タグ:キャノン ( 3 ) タグの人気記事
明日のカメラ。  3月8日(水) 5974


b0069507_2113362.jpg明日は、ヨドバシカメラの東京撮影会のオーディションです。
10時〜20時と長丁場です。
モデルさんを、同一条件で選ぶためにオーディション現場で撮影します。
順次プリントアウトして、オーディション終了後に全部並べて、選びます。
なぜそうするか?
モデルさんが、オーディションに持ってくるブックやコンポジは、色々と違いがあって、あまり比較にはならないのです。
また、人間の記憶は結構いいかげんで、10時間にわたりオーディションをすると、最初と最後の方のモデルさんの印象は残るのですが、中途のモデルさんの印象が薄くなるという現象がおきます。
それを防ぐ為には、オーディションが終了後、同じ条件で写された写真で選ぶのが一番です。
モデルさんは写真写りが一番ですが、撮影会のモデルは実物も感じよくなければ、参加者に不人気になってしまうので、そこが難しいのです。
実物もきれいで感じよく、それでいて写真写りも良いモデルさんを選ぶのは、結構大変です。

本日の朝、アシスタントの堀内にカメラをMacに繋いで撮影、画像を選んで順次プリントアウトするのを、一番スムーズにできる方法を今日中に見つけておくように指示。彼女は、一生懸命テスト中です。
泥縄的ですが、世の中「一寸先は闇」というか何が起こるかわからないので、対応力強化練習です。
使うカメラは5Dsで、ティザーでjpg Mで撮影。レンズはシグマの24mm〜105mmを使います。
オーディションに5Ds ?  ちょっと贅沢な感じですが、画質の点で、フォトグラファーには5DMkⅣの方が人気があるのです。というわけで、明日、明後日と連続してあいているカメラが、5Dsなのです。
MASHの仕事では、本気で5000万画素の大きさと画質を追求する場合は、どうしても中判カメラになりがちです。35mmフルサイズカメラでは、3000万画素代で画質の良いカメラの方が使い勝手が良いようです。
SONYが7000万画素の35mmフルサイズを出すという、もっぱらの噂ですが、どうなんでしょうか?
画素数に適したレンズも選ばなければならないでしょうし、けっこう大変なシステムになるのではと思います。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-09 07:10 | カメラ | Comments(0)
ライカとキヤノン   3月2日(木) 5969


b0069507_7244723.jpg今日の夜は、写真展オープニングが2つ重なりました。
一つは、ライカギャライーでの「プラチナプリント写真展」とライカプロフェッショナルストア5周年記念のプラチナプリント展。
「プラチナプリント写真展」は「エリオット・アーウィットとワーナー・ビショフの代表作を、久保氏が卓越したプリントディレクションによりプラチナプリントで再現した秀作14点を展示いたします。ふたりの著名な作家が生みだした不朽の名作を、500年以上という耐久性を持ち、豊かな階調を有するプラチナプリントでお楽しみください。」というものです。
エリオット・アーウィットとワーナー・ビショフの作品、ほんとにいいです。
ライカプロフェッショナルストアの方は、荒木経惟、セイケトミオ、菅原一剛、蓮井幹夫、荻庭桂太さんの作品を名プリンター久保元幸さんが、最新の機器を使い、プラチナプリントした作品の展示です。
b0069507_740649.jpgプリンターの久保さんです。
アシスタント時代から、モノクロプリントでは大変お世話になりました。
今は、プラチナプリントやアート的写真のプリンター、アマナサルトのプリンター、プリントディレクターとして、超高名な久保さんですが、私の分野、広告系写真のモノクロプリンターとしても、凄い方なのです。
「紀文のはんぺんのディティールを、モノクロ新聞広告でも表現できるプリントができる」凄いプリンターなのです。
b0069507_7471975.jpg 二つ目はキヤノンギャラリー銀座の熊切圭介写真展「三都物語り」のオープニングレセプション。
熊切さんが、ライフワークのように撮っている「鉄」シリーズです。
「19世紀末に数多くの文化が花開いたウィーン、プラハ、ブタペストの3都市。本展では、これら地域に今もなお残る鉄の文化に焦点を絞った作品の数々をご覧いただけます。」という写真展です。
作品は、全部フィルムで写した写真です。

中締めの挨拶をする、木村恵一さん。熊切さんとはK2という写真事務所を長〜くやっている、パートナーです。
そして、それをEos M5で写している、立木義浩さん。
みなさん、お元気です。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-03 07:58 | 写真展 | Comments(0)
使ってみました、EOS M5。  1月27日(金)   5936


b0069507_63247.jpg某誌の撮影のために、E0S M5が来ました。
被写体として来たのですが、ちょっと使ってみました。
使った事の無いカメラを使うのは、ワクワクします。キヤノンのミラーレスを使うの初めてです。
感想、良く写ります。小さいけど、これで2400万画素! 技術の進歩ですね〜!!
それと、全画素像面位相差AF機能『デュアルピクセルCMOS AF』というのでしょか、ピント検出範囲が広いです。この写真は自動追尾AFにしたら、ビューアーにピントが会ってしまいました。
使っていて気になったのが、スイッチをONした時の立ち上がりスピードです。バッテリ節約のために、原則OFFにしていて、撮影の時だけONにする使い方をするには、もうちょっと早くして欲しいです。
これで、ティザー撮影ができるようになって、バッテリーパックが付くようになって、グリップが改善されて、できればシンクロターミナルがつけば、仕事で使えそうです。
ティザー撮影等、上に書いた事ができるようになったら買いです。次のモデルM6? でできるようになるのでしょうか?
b0069507_6531977.jpg付いてきたレンズは、EF-M 22mm F2 STM という最短撮影距離15Cmの小さいレンズです。フルサイズ換算、35mmのレンズです。
35mmF2のレンズは、今の技術では、難なく設計できるレンズなのでしょう。無理の無い明るさのレンズは良く写ります。
専用のEF-Mレンズは少ないようですが、アダプターを介してもストレス無くEFレンズが使えるという事なので、それで仕事には十分です。2ラインのレンズを揃えるのは不経済です。それに、フルサイズ用のEFレンズのセンター部分を使う事になるので、きっと画質いいでしょう。
キヤノンは何時本気になってミラーレスをつくりだすのでしょうか?
いづれにせよ、次のモデルチェンジが気になるカメラの一つです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-28 07:50 | カメラ | Comments(0)