タグ:ニコン ( 6 ) タグの人気記事
Blue Monday   2月13日(月)5953


ブルーマンデー症候群というのがあるそうですが、今日は、ゆうつな月曜日でした。
そのわけは、このところ相次いで発表される、カメラ関係の数字。これからどうなってしまうんだろうと思います。
・デジタルカメラの2016年の総出荷実績は、2,420万台。対前年比は68.3%。
2011年以降の減少を食い止めきれず、さらに3割以上の減少。
・2017年出荷見通し:デジタルカメラ総出荷は2,170万台、対前年比89.7%と見込み。
2016年は、熊本地震の影響もあり生産したくてもできない事情があり対前年比63.8%と低い数字になったようですが、2017年の見込みは低かった2016年の89.7%になるという見通しだそうです。(日本経済新聞、デジカメinfo)
2010年には、12,000万台+もあったのですが、6年で5分の1になってしまいました。各社とも、コンパクトデジタルはスマートフォンに押されて惨憺たるようです。
さらに、Nikon DLの発売中止に、昨年のNikonの赤字が、構造改革などの費用がかさむ結果とは言え、90億円の赤字予想だとか。
カメラ業界は全般的に経済的に良くないようです。
b0069507_6525584.jpgガンバレNikon!というわけで、今日の写真は、私の永遠の憧れ、1957年発売のNikon SPです。
このカメラを知ったのは中学生の頃。
最初は格好に一目惚れ、次に性能を知って、ますます欲しくなりました。
もし手に入れても、今となっては、写す事は無い(私の写真モードは完全にデジタルなのです。)とは思いますが、余裕ができたら欲しいカメラです。
カメラの機械工学の最高峰の一つです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-14 07:37 | カメラ | Comments(0)
月曜日のレセプション  7月25日(月)   5722


b0069507_333577.jpg今日の夕方は、monochromeⅩⅢ “Nostalgie”のオープニングレセプションでした。
月曜日の写真展オープニングは、珍しいです。
今回の出展者47人は、これまでの13回のモノクローム展で最高人数で、これまでに1回47人があったとか・・・ 作品数はもっと多く60点弱で、作品が多いけれど、綺麗に収まったと挨拶する、主催者の永嶋勝美さん。左はギャラリーオーナーの竹内さんです。
b0069507_34626100.jpg私の作品(右)は、BAKU斉藤さんのお隣です。
BAKUさんの作品は、N,Y,のコニーアイランドで1993年に撮影。
カメラはNikon F4,レンズはAi Nikkor 50mm,フィルムはTri-X,印画紙はオリエンタル ニューシーガルVC-FBⅢ Advanceという入り口から出口まで本物のアナログ作品です。
私のはスタジオ撮影。カメラはEOS 5DMKⅡ,レンズは70~200mm 2.8 USM, デジタルデーターをキヤノンインクジェットプリンターの最新機種PRO-1000で、PICTORICOデジタルネガフィルムTPS100にプリント。そのネガを生産中止になっている、印画紙オリエンタル シーガルVC F8 ウオームトーンに密着プリントしたものです。
入り口デジタル、出口アナログのハイブリット(?)
ネガ作り、印画紙の選定、プリントは永嶋さんにお願いしました。
b0069507_4111385.jpgパーティーの終盤、恒例の記念写真撮影の時間になりました。
作品に当てていた照明の向きを変え、マイクで座り位置、立ち位置を指示。写真関係者が多いのに、記念写真の撮られ方は上手く無いようです。
撮影準備が終わるまで、幼稚園の卒園写真なみの時間がかかりました。
b0069507_4191492.jpg露出を計り、最終注意をするのは、大学の後輩でもあるAPA会員のフォトグラファー福原君です。
カメラはパノラマカメラのワイドラックスを使うため、レンズが動いている4〜5秒の間、被写体は動いてはいけません。江戸時代のポートレート撮影のようです。写真展が “Nostalgie”なので、しょうがないか・・・


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-07-26 07:27 | 写真展 | Comments(0)
ヨドバシカメラがヨドバシカメラである理由 Ⅱ  6月16日(木) 5680


b0069507_5502149.jpgフォトヨドバシというサイトをごぞんじだろうか?
毎回、カメラ、レンズの新製品や趣味性の高い気になるレンズやカメラのインプレッションを質の高い写真と名文で紹介している。
車の雑誌に例えるならば、CG(カーグラフィック)のインプレッションを想起させる。
2009年から始まったこのコンテンツの書籍化希望の声がたくさんあったという事だが、さもありなんと納得だ。
そして、その希望が実現して17日(金)に第一弾が発売される。
最初に発売されるのは、ニコンFマウントレンズとキヤノンEF&EF-Sレンズの2冊の書籍版と電子版だ。
私としては、誰もが同じ条件で見られる書籍版が良いと思う。なぜなら、電子版は見るモニターによって内容の見え方が、かなり変わってしまうからだ。
そういう面を考慮されたのかは不明だが、コストにうるさい今の風潮に逆らって、紙・書籍版を発売する事に拍手を送りたい。
これからも、これまでのフォトヨドバシの記事に、書籍化するにあたって、Web未掲載の写真やインプレッションを加えた書籍版が順次発売されという。
量販店が、カメラ雑誌を出版する。やはり、ヨドバシカメラがヨドバシカメラである理由だ。

フォトヨドバシ書籍版の詳細はココからご覧いただきたい。

最新のフォトヨドバシではPENTAX K-1を紹介している。
K1紹介はココからご覧いただきたい。

b0069507_6541198.jpg今日の夜は、ボケフォトの写真展「第6回 お写ん歩懇親作品展」に行きました。

ボケフォト・・・???
ボケフォトについてボケフォトファン管理人 堤 一夫さんは、以下のように書かれています。
「ボケにこだわってボケそのものを愉しむ写真、それが「ボケフォト」。被写体を浮き上がらせるためのボケはもちろん、ボケそのものが絵になっている「ボケが主役の写真」です。カメラ雑誌などのレンズ評価ではボケ味が必ず語られ、レンズ沼の住人達にとってもボケ味は重要な関心事。初めて一眼レフを手にする女性たちにもボケを生かした柔らかな表現が大きな魅力となっています。しかもいまやボケは「Bokeh」として日本語がそのまま世界で通用する日本人ならではの感性が生んだ写真の文化です。
にもかかわらずボケを主役にした写真評価もなければボケ味を追求するグループや団体もありませんでした。それどころかそもそもボケを愉しむ写真表現を指し示す言葉もありません。そこで「ボケが主役の写真」を「ボケフォト」と名付けボケフォト好きをFacebook上で集って発足した写真投稿グループが「ボケフォトファン」です。発足一年で初心者からプロの写真家まで現在1400人以上が在籍しています。メンバー達は一眼レフならではのレンズのボケ味を楽しむことから始まってデジタルカメラならではのゴースト現象や、レンズの収差を逆手にとって利用したり、さらには自分なりの技法秘法を編み出してオリジナルのボケを追及したりと、カメラ女子のふんわりボケからレンズグルメのうんちくボケまで、さまざまな自分なりの「ボケフォト」を日々投稿しています。」

ボケフォトファンFBはコチラからどうぞ。

本日拝見させていただいたのは、
第6回 お写ん歩懇親作品展
場所: 銀座8丁目 Cafe & Art Space「REVERSE」 http://www.reverse-ginza.com/ 
期間:2016年6月14日(火曜日)~6月18日(土曜日)
時間:14:00~23:00( 20:00以降入場チャージ掛かります。)



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-06-17 07:31 | 写真世界等々 | Comments(0)
ご苦労さんパーティー  3月22日(火)  5491


b0069507_7424389.jpg肉の老舗、日本橋人形町の「日山」の100g¥1,200-のすき焼き用牛肉です。
今日の、夜は原宿のMASHmanagementの事務所ですき焼きパーティーです。
b0069507_7481026.jpgそのパーティーは、ニコンイメージングジャパンのプロ担当の相馬さんが、今月末で定年退職になるので、そのご苦労さんパーティーです。JPS・公益社団法人日本広真家協会の会員の小山さんの音頭取りで開催しました。
お花の贈呈者は、APA・公益社団法人日本広告写真家協会の会員でヨドバシカメラ撮影会の講師をお願いしている、リンコこと佐藤倫子さんです。
我々プロと苦楽を共にする、各社プロ担当の皆様お世話になっています。
そのなかから、定年や人事異動は会社員であれば、当然なのですが「血の繋がり」が濃い我々としては、寂しい限りです。
ちなみに、相馬さんは再雇用制度で1年ごとの契約で65歳まで働くそyです。
とりえず、4月から1年は、同じくプロ担当でです。安心してください。
さて、100g¥1,200,-のお肉。ふだんは、牛丼の舌触りと味に慣れている我々にとっては、天国のようなお味でした。
外国の方達が、神戸牛に代表される日本の牛肉を食べに来るの、納得です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-03-23 08:09 | 写真世界等々 | Comments(0)
授賞式    12月1日(火)   5381


b0069507_721451.jpg今日から12月・師走です。
12月の写真界の最初の大きなイベントは、ニコンプラザ新宿で開催される伊奈信男賞授賞式と三木淳賞授賞式です。
伊奈信男賞はNikonサロンで1年間開催された写真展のなかから、ベスト1を選ぶ賞です。
三木淳賞は、35才以下対象のニコンサロンJuna21で開催された1年間の写真展からベスト1を選ぶ賞です。
私が携わっている写真とは全く異なる世界ですが、カメラを使って表現をする世界。面白く感じるとともに、尊敬します。
私とて、いきなり広告写真の世界に入ったわけではなく、小学生の頃、カメラを買って貰って自己表現としての写真があり、安保・学園闘争があり、仕事として写真を捉えて広告写真の世界に入った訳で、自己表現に徹して写真を写し続けている受賞者には、ただただ感心します。
b0069507_739285.jpg授賞式の後は、ニコンサロンでのレセプション。
赤ワインは、幻のNikonワインです。
幻というのは、こういうレセプションや、Nikonさんから何かの時に頂く以外に、なかなか手に入らないワインです。赤ワインだけですが、どちらかというと白が好きな私でも、飲みやすいワインです。
Nikonワインは、手に入りませんが、Nikon羊羹はニコンプラザ新宿、銀座、ミュージアムでも買えます。羊羹もなかなかいけます。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-12-02 07:50 | イベント | Comments(0)
EM-1.5 ?? 11月9日(月)  5359


APA・公益社団法人 日本広告写真家協会の支部大会には、賛助会社も参加します。
今回は、NikonとOLYMPSが参加、各社の新製品のプレゼンテーションをしてくれました。

b0069507_635779.jpgNikonが力を入れていたのは、10月22日に発売された「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」。
VRを搭載しているだけでなく、AFスピードの高速化、電磁シャッター採用、新レンズ採用等々これまでの24−70より、かなり良くなっているとのプレゼンテーションでした。
実物を持ってきたのは「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」。
こちらの驚きは、ヨドバシカメラ なら¥167,100,-というバーゲンプライス。
まるで、レンズ専用メーカーのレンズのような価格です。
超望遠の世界へ、ユーザーを引き込むための、戦略価格なのでしょうか?
私も、500mmのぞきましたが、のぞき慣れている300mmとは別の世界です。
そういえば、ヨドバシカメラの撮影会コンテストでも、300mm以上のレンズ使用の入選・入賞者も現れはじめました。
オリンパスはE-M1のファームウエアのアップデート。静音シャッターも加わり、14項目の機能追加と改善です。
ファームウエアのアップでここまでできるデジタルカメラ、頭でわかっていても、不思議です。
E-M1.5と名前を変えてもいいくらいの進化だとおもいました。
ファームウエアアップでここまで来たのだったら、来年発表が噂されている、E-M1Ⅱ(?)はどんなカメラになるのでしょうか? パナソニックが2000万画素になっているので、当然2000万画素にはなると思うのですが・・・
毎日ぶらさげるカメラとして、E-M1を持ち歩いている者としては、気になります。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-11-10 07:47 | 機材 | Comments(0)