タグ:デジタル ( 26 ) タグの人気記事
お掃除大切です。   4月22日(土)  6020

b0069507_1464137.jpg今日も、いろいろと整理していたら、こんなものが出てきました。
イラスト化した私です。「いらっしゃ〜い」なんて聞くと、私の世代は桂文枝さんが浮かんでしまいます。
さて、このイラストが載っていたのは、2007年5~6月号のPHaT PHOTO の「手とり足とりPhoto修行」というページ。
「カメラのお掃除グッズとお手入れ方法をしろう!」という特集でした。
プロフェッショナルフォトグラファーとして、機材やスタジオの掃除に対する考え方について取材を受けました。取材のエディターさん「いらっしゃ〜い!」なのです。
このイラスト気に入っています。当時は髪の毛をダークブラウンにしていたのでデフォルメされて茶髪になっています。
さて、特集のなかで「このスタジオでは、掃除全般に関してを“気づき”のもとと考えているんです。カメラマンになるっていうのは、いろんな事に気づかないといけないんですよ。
毎日の掃除の中で、ここにあれがないなとか何かおかしいなとかそれぞれで気づくことが、仕事にも結びついてくるんです。」なんて事を言っています。また、こんな事も言っています。「撮影をスムーズに進行させるために、アシスタントはいろいろな事に気づかなければならない。そういう事は掃除をしながら覚えていくことなんです。掃除ができれば仕事もできる・・・ってことになる」
この考え、今でも変わりません。
他には、カメラの掃除道具や三脚の掃除のしかた等を話しています。
4ページの特集ですが、私の他にハクバ写真産業の方がお話しています。全ページイラストで説明しています。アサヒカメラや日本カメラ、CAPA等の昔からある写真雑誌だったら決して無い誌面です。
あの頃は、携帯電話から写真に目覚めたり、デジタルカメラで写真に興味を持つようになった、女性を含む、新しい層がでてきて、そこをターゲットにしたオシャレな写真誌や解説本がたくさん発刊されました。
今はPHaT PHOTOって書店販売止めて、原則定期購読になっていたのですね〜。
この取材を受けた頃に勢いのあった「女子カメラ」も「女子カメラGENIC」に変遷、「カメラ日和」も休刊してしまいました。出版各社からたくさん出ていた「柔らか」めのカメラ雑誌はとうに無く、十年一昔といいますが、この10年にはリーマンショック、人口減少も始まりました。デジタル時代の出版、写真、カメラの10年は大きい変化です。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


by mash_boss | 2017-04-23 07:20 | 機材 | Trackback | Comments(0)
懐かしい~!! 4月11日(火) 6008

b0069507_40270.jpg朝、スタジオに行くと机の上にこんな物が…
アマチュアフォトグラファーの多くや、デジタル時代のプロフェッショナルフォトグラファーはご存じないかもしれません。
撮影の為に4x5シートフィルムを入れて使うホルダーです。
1つのホルダーに2枚のフィルムが入ります。
撮影前に、暗室でホルダーにフィルムを入れて使います。
例えば、次の撮影が4カットだとすると、少ない場合では1カットで2枚、1ホルダー撮影して1枚をテスト現像。残り1枚を本番現像に出します。
経費的に余裕があったり、綿密さが求められる撮影では1カットで4枚、適正露出2枚、+1/3 1枚、-1/3 1枚の4枚、計2ホルダー撮影します。ですから、4カットの撮影で4ホルダーから8ホルダー必要になります。
ロケだと、想定カット数より増える場合も予想して、フィルムを詰め替える時に使うダークバック、撮影済みのフィルムを入れる完全遮光できる箱(4x5フィルムの空き箱)等も必要になります。
今思うと、フィルム撮影って準備が大変でした。その事はクライアントもわかっていたので、撮影カット数なども、きちっと決めて発注してくれました。
それに比べてデジタルは… 準備の大変さは月とスッポンです。
さて、なぜ机の上にホルダーが出ていたかというと、このホルダーの保管用に使っていたアルミのケースが、データーがいっぱいになった3.5インチハードディスクを入れるのにちょうど良いのです。というわけで、ホルダーが追い出されました。
「時代は変わる」です。
b0069507_62387.jpg4x5フィルムはこんなパッケージです。
現在入手可能な4x5カラーポジフィルムはフジフイルムの数種類だけのようです。
4x5ポジフィルム全盛期は1枚あたり¥270~280程度でしたが、現在は¥520~530程度にまで価格上昇しているようです。4x5ネガフィルムにいたっては1枚¥900位上するようです。
これに、現像代としてポジだと1枚¥350~420が必要です。
今更ながら、フィルム高くなったな~!! 仕事の撮影では使えないお値段です。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


by mash_boss | 2017-04-12 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
さようなら、ありがとう。   4月2日(月)  5999

b0069507_325177.jpg今日は、ゴソゴソと色々お片付け。
12年前のSONY Vaioと8年程前のVaio,そして1996年発売のMacの7600/132の3台を、ハードディスクを抜いて廃棄処分しました。
7600/132は最後の方はXLR8というCPUのブースターみたいなものをsofmapから買ってきて差し込んで使っていました。
1986年頃に、事務用として最初に導入したリコーのマイツールというPCから最新のsurfaceまで、いったい何台のPCを使い、どのくらいの金額をPCに使って来た事やら・・・
PCによって、色んな事が便利になり、Webによって世界は広がりましたが、お金もかかります。
今や、PCの時代は終わりかけPadやスマホの時代と言われていすが、フォトグラファーという仕事ではPCはまだまだ欠かせません。
ちなみに、仕事用として最初に導入したデジカメは、1995年発売のミノルタRD175でMac7600/132と同時期に購入したと思います。175万画素のこのデジタル一眼レフカメラ、ミノルタの黒歴史と言われているそうで、今から思うととんでもない代物でした。当時のお値段は、ボディーのみ¥680,000,-で、印刷用としては1回も使う事なくお蔵入りになりました。
1996年当時は、カラーポジで撮影した写真を、スキャナーで読み込んでフォトショップで加工、ピクトログラフィーでプリントして、反射原稿として収めていました。反射原稿での入稿は100%雑誌の仕事で、広告の世界では殆どポジ納品でした。

3台のPC君,ありがとうございました。そしてさようなら。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


by mash_boss | 2017-04-03 06:43 | 機材 | Trackback | Comments(0)
レンズ  3月15日(水)5981



b0069507_524207.jpg先日、タムロンから新しいレンズのカタログが送られてきました。
3月20日に発売される10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLDと2月23日に発売されたSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2のカタログです。
以前のエントリーで、ここ何年かで最も進歩した機材としてストロボの事を書きましたが、交換レンズもサードパーティー製のレンズもメキメキとよくなっています。ただし、難点は各社名前の長い事。色々な機能を表す頭文字を付けるとしょうがないでしょうが、おじさん達にとっては覚えきれません。落語の寿限無寿限無のようです。
MASHでも何本かのレンズを使用しているシグマと、カタログを送ってきたタムロンの2社のレンズは、本当によくなりました。
シグマはプロサポートも考えているようですし、何年かするとボディーメーカーとレンズメーカーは別々が当たり前なんていう事になるのでしょうか?
さてサードパーティーにせよ、カメラメーカー純正にせよ、ちょっと気になるのが、ズームとバリフォーカルの混在。
みなさん、ズームとバリフォーカルの違いご存知ですか。
ズームレンズは、焦点距離を変えてもピンとが合うレンズ。バリフォーカルは焦点距離を変えるとピントがずれるレンズです。
オートフォーカスが無い頃は、ズームレンズはズームレンズだったのですが、オートフォーカスになってズームレンズと言っても、実はバリフォーカルレンズというのが多くなりました。オートフォーカスで使用してる限り、実用上は全く支障はありません。
ズームにせずにバリフォーカルにする事によって、設計のしやすさ、軽量、低コスト、明るいF値といったメリットがあるそうなので、AFとデジタルによってレンズの性能が良くなったといえるのでしょうか。
ただし、ムービー用のズームレンズは、本当のズームレンズでなければいけません。
だから大きくて、重くて、高価格になるのでしょう。





ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-16 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
おめでとう!! 30年!   2月27日(月)  5966


これは、日曜日まで開催されていたCP+2017のキヤノンプロサービス会員用のお土産の手ぬぐいです。
今年の3月で、EOSが発売されて30年。十年一昔といいますが、何か感慨ひとしおです。
日本で実質的に一眼レフのオートフォーカス専用機を最初に発売したのはミノルタ(今のSONY)で、カメラはα7000です。時は1985年。αショックと言われるほど、一眼レフ業界に大激震が走りました。
それから遅れる事2年。キヤノンがこれまでのレンズマウントをばっさり捨てて、満を持してオートフォーカスカメラとして売り出したのがEOSシリーズでした。
b0069507_204337.jpg

当時の私の35mmメインカメラはキヤノンNew F1でしたが、私もEOS買いました。EOS620と650. 620も650もプロ用カメラとしては、ちょっと心もとなかったですが、オートフォーカスと評価測光が便利でよく写り、だんだんNew F1の出番が減ってきました。
メインカメラをEOSに替えて、EOS1,1N,IX E,1V,D30,D60,5D,5DMkⅡ,5DMKⅢ,5Ds,5DMkⅣと使っています。
ついでに、私とスタジオがこれまで使ってきたキヤノン以外のカメラです。小さい時からの全部です。
35mm系はキャノネット、トプコンREスーパー、ニコマートFT,ニコンF,F2,キャノンF1,NewF1,コンタックス139クオーツ、ミノルタマクサム9000(α9)、α8700i,ライカM6,R4,リコーカプリオG4ワイド、ニコンD200,D5000,オリンパスE520,PEN-EP2,EP5,F,OM-D-EM1です。
中判はフジペット、ブロニカETRS,ハッセルブラッド500CM,ELM,マミヤRZ,645DF,リーフAptus-II 7,フェーズワンIQ180です。
大判カメラは、トヨビューデラックス45,D45M,45G,カンボ8x10,ジナーP。
多いのか、少ないのか・・・?
みなさんの判断にお任せします。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-28 07:26 | カメラ | Trackback | Comments(0)
 アーカイブ撮影   1月21日(土)   5930


b0069507_9103464.jpg本日は、月1回のAPA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブ作業日でした。
いつもと違うのは、昨日のAPA会議集中日と賀詞交換会に出席した北海道、東北、中部、関西、九州の支部長と関西の在住の理事2人の7人が参加してくれた事です。
九州支部長を除いては、午前中の参加でしたが人数が揃うと、スピードがぐっと上がります。
b0069507_9291573.jpg今日は、2009年、2010年のポスターをデジタル化。全員フォトグラファーなので、ポスターには興味津々。
首都圏でしか見られないポスター類も、多くあるんだと東京の私は再認識です。
また、ポスターの実物を見て、触る事で紙質や印刷の違いをわかってもらえました。
b0069507_954388.jpg連貼りのポスター類で、順番が難しいポスター類の並べ方は、AD出身の会員フォトグラファーに、ADの目で順番を説明してもらいました。

多くの支部長、理事に集まっていただき、アーカイブ作業を理解いただけて嬉しい一日でした。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-22 10:18 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
年に一度の・・・  12月16日(金)   5884


b0069507_6154139.jpg今日は、15時にコマーシャルフォトを発行している飯田橋の玄光社に、APA・公益社団法人日本広告写真家協会の写真を使った広告作品アーカイブのために、作品を引き取りに行きました。メンバーは岡野君、奥村君、私の3人でした。
コマーシャルフォト誌では、毎号優秀な広告作品を、クリエーターが選ぶコーナーがあるのですが、そこに応募された作品を中心に、APAはアーカイブ化しています。選ばれた優秀な作品だけでは無く、応募された全作品をAPAはアーカイブ化しています。
広告は消費されるもの、そして広告は時代を写す鏡です。我々の先輩、同僚が撮影した写真を使ったポスター等の広告作品。我々自身がアーカイブしなければ残りません。
APAは日本の広告写真のアーカイブをつくり、我々の歴史を記録するとともに、将来、広告写真を目指す若い人達や広告を研究する人達の役に立ちたいと思い始めたアーカイブです。
コマーシャルフォト誌への応募作品1年分は、それなりの量になります。とは言え、デジタル時代、紙媒体は減っています。
APAアーカイブの今後の課題は、紙媒体以外のWeb広告やデジタルサイネージュもアーカイブしていく事です。
b0069507_749366.jpg白金のAPA本部に到着。
入り口は2F。
2Fに上がるのは、階段しか手段がないので、結構大変です。良い運動になります。
b0069507_615774.jpg引き取った日がわかるようにして、倉庫にしまいます。

b0069507_605931.jpgその前に、倉庫を整理しました。
来年も月に1回のペースで作業を続けて行きます。
撮影したポスター類は、北海道・写真の町、東川町に寄贈し、保管します。
2012年8月から始まったこの作業、これまでに3237作品をデジタル化し、2967枚を東川町に寄贈しました。
来年も、月に1度のペースで、粛々と作業を進めます。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-12-17 07:37 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
バッグの中身。  12月12日(月)  5880


b0069507_1541788.jpg時々、カメラ雑誌などでカメラバッグや、バッグの中身の特集をやっています。
今日の写真は、明日の撮影のバッグの中身です。レンタルスタジオでの人物撮影でラフスケッチがしっかり決まっているので、荷物は少なめです。

EOS 5DMkⅣ+ BG-E20 X 2, EF70-200mm F2.8L IS II USM,EF24-105mm F4L IS II USM,予備バッテリーX2、充電器、ストロボメーター、カラーメーター、ティザー撮影用USB3コードX2, MacbookPro15+ACアダプター,64GBSDカード、32GBSDカード、カラーチャート、メーター用単3予備電池x2がこのバッグに入っています。
メインのレンズは70-200mmで、予備が24-105mmです。
ティザー撮影なので、USBコードは必需品。5DMkⅣになってUSB3になったので、MkⅢも混在する状況ではプラグの形が違うので注意が必要です。
ティザーに使うソフトは、Capture1 9.3です。
ズームレンズとデジタル化によって荷物は随分少なくなりました。
ズームレンズが常用化したのは、フィルムのEOS1が発売されてからです。
フィルムでしたら、当然Macはないですが、その代わりポラロイド撮影用カメラ、2〜30枚程の各種CCフィルターが入ったケースと、明日の撮影ですと、30本程の35mmフィルムとテスト撮影用FP100Cx3箱が必要です。フィルムが入ったバッグがもう一つ必要になったでしょう。
b0069507_230186.jpgロケ準備をしている横では,
MASHmanagementのフォトグラファー、吉川君が来週後半か来年早々になる撮影のテスト撮影準備中です。
なぜ、来週後半か来年早々になるかは外国人モデルの関係なのです。クリスマスシーズンになると彼女彼らは帰国してしまうことが多く、モデルの人数が少なくなってしまうのです。
撮影日は、明日と明後日のオーディション次第で決まります。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-12-13 07:07 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
諸々Ⅳ  10月12日(火)   5830


b0069507_2592946.jpg今日の午前は、浜松町でロケハン。
羽田空港に行くときにモノレールに乗り換える駅ですが、今日は乗換口とは反対側でロケハンです。こちら側は殆ど来た事がありません。
運河には、夜、東京港に繰り出す屋形船の船溜まりがあり、情緒があります。
だいぶ以前には、キャンペーン撮影が終わると、屋形船を貸し切って、スタッフ打ち上げなんて時代もありました。
今日のロケハンは、屋形船は全く関係無いビルの中です。
b0069507_395689.jpgロケハンが終わり、午後は阿波遊木さんの撮影。
もう10年近くなるでしょうか? 1年に1度の撮影ですが、フォトグラファーが全く自由に撮影できる仕事です。
阿波の名前のとおり、四国から「流木」は送られて来ます。梱包を開けるまでどんな物が来るのかは全く不明。箱を開けてからイメージを作ります。
イメージが決まれば、うるさい(失礼)ADやデザイナーさんがいないので、撮影は早いのです。本日は2つ撮影。のこり一つは来週です。
b0069507_320512.jpg撮影が終わり、明日のロケ準備をしました。
カメラ2台、レンズ3本、ストロボ1台3灯、モノブロックストロボ2灯、脚立・三脚・スタンド類、Macbook・・・
バックペーパーが必要の無い撮影なので、持って行く物は比較的コンパクト。
デジカメになり、ISO400〜800といった感度が、全く問題無くつかえるので、照明機材コンパクトになりました。
b0069507_3285760.jpgロケ準備が終了した頃、池嶋君が明日の撮影のセット組。
昨年導入した、フェーズワンIQ180の8000万画素デジタルバック使用。センサーサイズはフィルムの645と同じ、本物の中判です。このデジタルバック、私はまだ使った事が無いのです。
使えるISOは32〜800。最高パフォーマンスを得るために、スタジオで使う常用ISOは32。35mm系デジタルカメラが高感度に強くなっているのと違い、こちらの世界はフィルムのようです。
今回使用している645DFで使う事は少なく、ビューカメラでの使用が多いデジタルバックです。
ちなみに、データー容量はTIFで1枚200MB位になるそうです。
ついに、1億画素も発売された、中判の世界。35mm系でも、7000万画素のカメラの噂もチラホラ・・・
いったい、どこまでいくのでしょう?



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-10-13 07:42 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
正当派ポートレート展  7月2日(土) 5696


b0069507_511378.jpg今日は、所用を済ませた後、西麻布のギャラリーEMで開催中のAPAの仲間、東京支部長の長嶋正光写真展「beyond」にお伺いしました。
長嶋さんのお人柄が反映した、優しい表情の黒バックの本格的ポートレート写真展です。
黒バックのポートレート、落ち着いてシットリしていて、ベテランフォトグラファーでなければ、なかなか、写せない写真です。
長嶋さんに写された女性達、嬉しいだろうな〜
撮影はデジタルカメラですが、プリントはアナログプリントのDigital Gelatin Silver Monochrome Printで仕上げています。
b0069507_5175488.jpgギャラリーEMの看板犬エミーちゃんのポートレートです。
看板犬だけあって、人なつこくギャラリーに来る人を歓迎してくれます。
お歳の事を聞くのは失礼かと思いますが、人間に換算すると70歳は越えているのでは・・・
いつまでも、元気でね!

長嶋さんの写真展詳細はココからどうぞ!


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-07-03 08:03 | 写真展 | Trackback | Comments(0)