<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
Wパーティー 9月29日(金) 6180
人気ブログランキング

b0069507_06080205.jpg今日は、写真展オープニングレセプションが2つ重なりました。
場所は、いずれも銀座。という事で2つに参加。
最初は、リニューアルが終了した銀座・写真弘社の「ギャラリー・アートグラフ」でJPS会員・熊切大輔さんの写真展東京動物園-アンリアルな動物たちの生態-」。
右が作者のフォトグラファー熊切大輔さん。中央は大輔さんの父上JPS・公益社団法人日本写真家協会会長の熊切圭介さん。
左は、写真弘社の柳沢会長。
写真展詳細はココからどうぞ

b0069507_06083601.jpg次に参加したのは、JPS会員・叶悠眞さんの写真展 「會津」のオープニングパーティー。
こちらは、會津の日本酒が飲める居酒屋さんでのパーティーです。
息子さんのパーティーから駆けつけて挨拶するJPS・熊切会長です。
挨拶と「会津磐梯山は〜 宝の山よ〜」と一曲披露。会長の歌は初めてです。後ろが、作者の叶さんです。
写真展詳細はココからどうぞ
b0069507_06092955.jpgオープニングには、8日のヨドバシカメラ豊島園撮影会の講師も参加しています。
JPS会員の左・佐藤倫子さん、土屋勝義さん、榎並悦子さんです。
みんな、結構できあがっています。(土屋君は飲まないのですが、できあがっています。)

ヨドバシカメラ・東京・豊島園撮影会の詳細はココからどうぞ


by mash_boss | 2017-09-30 07:10 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
ホッ…やっと終了。写真展§10 9月28日(木)   6179

b0069507_02161754.jpg本日夕方、写真展用プリントやっと終了しました。
まだ若干修正は残っていますが、ひとまずはホッとです。
次は、会場レイアウトを決めます。
頭の中では、だいたい決まっているのですが、それをレイアウト用のギャラリー図に落とし込みます。
実は、この作業は結構苦手です。
壁面の長さを額の大きさで割って、額と額の間の距離を決めて、コーナーは少し余裕を持たせて…
頭の中がこんがらかってしまいます。(緻密にやる人はやるのでしょう…)
会場に作品を並べてみると感じが違う事もあるので、最後は現場合わせです。









b0069507_02421543.jpg

先日、写真展の取材に来てくれた「サンケイリビングWeb 田園都市版のMadame Mのcamera」の松岡さんが不使用写真を送ってくれました。
私の後ろの外人さん、Vサインをしているのです。これは使えませんよね。高校生や中学生のヤンチャだけかなと思ったら、いい大人になってもこんな事する人もいるんですね。
さて、本題はそんな事ではなく、この写真を写したレンズです。
撮影場所は原宿の横断歩道上です。私と外人さん、1m位しか離れていないのですが、ボケ、見事です。
使用レンズは、タムロンのSP 85mm F/1.8 Di VC USDです。カメラはCANON EOS5D Mk Ⅳです。
最近、私個人的にも明るい中望遠レンズ気になります。
フルサイズ換算、85mm~105mm,135mm位の明るいレンズが、フルサイズ、APS-C,4/3で発売発表されています。
CANONも最近新しいEF85mm F1.4L IS USMを発表しましたし、SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Artはいいレンズです。
単焦点の明るい中望遠レンズ、開放で使うと別の世界が現れるようです。
松岡さんが、タムロンを選んだのは、大きさとコストと性能のバランスを考慮してとの事です。
シグマのArtシリーズの85mmは、性能は素晴らしいのですが、男のわたしでも大きいと感じるので、女性の松岡さんにとってはなおさらです。
CANONの1.4は未発売ですし、お値段がお高いです。1.2も同じ。さりとて現行の1.8はイマイチそうですし… という事でタムロンになったようです。
小池百合子さんではありませんが【wise spending】です。
最近はシグマ、タムロン、ツアイス、韓国、中国、台湾製等々、サードパーティーのレンズ良いのが出てきました。
純正も頑張らなくては。
(モデルが、私でなければ、もっと良い作例になりました。)


by mash_boss | 2017-09-29 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(1)
Happy Halloween!  時間があれば… 写真展§9 9月27日(水)  6178

人気ブログランキング
b0069507_05425045.jpg時間があれば、写真展用プリントのプリント中です。
写真展用の展示作品、最後の数点、どれにするか迷っています。
展示する実際のサイズにすると、印象が異なってくる作品もあるので、濃度や色を調整する必要があるプリントも出てきました。
風景写真は、これまでのモデルさんを写した写真展とちょっと訳がちがうな~ というのが正直な感想です。
自分のなかでのプリントの期限は今週いっぱいと決めています。
時間を見つけてプリントができるインクジェットプリントは本当にいいな~ というのが実感です。

b0069507_06010901.jpg四谷を歩いていたら、英語学校でハロウインのデコレーションをしていました。
ハロウイン、知ってはいましたが、日本でハロウインが取り上げられだした頃、何だろうな~? と思っていたのですが、最近は風物詩としてすっかり定着しつつあるようです。
日本って、面白かったり商売に繋がれば、宗教行事でも何でも取り入れてしまう雑食で、ここまで発展してきたのでしょう。それでいて残すべき事は残す、良いことです。

でも、新しい習慣としてコンビニが一生懸命な、関西の習慣「恵方巻」は、関東ではいまいちのようです。



by mash_boss | 2017-09-28 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
色々…  写真展 §8 9月26日(火) 6177

b0069507_06442237.jpg朝1で「田園調布レトロプロジェクト」というプロジェクトの撮影打ち合わせ。
田園調布は東京の昔からの高級住宅街、西で言えば芦屋とでもいいましょうか?
そこにお住まいのお婆ちゃま達のお若い頃着ていた、昭和30年代、40年代のお出かけ用の服をある目的のために写すというプロジェクトです。
ある区の助成金で撮影するので、予算は多くないので、モデルさんもADもヘアメイクさん私も、ボランティア的仕事ですが、面白い仕事なので、みんな乗っています。

b0069507_06570342.jpg昼は、某タウン誌から、今度の写真展の取材を受けました。
私の写真を、原宿の街中で撮影する事になったので「ロケ」をしました。
原宿の街は撮影に慣れているので、撮影されやすいです。
b0069507_07064839.jpg夜は、APA会員で資生堂の宣伝・デザイン部の金澤氏(左)の写真展のオープニングにお邪魔しました。
会場は、原宿のピクトリコギャラリーです。
真ん中は、商品撮影のスペシャリスト、フォトグラファーの蓑田氏。
右は工芸大の悩める3年生です。

金澤氏の写真展詳細はココからどうぞ


by mash_boss | 2017-09-27 07:25 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
レジェンド 9月25日(月) 6176
b0069507_01514728.jpg今日の午後は、1時間だけJPS・公益社団法人日本写真家協会の広報委員会の会報編集会議に出席しました。
その場で、今季から広報委員会担当理事になった桑原史成さんから写真集「水俣を忘れない」を頂きました。
よく「JPSやAPAに入会するメリットは、なんですか?」と聞かれます。
直接的にはフリーランスの方達には「文芸国保」に参加できて、健康保険が安くなります。
自称写真家、フォトグラファーでなく写真家、フォトグラファーになります。
あまりあっては欲しくありませんが、海外でゲリラ事件に巻き込まれた時に、自称写真家でなく写真家としてメディアで紹介されるでしょう。
でも、そんんな事より、ボランティアで各委員会に参加していると、若い頃に凄いなと見ていた写真を写した写真家に直接お会いできたり、仕事ができます。
それは、この歳になっても、様々な影響を与えてくれます。
桑原史成さんもその一人です。
日本が、今の中国のように高度経済成長時代に、その闇にあたる水俣病にスポットを当てて、報道し続けた写真家です。
桑原さんが水俣病を撮影し始めたのは1960年、発表は1962年に銀座・数寄屋橋にあった富士フォトサロンでした。この写真展は大きな反響を呼び、水俣病、公害を世に知らしめたのでした。写真展が、報道のメディアとして機能していたなんて、今から思うと信じられません。
その後、写真家ユージンスミスも水俣病の取材に加わり、『ライフ』の1972年6月2日号に「排水管からたれながされる死」として発表、世界的に大きな反響がありました。
桑原さんは、「韓国」についても1960年代から継続的に取材をしています。
そんんな桑原さんと会報の校正をしましたが、80に近い桑原さんの校正の力は凄いものでした。
私が、校正というのもおこがましく、文章を読ませていただいたのは、JPS副会長の野町和嘉さんの、世界の写真ジャーナリズムに関する文章。
そのなかの、インスタグラムに関する項目は、眼から鱗が落ちる内容でした。

若いプロのフォトグラファーの皆さん、入会資格がおありならJPSやAPAといった写真の団体に入ってみてください。そして様々な活動に参加してみてください。
会費は必要ですが、それには変えられない、世界がちょっとだけ広がります。
御自分に会わなければ退会は自由です。




by mash_boss | 2017-09-26 07:03 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
お待ちしています。 9月24日(日) 6175
b0069507_00463380.jpg2週間後の日曜日は、ヨドバシカメラ東京豊島園撮影会です。
普段は風景やお花を写されている皆さん、たまには、女性ポートレートを写してみませんか?
ポートレート撮影用のカメラの設定の仕方から、お教えする初心者講習もあります。
カメラを持っていなくても、ニコン、キヤノン、ソニー、ペンタックス、フジ、オリンパス、パナソニック、シグマの最新ミラーレスや一眼レフカメラとレンズが借りられます。
メモリーカードだけは自分で用意してください。会場では売っていません。
SDカードが有れば、殆どのカメラに対応できます。
ただ、容量は大きめを準備してください。
特にRawデーターでも、写そうと思っている方は大きめをどうぞ。
例えば、2400万画素のカメラでRawだけで写すと、だいたい300枚ちょっと写せます。モデルさんを写すと300枚なんてすぐ写してしまします。もちろん、Jpegならもっと枚数写せます。
普段、カメラを使っている方なら、初心者講習は飛ばして気に入ったモデルさんがいるグループで撮影をどうぞ。アマチュア指導の経験豊富なプロのフォトグラファーが付いているので、分からない事は聞きながら撮影ができます。
秋の1日、写真を楽しみましょう。
詳しくは、コチラからどうぞ

by mash_boss | 2017-09-25 07:30 | イベント | Trackback | Comments(1)
いつもお祭り…  9月23日(土)  6174
人気ブログランキング

b0069507_08271651.jpg原宿は、いつもお祭りのような賑わいですが、土曜日の原宿、改めて凄い人手を実感です。
今日は、原宿の事務所でやる事があったので、久しぶりに土曜の原宿にいきました。
昼食の時に、オジサン向けのラーメン屋さんに行くのに、竹下通りの入り口を横切るのですが、竹下通りはご覧のとおりのです。おまけに、今日は本当の「お祭り」で、祭り囃子が竹下通りに流れていました。
古くはタケノコ族ブーム、タレントショップブーム、そして今は、アンテナショップ的なお店と、クレープ屋さん、何だか若い人向けの仲見世通りのようです。
竹下通りを歩く事が、原宿に行く目的になっているんでしょうね?








b0069507_08284019.jpg久しぶりの原宿の車です。フェラーリ488GTBです。
お値段は、価格.comによると3,070万円だそうです。
どこかで読んだのですが、アベレージですがVWを1台売ると8万円の利益があり、ポルシェが1台売れると190万円の利益があり、フェラーリは1台売れると、1,000万円の利益がでるそうです。さもありなんです。




by mash_boss | 2017-09-24 08:51 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
10週年!! 9月22日(金) 6173
b0069507_09043028.jpg
もう、10年か~
iPhoneが2007年にアメリカで発売されて10週年だそうです。
日本でソフトバンクからiPhone 3Gが発売されたのが2008年です。
新しもの好きな私は、個人の携帯として発売されてすぐにヨドバシアキバで買いました。
「使えなかったな~」というのが、その時の感想です。すぐに電池がなくなりましたし、それに、あの頃のソフトバンクは電波状態もよくなかったので、使いにくかったです。
あの頃は、iPhoneユーザーは充電器も持って歩いて、コンセントがあるところでは、よく充電していましたっけ。
それから9年、DocomoがiPhoneを扱うようになって、MASHの会社支給の携帯は全部iPhoneになりました。
今日、iPhone8が発売されましたが、とりあえず「iOS 11を搭載するiPhoneとiPadは、間違いなくこれまでで最もパワフルで、最もパーソナルで、最も賢いデバイスです。」という11にバージョンアップしました。
ハードを変えられるのはいつかな~

iPhone等のスマホは、コンパクトデジタルカメラを葬むさり、デジタルカメラのリモコンにもなり、ビューアーにもなり、写真の世界も大きくかえました。
これから、どう進化していくのでしょう?
congratulation iPhone!!
※写真は初代iPhone 3Gと現在使用中の6S+です。


by mash_boss | 2017-09-23 09:16 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
何かと忙しい1日でした。 9月21日(木) 6172

b0069507_07063337.jpg午前中、アシスタントA君B君が池嶋くん指導のもとに、ホリ塗り。
B君は、インテリア施工会社に在籍中に、職人さんからローラーを使ってのペンキ塗りを習ったようで、ホリ塗りが上手い事が判明しました。
b0069507_07112813.jpg原宿の事務所に行くと、softbank原宿店からiPhome8,Xの発売で、近隣の皆様に御迷惑をかけますとの挨拶文が届いていました。
買い換える予定はありませんが、とりあえず、iOSを11にバージョンアップしました。
b0069507_07180616.jpg夜は、銀座ライカギャラリーのオープニングレセプション。
ライカギャラリーは展示期間が長いので、今回の展示期間は今日から、来年の1月中旬まで。あ~ もう来年か~ 1年早いです。
今回の写真展は「アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロバート・キャパらとともに、写真家集団マグナム・フォトの名を世界に知らしめる礎となった写真家の一人でもあるマルク・リブー(Marc Riboud)」の写真展です。同時に京都ライカギャラリーでもマルク・リブ-の写真展を開催します。
お薦め、必見の写真展です。
b0069507_07282533.jpgライカギャラリーの流れで、有楽町ガード下の飲み屋へ…
1年ぶりくらいに来たのですが、本日は気候もよく大賑わい。
路上に椅子やテーブルを出しての営業で、時々警察から注意を受けるらしいですが、インバウンド増加で警察もそんなにうるさく言っていられないのでしょう。
本日、訪日外国人観光客が昨年より1っヶ月早く2,000万人を超えたとのニュースでした。
この飲み屋街も外国の人が多いです。
1年前よりその比率がたかまりました。
今日は、オーストラリア、ペニンシュラに宿泊しているインド人家族(リッチですね。)、アメリカ、フィリピン、日本がミックスしたグループと盛り上がりました。
政府の目標としている、インバウンド4,000万人になったら、どうなっちゃうんでしょう。楽しいような、怖いような…帰宅は、久しぶりに午前様寸前でした。



by mash_boss | 2017-09-22 07:47 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
アシスタント君決定 写真展§7 9月20日(水) 6171

このブログでも募集していた、アシスタント君が決まりました。
アシスタントA君 22才。北海道出身。美術系大学卒。東京の撮影プロダクションに入社するもアシスタントの仕事が少なく、将来に不安を覚え転職を決意。第二新卒とでもいいましょうか…
大学在学中は、夏休み等の長期の休み期間には東京に来てロケーションアシスタントをしていたという、なかなか積極的な青年です。機材は一応使えます。
アシスタントB君 24才。北関東出身、建築系大学卒。インテリアの施工会社に就職、デザインプレゼンのため様々な写真を扱っていました。いろいろあって将来を考え、もともと好きだった写真に方向転換を決意。インテリア系の職場は、昔の写真のアシスタント生活と同じような環境が、いまだにあるようです。徹夜には強そうです。機材の名称から勉強です。
2人の新人アシスタント君どう育っていくのでしょうか?
b0069507_01334975.jpg本日発売のCAPAの写真展紹介ページに「Toward the Landscape - 見える時、見えない時-」を紹介して頂きました。
面白いのは、同じお話をしても、編集者によって、選ぶ写真が違います。
写真展のDMもこのCAPAも、10月に出る写真誌1誌とタウン誌も、掲載する写真は自分で写真を選ばずに、編集者に選んでもらいました。
今回の写真展用作品の価値は私にとっては、全て同じです。ですから自分で選ばずに編集者に選んでもらう事にしたのです。
写真と写真展に関して、同じお話をしてどの写真を選ぶかは、そのまま取り上げていただく媒体の傾向になるのです。



by mash_boss | 2017-09-21 07:00 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(1)