タグ:カード ( 3 ) タグの人気記事
撮影準備 1月13日(土) 6286

人気ブログランキングに参加中です。

b0069507_05054784.jpg
明日の撮影準備です。
先ずはカメラ選び。
完璧に仕事だったら、5D MkⅣかデジタルバックの3000万画素か8000万画素かを選択します。
でも、今回は仕事であって仕事でない撮影。
ここ8~9年撮影している、劇団唐ゼミの舞台撮影です。
しかも、今回は小屋が小さいので無音で撮影して下さいとの依頼。
そうなると、ミラーレスでの撮影になります。
私は、ミラーレスの有用性を認めつつも、完全に信頼している訳ではありません。
その原因をつくったのは、今回写す唐ゼミの舞台撮影にミラーレスを持ち込んで、明暗差の激しい照明や逆光のスポットが画面に入った時に、ハレーションを起こし、ピントは会わないは、画面は見えないはで、全く使い物にならず、一緒に持って行ったEOS 5D系で救われた経験をしてからなのです。
しかも、これはミラーレス独特の症状との事が、あとからわかりました。
一眼レフの「レフ」の重要性、信頼をあらためて認識しました。
「レフ」の意味がわからない人もいらっしゃるようで、何とも・・・ と言う思いがします。
とにもかくにも、その時からカメラもだいぶ進歩したし、今回は2社のミラーレスカメラを使って、ミラーレスには厳しい条件で機種の進歩、メーカーの違いでどうなるかを、試します。特に、1社はビデオカメラのオーソリティー的会社なので、ミラーレスの元祖ビデオカメラの技術で、この問題をどう対処しているか興味があります。
写っていなかったら、どうするか? 劇団にごめんなさいして、もう一回、絶対大丈夫な5D MkⅣで写します。
ミラーレスが苦手な照明条件って、スポーツ写真でも結構あるシーンだと思うのですが、その世界の方達はどう対処しているのでしょう?
カメラを選んだら、次は充電。
デジタルカメラでのイロハのイです。
そして次は、メモリーカードの点検。
・カードに残っている画が既にバックアップしてあるか確認。
・それが済んだらフォーマット。
デジタルになって、何がよいかってフィルムチェンジのタイミングを気にしなくて良くなった事です。
広告やモデル撮影だったら問題は無いですが、舞台やスポーツだったら、フィルムの残量を気にしながら、いつフィルムチェンジをするか、計算しながら撮影したものでした。
それが、今は32GBや64GBのカードを入れれば、RAW撮影でも、36枚どりフィルムに換算して10本どころか20本、30本分以上の撮影ができます。
それと、今回のように、最近のデジカメは無音モードが付いた事。
舞台撮影や、一部スポーツ写真では大変重要な事です。

さて、明日はどうなる事でしょうか?


by mash_boss | 2018-01-14 07:29 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
明日は晴れだ!!  5月7日(土)  5539


b0069507_2311424.jpg明日は、晴れです。
ヨドバシカメラポートレート撮影会2016シーズン最初の撮影会、さい先良さそうです。
カメラのバッテリーを充電し、準備万端です。
ついでに、SDカードの整理もしました。
ボロボロになった写真の2枚、カメラでは認識しませんが、カードリーダーでは読み込めるので、念のためバックアップをとって廃棄処分にしました。
時代は、4Kから6K,そして8Kの時代、今年発売されるプロ向けデジタル一眼レフには、CFカードに代わって、XQDかCfastが採用されています。
SDカードは、ボディーやコネクターの形状は変わらず、かなりのスピードまで対応しているようですが、ボディーが頑丈な製品を、切にお願いします。
b0069507_23252271.jpg私の仲良くしているネコ君です。
黒い鼻をしていますが、以前は半分くらいが黒だったのですが、最近ごらんのように全部黒になってしまいました。
人間だって、黒子の大きさや位置が、年とともに変わる事があるようですが、それと同じ事なのでしょうか?
迫り来るレンズを、怪訝そうな目をしながらも、撮影させてくれました。

今日の2枚はPen Fで練習撮影。
上のSDカードは14~42mm 1:3.5~5.6 EDで絞りF4.5 1/30 ISO3200で撮影。下のネコ君はM.ZUIKO DIGITAL 12~40mm 1:2.8 で絞り2.8 1/80 ISO200で撮影。
初代のPENデジタルはISO1600でも画質的にはゼイゼイいってたのに、今やISO3200でも、Blog用では全く問題なし。進歩を驚くとともに、フィルム時代を知っている者にとってはISO3200でこんなにきれいに写るなんて、unbelievable!!
モノクロのトライX で、増感現像で3200まで持って行くと、森山大道さんの世界になってしまうし、ISO400のカラーポジフィルム、3段増感現像なんてラボが受け付けてくれなかったかもしれません。
最近のデジタルカメラの撮影できる感度は、フィルム撮影では未知の領域になっています。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-05-08 07:26 | イベント | Trackback | Comments(0)
 永遠の・・・  11月5日(木)  5354


チョットだけ昨日の続き・・・
デジタルカメラの解像度が多くなると、当然データー容量が大きくなります。
そうなると、データーを取り入れるメディアの問題が・・・
悩みは、容量と早さ、そして価格・・・
b0069507_2503760.jpg現在、デジタルカメラに使われている、CFカードやSDカードでは、データーを取り入れるスピードが、大容量のデーターをスムーズに取り入れるには不足気味。
スピード不足だと、カメラ側の連写スピードが上がっても、撮影はスムーズにいきません。
5D MkⅢでも、モデル撮影で「乗って」くると、転送が追いつかなくて、撮影できなくなる事があり、モデルのいいところが写せなくて、イライラする事があります。そして、カードからPCにバックアップする時も、カードのスピードは重要です。
今は、35mmタイプでは5000万画素。それが、昨日のキヤノンエクスポにあった、1億2千万画素になったら・・・
将来を見据えて、転送スピードの速いメディアも出てきていますが、まだまだ、お値段が・・・
写真のXQD規格の 128GBは、ヨドバシ価格で¥77,550,-
もうひとつの規格、CFast2.0 128GBは、サンディスク製は¥127,440,- トランセンド製は¥66,440,-・・・
これまでの規格のCFカードでは、高速のUDMA7規格のサンディスク製が¥52,140,- 東芝製は¥20,410,-
新規格のカードは、まだまだ、お値段がこなれていません。
カードのスピードが早く、データーが大容量になれば、次はPCのスピードが必要・・・
永遠の問題です。
誰だ! デジタルになれば安くなる・・・ と言ったのは!
フィルムと現像の費用は無くなったけど、カメラのモデルチェンジのサイクルは、フィルム時代のモデルチェンジのサイクルと比べられないくらい早くなったし、PCは必要だし、高解像度に対応するレンズも必要だし、設備にかかるお金は少なくなってはいないです。なのに、ギャラは・・・ まさか、こんなになるなんて、デジタル初期には思いもしませんでした。トホホです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-11-06 05:50 | 機材 | Trackback | Comments(2)