<   2017年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
10週年!! 9月22日(金) 6173
b0069507_09043028.jpg
もう、10年か~
iPhoneが2007年にアメリカで発売されて10週年だそうです。
日本でソフトバンクからiPhone 3Gが発売されたのが2008年です。
新しもの好きな私は、個人の携帯として発売されてすぐにヨドバシアキバで買いました。
「使えなかったな~」というのが、その時の感想です。すぐに電池がなくなりましたし、それに、あの頃のソフトバンクは電波状態もよくなかったので、使いにくかったです。
あの頃は、iPhoneユーザーは充電器も持って歩いて、コンセントがあるところでは、よく充電していましたっけ。
それから9年、DocomoがiPhoneを扱うようになって、MASHの会社支給の携帯は全部iPhoneになりました。
今日、iPhone8が発売されましたが、とりあえず「iOS 11を搭載するiPhoneとiPadは、間違いなくこれまでで最もパワフルで、最もパーソナルで、最も賢いデバイスです。」という11にバージョンアップしました。
ハードを変えられるのはいつかな~

iPhone等のスマホは、コンパクトデジタルカメラを葬むさり、デジタルカメラのリモコンにもなり、ビューアーにもなり、写真の世界も大きくかえました。
これから、どう進化していくのでしょう?
congratulation iPhone!!
※写真は初代iPhone 3Gと現在使用中の6S+です。


by mash_boss | 2017-09-23 09:16 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
何かと忙しい1日でした。 9月21日(木) 6172

b0069507_07063337.jpg午前中、アシスタントA君B君が池嶋くん指導のもとに、ホリ塗り。
B君は、インテリア施工会社に在籍中に、職人さんからローラーを使ってのペンキ塗りを習ったようで、ホリ塗りが上手い事が判明しました。
b0069507_07112813.jpg原宿の事務所に行くと、softbank原宿店からiPhome8,Xの発売で、近隣の皆様に御迷惑をかけますとの挨拶文が届いていました。
買い換える予定はありませんが、とりあえず、iOSを11にバージョンアップしました。
b0069507_07180616.jpg夜は、銀座ライカギャラリーのオープニングレセプション。
ライカギャラリーは展示期間が長いので、今回の展示期間は今日から、来年の1月中旬まで。あ~ もう来年か~ 1年早いです。
今回の写真展は「アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロバート・キャパらとともに、写真家集団マグナム・フォトの名を世界に知らしめる礎となった写真家の一人でもあるマルク・リブー(Marc Riboud)」の写真展です。同時に京都ライカギャラリーでもマルク・リブ-の写真展を開催します。
お薦め、必見の写真展です。
b0069507_07282533.jpgライカギャラリーの流れで、有楽町ガード下の飲み屋へ…
1年ぶりくらいに来たのですが、本日は気候もよく大賑わい。
路上に椅子やテーブルを出しての営業で、時々警察から注意を受けるらしいですが、インバウンド増加で警察もそんなにうるさく言っていられないのでしょう。
本日、訪日外国人観光客が昨年より1っヶ月早く2,000万人を超えたとのニュースでした。
この飲み屋街も外国の人が多いです。
1年前よりその比率がたかまりました。
今日は、オーストラリア、ペニンシュラに宿泊しているインド人家族(リッチですね。)、アメリカ、フィリピン、日本がミックスしたグループと盛り上がりました。
政府の目標としている、インバウンド4,000万人になったら、どうなっちゃうんでしょう。楽しいような、怖いような…帰宅は、久しぶりに午前様寸前でした。



by mash_boss | 2017-09-22 07:47 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
アシスタント君決定 写真展§7 9月20日(水) 6171

このブログでも募集していた、アシスタント君が決まりました。
アシスタントA君 22才。北海道出身。美術系大学卒。東京の撮影プロダクションに入社するもアシスタントの仕事が少なく、将来に不安を覚え転職を決意。第二新卒とでもいいましょうか…
大学在学中は、夏休み等の長期の休み期間には東京に来てロケーションアシスタントをしていたという、なかなか積極的な青年です。機材は一応使えます。
アシスタントB君 24才。北関東出身、建築系大学卒。インテリアの施工会社に就職、デザインプレゼンのため様々な写真を扱っていました。いろいろあって将来を考え、もともと好きだった写真に方向転換を決意。インテリア系の職場は、昔の写真のアシスタント生活と同じような環境が、いまだにあるようです。徹夜には強そうです。機材の名称から勉強です。
2人の新人アシスタント君どう育っていくのでしょうか?
b0069507_01334975.jpg本日発売のCAPAの写真展紹介ページに「Toward the Landscape - 見える時、見えない時-」を紹介して頂きました。
面白いのは、同じお話をしても、編集者によって、選ぶ写真が違います。
写真展のDMもこのCAPAも、10月に出る写真誌1誌とタウン誌も、掲載する写真は自分で写真を選ばずに、編集者に選んでもらいました。
今回の写真展用作品の価値は私にとっては、全て同じです。ですから自分で選ばずに編集者に選んでもらう事にしたのです。
写真と写真展に関して、同じお話をしてどの写真を選ぶかは、そのまま取り上げていただく媒体の傾向になるのです。



by mash_boss | 2017-09-21 07:00 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
今日からプリント 写真展 §6 9月19日(火) 6170

b0069507_02443932.jpg10月13日からの写真展「Toward the Landscape -見える時、見えない時-」の展示用プリント作業、本日開始です。
プリンターはCANON Pro10.
ペーパーはピクトリコ セミグロスペーパーです。
プリンターのユーティリティーでノズルチェックをして、インクの調整をして、テストプリントをして、ペーパーのプロファイルはピクトリコのWebからダウンロードをして、ご覧のように、インクもタップリ買い込んで「戦闘開始」です。
本日は、慣らし運転で6枚で終了。
結果は良い感じでした。
明日からは時間を見つけてプリント作業を継続します。
きれいなカラープリントが、自分で明るい場所でできるなんて、改めてデジタルの良さを実感です。
プリント、特にインクジェットプリントでは、プリントできる紙の種類が各社から販売されていて、表現の幅が銀塩プリントより格段に広がりました。
今週いっぱいでプリントを仕上げて、来週、フレームマンに渡します。

写真展「Toward the Landscape -見える時、見えない時-」詳しくはココからどうぞ。


by mash_boss | 2017-09-20 07:30 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
休みの事務所 9月18日(月・敬老の日) 6169

b0069507_02455750.jpg連休の最後の午後は事務所に出て、明日から来る新アシスタント君2人目のための準備とアサヒカメラ用のデーター準備。
誰もいない、電話もかかってこない事務所で、Netflixの軽めのドラマを「ながら見」しがら作業をするのは、落ち着きます。
ついでに、冷蔵庫にあったエビスビールの夏限定The Hopというビールをいただきました。

という訳で、数ヶ月間に渡って、アシスタント君を募集していましたが、ほぼ同時期に2人確保できました。
デジタルになり、写すのは簡単になりましたが、その代わり「後始末」の時間はフイルム時代よりはるかに時間がかかります。
今、アシスタント君をしている人達は、これからは仕事では99.9%フィルムに触る事も見る事も無いはずです。
フィルム時代と比較した話をしても、同感してくれるフォトグラファーは10年か15年、20年もすれば全くいなくなるでしょう。
kodakがエクタクロームを2018年に再発売するらしいですが、経済原理からすれば「ちょっとな〜」と疑問です。1本の値段を相当高くしないとやっていけないはずです。
後10年、写真用フィルムは残っているのでしょうか? 
映画用フィルムは残っているかもしれないので、映画用フィルムを使ってライカができたように、先祖帰りで写真は映画用フィルムを使うようになるかも・・・ なんて事をアシスタント君の書類を作りながら、ビールを飲みながら、妄想していた本日の午後でした。
まあ、その頃は天国か地獄かはわかりませんが、私は別の世界から人間世界を覗いていると思います。


by mash_boss | 2017-09-19 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(1)
久しぶりの六本木ヒルズ 9月17日(日) 6168 

b0069507_06435745.jpg台風18号接近中のなか、六本木ヒルズへ久しぶりに行きました。
六本木ヒルズが完成したのは、2003年4月という事なので、もう14年たつのですね〜
完成した当時は、色々な取材でロケに行きました。
かつてのクライアント、Timeの日本支社が六本木ヒルズに入っていたので、オフィス部分にも、何回かいきましたが、ここ7~8年はごぶさたでした。
今日、印象に残ったのは、三菱重工の世界遺産関連の企業広告のコルトンです。
三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーンや占勝閣、旧木型場、第三船渠等のモノクロ写真が随所にありました。
きらびやかな六本木ヒルズの施設にモノクロ写真。不思議にマッチするとともに存在感を示していました。
今は、六本木だと、フジフォトギャラリーの入っている、後からできた東京ミッドタウンのほうに行く回数が多くなりました。
久しぶりに行った六本木ヒルズ、規模はミッドタウンより大きいし、店舗数も多いし。欅坂はロデオドライブみたいだし、面白さ再発見でした。


by mash_boss | 2017-09-18 08:12 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
白鳥真太郎写真塾  9月16日(土)  6167  

b0069507_04150831.jpg今日は、APA・公益社団法人日本広告写真家協会東京支部集会「白鳥真太郎写真塾」に参加しました。
APA会長で広告写真家として著名な白鳥真太郎さんのこれまでの広告作品と、写真展「貌」のⅠ,Ⅱの写真を見ながらの解説をお聞きしました。
作品の多さと、質の高さに今更ながら脱帽、そして驚愕です。
ADやDのアイディアに答えられる発想とテクニックは凄いです。
写真を使った本物の広告作品を見ると、写真の力を再認識するとともに、志は高く持たなければいけないと再認識です。
若いフォトグラファーとアートディレクターやデザイナーに是非とも見ていただきたかった、聞いていただきたかった写真塾でした。

Marvelous !!


by mash_boss | 2017-09-17 07:26 | イベント | Trackback | Comments(0)
ところ変われば・・・ D850 男性専用? ニコンさんも大変だ? 9月15日(金)6166

今日は、福岡からのフォトグラファーとランチ、最近、福岡のフォトグラファー全体的に忙しくなってきたきたとの事でめでたい事です。
さて、彼と会ったのは、彼が東京で撮影する事になり、スタイリストを依頼されてMASHmanagementのスタイリスト2人を推薦したのですが、結果として実りませんでした。
その諸々を話しながらランチしました。
なぜ、実らなかったというと、撮影内容の変更と福岡と東京の違い・・・
スタイリストさんの仕事の範囲が、福岡と東京ではちょっと違うようです。
福岡というより、東京とそれ以外の違いと言った方が良いかもしれません。
東京はシズルやテクスチャー等は、それを作る専門家がいたり、フォトグラファーも高度な商品撮影に特科し、シズルやテクスチャー作成も得意なフォトグラファーもいますが、東京以外は、そこをスタイリストさんがこなす場合もあるようで、その仕事範囲の違いで今回は成就しませんでした。
狭い日本ですが広告写真の世界では地域が違えば結構システムの違いがあるのです。
東京のフォトグラファーは恵まれているな〜でも、要求されるハードルも高いです。
「所変われば品変わる」なんていう諺を思い出していたら、こんな記事を見つけました。
b0069507_02522196.jpg「ロンドン(CNN Money)
カメラメーカーのニコンが、新製品の「D850」を宣伝する目的で展開した広告イベントを巡って批判にさらされている。
ニコンの宣伝イベントには、D850を試用したプロの写真家32人が登場する。
問題は、その32人全員が男性だったことだった。
写真情報ブログの『Fstoppers.com』がまずこの話題を取り上げ、このカメラは男性専用なのだろうかと皮肉った。
続いてツイッターなどソーシャルメディアでも批判の声が高まり、『ニコンはD850の女性バージョンは発売しないの? ピンク色とか?』(アマチュア写真家のフアン・カルロス・ムニョス氏)などと揶揄するコメントも。
女性フォトジャーナリストのリア・ボス氏は、ニコンのカメラを愛用する米国人写真家の立場から、『32人の写真家が全員男性だったことにひどく失望した』と苦言を呈した。
批判を受けてニコンは、「この問題を提起してくれたことに感謝する』との談話を発表し、『残念ながら、私たちがこのイベントに招待した女性写真家は出席できなかった。この分野への配慮が不十分だったことは認識している』と言い添えた。
女性写真家は何人招待したのかという質問には返答がなかった。
直近の年次報告書によると、ニコンの従業員の女性比率はわずか10.6%。2021年までに25%に引き上げるという目標を掲げている。」
全部男性フォトグラファーだった事は、やっぱりちょっと問題だとは思いますが、Nikonさんも。色々大変です。
ジェンダー問題は、アメリカやヨーロッパではセンシティブな事柄なんだと再認識。
所変われば・・・です。
そういう意味では、我々の呼称は「カメラマン」ではなく「フォトグラファー」ですよ。プロのみなさん!
以前からアメリカ映画の最後のテロップ見ていると「Camera Operator」という表記になっています。
そういえば、NikonやCanon,Tamronのプロ担当には女性もけっこういらっしゃいますが、他のメーカーさんて、女性はいらっしゃらないような・・・



by mash_boss | 2017-09-16 07:32 | カメラ | Trackback | Comments(0)
撮影会コンテスト審査 9月14日(木) 6165

b0069507_03570754.jpg今日は、ヨドバシカメラ撮影会の名古屋と東京分のコンテスト審査でした。
コンテストに応募していただいた作品をゆっくり拝見しました。
力作揃いで、各会場の上位4名の入賞者を決めるのには、結構悩みます。
上位入賞作品の差は紙一重の時もあれば、誰が見ても、これしかないという時もあります。
撮影会参加者が増えるとともに、レベルが上がって激戦になってきました。
上位入賞作品は、講師として会場を知っているだけに、よくこんな写真が写せるな〜 と驚く作品が多いです。
上位入賞の方達の作品は、ピントが合っていて、ブレていなくて、露出が正しいのはもちろん、プリントがきれいです。
作品を画像処理ソフトで修正している方もいらっしゃいます。
撮影会の場合、レフを当てるのがお手伝いの方達なので完璧にレフを当てるのはちょっと難しいのは、しょうがない事です。それを、上位入賞作品はカメラで露出補正をしたり、写す場所を工夫したり、画像処理ソフトで影を和らげたり全体のトーンや色を整えています。
画像処理ソフトは、フィルムでも暗室で自分で現像し、プリントをして焼き込みや覆い焼きをしたのと同じです。
また、東京でも名古屋でも、遠方から参加していただける方もいらして、その熱意には脱帽です。
今年のヨドバシカメラ撮影会も、10月8日の東京・秋と11月5日の福岡の2回を残すのみとなりました。
コンテストには年度賞もあります。
皆様、お待ちしています。


by mash_boss | 2017-09-15 07:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
アサヒカメラ 写真展§5 9月13日(水) 6164
人気ブログランキング
b0069507_02233928.jpg
夕方、アサヒカメラ編集部に打ち合わせにいきました。
編集部は築地の朝日新聞なので、どうやって行こうかとグーグルマップで調べたら、何とバスで行ける事がわかり、路線バスの旅を楽しみました。
気分は写真家・高梨豊さんの「SILVER PASSIN’」気分です。(でも、撮影はしませんでした。)
四谷から晴海埠頭まで行く「都03」という路線の築地三丁目で降りれば、朝日新聞まで徒歩6~7分です。
都バスは23区内だったらICカードで206円なので、時間に余裕がある移動にはお得です。
東京は、全国的に見ても公共交通機関の料金はお安いです。

※デジカメで早いシャッタースピードで撮影すると、LED表示のバスの行き先表示はご覧のような状態になってしまいます。注意です。

b0069507_02420346.jpgところで、都心のバスに昼間乗る時に注意する事は、路線によっては運行本数が極端に少ないという事です。
今日乗った都03も1時間に1本なんていう時間帯もあり、時刻表を調べるのはマストです。
この時刻表見ていると、殆ど田舎のバスの時刻表みたいです。
一方、新宿に行く時によく利用する「白61」という路線は、ラッシュアワーの時間帯は最多1時間に11本もあり、昼間でも6本あるので、時刻表を調べずに乗ることができます。

b0069507_03062602.jpg築地といえば築地市場の移転問題、そして8月3日の場外市場の火事。
焼け跡の解体工事中でした。
市場は来年豊洲に移動して、またまたコチラに一部戻ってくるとか…
というわけで、焼け跡解体したあとどうするのでしょう?

b0069507_03191895.jpg
打ち合わせは、18時少し前に終了。
場外市場の飲食店は昼で終業と思っていましたが、今は18時でもオープンしているお店があるんですね。
これもインバウンドが増えたため?


ブログランキングに参加中です。こちらのクリックもよろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-09-14 07:30 | 打ち合わせ | Trackback | Comments(0)