<   2017年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧
無くなった職業   2月22日(水)  5962


b0069507_242652.jpg今日は、画像調整の日でした。
最初は人物写真のRawデーターを色調整し、現像してトリミング。
次に、建物の画像の、垂直・水平の修正と色調整、暗部とハイライトの調整。
最後は編集プロダクションから戻ってきた、使用するカットの色調整をしました。
この3つの作業、これまでに時間を見つけては処理をしていたのですが、本日はフィニッシュに向かって画像処理の日にしました。結局、Macの前に座っていたのは7時間程でした。
今日は、7時間でしたけど、トータルはどのくらい時間がかかったのでしょう?
フィルム時代のカラー写真は、撮影後はそれぞれのプロフェッショナル作業の世界で、フォトグラファーにはアンタッチャブルの世界だったのです。それが今は・・・
撮影後にイメージしたとおりに仕上げられるデジタルの良さもあれば、フィルム時代はしなくてもよかった作業をしなければならなくなった事もあり、デジタル写真の功罪、色々あります。
写真がデジタルになって、無くなったプロの職業があります。
それは「レタッチャー」?? 今のレッタチャーでは無く、フィルムやプリントに「手作業」でレタッチする、レタッチャーです。
そもそも、フィルム時代のレタッチャーさん、そんなにいらっしゃいませんでした。
私が知っていたのは2社。
お願いしていたのは、青山の骨董通りにあったツチヤカラーレッタチ。
いつも、目を赤くして仕事をしていた、ツチヤさん、お元気でしょうか?
フィルムで撮影して、スキャニングしてデジタル化していた時代。フォトショップが台頭してきた頃「デジタルのレッタチってどうですか、始めようと思っているんですよ・・・」と話していたのが忘れられません。あの頃を最後に、レタッチをお願いしなくなりました。フィルムで撮影しても、デジタル化するようになったのです。
フィルム時代、商品撮影等の背景にゴミが落ちていて、どうしてもそれを消さなければならないなんて事になると、時間も経費もかかります。だから、アシスタントは丁寧に撮影商品のゴミをおとし、撮影バックのゴミをきれいにしました。それにひき替え、今の・・・(オーット 愚痴になるから止めます。)
大きな撮影になると、フィルム時代でもレタッチャーさんに撮影前に相談をしていました。
私が一番レタッチャーさんにお世話になったのは、漆の螺鈿のタンスと家具。当時、一棹数百万する商品のカタログ撮影。撮影前からツチヤさんに相談して撮影をすすめたのを、思い出します。
※もし、現役のフィルムレッタチャーさんがいらしたら、無くなった職業と書いてすみません。お知らせください。表現を変えます。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-23 07:26 | 写真 | Comments(0)
年度賞審査会   2月21日(火)  5961


b0069507_3243721.jpg今日は、2016年に8回開催されたヨドバシカメラ撮影会の記念すべき第1回年度賞の審査会でした。
審査員は、フォトグラファーの山岸さん、大山さん、私、そして主催者を代表して日野専務です。
みんな、いつに無く真剣な表情です。
b0069507_329590.jpg審査対象は8会場の上位入賞入選作品32点。
さすが力作揃いで、審査も白熱。
第1回の年間優秀賞が決まりました。
審査の時と違って、みなさん良い笑顔です。
発表は、しばしお待ちを・・・
b0069507_3342454.jpg審査会後は、審査員3人でお食事会
場所は新宿・職安通り、山岸さんお薦めのコリアンレストラン「BRONGA」です。
b0069507_3455832.jpgいただいたのは、ウサムギョプ(牛三枚肉) ランチ。
b0069507_348594.jpgウサムギョプ3人前には、こんなに野菜が付いてきます。
野菜不足だという山岸さんは、大喜びです。
肉で野菜を巻いていただきます。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-22 07:26 | イベント | Comments(0)
本日発売です。 2月20日(月) 5960


b0069507_2104187.jpgここ何年か、時々撮影してるアサヒカメラ別冊の最新号「Mの進化論」の表紙と特集ページの扉を撮影しました。
ちなみに、メカのページの扉は私の4番めのアシスタントだったフォトグラファー川上君が撮影しています。一緒になるのは、たぶん、初めての事だと思います。
さて、今度のムックですが名前からして、なかなか斬新で、内容もEOS M5のある楽しい生活を前面に押し出していて、メカの解説は後の方にあるという、あまりカメラ誌らしくない編集で面白い雑誌です。
この仕事は、打ち合わせから撮影まで土日を入れて4日間、撮影してから雑誌発売まで20日間という、雑誌としても、異例的スピードのお仕事でした。
撮影も雑誌的でフォトグラファーとしては、面白かったです。
編集長の注文は、
カメラがM5なので、今までの黒バックにカメラという調子の表紙にはしたくない。
M5なので、小さく軽くそれでいて本格的なので、旅を意識した表紙にしたい。
この二つだけ。
編集長と私とプロデューサー山内の3人で打ち合わせて、外出を象徴する帽子を入れようという事にしました。
あとは、全ておまかせです。
こういう撮影では、スタイリスト選びがキーポイントになります。
この本の想定読者層の事が理解できる、ベテランのスタイリスト徳永さんにお願いしました。
打ち合わせした内容をスタイリストさんに伝え、後はスタイリストさんのセンスに運をまかせます。
普通は、撮影前にスタイリストさんと会って打ち合わせをします。時間とお金に余裕のある広告系の撮影では、時には集めた小道具のチェックをするなんていう事もありますが、今回は時間が無いのでプロデューサー山内がまとめた打ち合わせメモをスタイリストさんにメールして、細かなニュアンスは電話での打ち合わせ。
私は、撮影までの4日間、いつものPEN-Fに変わり、M5を傷を付けないようにぶら下げて日常使い。使いながら表紙イメージを膨らませます。
背景を考え、フレームを考え、配置を考え、ライティングを考えます。
撮影当日は、まずスタイリストさんが集めたものをチェックします。一番ドキドキする瞬間です。
良い物を集めてくれて、ほっと一息。やる気が増します。
後は、考えたイメージ通りにセットを作り、テスト撮影をして編集者にチェックをしてもらいます。
今回は、最初のライティングの影が「夏」過ぎるという注文が出て、少し柔らかいライティングに変更、色温度を調整してセピア調の暖かい調子にしました。
M5のストラップは、最初は純正をつけていましたが、ちょっと重い感じなので編集者が自分のカメラに付けていたストラップが、良かったので、それに付け替えました。
表紙の撮影は無事に終わり、後は扉の撮影です。
背景を壁に見立てて撮影しようというアイディアは、現場での編集長のアイディア。
直ぐに、セットを作り直しライティングを変更しました。
撮影は、スムーズに終わり、その場でTIFにして編集長に渡して終了。今回はノーレタッチです。
カメラはEOS 5D MkⅣ、M5本体にはピントが来て、背景はボケるようにレンズはSIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSMの望遠系マクロを使いました。
本日発売です。近くの書店で、ご覧になってください。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-21 07:34 | 写真世界等々 | Comments(0)
職務質問されました。 2月19日(日)5959 


今日の午後の気温は例年並みだったようですが、陽当たりではポカポカでした。
晴海埠頭・客船ターミナルのそばで、通行止めのフェンスの脇に車をとめて、のんびりしながらNAVIの設定に夢中になっていたら、自転車に乗ったお巡りさんが・・・
「今日は何しに・・・ 駐車場に入れないんですか?テロ警戒をしています。身分証明書を見せてください。」とニコニコしながら聞いてきました。「職務質問」されました。免許証を渡すと車から離れ、無線機のマイに向かって「XX PMから、123 1件・・・」。(百二十三は、警視庁が人や車を照会すると時の略語です。)
先ずは、免許証で伏見の照会、次に車の前に回ってナンバーを見ながら車の照会。
もちろん、何もないので無事終了。
「ここで、少しのんびりしていていいですか?」と私、「確認が取れましたので、のんびりしていてください。」と若い警察官。
b0069507_5355181.jpg晴海地区は2020オリンピックの選手村工事の真っ最中。
半年前位には、ただのコンクリートの広場だったのに、今はクレーンや杭打ち機が林立しています。
この辺は道幅も広く、空いていれば銀座からも車で10分程なので、暇つぶしの車が路駐していたのですが、今は工事のためにフェンスで道幅は半分程度のになり、あちこちで通行止め。
今日は、客船の入船もなく駐車していたのは私の車だけ。怪しいと思ったのでしょう?
後、1年もすれば建物の躯体が立ち並び、この風景も大きく変わるのでしょう。
b0069507_60591.jpg完成するとこうなるそうです。(イラスト・東京都)
選手村はオリンピック・パラリンピック後、マンションとして一般に売却されるそうです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-20 07:38 | 日常生活 | Comments(0)
Break time Ⅲ 2月18日(土) 5958


b0069507_7285566.jpg空を見るのが好きです。
空に興味を持ったのは、ハワイにロケに行くようになってから。
ホノルル周辺でロケハンをしていると、青い空に白い雲、それに虹がかかった空を、当たり前のように見られます。
それから、いろいろな場所で空を見るようになりました。
東京の空は、メッセージがいっぱいです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-19 08:00 | 写真 | Comments(0)
紙は大切。 2月17日(金) 5957


今日は、東京では春一番が吹きました。が、私は8時から17時まで室内にいたので、全くわかりませんでした。春一番、私の世代ではキャンディーズです。(古いです。)今の人は「いきものがかり」や「ゆず」でしょうか?
さて、時々このブログではロケの機材や、道具立てをご紹介していますが、その中に入っていないのが「紙」です。
何に使うかはわからないけど、当たり前のように持っていくのは、白ケン、黒ケン、グレーケン、トレペです。
ケンとはケント紙の事、トレペとはトレーシングペーパーの事です。
b0069507_5502246.jpg今日、その当たり前のように持っていく紙類が役にたちました。
恥かしながら、本日のロケ、70~200㎜のレンズフードを忘れました。
アシスタント君が前日にロケ機材を用意して、本日の朝、ロケ出発前にチェックしたのですが70~200㎜のフードが入っていないのを見落としました。
そこで、持って行った黒ケンで急きょフードを作りました。
今日のアシスタント君は、入社して3か月弱。ある程度のロケ準備はできるようになったので、前日の夜に準備をさせて、ロケの朝チェックするのですが、レンズにフードは当然と思っている私と、フードの重要性がまだわからないアシスタント君とのズレが原因。落とし穴です。アシスタント君のこの時期は要注意です。
b0069507_6123337.jpgさて、もうひとつ紙が役にたちました。
今度は、白ケンです。
今日の撮影は、会議室にスタジオセットを組んで撮影するのと、クリップオンストロボで動きを追う撮影でした。
動きを追う場所の天井の半分が白で、半分がグレー。白の部分で天井バウンスで撮影、グレーの部分は使わない予定でしたが、バリエーションを増やすため、急きょ使用する事になり、白ケンで反射板を作りました。
地明かりは、ISO1600にしても1/60 F4.5の明るさ。クリップオンの発光量を-1~1.5くらいに設定すると、きれいに写ります。
ところで、Eos 5D MkⅣ+パワーグリップ+24~105㎜+600EXの合計重量は約2.8Kg。これを30分ずつ5回、計2.5時間手持ちで撮影すると、いいトレーニングになります。
b0069507_72040.jpg本日のおまけカット。
小道具に使ったデジカメで、モデルさんが写してくれました。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-18 07:21 | 撮影 | Comments(0)
正しい仕事  2月16日(木)   5956


b0069507_20542774.jpg正しい仕事・・・
デジタルになったからなのか、リーマンショックで景気が落ち込んでからなのか、正しい撮影の進め方の仕事が少なくなってきました。
撮影には、撮影までに手間暇がかかるのです。
例えば、広告や販促系の撮影の場合、まず、重要なのは、撮影する目的が明確な事。
ちゃんとしたディレクターがいる事。
そしてロケーションの場合、コンセプトを元にディレクターやデザイナーと一緒にロケハンをして、ラフスケッチを完成させ、機材だてをして、モデルのオーディションをして、ヘアメイクやスタイリストと打ち合わせをして、衣装チェックをして、撮影当日は無理の無い香盤で、昼ご飯の心配も無く進む・・・ 完全に戸外のロケならば、天気予備日もあるロケーション。
順番は、多少変わりますが、すべきことは同じです。
以前仕事を一緒にした、某化粧品会社の宣伝部のディレクターが「現場一割」。つまり9割は撮影前の準備が大切だと言っていました。
その9割を、引き締めた後に復活しない予算の都合なのか、日本全体に余裕が無くなったのか、あまり大きく無い撮影では、ないがしろにしてしまう傾向がたぶんにあります。
以前は、小さな仕事でも、守るべき手順はそれなりに守っていました。
もしかして、そうなったのは、やっぱり押せば写る、簡単に写るデジタルカメラのせいかもしれないのではとも思ってしまいます。
クライアント担当者や編集者は、デジタルカメラになって、そしてスマホになって、ますます写真は簡単に写るから、自分達の望む写真も簡単にできると思ってしまうのでしょうね〜。
もしかして、フォトグラファーも、そう思ってしまうのかもしれません。(自戒の念を込めて。)
今、進行中の仕事は、心地よく進んでいくな〜 と思ったら、そうだ、正しい仕事の進め方をしている仕事なのだと気がつきました。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-17 06:21 | 撮影準備 | Comments(0)
富士山だ〜!!  2月15日(水)  5955


b0069507_0535277.jpg今日は福島県・郡山へロケでした。
冬の澄んだ空気のおかげで、東北新幹線・大宮駅の少し手前からでも富士山が見えました。
その距離、直線距離で100Kmもあります。!!
東海道新幹線から見える富士山とは別の側の富士山です。
やっぱり、きれいです。
b0069507_125410.jpgロケは15時過ぎに無事終了。
帰りの新幹線で渇いた喉を潤します。
キリンのご当地ビールで、一番近いのは仙台工場で作ったビールでした。
喉が渇いている時のビール、最初の一杯、いや缶ビールなので、一口は最高です。
b0069507_164642.jpgおまけです。
郡山での移動はレンタカー。郡山の隣り町を2箇所撮影するのですが、電車もバスも無く、さりとてタクシーでの移動ではコストもかかるので、レンタカー移動です。
車を借りたレンタカー屋さんのお姉さんが2箱もくれたバレンタインチョコならぬプリッツです。
2箱もくれたなんて、昨日さばけず、余ったのでしょうか?
今年、もらった唯一のバレンタインチョコ(?)でした。トホホ・・・



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-16 07:30 | ロケーション | Comments(0)
バレンタインデー   2月14日(火)  5954


今日は、バレンタインデー。
男性諸氏、チョコレートの数は・・・
年とともに、そんなの関係ネ〜 になってきます。
でも、以前に比べて、TV等を見ていても盛り上がりに欠けていると思うのは、私だけでしょうか?

b0069507_4281331.jpgさて、2月11日にお知らせしたBook reviewですが、開催日を20日(月)〜24日(金)に変更させていただきます。
すみません。
昨日写真展を終えた岡安君が、Book reviewに向けての最終準備に原宿の事務所で作業をしました。
b0069507_45398.jpg皆さんにお見せするのは、このBookです。
岡安君の全てが詰まっています。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-15 07:30 | イベント | Comments(0)
Blue Monday   2月13日(月)5953


ブルーマンデー症候群というのがあるそうですが、今日は、ゆうつな月曜日でした。
そのわけは、このところ相次いで発表される、カメラ関係の数字。これからどうなってしまうんだろうと思います。
・デジタルカメラの2016年の総出荷実績は、2,420万台。対前年比は68.3%。
2011年以降の減少を食い止めきれず、さらに3割以上の減少。
・2017年出荷見通し:デジタルカメラ総出荷は2,170万台、対前年比89.7%と見込み。
2016年は、熊本地震の影響もあり生産したくてもできない事情があり対前年比63.8%と低い数字になったようですが、2017年の見込みは低かった2016年の89.7%になるという見通しだそうです。(日本経済新聞、デジカメinfo)
2010年には、12,000万台+もあったのですが、6年で5分の1になってしまいました。各社とも、コンパクトデジタルはスマートフォンに押されて惨憺たるようです。
さらに、Nikon DLの発売中止に、昨年のNikonの赤字が、構造改革などの費用がかさむ結果とは言え、90億円の赤字予想だとか。
カメラ業界は全般的に経済的に良くないようです。
b0069507_6525584.jpgガンバレNikon!というわけで、今日の写真は、私の永遠の憧れ、1957年発売のNikon SPです。
このカメラを知ったのは中学生の頃。
最初は格好に一目惚れ、次に性能を知って、ますます欲しくなりました。
もし手に入れても、今となっては、写す事は無い(私の写真モードは完全にデジタルなのです。)とは思いますが、余裕ができたら欲しいカメラです。
カメラの機械工学の最高峰の一つです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-14 07:37 | カメラ | Comments(0)