タグ:カメラ ( 119 ) タグの人気記事
おめでとう!! 30年!   2月27日(月)  5966


これは、日曜日まで開催されていたCP+2017のキヤノンプロサービス会員用のお土産の手ぬぐいです。
今年の3月で、EOSが発売されて30年。十年一昔といいますが、何か感慨ひとしおです。
日本で実質的に一眼レフのオートフォーカス専用機を最初に発売したのはミノルタ(今のSONY)で、カメラはα7000です。時は1985年。αショックと言われるほど、一眼レフ業界に大激震が走りました。
それから遅れる事2年。キヤノンがこれまでのレンズマウントをばっさり捨てて、満を持してオートフォーカスカメラとして売り出したのがEOSシリーズでした。
b0069507_204337.jpg

当時の私の35mmメインカメラはキヤノンNew F1でしたが、私もEOS買いました。EOS620と650. 620も650もプロ用カメラとしては、ちょっと心もとなかったですが、オートフォーカスと評価測光が便利でよく写り、だんだんNew F1の出番が減ってきました。
メインカメラをEOSに替えて、EOS1,1N,IX E,1V,D30,D60,5D,5DMkⅡ,5DMKⅢ,5Ds,5DMkⅣと使っています。
ついでに、私とスタジオがこれまで使ってきたキヤノン以外のカメラです。小さい時からの全部です。
35mm系はキャノネット、トプコンREスーパー、ニコマートFT,ニコンF,F2,キャノンF1,NewF1,コンタックス139クオーツ、ミノルタマクサム9000(α9)、α8700i,ライカM6,R4,リコーカプリオG4ワイド、ニコンD200,D5000,オリンパスE520,PEN-EP2,EP5,F,OM-D-EM1です。
中判はフジペット、ブロニカETRS,ハッセルブラッド500CM,ELM,マミヤRZ,645DF,リーフAptus-II 7,フェーズワンIQ180です。
大判カメラは、トヨビューデラックス45,D45M,45G,カンボ8x10,ジナーP。
多いのか、少ないのか・・・?
みなさんの判断にお任せします。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-28 07:26 | カメラ | Comments(0)
CP+ 2月24日(金)  5964


b0069507_4141713.jpgカメラ好きの祭典、横浜で開催中のCP+に行って来ました。
こういうイベントは、写真に関わる者としてマナー的にいくだけなので、流すように見るだけなので、詳しいレポートは、専門家の方におまかせするとして、私の印象をいくつか・・・
まず、ここ何年かで、会場を彩る「お嬢さん達」が、相当少なくなった印象でしす。
大きなカメラメーカーのブースのカメラ等はヨドバシカメラでゆっくる見られるのでパスし、時間をさいたのは、会場中央や端っこの中くらいのブース。
Kiponや焦点工房、BenQ,DxO,レンズメーカー、メモリーカードメーカー、カメラバッグメーカー、外国の会社等のブースが面白かったです。
ビックリしたのは、マイクロソフトが会場来場者に向けてSurface Bookを最大¥100,000.-引きするキャンペーンを行っていました。凄いですね〜 10万円です。思わず0の数を数えてしまいました。
Surface Book、数ヶ月前から使っていますが、ペンも使えて画像処理にはなかなか便利です。
残念ながら、Surface Studioはありませんでした。
替える際にでくわしたのが、このお方です。
最初、遠くから見た時は何処かのブースのキャンペーン用のロボットに見えました。
近づいてきたら、中年の男性。
これまで、いろいろなカメラ好きの方を見てきましたが、この方が最高です。
どうやって、CP+まで来たのでしょうか。こもまま電車できたのでしょうか?
写真写せるのかな〜
唖然として見ていたら、どなたかが撮影させてもらっていたので、ご相伴にあずかって1枚撮影させていただきました。
CP+ 26日(日)までです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-25 07:35 | イベント | Comments(0)
バージョンアップ   2月5日(日) 5945


b0069507_215812.jpg金曜日のエントリーで、デジタルカメラはPCと同じと書きましたが、ならばとファームウエアのバージョンアップをしました。
PCだったら、インストールしているソフトのバージョンアップ情報が表示され、自分でバージョンアップするかどうか決めます。
デジタルカメラも同じなのですが、毎日肩からさげているオリンパスは、ちゃんと写せますので、バージョンアップをサボっていました。
今回のように、新機材を使う事になると、色々起こる事が身にしみました。今回のトラブルはオリンパスのファームウエアバージョンアップで解決はしなさそうですが、でも、最新のバージョンにしました。
バージョンアップしたのは、PEN-F,OM-D E-M1,M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO,M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROの4つです。
デジタルカメラって、ファームウエアのアップで、大きく機能が進む事があります。めんどうくさがらず、こまめにバージョンアップチェックします。
でも、バージョンアップする時の待ち時間、OKがでるまで、結構ドキドキします。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-06 07:28 | カメラ | Comments(0)
名古屋日帰り撮影  2月2日(木)  5942


b0069507_102483.jpgあまりきれいとは言えない本日のカメラバッグです。
撮影目的は金融機関幹部インタビュー撮影。同行は編集プロダクション編集者1人。
 昨年からの続きなので、三脚は必要ないのがわかっているので三脚不要。ライティングは、クリップオンストロボ+天井バウンスしかできないのでモノブロック用アンブレラ不要。
服装的にはジーンズ不可。新幹線移動。アシスタント無しです。

カメラバッグはトランク型
カメラ
オリンパスペンFx1
オリンパスOM-D E-M1x1(予備機)

レンズ
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ(予備)
充電器x2
バッテリーx5

ストロボ
トキスター モノブロック x2
シンクロコードx2
AC延長コードx2
スタンドx2
Nisshin Di700A
外部電源パック

メーター
ミノルタストロボメーター
ケンコーカラーメーター

SDカード
32GBx1
16GBx2

その他
パーマセルx1
b0069507_1372762.jpg新幹線から、きれいな富士山が見えました。
雲一つ無い冬の富士山を見るのは、本当に久しぶりです。
12時40分過ぎに名古屋着。現地のライターと打ち合わせを兼ねながら、いば昇で櫃まぶしをいただきました。いば昇2回めですが、落ち着いたお店です。
ビールを飲みたいところですが、お堅い撮影前なので我慢我慢です。
b0069507_151193.jpg撮影時間は15時〜16時。
撮影現場は、同行した編集者以外に、編集プロダクションに発注した会社の担当者1名、クライアント2名、インタビューされる人1名、インタビューされる側の関係者3名と私の計8名が、応接室のひしめいて撮影。結構暑かったです。
帰りは、17時03分名古屋発の新幹線。まずはビールで喉を潤しました。
スタジオ出発から、変えるまで9時間の日帰り撮影でした。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-03 07:30 | ロケーション | Comments(0)
ちょっと本気・・・  2月1日(水)   5941


b0069507_152597.jpgカメラは小さければ良いのか・・・
答えは、Noです。
重要なのは、適度な大きさ、重さ、持ちやすさ、それにバランスです。
そういう面で、オリンパス PEN-Fは毎日肩からぶら下げてのスナップ撮影には良いのですが、ガイドナンバーが大きめのクリップオンストロボを付けて取材撮影等に使うのには、使いやすいとは言えません。
ちょっと本気モードで仕事に使うためには、そこを改善する必要があり、本日、ヨドバシカメラでグリップを購入しました。
グリップは純正では無くUN製(¥10,600,-)を選択しました。理由は脱着のしやすさ。
純正は、グリップは小さめで本体を六角レンチを使うネジでしっかり留めるタイプ。
UN製は、グリップは大きいめの木製で、カメラボディとはコインで回すネジを使うタイプ。何かの理由でグリップを外す事になった場合、コインで回すネジの方が、外しやすいです。
それと、純正よりグリップが大きいので、ぶら下げていると時々動いてしまう前面のクリエイティブダイヤルが動いてしまうのが防げそうです。
b0069507_304568.jpgグリップを付けると、底の厚みが増すのですが、その事で良い事と、あまりよくない事があるのです。
良い事は、グリップを付けないと常用しているM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROのような、鏡胴が太めのレンズを三脚に付ける時に、少し大きめの雲台では、鏡胴が雲台にぶつかって、ボディーに雲台のネジを留められません。グリップを付けるとそれが防げます。反対に良くない事は、SDカードが抜きにくくなります。
写真は、SDカードをスロットルからポップアップさせた状態ですが、ここから引き抜くのは、手が大きい方では無い私でも一苦労です。
手の大きな人はピンセット必需かも・・・
グリップと少し大きめのフード、外見も「仕事」カメラ風になりました。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-02 07:30 | カメラ | Comments(0)
楽しい撮影。楽しくないお値段。 1月31日(火) 5940


b0069507_1251398.jpg今日の撮影は楽しい撮影でした。
フォトグラファーですから、基本的には撮影は楽しいのですが、その中でも「超」楽しい撮影があります。
本日の撮影は「超」の部類でした。
お付き合いの長い編集者が担当するムックの表紙と扉の撮影。
先週編集者と打ち合わせ、その内容をスタイリストさんに話して、スタイリストさんのセンスを加えて小道具を集めてもらい、本日、自分でディレクションし、ライティングのプランを作り撮影。
雑誌撮影で、ADやデザイナーがいないので、モニターで、その場で編集者が判断してくれるのでストレスフリー。
イメージ2カットを4時間で終わりました。
ムックのサイズはA4変形ですが、EOS 5DMkⅣ 3000万画素で撮影。
レンズは、被写体の変形を少しでも少なくするのと、ボケが欲しいのでレンズはSIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM、画像処理+現像はC1 10。本日の撮影は珍しくPhotoshopは使用せず、レタッチも無しの、フィルムライクな「レンズ前」勝負の撮影でした。
こういう撮影は、フィルム時代のテスト現像、本番指示、現像上がり待ちもなく、撮影現場で結果がわかるデジタルの撮影の方が、時間もコストもかかりません。
急ぎなので、撮影した2カットにバリエーションを加えた8枚の比圧縮、8bit TIFF adobiRGBデーターをDVDに焼いて、編集者に渡して終了でした。手離れ最高です。
b0069507_211124.jpg楽しい撮影の後は楽しくないお値段です。
撮影が終わり、池嶋君がブロンカラーのヘッドのヒビが入った通称パイレックスという、発光チューブを保護する耐熱ガラス製の部品交換。
以前の撮影で、どういう訳かヒビが入ってしまったのですが、本日部品が届きました。
通常ヒビが入る事が無い部分なのに、どうしてかヒビが入りました。
そのパイレックスのお値段が、なんと ¥20,000,-です。!
大型ストロボのマーケットは、どのくらいあるのでしょうか?
例えば、カメラショーの2016CP+の入場者数が6万7,792人、写真館がメインターゲットのPHOTONEXT2016の入場予定者が20000人です。
写真館が中心の写真文化協会の会員数が約2900人、APA・日本広告写真家協会の会員数が約800人、JPS・日本写真家協会の会員数が約1600人・・・(複数の協会に入会している人もいます。私もそうです。)
そのほかレンタル機材屋さん、レンタルスタジオを含めても、日本の大型ストロボのマーケットは、モノブロックを入れても、大きく見積もっても3万台くらいでしょうか?根拠の無い推測です。(そんなにあるかな~) 
更にその中でも、高額なブロンカラーやプロフォトになると、全国で数千台くらいかもしれません。
新しいモデルが、そのマーケットに普及し終わってしまったら、後は長い間隔の買い替え需要、修理や部品代で稼ぐしかありません。部品代、修理代が高くなるはずです。
昔の外車の商売のようです。
さて、この写真はテスト撮影を兼ねて、昨日紹介したクリップオンストロボ、NisshinのDi700Aを天井バウンス、右側の襞のある背景部分は、同調させたトキスターのモノブロックストロボで照明しました。
カメラはPEN F、レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROで撮影です。
Di700A合格です。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-01 07:23 | 撮影 | Comments(0)
最も進歩著しい機材? 1月30日(月) 5939  


b0069507_292028.jpg私の世代のフォトグラファーにとっては、デジタルカメラの進歩は目覚ましいものがありますが、もう一つの進歩が目覚ましいと思う機材は、スポロボ、スピードライトです。
2日に取材撮影があるのですが、取材の機材だてを根本的に見直す事にしました。
その一つがストロボです。
実は、MASHは大型ストロボに強くても、小型ストロボには弱いのです。理由は簡単、ここ何年かは使う事が殆ど無いからです。
以前、雑誌や企業広報誌の撮影をしていた時には、頻繁に使っていました。
ナショPと呼ばれていた、ナショナルPE400やPE480SGというグリップタイプで480Vの積層乾電池を使うストロボでした。
b0069507_3115047.jpgこれが、1980年代、プロが使うグリップタイプのストロボのスタンダード、ナショナルPE480SGです。
これを、CANON NEW F1やEOS 1につけて、480V の積層乾電池パックを肩からかけて撮影をしていました。重かったです。
今のようなTTLオートではなく、外部受光素子によるオート調光ですが良く写りました。
一時は、キヤノンも同じものを自社ブランドで販売していました。
このストロボを使わなくなった大きな理由は、480Vの積層乾電池が無くなった事。無くなる数年前には、以前は2000円代後半だった電池の価格が6000円代になり、頭が痛かったです。ちょうどその頃に取材撮影が無くなってしまいました。高くなっていた電池も2008年春には製造中止になってしまいました。
その後は、EOS用の純正ストロボを買い、最新モデルまでいくつか使っていますが、CANONの純正ストロボの調光性能は今ひとつなのが悩みどころです。それに、最高機種はヨドバシカメラでも60000円弱と結構なお値段がします。
ちなみに、経験的に調光性能が高いのは私見ですが、伝統的にNikonの純正ストロボです。
b0069507_4161135.jpg昨年の暮れから始まった新しい仕事は、久しぶりにインタビュー撮影のシリーズ。新幹線移動が多いし、写真を使う目的も大きさもはっきりしているので、カメラもEOS 5DMkⅣからメインを2000万画素のオリンパスPEN Fに変える事にしました。予備は1600万画素のE-M1です。2000万画素あれば、2230万画素の5D MkⅢとそんなに変わりません。
そこで、またまた問題なのがストロボです。オリンパス純正ストロボの調光性能とコストパフォーマンスがいまいちなのです。小型ストロボの問題をブツブツ話していたら、フォトグラファーの川上君が貸してくれたのがNisshinのDi700A+、コマンダー Air1+外部電源パックの3点セット。
Air1を使えば、Nikon用、Canon用、Olympus用が混ざっていても使えるようです。これはMacとWindowsの両方で使えるソフトと同じで便利です。
Nissinそのもと、人気デモンストレーター イルコさんは知っていたのですが、売っているお店も少ないので実物を触った事もありませんでした。
早速テストしてみましたが、結構いけます。
コストパフォーマンスも上々です。

カメラも変わる、ストロボも変わる、時代は変わる・・・



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-31 07:26 | 機材 | Comments(0)
新しいスタンダード   1月25日(水)   5934


b0069507_6274389.jpg今日は、15時から富士フイルムの新製品説明会に行きました。
メインはもちろん、GFX50S.
b0069507_635435.jpgこれは、もしかしたら新しいスタンダードになるかも知れません。
以前にも書きましたが、これまでのデジタルカメラ、特にレンズ交換ができるタイプは35mmフィルムのサイズを基準にフルサイズか否かという比較がされてきました。
確かに、レンズの焦点距離を比較するに当たっては便利ですが、画像素子の性能があがり、価格も下がってきた今となっては、35mmフィルムサイズに捕らわれるのは時代遅れかもしれません。
もう10年もすれば、35mmフィルムなんて知らないフォトグラファーが殆どになるでしょう。
私のスタジオでも、完全デジタルになって10年近くになりますが、この間のアシスタント君達は「35mm」タイプのカメラとデジタルバックタイプのカメラという括りで、「35mm」タイプのカメラがフルサイズか否かという認識は無いと思います。
そんな、時代と技術の流れのなかで、GFXの画像サイズは新しいスタンダードになる可能性もあるかもしれませ。
実機をすこしだけ触りましたが、いわゆる中判にしてはコンパクトです。
ボディー1台とレンズ3本で3kgを切ると製品説明ので言っています。
ボディの大きさもEOS 5DMkⅣと替わりません。
今は、Webからビルボード、デジタルサイネージュまでメディアの種類は増えています。
色々なメディア向けの撮影を1回の撮影ですませる事がけっこうありますが、そこでは、大は小を兼ねますが、その反対はありません。
そういう意味で、画素数が多いカメラが「画素数競争」といった面では無く、必要になっているのです。
品質の良い5100万画素で、ムービーも撮れ、ハッセルブラッドのレンズも動作するというGFX50Sは魅力的カメラです。
これで、RAWのサイズがキヤノンのように、小さいRAWサイズも写せたら、なお良いのですが・・・
それと、もうひとつ、本題とは関係ありませんが、京都の発表会でお金を使いすぎたのでしょうか?  東京の説明会ちょっと寂しかったです。
大政奉還した後の、江戸も大切にして欲しいです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-26 07:50 | カメラ | Comments(0)
THE 商品撮影。  1月12日(木)   5921


b0069507_5304694.jpg 今日のタイトルに「THE」を付けたのは、久しぶりにビューカメラを使って撮影をしたからです。
デジタルカメラでの撮影になって、ビューカメラの出番が少なくなりました。
フィルム時代、なぜビューカメラを使ったのか?
その訳は
・アオリで水平垂直がだせる。
・アオリでピントを調整できる。
この2つが必要なのは、主に商品撮影と建築撮影。
デジタルになり、水平垂直はフォトショップで、ピントはピン送りソフトや、カメラによってはカメラ本体でも可能になり、ビューカメラの出番が少なくなりました。
そして、35mmフルサイズデジタルカメラの画素数が多くなり、ますますビューカメラの出番が少なくなりました。

今日は、ちょっと訳ありでビューカメラの代表ジナーPで、久しぶりに撮影をする事になりました。
b0069507_5561796.jpg今日使用した、デジタルバックLeaf Aptus-II7です。
画素数は3300万画素。画素数だけなら、NikonD810 やCanon 5DS,Sony α7RⅡ、α9Ⅱ,PENTAXK1等より少ないのですが、画像素子サイズは36mmx48mmで35mmフルサイズに比べて面積は2倍になります。1つの素子の大きさが7.2μと大きく、撮影感度もISO50です。これが良い画質を生み出す元です。
ちなみに、ケースはペリカンです。
b0069507_6251062.jpg本日使ったレンズは4x5用のNikkor150mm 5.6です。
このケースの4x5用レンズは、75mm,90mm,110mm,135mm,150mm,210mm,240mm,300mm,のNikkorが揃っています。
今となっては、流行言葉で言えばフィルム時代のレガシーです。
b0069507_6352533.jpg今日のセットは、ひとつの商品を6方向から撮影するので、光は回しめのセットです。
ビューティーディッシュも商品撮影に使えるのです。
b0069507_6403122.jpg今年から、Mac用のテーブルが新しくなりました。
左のEIZOのモニターがメインのモニターで、こちらで作業をおこないます。右のiMacのモニターはサブモニターでツールパレットを置きます。
椅子は通常1つです。デスクの下の棚には、無停電電源装置があり、誤ってコンセントが抜けたり、めったに無いですが停電になっても保存していないデーターが飛ばないようになっています。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-13 07:30 | 撮影 | Comments(0)
気がつけば・・・  12月13日(火)  5881


b0069507_125688.jpg本日の撮影無事終了。
朝一の現場ミーティングで、jpgモノクロデーターがすぐに必要になったので、rawで撮影したデーターをCapture1で長辺3000pixのjpgに書き出ししながらの撮影になりました。
途中から、MacbookPro発熱しはじめたので、ダクトを塞がないように台に乗せての作業を続けました。
撮影が終わり、raw→tifデーターの納品どうしようとディレクターと相談しながらチェックしたら、撮影したrawデーターの容量、そんなにショット数が多くない撮影だったのですが、気がつけば50GBを越えていました。
5DMkⅢが有効画素数2230万画素、MkⅣは3040万画素、1.36倍になったとは、こういう事ですね。
tifデーター、フォトグラファーのセレクト無しで納品する事になったので、これだけ写せばMkⅢだろうと、Ⅳのデーターだろうと、ハードディスクに入れて納品するのが、てっとり早いです。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-12-14 07:29 | 撮影 | Comments(0)