タグ:アシスタント ( 120 ) タグの人気記事
BooK review 2月11日(土・建国記念日)5951


今日は、フォトグラファーの岡安啓人君の写真展・In my Bookのオープニングレセプションでした。
岡安君は、2000年にMASH に入社。アシスタントを経てフリーランスのフォトグラファーになり、現在はMASH,managementにも所属して、活動しています。
通常のオープニングレセプションは、写真展初日に開催するのですが、今回は異例の4日めの土曜日になりました。

「職業として写真を撮らせて頂いてから15年が経つ。
ここらで一度吐きだしてみようと思った。

これまで目の前に拡がった様々な光景に、感情を揺さぶられ記録をしてきた。
それでも自分が何を撮っているのか、何を撮ってきたのかわからないことがある。
写真そのものは特に大きな意味はない。心が動いた時に出る証明書のようなものなのかもしれない。
そしてその写真たちを目の前して思うのは、それに自分は生かされてきたのだという事。
感謝しながら歩んでいく。」岡安君の写真展に寄せるメッセージです。

http://mash-jp.net/portfolio/hirohitookayasu/

写真展は、 2 月13(月)まで。開催時間は11:00 - 19:00 (初日は14:00から、最終日は17:00まで)*会期中無休です。
会場は、America-Bashi Gallery
150-0022 東京都渋谷区恵比寿南 1-22-3 TEL.03-6303-1414
access はこちらから。

2月14日~17日(金)まで、原宿のMASHmanagementのオフィスで、写真展の中から選んだ写真と、岡安君のBookがみられるBook reviewを開催します。
御覧になりたい方は、マネージャー山内あてにメールをください。メールはこちらからどーぞ。
b0069507_7491965.jpg会場には、2年程前にMASHを卒業したフォトグラファー三浦もきていました。
フォトグラファー、フォトプロダクションを長くやっていると、アシスタントとしてかかわってきた人たちも何人にもなります。そのなかから、何人もフォトグラファーとして巣立って行きましたが、一番年上は50代後半から、若い三浦の28歳まで、最初の頃はアシスタントの兄貴的な歳の差、最近のアシスタントは子供のような歳の差になります。
思えば、長くやってきたな~



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-12 09:11 | 写真展 | Comments(0)
隙間狙って・・・    1月18日 5927


b0069507_2455179.jpg原宿での10時からの打ち合わせの後、午後は市ヶ谷に移動して、スタジオのスケジュールの隙間を見つけて、昨日午後に引き続きJPS・公益社団法人日本写真家協会会報の「お仕事」。
1年に3回の複写作業です。
JPSの会員が昨年の9月から12月までに出版した写真集等39冊の複写をしました。
何回か書きましたが、複写はフォトグラファーの基本中の基本だと思います。特に、商品撮影をするフォトグラファーにとっては、必修科目です。
その必修科目に「革命」を起こしたのは、ライブビューができるカメラとオートフォーカスと画像処理ソフトによる、水平垂直の修正です。
それでも、まだまだシャッターを押す前に基本の基をやる事がいくつかあるのです。
本来は、アシスタント君が訓練のために複写をするのですが、このところ忙しくて訓練ができません。
JPSの方も締め切りがあるので、スタジオの空き時間を見つけて、本日実行になりました。
本日は、EOS 5DMkⅣ+100mmマクロ MRawで撮影、Bridge,camera rawで取り込み水平垂直を修正、PhotoshopでリサイズとJpg変換という工程です。
b0069507_3254725.jpg16時過ぎに複写終了、次は、明日のロケ準備とスタジオ撮影の準備です。
ロケチームは、中判デジタルでの撮影ですが、ムービー撮影もあるのでHMI2灯とムービー用三脚、ムービーに使うEos と機材も増えます。
さて、本日の問題は、降って沸いたAPAホテルの本。
おわかりだと思いますが、APA・公益社団法人日本広告写真家協会とAPAホテルは全く関係ないのです。
ホテルより、日本広告写真家協会の方が歴史があるのです。
でも、もう15年位前になると思うのですが、APAという商標登録に関して、ちょっと困った事がありましたが、広告写真家協会もAPAで商標登録しました。
以前、あの社長のお顔とAPAというロゴがでるCMがたくさん流れた時、困ったなと思ったのですが、今回は、かの国のハッカーが、間違って写真の方のAPAにいたずら等しないか、気になります。
私も、時々APAホテルに泊まりますが、中国の人が多く宿泊しているのを見て、その面では敏感な国の方達がホテルの経営者の思想信条を知っていて宿泊しているのかと不思議に思っていたのですが、やっぱり今回の件になりました。でも、問題の発端が中国の人では無く、英語圏の人だったというのも不思議です。中国の人はこれまで、本の存在を全く気づかなかったのでしょうか?
ちなみに、JPS・公益社団法人日本写真家協会の方は、WebでJPSと検索すると一般社団法人日本物理学会が出てきます。
Webサイトのドメインは、物理学会の方が収得が早かったので、or.jpを使用していて、写真のJPSは、公益社団法人なのですが、gr.jpを使っています。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-19 07:30 | 撮影準備 | Comments(0)
献杯   12月19日(月)   5887


今週は、忘年会ウイークというかたも多いと思います。
私もそうなのですが、本日は忘年会ならぬプチ偲ぶ会でした。
私には、5人の師匠がいますが、最初の師匠長友健二さんが亡くなって10年。
同門の後輩フォトグラファーの桃井一至君が何かやりましょうといい始めたのが、今年の春頃・・・
という訳で、年長の私が会場を決めて、本日の忘年会というか偲ぶ会になりました。
b0069507_7463649.jpg長友さんが亡くなって3年位は、年に1度集まっていたのですが、それもなくなり久しぶりの集まりでした。
今日は、私も含めて6人集まり、仕事が終わらず来られなかったメンバーが2人でした。
私は、長友さんの5番目くらいの弟子。最初のアシスタントだった方は、亡くなられています。
長友さんが亡くなったときのアシスタントで、没後MASHが引き取り、現在メキシコ在住の大橋君まで、何人のアシスタントがいたかは不明ですが、現在連絡がつくのは十数名です。
連絡がつくメンバーでも、写真を撮るほうでなくなった者も3~4人います。
思い出話と、10年たったから言えるという話で盛り上がり、久しぶりのタクシー帰宅になりました。
天国の長友さんは、どんな顔でこの会をみていたのでしょうか・・・
長友さん、感謝です。ありがとうございました。

※この写真は、桃井君撮影です。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-12-20 08:09 | 写真世界等々 | Comments(0)
四代目・・・  再びアシスタント募集中です。  9月30日(金) 5819


b0069507_6442111.jpgこのおじさん(失礼)、私の4番目のアシスタント君です。
当時、私は30そこそこ、彼、現在フォトグラファーの川上君は、当時20代前半、大学を卒業したばかりだったと思います。
写真展のレセプション等ではちょくちょく会うのですが、今日、事務所で久しぶりに、ゆっくり話しました。
フォトグラファーとアシスタント、不思議な関係です。
私も、長短併せて5人の師匠につきました。
最初は故・長友健二さん。礼儀と自分の役だたなさを学びました。
次は故・杉木直也さん。広告写真と、合理的な思考方法を学びました。
3番目・4番目は、ケン・モリさんと、シーチー・コーさん。ケンさんからは、自分の感覚だけで仕事をしているフォトグラファーがいるというのを学びました。それとスタイルの概念を学びました。
台湾人のコーさんからは、世界は広いという事を学びました。
最後は、熊谷晃さん。商品撮影をみっちり仕込まれました。お酒の飲み方も学びました。
ズーッと後になってからですが、長友さんからは、ヨドバシカメラの仕事を引き継ぎました。
熊谷さんからは、巣立ってすぐにポラロイド仕事を引き継ぎました。

最後についた、熊谷さんから、「フリーになったら、アシスタントを雇え、写真が変わるぞ。カメラなんて後で良い」と言われました。私は、写真の学校では無く、普通の大学出なので、アシスタントをして写真を学びました。合計5年以上アシスタントをしていたので、アシスタントの役割と重要性がわかります。ですから、言いつけをまもりました。
フリーになって、直ぐに当時明治学院の学生だった写真青年をパートタイムのアシスタント君として、お願いしたのが、初代のアシスタント君。次のアシスタント君、栗ちゃんもパートタイム。三番目の室澤君が初めてのフルタイムのアシスタント君。富山から写真の勉強をしに上京し、縁があって私のアシスタントになりました。室澤君と一緒に仕事をしている時に、セカンドアシスタントになったのが川上君です。
フルタイムの室澤君を雇った時は、相当責任を感じました。20才そこそこの若者が私が支払う給料で生活し、将来の夢の為に働いている・・・ どうにかしなければ・・・ 
当時の給料は、本当に安くしか払えませんでしたが、昼と夜のご飯だけは一緒に食べていました。
一生懸命働いて、室澤君の給料と、フリーになって直ぐに口座を作ってくれた銀一さんと堀内カラーさんの支払いだけは滞らないようにしました。そして川上君が来た頃は、どうにかご飯も食べられるようになっていました。
結局、室澤君は10年近くいて、途中で立ち上げたMASHのフォトグラファーになり、長男なので富山に戻り、スタジオを建てて、フォトグラファーとしてやっています。

今の若いフォトグラファー、アシスタントがいるフォトグラファー少ないように思います。
きっと、アシスタント経験のないフォトグラファーはアシスタントの重要さ、機能したときの便利さをわからないのでしょう。また、フォトグラファー自体が、デジタルになり、色々大変なようですが、年中一緒にいるのが嫌だという人もいます。
アシスタント雇うという事は、アシスタントからも学ぶ事です。

川上君が、私から何を学んだかは、わかりません。

MASHでは、色々あって、今年2回目のアシスタントを募集する事になりました。
広告系の写真のアシスタントです。鞄持ちとは違います。厳しいですが、修行に耐えられる方、お待ちしています。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。


アシスタント募集詳細
by mash_boss | 2016-10-01 08:07 | 写真世界等々 | Comments(0)
修行者・セカンドアシスタント募集。 Special issue



MASHでは、セカンドアシスタントを募集します。

詳しくはこちらクリックしてください。
by mash_boss | 2016-06-24 19:39 | 写真世界等々 | Comments(0)
撮影アシスタント募集 


募集締め切りました。
MASHではアシスタントフォトグラファーを募集中です。

詳細はこちらをクリック。
by mash_boss | 2016-01-14 09:50 | スタジオ | Comments(0)
1年ぶりのアシスタント募集  1月9日(土)  



募集締め切りました。
MASHではアシスタントフォトグラファーを1年ぶりに募集します。

デジタル時代になり、写真へのハードルは低くなりました。フィルムも現像代もいらなくなり、モニターで見れば、プリント代もいらなくなりました。シャッターを押せば、結果がすぐに見られるようになりました。携帯電話にカメラ機能がつき、写真を写す人の数、写真の量は、フィルム時代より、世界的にもはるかに多くなりました。写真が簡単写せ、経済負担も少なくなる事により写真が日常生活の必需品の一部になりました。
光を読める才能、画面構成力があれば一定程度の良い写真が誰でも撮れるようになったのです。
それにより、新しいプロ写真家も生まれました。女性プロフォトグラファーも増えました。
新しい、フォトグラファーが生まれる事は良い事だと思います。MASHはそれを肯定します。
しかしながら、真のプロフェッショナルフォトグラファーへのハードルは低くなった訳ではありません。あえて、真のと書かせていただいたのは、容易にフォトグラファーになったフォトグラファーは、寿命が短いようです。自分で、もっと続けたくても続けられない場合も多いようです。
その訳は簡単です。プロのフォトグラファーとしてのスキルや覚悟が弱いのです。
使い捨てされる、ヘナチョコプロでは無く、ちゃんとしたプロフェッショナルフォトグラファーになる道は、今も昔も基本的にはかわりません。天才でない限り修行が必要です。
MASHのアシスタントには、プロのフォトグラファーを目指す事を期待します。
もちろん、個人の持つ、新しい感覚は尊重します。その感覚にプロフェッショナルフォトグラファーとしてのスキルを身につければ、とても強いと思います。

勤務地は東京・新宿区・市谷(防衛省前)です。
撮影内容は商品撮影70%、人物撮影30%です。
経験は問いませが、未経験者の場合かなりの努力が必要です。
東京に廉価なワンルームを借りて暮らせるだけの、必要最小限の給料はお支払いします。
撮影では昼食もつく事が結構あります。仕事で遅くなれば食費の補助が出ます。食べる事には心配はありません。
原則土日は休みですが、ウイークデーはかなりハードです。
学歴は問いませんが、地頭の良さは必要です。数学の必要はありませんが、算数はある程度必要です。デジタル写真ではMacやPcは切っても切れない仲なので、MacやPcがチンプンカンプンの人はMASHのアシスタントには不向きです。
男女は問いませんが、スタジオワークがあるので女性でも、体力とある程度の「力」は必要です。また、照明機材も扱うので男女とも身長は160Cm位は必要です。
早朝ロケの場合、スタジオで前泊という覚悟も必要です。(シャワーは完備しています。)
時間にルーズな方はアシスタントには不向きです。(社会人としてNGです。)
よく、ある程度年齢を重ねた方から、一生懸命やるのでアシスタントになりたという方がいらっしゃいますが、経験上、そういう方で長く続いた方はいませんので、お互い無駄な時間を過ごす事になるので、26歳位までの方にしたいと思います。
アート的写真は自分で写してください。大いに結構です。でも、MASHでは写真は仕事なのです。
広告や販売促進の写真は、共同作業です。広告フォトグラファーは、時として「技術提供者」でもあるのです。
一生食べて生ける技術とシステムを給料をもらいながら学べます。2~3年の修行とおもってください。
そのかわり、入社4ヶ月後から、作品撮影のためにスタジオ、機材が使用できます。
努力の結果、フォトグラファーになれたら、そこから先はもう実力です。東京の広告フォトグラファーのなかには、年間、一人で億の単位を稼ぐ人も何人もいるのです。

募集職種: 撮影アシスタント
仕事内容:撮影助手。スタジオ・機材の維持管理。
資格:26歳位まで(経験不問)。学歴不問。国籍不問(不法滞在で無い事。日本語でコミュニケーションができる事。)
大学卒業程度の学力または写真専門学校卒業程度の写真、カメラの知識、要普通自動車免許。
給料:¥160,000,- 交通費支給。21時以後夕食補助有。
勤務日:月〜金。土日、祝日休み。夏期、年末年始休暇有。休日出勤の場合は代休。2年め以降有給休暇有り。賞与・業績に応じての金額
勤務時間: 原則9:00〜18:00  ロケーションの場合早朝出勤あり。
社会保険完備
※保証人必要。
応募方法: メールで履歴書、職務経験がある人は職務経歴書もお送りください。後日面接日をお知らせします。

履歴書 等送り先、問い合わせ先。  info@mash-jp.net

MASHを詳しくしりたい人は、ココをクリック。 今回はこちらのアシスタント募集です。
MASHのグループ MASHmanagementはココをクリック。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-01-09 07:45 | 写真世界等々 | Comments(0)
新人教育  8月20日(木)  5277


b0069507_4382725.jpg今日の午前中は、新人教育です。
右は、6月に入社したアシスタントの長井君です。
大阪産業大学を卒業後、大阪でMASHのような写真制作会社に営業として入社、その後撮影部門に移動、アシスタントをしながら、少しづつ撮影も始めたという時点で、東京で勉強することを決意、MASHの「厳しい」採用条件にもめげず、入社しました。
今日は、ビューカメラ+デジタルバックの勉強中。もちろん、アオリも勉強します。
MASHのアシスタントは、各種デジタルカメラの特性と使い方をしらなければなりません。
目的にあった、最善のカメラで撮影をするのが、プロのフォトグラファーです。そのアシストをするのですから、各種カメラの使い方は、当然知っていなければならないのです。
完全デジタル後の若い人は、殆どと言って良いほどビューカメラを知りません。
フィルム時代でも、人物中心のフォトグラファーは、35mmやブローニーフィルムの性能が良くなり、印刷技術が向上するとともに、ビューカメラ≒4X5を使わなくなりました。
私の年代でも、水平垂直が求められたり、商品からモデルまでピントが求められたりの商品+モデルの撮影はビューカメラ+4x5で撮影。広告系のモデル撮影はブローニー、雑誌のモデルは35mmというように分けて使っていました。
商品撮影では、広告、販促系の場合はビューカメラに4x5やブローニーフィルムで撮影というのが一般的でした。
デジタルになり、35mmタイプのデジタルカメラでの撮影が殆どになりましたが、広告系では中判デジタルの出番もあります。その理由はやはり印刷時の画質。5000万画素オーバーや4200万画素の35mmタイプのデジタルが出てきましたが、画素数ではバックタイプのデジタルと同じか、それ以上になっても、受光素子の1つのセルの大きさが違います。実は1つのセルの大きさが大きい程、簡単に言えば画質が良いという面もあるのです。画素数とセルの大きさの関係は結構複雑です。
35mmが高解像度になると、デジタルバックもCCDやCモスの面積の大きい高解像度が使用されるようになっていきます。デジタルバックの世界では6500万画素、8000万画素等という機種も発売されています。
画素数はさておき、ビューカメラでしかできないのは「アオリ」です。高画素数の35mmタイプのデジタルでは、少し絞ると回折現象がおきてしまいます。フィルム時代のように絞りを絞ってピントを稼ぐと画質に影響が出てくるのです。それを防いで広範囲にピントが合わせられ、しかも同時に被写体の「形」の修正ができるのが「アオリ」なのです。簡単なアオリができる専用レンズもありますが、それはアオリの一部ができるだけで、ビューカメラでのアオリはそのアオリの量や種類がぜんぜん違います。PCのソフトでできる修正や、ピント合成とも違うのです。
また、ビューカメラの利点はレンズの選択枝が、多いのです。これも微妙な差が求められるプロの世界では重要です。これからもビューカメラの使い方は伝統工芸技術のような形で残っていくのでしょう。
というわけで、MASHのアシスタントは、色々勉強が必要です。
それは、なぜか?
MASHでは、アシスタントは「強い」スタジオを作る基礎だと考えています。昔から言われる砂上の楼閣にならないためには、アシスタントが重要なのです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

厳しいMASHのアシスタント募集条件に興味の有る方はコチラからどうぞ。 現在は募集していません。
by mash_boss | 2015-08-21 10:46 | 寺子屋 | Comments(0)
嬉しい事。 3月10日(火)  5119


b0069507_63453.jpg長くフォトグラファーをしている者にとって、嬉しい事のひとつは、以前のアシスタントが来てくれる事です。
今日は、15年前にアシスタントをしていた阿部君が、来てくれました。
現在、阿部君は長野市でフリーランスフォトグラファーをしています。
2年前にも、東京に仕事で来た時にスタジオに寄ってくれたのですが、その時は仕事で外出していてあえませんでした。
今回は、事前に連絡があり、今日になりました。
原宿の事務所で会い、そのまま居酒屋「ゆかり」へ直行。
お酒が入れば、15年の時は一瞬に無くなります。
阿部君、もう37歳、2人の子持ちになったんだ・・・
私のまわりには、以前のアシスタント君達が何人か仕事をしてくれています。
池嶋君、中辻君、岡安君、三次君、直接のアシスタントではありませんが、龍スタジオのアシスタントとして手伝ってくれたいたホソミ君。そしてカメラの発表会でよく会う川上君、今度の新幹線開通で近くなった富山でフォトグラファーをしている室沢君・・・  嬉しい事です。
私のBoss達は、お二人は2人は鬼籍に入り、お一人はニューヨークから台湾に戻り台北在住、お一人はアメリカ在住で消息が不明になってしまいました。最後に仕えたBossは東京で現役です。カメラの発表会等ではお会いするけど、しばらく、ゆっくり合っていません。遊びに行こうかな〜
b0069507_7304792.jpg今日のスタジオは、その三次君の撮影。
ストロボではなく、デドライトDLH4を使用しての撮影です。
ハロゲンランプのこのライトは、様々なアタッチメントがあるので、多様で正確で安定したライティングができます。
きょうのような、小型で緻密な製品撮影にはピッタリです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-03-11 07:45 | 写真世界等々 | Comments(0)
アシスタント フォトグラファー君達について・・・  1月10日(土) 5061



b0069507_9414235.jpgフォトグラファーのアシスタント君の事をエントリーすると、ブログやフェースブック、驚くほど反応が多いのです。
これは、このブログをごらんになっているフォトグラファーや写真関係者、フォトグラファー予備群のアシスタントに対する感心が高い事の証左でしょう。
アシスタント君達の育て方、正直悩みます。
私の時代から現在まで、フォトグラファーのアシスタントを巡る環境、考え方は随分変わりました。
昔のアシスタント経験もあり、組織の長でもある私が、現在の「アシスタント」という職種を見る目は、複雑です。
ひとつだけ言えるのは、「アシスタント」という職業、どの分野の「アシスタント」も、自分の将来の成功を夢見ているからこそ、続けられる職業で、夢や希望が無くなったら続けられなく職業である事は間違いないようです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-01-11 09:47 | 撮影準備 | Comments(0)