<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
Happy Yoriko! 9月29日(金)  5818


b0069507_5294514.jpgまるで、サッポロ黒ラベルの広告のようなポーズを決めているのは、スタイリストの依子ちゃんです。
スケジュールの時間調整のために、17時過ぎにビール持参で事務所に来ました。という事は、次のスケジュールは仕事では無いはず・・・
こちらは、岡本がお相手。私は、今日は休肝日にしたので、ノンアルコール。
依ちゃんは、大のビール好きなのです。
細い体に、よく、あんなにビールが入るものだと思うくらい、ビールを飲むのです。
MASH関係では、フォトグラファーの岡安君も大のビール党です。
1時間と少し、依りちゃんは岡本と楽しそうにおしゃべりして、去っていきました。

依子ちゃんの詳しくはココからどうぞ!!



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-09-30 07:03 | スタイリスト | Comments(0)
日曜日は撮影会です。    9月28日(木) 5817


b0069507_6194682.jpg今度の日曜日。
10月2日は東京の老舗遊園地・豊島園でヨドバシカメラ大撮影会です。
開催場所、豊島園は初めての会場です。
遊園地の撮影会。どんな撮影会になるか、楽しみです。

今回の撮影会では、昼休みの13:30〜14:00までの30分間、講師がメーカーテント付近で質疑応答等を行います。
普段、疑問に思っている事を、遠慮無く聞けます。

このところぐずついている天気ですが、今度の日曜日の天気は、曇り時々晴れのポートレート撮影日よりです。

私は、午前中は初心者講習。午後はProfotoのストロボを使いながらのポートレート撮影指導を行います。

撮影会詳細はココをクリックしてください。

皆さん、お待ちしています。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-09-29 07:32 | イベント | Comments(0)
六本木心中  01:14AM   9月27日(火) 5816


b0069507_6521366.jpg
アン・ルイスのヒット曲に「六本木心中」がありした。25年も前の曲ですが、今聞いても納得できます。
この街は広すぎる Big city is lonely place 独りぼっちじゃ 街のあかりが 人の気持を狂わせる・・・
今日は、六本木で本当に久しぶりの「夜なべ」仕事でした。
第1回めは26日、23:00集合~27日02:00終了、第2回めは 07:00集合~10:30終了、第3回めは15:30集合~18:30終了。六本木の同じ場所で3回にわけての撮影でした。
六本木、夜遅くまで遊んだ事は多々ありますが、しらふで夜中に六本木にいるなんて初めての経験でした。
月曜の深夜から、火曜日の未明。六本木が一番静かな時間帯のはずですが、それでも色んな人がいました。
いつも、街に興味がある私は、しらふの六本木midnight、仕事でしたが楽しみました。
b0069507_6395533.jpg



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-09-28 07:25 | 撮影 | Comments(0)
セット組  9月26日(月) 5815


b0069507_18162313.jpg週初めです。
先週は休みが多かったので、今週は長く感じるかも・・・
本日は、朝からスタジオ、人物撮影のセット組です。
試用期間中のアシスタント君が、傘トレ(トレーシングペーパー)を作っています。
レンタルスタジオ出身のアシスタント君なので、傘トレ作れます。
傘トレの作り方は、レンタルスタジオ毎に若干異なります。でも、要はいかに早くきれいに作れるか・・・
レンタルスタジオの経験が無い私は、傘トレ作り、若干苦手です。
b0069507_1830942.jpg本日の18時過ぎの空です。
「秋の日はつるべ落とし」と言いますが、夕方がどんどん早くなります。きょうは久しぶりに日照がありました。晴れた空を見るのは、本当に久しぶりです。この後直ぐに暗くなりました。
雲を、見るのは好きです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-09-27 06:46 | 撮影準備 | Comments(0)
恒例・・・  3000本安打?  9月26日(日)   5814


b0069507_4442473.jpg本日は、APA・公益社団法人日本広告写真家協会アーカイブ作業の33回目。
本日、アーカイブ枚数3000本安打ならぬ、3000枚を越えました。
2012年9月から開始した、APAアーカイブ作業、本日36回めで撮影枚数3076 枚になりました。
塵も積もれば山となる・・・ 
北海道、写真の町・東川町には、6月時点で、2825枚になりました。
広告写真は消費される写真です。我々の先輩、同僚が撮影した写真を使ったポスター等の広告作品。我々自身がアーカイブしなければ残りません。
APAは写真を使った日本の広告作品のアーカイブをつくり、我々の歴史を記録するとともに、将来、広告写真を目指す若い人達や広告を研究する人達の役に立ちたいと思います。
b0069507_5624.jpg ローカルな話題です。
1970年5 月、朝日新聞の誤報から始まったと言われる、自動車からの排気ガスによる、鉛中毒公害事件。その頃は,プリウスなんて言う低公害車なんて、夢想だにしなかった時代。ガソリンには鉛添加物が入っていました。
その、公害も一つのきっかけに始まった道路拡張工事、拡張工事で壊される建物の最後の部分も壊されてあと一息になりました。
平成15年に事業認可されて13年、弁天町ー柳丁ー薬王寺間の700〜800mの実際の拡張工事が始まって6〜7年、道路拡張には時間とお金がかかります。
電信柱の左側が拡張のため建物が撤去されました。
こうしてみると、都知事・小池百合子さんが進めている、電線地中化工事運動の必要性感じます。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-09-26 07:27 | 撮影 | Comments(0)
名古屋メシ   9月24日(土)   5813


b0069507_2551887.jpg今日のお昼は、あんかけスパゲッティー初体験です。
ミラカン S(200g)中辛を名古屋駅エスカのマ・メゾンでいただきました。
これまで、何回も行った名古屋ですが、食べた事のある名古屋メシは味噌煮込みうどうん、ひつまぶし、味噌カツの3種類でした。
感想は、「結構いける」です。そして、実物を目の前にすると、ちょっと驚きました。
想像したいたのは、東京のそば屋のメニューに「あんかけうどん」。あんかけスパのあんは少しとろみがすくなくて、あんかけうどんのように、甘くありませんでした。
パスタもこしがあり、ミラネーズカントリーの具も美味しかったです。
次は、おぐらトーストに挑戦したいと思います。
b0069507_348424.jpg名古屋にきたのは、APA・公益社団法人日本広告写真家協会中部支部大会に参加するためです。
会場は、JR金山駅そばの、最近閉館予定で話題のボストン美術館のあるビルの11階。
そこから、名古屋駅方面の眺めです。
空が印象的な一日でした。

明日は、9月度APAアーカイブ作業です。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-09-25 07:26 | イベント | Comments(0)
アサヒカメラ取材   9月23日(金)   5812   


今日の、原宿MASHmanagementのお客様はオリンパスの筑後さん(右)と、アサヒカメラの大貝君(左)です。
お客様といっても、いつも写真展のオープニングレセプションや発表会などで、よくお会いするので、お客様が来たという感じではありません。(失礼)
来訪目的は、アサヒカメラの来月号の私への取材です。
b0069507_6153893.jpg大貝君は、アサヒカメラに来る前は、広告局にいて、タイアップ記事で色々な撮影をしたときのディレクターでした。自分でも、いつもカメラを持ち、写真を写している写真好き。
筑後さんは、以前はプロサービスにいらしてお世話になり、休みの日に、写真展会場でもバッタリ会ったりする事もあります。筑後さんも相当な写真好きカメラ好きです。カメラに関しては、いろいろな事教えてくれます。
そんな訳で、取材と言うより写真好がカメラと写真の話を、ワイワイガヤガヤしている感じでした。
オリンパスの方がいらして、アサヒカメラとなれば、当然、フォトキナで発表されたOMD E-M1Mk Ⅱの話がでてきます。いろいろお聞きしましたが、ここではナイショです。でもユーザーの方は期待して待っていてもOKです。もちろん、まだ、ユーザーではなく、どうしようかな〜と思っている方も、期待してOKです。ちょっと悩ましいのは、国内での発売時期が未定な事。フォトキナでアナウンスされた年内発売は、ヨーロッパでのことのようです。
デスクの上のモザイクは、アサヒカメラに掲載される写真です。お楽しみのために、モザイク処理です。
モザイク処理といえば、昔はモザイク処理を残念と思いながら、見た本や映画がありましたっけ・・・(^_^)
というわけで、私の世代、モザイク処理は隠微な感じを持ってしまうのですが、今回掲載していただく写真は、隠微な写真ではありません。
※カメラ OLYMPUS PEN F,MZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 PRO



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-09-24 07:11 | 打ち合わせ | Comments(0)
HASEO君、写真展。 9月22日(木)  5811


b0069507_21492574.jpg今日はフォトグラファーHASEO君の写真展を拝見しました。
銀座の富士フォトギャラ−リーの全会場を使った「人魚展」と、神保町画廊での「人魚展」の2会場です。
両会場とも、HASEOワールドが広がります。
どうして、2箇所同時にと思ったのですが、クラウドファウンディングで資金を集め、資金を出してくれた方達をモデルにした作品も展示した写真展で、資金提供者が順調にあつまり、作品数が多くなり、2箇所での開催になったそうです。
新しい形の写真展です。
残念ながら、富士フォトギャラ−リーでの写真展は本日最終日でしたが、神保町画廊での写真展は10月2日(日)まで開催中です。

神保町画廊での写真展詳細はココからどうぞ!
b0069507_2281335.jpg銀座、神保町とまわり、最後は新宿西口のリコーイメージングスクエアで開催中の特別企画写真展「PENTAX K-1の世界」へ行きました。
ここにも。HASEO君の作品が1点展示されています。
PENTAX K-1,気になるカメラのひとつです。PENTAXが時間をかけて丁寧に作ったカメラだと思うのです。価格も良心的です。
リコーイメージングスクエアは外に向けて、懐かしい歴代のPENTAXが展示されています。
b0069507_2220051.jpgひときは懐かしいのはSVです。
小学校高学年で写真に興味を持ち始めた時に、同級生で弁護士の息子がSVを持っていて、羨ましかったです。その頃は「望遠だよ、望遠だよ、ワイドだよ〜」というコピーのTVCMも流れていて、レンズが交換できるカメラあこがれでした。その時に、私が持っていたのはキャノネット。よく写るカメラでしたが、もちろん、レンズ交換はできません。また、最短撮影距離も90Cmくらいで、45Cmまで寄れるペンタックスとは、随分差がありました。
結局、中学になって買ったのは、ペンタックスSVではなく、トプコンREスーパーという一眼レフでした。プリズムファインダーを外せたり、TTL開放測光だったり、反射ミラーにTTLの測光素子が組み込まれたり、当時は先進的なカメラでした。何回か故障して、都電に乗って板橋にあった本社・工場に修理に言った事などを覚えています。
あの頃のカメラに対するトキメキ感、しばらく感じなくなっていましたが、今年のフォトキナで発表されたFuji GFX50S,OLYMPUS OM-D EM1MkⅡ、少し前に発売されたPENTAX- K1,FUJI XT2にはトキメキ感を感じます。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-09-23 07:38 | 写真展 | Comments(0)
ライカ判からの解放!Ⅱ    9月21日(月)  5810


三日続けてのフォトキナ関連ですが、やはりFUJIのGFX50Sはライカ判の呪縛から解き離れる事ができたエポックメーキングなカメラになりそうです。
Nikon D810と並べた写真が出てきました。こうして見ると、ボディーの大きさはそんなに変わらないのに、GFX50Sのセンサーの大きさは1.7倍です。
ライカ判のデジタル一眼レフ、機能が増え、高度化するにつれ、大きくなってきました。
カメラの大きさ的に見ても、GFX50Sは中判カメラとしても画期的です。
また、ミラーレス採用での、EVF(電子ビューファインダー)の自由さと、ミラーショックが無い事も、これからの中判カメラを示唆しています。写真のような、色々な角度で使えるファインダーも作れるのです。
b0069507_641364.jpg私は、最初の頃のミラーレスには否定的でした。これまでの一眼レフのOVF(光学ビューファインダー)より遙かに劣っていたからです。
現在のミラーレスカメラに採用されているEVFは、初期のEVFより遙かに性能が良くなり、日常の撮影では全く不便を感じません。
ただ、EVFは、私が撮影している演劇の舞台撮影の時、強い逆光の光源が画面に入ると、ハレーションがファインダー一面に広がり使い物になりません。この特別な状況では、一眼レフのOVFでしか写せません。
それともう一つは、以前のミラーレスカメラは、シャッターを押してから実際に写るまでのタイムラグの長さが問題でしたが、それも、随分短くなり普通使いには問題はありません。
ただ、フォーカスのスピードは、まだまだ、本格的なスポーツ撮影等では一眼レフに軍配があがるようですが、これも通常の撮影では気にはなりません。
また、ピント合わせでは、ミラーレスの顔認識、目にピントを合わせるモードは、ポートレート撮影にはこの上なく便利です。
EVFの性能は、これからもどんどん進歩していくのは目に見えているので、今の欠点も解消されるでしょう。
中判デジタルにEVFを採用し、将来の中判デジタルカメラの姿の一部を現したGFX50S、撮影条件が恵まれている、広告・販促系の現場では、使いたいカメラです。
50Sの50は5000万画素を表す50なのでしょうか? やがては、70Sや80Sなんていうカメラもでるのでしょうか・・・  
今年のフォトキナはライカ判から解きはなれたGFX50S登場で記憶に残るフォトキナになるでしょう。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-09-22 09:16 | カメラ | Comments(0)
ポラロイドの終わり・・・   9月20 日(火)  5809


フォトキナも真っ盛り、遠くドイツ、ケルンからFUJI,OLYMPUS,SIGUMA,PANASONIC等々、華々しい話題が飛び込んできますが、本日、個人的にグサッと来るような発表を見つけました。
それは、FUJIのインスタントフィルムinstax Squareの発表です。

b0069507_4142930.jpg世界をあっと言わせた、1972年発売のPolaroid SX70 Aladdin以来、ポラロイドの代名詞のようだった四角い画面の自動現像式インスタント写真システムを、来年の春にフジが発売すると発表がありました。
ポラロイドの撮影に四半世紀携わっていた者としては、最後の牙城が崩されたようで、力が抜けるというか、喪失感です。
25年近くもひとつの会社の仕事を続けられたのは、一緒に仕事をしていた、日本ポラロイドや外国のポラロイドの人達がいい人だったからです。外資系なので、25年仕事をしているうちに、ちょっと大げさかもしれませんが、社員の半分近くは入れ替わってしまいます。そのなかで、広告、広報の専門職の方達は長く仕事をしている方達が多く、外資系ならではの、厳しさの中にもフレンドリーさがありました。いまでもお付き合いしている方が、何人かいます。それと、面白い商品が次々に出てきて、仕事が本当に面白かったです。特に、8x10、20x24フィルム、ヒッパレーは特に面白かった製品でした。こうなると、もう、ポラロイド愛です。
さてさて、発表によると、Fuji instax Squareの画面サイズは62mm X 62mm。ポラロイドのSX70 シリーズの画面サイズは77mm X 79mmだったので、少し小さめのようです。
大きさなんてどうでもいいのです。四角いフィルムまで出すとは・・・(;O;)
中判カメラの発表といい、このフィルムといい、やっぱり、フジって凄い会社です。
b0069507_595213.jpg悔しいので、昔、私が写したポラロイドのSX70フィルムがモデルチェンジ(たしか、画像が出てくるまでの時間が1分間になり、色も良くなった。)した時の、サンプルピクチャーを公開です。時代を感じますね。撮影年代は1978〜79年頃です。
この頃のサンプルピクチャー、ヘアメイクは、あの嶋田ちあきさんにお願いしたり、山本寛斎さんのコスチュームをお借りしたり、沖縄でロケしたり「豪華」判でした。
久しぶりに、サンプルピクチャーを取り出して見てびっくりしたのは、変退色をしていない事。
当時「金属染料を使っているので変退色はしない」と言われていました、撮影から37〜38年たって、証明されました。(100年後はいかに・・・)
ちなみに、ポラロイドとフジのインスタックス。撮影後カメラから出てきて、自動的に現像が始まり1分程度で写真ができあがるのは、同じなのですが、その方式は違うのです。
SX70のような自動現像方式のポラロイドフィルムは、鏡に反射させた像を感光させないと、左右反対の写真になってしまいます。だから、自動現像式のポラロイドカメラの内部には、必ず鏡があるのです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-09-21 07:45 | カメラ | Comments(0)