークを夜にでて、ニュージーランドのオークランドに着いたら日付が2日違っていました。

known that the Traveler named here Y, Fushimi is an extraordinary Traveler having this day entered upon a Unique-Journey,namely,non-stop passage by 747SP Pan Am Jet from San Francisco to Auckland on this date Dec,8,1976.
Some 6985 stature miles distant,crossing,enroute,The Equator and The International Dateline.

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-05-05 06:40 | 写真 | Trackback | Comments(0)
Break time ⅸ  4月22 日(日) 6021
b0069507_09145.jpg

禁酒法ってご存じですか?
1920年から1933年まで、アメリカで施工された法律です。
飲用アルコールの醸造、販売、運搬、輸入が禁止されました。
ただし、自分が飲むお酒を自分で造るのはOKだったとか。
だから、自分の庭に葡萄を栽培する人が増えたとか・・・
私の時代は、Untouchables.
シカゴマフィアとエリオット・ネスのTVドラマ、毎週夢中でした。
このボトルは、そんな禁酒法が解除された年、1934年1月のワイン?のボトルです。
Aged bottle 私の宝物です。
ラベルには205 East 42nd Street, New York, NY, にあったMARVIN & SNEAD,INCが輸入。
グーグルマップで見て、そしてググると今でも会社はあるらしいのです。
古い瓶一本で N,Y旅行ができました。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。




by mash_boss | 2017-04-24 08:23 | 写真 | Trackback | Comments(0)
 最後の一葉、そして・・・    12月11日(日)  5879


b0069507_114080.jpg「最後の一葉」というお話をご存じでしょうか?
私の時代には、中学の英語の教科書に載っていたニューヨークが舞台のO・ヘンリーの短編小説です。
撮影した葉を見つけた時に、遠い昔の英語の授業を思い出しました。
あの頃、単語帳を一生懸命覚えていた女の子は、東大に行ったな〜 
それにひき替え・・・ 
その後、何年もして初めてVillageに行った時にも、ここが「最後の一葉」の場所なんだと思いました。
中学の英語で記憶に残っているのは、このThe Last LeafとThree meals at a timeという、変な話です。
b0069507_1545625.jpg晩秋から初冬にかけて、落ち葉をサクサクと踏みながら歩くのが好きです。
そんなある日、こんな落ち葉が・・・
風で自然にできたのでしょうか。つきなみな表現ですが、自然の作ったアートを感じました。
四谷の外濠通り沿いの歩道で撮影しました。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-12-12 07:29 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
今年最高・・・?   11月23日(水・祝)  5871



今日は、若い頃に影響を受けたロバート・フランクの写真展に行って来ました。
この写真展が開催されているのを知ったのは、昨日です。MASHmanagementのコーディネーター岡本がネットで見つけました。
残念、開催を知ったのがちょっと遅かった・・・ 開催期間は24日まで・・・ 。今日行かなければ行く時間がありません。
この写真展、CINRA.NETによると「貸し出しに高い保険料がかけられることからフランクの作品展示の機会が限られているという現状を背景に、フランク自身とドイツの出版社Steidl社の創業者ゲルハルト・シュタイデルが企画。学校や美術館など公共性の高い場所を会場として世界50都市を巡回している。展示作品は廉価な新聞紙に印刷され、会期終了と共にパフォーマンスによって破棄される。なお同展の展示構成やイベントの立案、広報、什器の制作などは東京藝術大学の学生が主体となって行なっている。」との事。行かなくちゃ・・・
b0069507_1471479.jpgという訳で、色々済ませた夕方近く、「ロバート・フランク ブックス アンド フィルムズ 1947-2016 イン トウキョウ」に行って来ました。
会場は、上野の東京藝術大学 陳列館です。
秋深い上野の森の一画にある東京芸大、前を通ったことはありますが、中に入った事は初めてです。
16時近くに着いたのですが、結構長い入場待ちの列ができていました。
b0069507_159277.jpg待つ事30分、秋の日はつるべ落としといいますが、日がだいぶ沈んできました。
b0069507_22323.jpg会場内は全面的に撮影可でした。
1Fの入り口近く、写真集が天井から吊ってあり、自由に見る事ができます。
b0069507_2214360.jpg1Fはいくつかのコーナーに分かれています。写真は大きな新聞用紙に、何点かづつ無造作にプリントされています。
使われている新聞用紙、新聞用紙と言っても日本の物より色は少し白いし、厚さも厚いように感じました。
b0069507_2263365.jpg1Fでは、ムービーはこんな風に、投影されています。
b0069507_2273693.jpg小さいコーナーがいくつも続きます。
b0069507_2284632.jpg壁面にも、写真が貼ってあります。
撮影可です。
b0069507_2324321.jpgこれが、この展覧会の図録です。
新聞風です。価格は¥500,-。 もう、とっくに売り切れになっていました。
残念です。
b0069507_2441247.jpg1Fから2Fへの階段の踊り場にもムービーが投影されています。

b0069507_2383519.jpg2F会場です。
壁面には写真が、奥の壁面はムービーを流しています。
真ん中は、手作り写真集や写真集の製作過程の指示書等々が展示されていました。
b0069507_2345441.jpg名作中の名作、The Americansも新聞風の大きな紙にプリントアウトしてあります。
b0069507_2365279.jpg会場にて。

b0069507_2382326.jpg2F会場の中央の作品からです。
1951年にニューヨークで撮影した、ロバート フランクの最初の妻と子。
b0069507_2383067.jpg凄い写真です。

改めて、表現しつづける事の大切さ。写真、映像の面白さを実感です。
毎日カメラを持っている私としては、もっと気づきがなければと思いました。
スマホが普及し、質の良い写真、動画データーが大量に残るようなった現在、優れた編集者がまとめれば、凄く面白い写真展が開催できると思います。
b0069507_2574652.jpg興奮気味で外に出たら、もう真っ暗。
時間的に無理しても来てよかったです。今年、私が見たBestの写真展のひとつになるかもしれません。
明日が、最終日です。
時間のある方は是非是非見にいってください。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-11-24 07:41 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
 尻ぬぐい・・・   4月7日(木)  5506


b0069507_5423941.jpgクリス・モリソンです。
オーストラリア シドニーのスタジオをクローズして、アーティストビザを取って来日、MASHmanagementに加わりました。
レタッチ中です。
自分の写真では無く、他のフォトグラファーが撮影した写真のレタッチです。
世界的日本企業の製品入りモデル撮影のレタッチで、フォトグラファーは日本人以外、撮影場所もモデルも日本以外です。
私も、レタッチする写真をちょっと見せてもらいましたが、フレーミングはちゃんとしているのですが、ピントの山が無い写真でした。それと、写り込み等人物に絡む商品に対する気遣いが全く無い写真です。
Exifを見ると、シャッタースピードは、被写体に対して適正、絞りは開放・・・  性能の良くないレンズを、開放で使ったのが、ピントの山が無い原因だと推量されます。
商品の取り扱いについては、フォトグラファーが商品撮影の経験が全く無いフォトグラファーだったのでしょう。
商品は、クリスが写り込みやピント等を考慮して再撮して、それをモデル写真にはめ込みます。モデルの部分はピントをどうにか作って、再撮した商品写真と馴染ませ、モデルの歯、肌、髪の毛のほつれ毛も修正です。
フィルム時代、日本ではレタッチは車の撮影では、よく使われていましたが、他の撮影ではあまり使われていませんでした。フィルム時代、レタッチャーの人数は少なく、そのギャラも高かったので、クライアントの理解も得られないので、フォトグラファーは撮影テクニックで勝負をしていました。
その頃、ニューヨークはレタッチの本場で、レタッチが日本よりはるかに多く使用されていたようです。35mmのコダクロームで写した原版を8x10にデュープして、それをレタッチする等という高度な事もやったいたようですが、多くはフォトグラファーの技術にも問題があったので、レタッチが日本より多く使われるようになったのではと、今日の写真を見て納得しました。
ちなみに、フィルム時代に一番ビックリしたのは、杉木さんのアシスタント時代、ダイトランスファーという方式で、緑の蔦を茶色に変えた、人物がらみの撮影でした。

クリスの作品はココからどうぞ!


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-04-08 07:38 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
TOKYO トンボ帰り・・・  2月25日(木) 5466


b0069507_5462116.jpgKAZUTO君です。
MASHmanagementのヘアスタイリストです。3月10日から札幌で開催される、私の写真展にも協力してくれています。
ニューヨークに奥様のメイクアップアーティストの美香ちゃんと共に拠点を移しましたのが2月9日ですが、昨日、本日の岡安君との仕事の為2泊で一時帰国、明日の18時過ぎには、羽田からAIR CANADAでバンクーバー経由でニューヨークに帰るという強行スケジュールで仕事です。
東京では2泊ですが、行きと帰りの飛行機で機中泊となるので、かなりきついです。
我々の業界、どのパートでも、体力と気力、必要です。
MASHmanagementにはもう一人、仕事ならいつでも東京に帰ってくるという「体力と気力」のあるヘアメイク・さばた ちあきがマレーシアのクアラルンプールにいます。
クリエーターの皆さん、世界は広いです。日本人の美意識と丁寧な仕事、世界で通用します。でもちょっと英語は勉強しましょう。
日本は、人口減少社会(子供政策にこんなにお金をかけないのでは、これからも子供は増えないでしょう。)、仕事は世界にあるのです。!!

KAZUTOの作品はココからどうぞ。!!

さばた ちあき の作品はココからどうぞ。!!

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-02-26 07:26 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
 はまっているモノ・・・  9月16日(水)   5304


b0069507_5462231.jpg今、MAD MENにはまっています。
'60年代前半のニューヨークの中堅広告代理店を舞台にしたTVドラマです。
以前、地上波で放送していたのを、2〜3回見た事があったのですが、深夜枠だったので、全部は見られませんでした。
それが、9月からサービスが始まった、NETFLIXで配信されているのです。
それも、3シーズン39話全部です。寝る時間を削ってみてしまいました。
ちょっと、業界人としては物足りなさがあるにはありますが、オグルビー、グレン、マッキャン、DDBO、クレアラシル、アメリカンエアライン、ヒルトン、パンパース・・・ 実際の広告会社、クライアントの名前が出てきて、何かワクワクしてしまいます。
60年代前半、朝鮮戦争とベトナム戦争の間の、アメリカの1番良かった時代のN.Y。公民権法案もまだ無い頃の話なので、出演者は殆ど白人ばかり・・・ アジア系もヒスパニックも、アフリカ系も殆ど出てきません。今、見るとちょっと違和感はありますが、当時の白人社会が垣間見られて面白いです。
WoW WoW オンデマンドやDlife、そしてNETFLIX等を見ると、地上波はニュースと、日本代表のサッカーしか見なくなりました。
もともと、お笑い番組というか、いつも同じようなメンバーがひな壇に座って、どうでもいいような話をしている地上波は殆ど見ていなかったのですが、地上波TV離れ、私の中では決定的になりました。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-09-17 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)