タグ:ソニー ( 6 ) タグの人気記事
大盛況!  1月2日(火) 6275

b0069507_04481366.jpg
ヨドバシカメラ恒例・新春記念撮影会、今年も大盛況です。
いつも混雑するのですが、今年は特に大盛況。
昼休み30分を除き、あとは撮影しっぱなし。
お客さんが途切れたのは、午後1回だけで、その時間も数分でした。
プリント数は450枚程。
撮影組数は300組と少しくらいでしょうか。
90秒に1組くらいのスピードで撮影します。

私の撮影の今年の特色は、2機種体制です。
まず、ZEISS Batis 1.8/85mmレンズの特色が生きる設定での撮影。
このレンズの特色は、ポートレートを絞り開放近くで撮影した時の「ボケ」。
これをイベントでのストロボ撮影でどうやって撮影するか?
SONY α7R Ⅱの撮影感度をISO50に設定、ストロボ使用でもF2.0 で撮影できるように、ストロボの光量も絞りました。
お店の地明かりは、シャッタースピードを、ストロボ同調のリミット、1/200にして防ぎます。
このレンズ、絞り開放近くでの撮影は、被写界深度が浅くて、集合写真では1人にしかピントが会わないので、集合写真撮影は、OLYMPUS OM D E-M1Ⅱの撮影感度をISO200に設定して撮影しました。
絞りを5.6前後で撮影。フォーサス規格の被写界深度の深さを利用して、複数の人にピントがあうようにしました。
ホワイトバランスは、カラーメーターでストロボの色温度を測り、その数値をカメラ2台に設定しました。
プリンターは6色インクの新型キヤノンXK70を2台使用しました。
この設定で本日撮影した上での反省点。
・カメラの液晶パネルとプリンターの明るさのキャリブレーションを取っていなかったために、ちょっと苦労した。
・Batis 1.8/85mmの被写界深度の浅さを侮り、集合写真もBatisで撮影してしまい、1人にしかピントの合っていない集合写真を写してしまった事を後から気づいて、午後からは集合はオリンパスでの撮影を徹底した。

明日は、以下を改善します。
Batis 1.8/85mmは1人のポートレート撮影、オリンパスは集合撮影ときちっと使い分ける。
照明と立ち位置を若干変更する。

ZEISS Batis 1.8/85を詳しくお知りになりたい方は、ココをクリック!
Canon XK70を詳しくお知りになりたい方は、ココをクリック!

2018新春記念撮影会は1月2日もヨドバシカメラ各店舗(アウトレットを除く)で11時〜19時に実施中です。(使用機材は各店舗により異なります。)


by mash_boss | 2018-01-03 07:30 | イベント | Trackback | Comments(0)
Day 2 10月14日(土) 6194

b0069507_06023923.jpg写真展「Toward the Landscape -見える時、見えない時-」2日め。

今日のメインイベントは立木義浩さんとのギャラリートーク。
立木さんとは、不思議な縁で昨年のキヤノンギャラリーでのギャラリートークについでご登場いただきました。
立木さん、私の世代では憧れのフォトグラファーです。
今回のトークでも、色々ご意見をいただき、勉強になりました。
次の機会にも、よろしくお願いします。
撮影:松岡幸江

b0069507_06282948.jpgトークの後は、オツカレサマ食事会。
立木さんのバッグの中にはこんなカメラが・・・

b0069507_06303092.jpg写真大好き日野ヨドバシカメラ専務を、撮影中。
やっぱり、写真はいいですね〜。
「写真は、楽しく!!」です。


by mash_boss | 2017-10-15 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
銀座4丁目交差点 6月23日(土) 6082

b0069507_524236.jpg今日は、11時過ぎに今年完成した、銀座4丁目交差点の銀座プレイス(左のビル)6FにあるSONYイメージング ギャラリーへ行きました。
本日から始まった長谷康平 作品展「pictorial "S"」を拝見しました。
作者の長谷君は、以前短い間ですがMASHでアシスタントをしていました。
「pictorial "S"」はドライフラワーをモチーフにした、静粛なスティルライフ写真展です。7月6日まで開催中です。詳細はココからどうぞ。
さて、右の丸いビルは銀座和光に次ぐ銀座4丁目交差点のランドマークの銀座三愛ドリームセンターです。完成は、1963年です。
鳩居堂の看板が見えますが、鳩居堂の前が土地価格31年連続日本一で、昨年は葉書1枚の面積が47万円でした。!!

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-06-24 06:03 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
せかおわ 1日前?   1月19日(木)   5928


b0069507_3142439.jpgSEKAI NO OWARIという、ミュージシャンのグループがあります。なかなか、今にマッチした、そしてこれからを予想するようなネーミングです。
いよいよ、明日はトランプさんがアメリカ大統領になる日です。
50年後、100年後の歴史に「あの日が、世界の終わりの最初の日だった・・・」なんて事になりませんように。

いろいろ、心配はあるけどチョコレートでもいただいて、紅茶でものんでリラックスしましょうか・・・
ヨーロッパ土産の、GODIVAのチョコレートトリュフをいただきました。
控えめな甘さのチョコレート。気分をリラックスさせます。
b0069507_314405.jpgそして、これもお土産のノートの表紙です。
宗教画っぽい、女性の画を見て癒されましょう。

それにしても、トランプさんか・・・ 品がないな〜
久しぶりにTVで見た、SONYの元社長出井さんが、所詮は不動産・・・ なんて事を言っていたけど、何となく納得してしまいました。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-20 07:26 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
ランドマークの終焉。  9月8日(木)  5797


b0069507_692949.jpg夕方、フォトグラファーの佐藤君が、アルゼンチンの女性写真家・映像作家セレステ・ウレアガさんを連れてきました。
彼女は、明るく、人なつっこく、写真のとおりの楽しい人でした。
今回、(公社)日本写真協会主催〜アルゼンチン人写真家 セレステ・ウレアガ講演会「地球の裏側から」〜 等のために来日し、今日、縁あって広告系の写真を見せに来てくれました。
「ロックは生き方!反逆心、戦い、壁を打ち破る…それは音楽を越えた概念です」と語る彼女は昨年2015年、アルゼンチンのロックバンドの写真展を、東京で開催したようですが、残念、知りませんでした。
今日、お見せ頂いたアルゼンチンのFM放送局のキャンペーン写真等は、とても面白いものでした。
何点かお預かりして、どうプロモーションをしたら良いかを検討する事になりました。

セレステ・ウレアガ Webはココからどうぞ!


b0069507_531226.jpg今日は、朝10時からJPS会報取材の為に銀座のNikon PLAZAへ行きました。
昨日と同じく、JPS会報リオオリンピック特集の取材のためです。面白いお話をきけましたが、それはJPS会報とWebで・・・
その、銀座の重要なランドマークの一つ、数寄屋橋交差点角の銀座SONYビルが来年の3月31日に閉館されると、6月に発表されました。閉館後解体され2020年のオリンピックの時は、公園として迎え新たなSONYビルに建て替えられるのは2022年になるそうです。
銀座SONYビルが完成したのは1966年。高校生くらいから何度も行きました。そこにはいつも新しい「物」と「文化」がありました。
6階の「あるでん亭」は、以前「プチモンド」というレストランで、そこにはよくいっていました。当時、高橋さんという、すてきなウエイトレスのお姉さんがいました。今、どうしているかな〜
写真は、長い間、重要なランドマークの役割を終えようとしているSONYビルと、手前は新しいランドマークのひとつ、今年の3月31日にオープンした東急プラザ銀座です。
二つのランドマークには、大きな違いがあります。SONYビルには文化がありましたが、東急プラザには文化は、あまり感じられません。
祖父の時代から東京の中心部で生まれ育った者にとっては、東急が銀座に進出する事からして、よくは思えないのです。東急は渋谷より向こうで頑張ってくれていればよいとおもうのです。銀座には西武も出てきて欲しくはありません。
名前からして何で、銀座東急プラザでは無く、東急プラザ銀座なのでしょうか? 銀座にリスペクトというか、出店する土地にリスペクト不足です。
セントラルアパート、GAPと続いた後の神宮前交差点角に東急プラザ表参道ができた時にも、複雑な思いをしました。(東急関係者の皆さま、すみません。)

最近、元気を取り戻しつつあるSONY。2022年には、SONYらしい新しいSONYビルをお願いします。


b0069507_5553557.jpgSONYビル閉館より一足早く、SONYの象徴のショールームとギャラリー、スティルカメラのプロサービス,ストア等が、銀座4丁目の日産ショールーム跡に新しくオープンするGINZA PLACEの4,5,6Fに移転します。
GINZA PLACEの1Fには、日産が「日産ブランドセンター」(仮称)として戻ってきましす。ビルのオーナー、サッポロビールのビヤホール、銀座ライオンGINZA PLACE店は8月3日よりオープンしています。

SONY関連施設は2022年に新しいSONYビルができたときには、当然、移動するのでしょう。
その年は、北京冬季オリンピックの年です。8Kなんて当たり前になっている事でしょう。
その頃、中国はどうなっているのでしょう? 経済は、尖閣諸島は、南シナ海問題は・・・
難しい世界になってきました。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-09-09 08:24 | Trackback | Comments(0)
 永遠の・・・  11月5日(木)  5354


チョットだけ昨日の続き・・・
デジタルカメラの解像度が多くなると、当然データー容量が大きくなります。
そうなると、データーを取り入れるメディアの問題が・・・
悩みは、容量と早さ、そして価格・・・
b0069507_2503760.jpg現在、デジタルカメラに使われている、CFカードやSDカードでは、データーを取り入れるスピードが、大容量のデーターをスムーズに取り入れるには不足気味。
スピード不足だと、カメラ側の連写スピードが上がっても、撮影はスムーズにいきません。
5D MkⅢでも、モデル撮影で「乗って」くると、転送が追いつかなくて、撮影できなくなる事があり、モデルのいいところが写せなくて、イライラする事があります。そして、カードからPCにバックアップする時も、カードのスピードは重要です。
今は、35mmタイプでは5000万画素。それが、昨日のキヤノンエクスポにあった、1億2千万画素になったら・・・
将来を見据えて、転送スピードの速いメディアも出てきていますが、まだまだ、お値段が・・・
写真のXQD規格の 128GBは、ヨドバシ価格で¥77,550,-
もうひとつの規格、CFast2.0 128GBは、サンディスク製は¥127,440,- トランセンド製は¥66,440,-・・・
これまでの規格のCFカードでは、高速のUDMA7規格のサンディスク製が¥52,140,- 東芝製は¥20,410,-
新規格のカードは、まだまだ、お値段がこなれていません。
カードのスピードが早く、データーが大容量になれば、次はPCのスピードが必要・・・
永遠の問題です。
誰だ! デジタルになれば安くなる・・・ と言ったのは!
フィルムと現像の費用は無くなったけど、カメラのモデルチェンジのサイクルは、フィルム時代のモデルチェンジのサイクルと比べられないくらい早くなったし、PCは必要だし、高解像度に対応するレンズも必要だし、設備にかかるお金は少なくなってはいないです。なのに、ギャラは・・・ まさか、こんなになるなんて、デジタル初期には思いもしませんでした。トホホです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-11-06 05:50 | 機材 | Trackback | Comments(2)