<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
東京都写真美術館  4月29日(火)・昭和の日 4104


今日は、東京都写真美術館で5月6日まで開催中の写真展「没後百年 日本写真の開拓者 下岡蓮杖」と「黒部と槍冠松次郎と穂苅三寿雄」を拝見しました。
b0069507_6534454.jpg 「没後百年 日本写真の開拓者 下岡蓮杖」は「日本の初期写真史において最も重要な写真師の一人である下岡蓮杖(しもおかれんじょう)(1823-1914)が制作した写真作品、日本画作品を中心に展覧し、日本写真文化の礎を築いた蓮杖の足跡をたどる大回顧展」との事です。
改めて知る、開拓者の苦労に脱帽です。写真史の勉強です。
写っている写真については、その当時の「様子」がわかって面白いです。

「黒部と槍冠松次郎と穂苅三寿雄」は「戦前のわが国の登山史上もっとも著名な登山家の一人であり、黒部渓谷の地域探査や山岳紀行文で知られる冠松次郎と、北アルプスで最初期に山小屋経営を行い、山岳写真や槍ヶ岳を開山した播隆上人の研究でも知られる穂苅三寿雄を紹介する展覧会「黒部と槍」を開催いたします。」との事です。
山には全く興味が無い私でも、見ていくうちに興味が湧き、写した事を尊敬する写真展です。
初期の頃は、いわゆる暗箱で写していたようで、機材だけでも大変だったと思います。
持って行けるフィルムの数も少なかったでしょうし、シャッターを切るのにも、相当考えてからレリーズを押したと思います。
私が大学生の時に、山岳写真家のアシスタントをしている1年下の学生がいました。かれは、写真家と遭難しかけた事があり、撮影機材で必要の無いものから捨てていって、撮影済みフィルムだけは持って帰って来たという話を聞いた事を、思い出しました。
写真展を見に来ているのは、山好きの人も多いらしく、いつもの写真展と異なる感じでした。
私が一番面白かったのは、戦前の国鉄が作った、穂苅三寿雄さんの写真を使った、B倍たていちのポスターです。
そのなかの1枚の趣旨は、国を守るためには体を鍛える必要がある、そのためには登山を・・・  時代を感じさせます。

都写美は今年9月末で、大規模改装のために一旦閉館、新装オープンは2年後の予定です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-04-30 07:51 | 写真展 | Trackback(4) | Comments(0)
連休の合間なのに会議です。 4月28日(月) 4103


今日は、13時からAPA・公益社団法人日本広告写真家協会の業務役員会と理事会。
どこの公益社団法人でも、この時期は総会に向けていろいろ忙しい時期です。
APAもJPSも理事や委員になっても、交通費はでますが、日当など出るはずもなくボランティア。
フォトグラファーが自分たちの権利を守ったり、社会的に地位の確立を目指して、先輩達が50年以上も前に作った組織がAPAとJPSです。よく、天下り等で問題になる社団法人や財団法人とは違うのです。
会員でないフォトグラファーの皆さんにも、我々の先輩が様々な方面で活動した成果の恩恵、例えば著作権拡充等、にあずかっているのです。
ボランティアだけに、同じ理事ながら、総務、財務等の東京在住の管理系理事の忙しさには頭が下がります。
b0069507_66741.jpg会議は17時少し前に終了。
固まった頭や肩を解すために、会議の後は北海道から九州まで、全国から集まった理事と東京在住の理事での懇親会です。もちろん、自腹です。
今日は、同じ居酒屋でも、ブラック企業の代表のように言われるWではなく、従業員の労働組合があるという、天狗の目黒店で2時間飲み放題¥3,000,-コース。
今のフォトグラファーは、自腹で料亭で一献傾けるなんぞは、無理な話なのです。
今から、50年以上前に、APAを設立した時の豊かなフォトグラファー達には、想像もできない50年後の現実です。
こうなったのは、いろんな要因があるでしょうが、写真も出版も広告もメディアも「デジタル」が大きな要因で有る事は間違いない事実です。
起きた事は、もとには戻せません。
若いフォトグラファーは、デジタルが当たり前、今の世の中にサヴァイブする、知惠と知識とテクニックを日々開発する事≒クリエイティブ力が、これからはますます必要です。
写真は天狗の¥3,000,-コースででてきた鰹です。今日も旨かった。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-04-29 07:38 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
初鰹  4月27日(日)  4102


b0069507_242694.jpg目には青葉山ほととぎすはつ松魚 (山口素堂)      はつ松魚=はつがつお。
江戸っ子は「初鰹は女房子供を質に置いてでも食え」といわれた初鰹です。
行きつけの、飲める蕎麦屋で「今日、絶対お勧めは・・・」と聞いたら、即答「鰹」です。
冷えたビールと初鰹、旨かったです。
でも、鰹の漁獲量、今年の3月は昨年3月と比べて1/7とか。ダイオウイカや深海魚は獲れるし、鰹は不漁だし、日本の海、変ですね〜 地震来ないといいのですが・・・
それはそれとして、日曜は、少し早めに飲みます。
何もしなかった日曜日には、外が明るいうちに飲み始めて、帰る頃には暗くなる・・・  この頃、日が長くなったとしみじみ感じます。
私にとっての、Happy hourです。
b0069507_2561771.jpg京風油揚げです。
京「風」なので、京都の人が見たらぜんぜん違うかもしれません。
油揚げとか、厚揚げ好物です。
鰹と油揚げとざる蕎麦と生ビール。今日の夕食でした。
今週は、ゴールデンウイーク。
MASHも私も、カレンダーどおりです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-04-28 05:32 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
オートフォーカスと小保方さん。 4月26日(土)  4101


オバマ大統領や韓国のフェリー事故のニュースで、小保方さんの事はすっかりニュースには出なくなりましたが、彼女の顕微鏡「画像」に関して、東北大学の大隅典子教授のブログのコメント欄に、フォトグラファーと見て、面白いコメントを見つけました。
一言でいうと「顕微鏡のオートフォーカスで細胞が変化するようすを撮影し続けているので、細胞の変化とともにピントを検知するターゲットの位置が変わり、ほかの部分が被写界深度からずれてしまって、ずれてしまった場所に起こった事が重要なのに、そこははっきり写らず、ピントが合った面の変化のみ明瞭に写っていて、それが誤りの元ではないか・・・」
b0069507_8351425.jpg顕微鏡にも、オートフォーカスなのですね。当然、顕微鏡写真や動画もデジタル化されていて、そして、フォトショップも使われるようです。という事は、何でもできるのです。
21世紀の世の中、全ての写真や画像は「信じてはいけない」のが前提にしなければならない、最初の世紀になったのです。(ちょっと、おおげさ?)
大隅教授も、インフォレスト倒産による雑誌「小悪魔ageha」が廃刊になった事に対する、コラムニストの小田嶋隆氏が日経ビジネスオンラインに寄稿していた、小田嶋隆のア・ピース・オブ・警句:「アゲハはもう飛ばない」を読んで、以下の引用させていただいた文章を掲載されていた。
☆☆☆
我々の業界でも、IT化により、ダブルスペースでタイプを打たなくても良くなり、センタリングの小技なども必要無くなり(←これはちとマニアックか……)、画像はPhotoshopやIllustratorで自在に組み合わせることが可能になり(昔はフィルムを現像して、切り貼りし、インスタントレタリングで文字を入れたり、と手作りだった)、3部とか4部とか作った原稿セットを入れた封筒を抱えて24時間開いている中央郵便局まで走る必要も無くなった。

論文作成にかかる時間は、単位頁当たりで見れば圧倒的に少なくなったはずである。ただし、多くの論文のボリュームがどんどん厚みが増しているので、効率化で楽になるかと思いきや、そんな実感はほとんど無い。そして何よりも「手作業」の時間が減り、待ち時間といえば、最後にオンライン投稿する際のアップロード時間や、先方での自動PDF化時間くらいになった。そう、無駄な時間がどんどん削ぎ落とされていったのだ。

小田島氏の言う「あるタイプのアイディア」が「タスクやジョブに追われている人間からは決して生まれない」のだとすると、その弊害はサイエンスの世界にも生じている可能性があるかもしれない。とくに、科学のお作法を学ぶ最初の段階の学生さんが、自分ひとりで論文を一から十まで作り上げるというスタイルではなく、チームの一員として参画する場合にはとくに「タスクやジョブに追われている感」が強いかもしれない。

この10年くらいの間における生命科学分野の論文不正問題の根幹には、このような背景もあるのではないだろうか。☆☆☆

どこの業界でも、デジタル以降同じ悩みが発生しているようです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-04-27 09:01 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
ライカ T 発表会  4月25日(金)  4100


b0069507_722383.jpg日本時間の午前1時にドイツで発表されたライカの新しいシリーズ、日本でも25日の16時30分からプレス発表会が開催されました。
私の所にも何故か、プレス発表の招待状が届いたので、行って来ました。
まずは、いただいたお土産です。
ライカTシステムの解説冊子と、ライカTのアルミ削りだしボディーを連想させる、アルミボディーのパスワード設定可能のUSB8GBメモリースティックです。
b0069507_736434.jpg発表会は表参道近くのAudi forum Tokyo 2Fで16時15分受付の16時30分開始。MASHmanagementの事務所から、徒歩5分程の距離です。
16時20分頃に会場についたら、歩道に見慣れたプレスの面々やフォトグラファーが・・・
なんと、受付開始時間になっても、受付設置中なのでした。
う〜ん、ドイツと日本らしく無い始まり方です。
JINSの看板の下で、路上で待つ仲間を、出たばかりのGH4で撮影するデジタルカメラ.jpの山田久美夫さんです。
b0069507_89279.jpg今年は、最初のライカ、ウルライカができて100年め、その節目の時に誕生したのが、「写真を撮る喜びを追求できる、新しいカメラシステム」のTシステムだそうです。
最大のポイントは、カメラ初のアルミ削りだしのボディーです。
デザインはAudiが担当。という事でアウディ フォーラムでの発表会になったのでしょう。
b0069507_8293330.jpg実機が触れるセクション入り口には、こんな看板が・・・
b0069507_837580.jpgアルミ削り出しのベア ボディです。
1Kg近いアルミの塊か45分かけて、削り出すと約100g弱のボディーに変身します。
b0069507_945072.jpgライカTを持つのは、写真家の沼田早苗さん。
ボディーは結構大きいのがわかります。
オレンジ色のカバー付きです。カバーは黄色や白があります。
b0069507_9214960.jpg何と、ベアボディーにはiPhoneがピッタリです。
b0069507_923116.jpg外付けEVFファインダー、ビゾフレックス付きを覗くは、ライカ使いのフォトグラファー永嶋勝美さん。
ビゾフレックスのデザインもかわいいです。
b0069507_926317.jpg左から、ライカT+ビゾフレックス、ライカXバリオ+ビゾフレックス、ライカX2・・・
プアマンズポルシェという、名称がある車に付けられていましtが、プアマンズライカ・・・??
Mシステムとは、使う層がちがのです。
b0069507_1041029.jpg18時からは、プレス以外のお客様も加わってのローンチパーティーになりました。
肝心のお値段ですが、
ボディー税込¥236,000,-
ズミクロンT f2/23mm ASPH.税込¥244,000,-
バリオ・エルマーT f3.5-5.6/18-56mm ASPH.税込¥216,000,-
外付けEVF「ライカ ビゾフレックス(Typ 020)」税込¥73,440,-
Audi RS 7 Sportback 税込¥16,150,000,-

ドイツ製はお値段はります。
b0069507_10183757.jpgパーティーにはこんなカメラを持った女の子も・・・
弁当箱と呼ばれた、ライカM5です。
テントウムシのシャッターボタンにつける「ボタン」がかわいいです。
b0069507_10221720.jpgカメラの持ち主は、慶應大学・経済学部の2年生。慶應のカメラサークルのメンバーだそうです。
お名前、聞き忘れました。

パーティーを途中で抜け出して、夢から覚めるために、居酒屋でいっぱい。
フォトグラファーの赤城耕一さん、宇佐見健さん、アサヒカメラの編集部2人と私の計5人。
話題はやはり、ライカT。
ボディーとズームとEVFファインダーを購入すると¥525.440,-
ブランド製品は高いです。
夢から覚めました。

でも、毎日ブラザ下カメラとして、ちょっと欲しいのが本音です。宝くじが当たったら、買いたい物リストに加えます。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-04-26 10:44 | イベント | Trackback(1) | Comments(0)
気持ちいい! ロケ at 軽井沢  4月24日(木) 4099


b0069507_4595096.jpg都心はオバマさん渋滞の日ですが、今日は会報誌の軽井沢ロケ。
9時に出発、11時に軽井沢駅でインタビューアー・編集をピックアップ。
標高1000m近くの軽井沢は、東京より季節が1ヶ月近く送れている感じです。
b0069507_59766.jpg撮影は13時からなので、まずは腹拵え。
スタッフが、男だけだと質より量、時間優先の「昼めし」になってしまいますが、女性スタッフ優位の本日のロケ、「昼めし」では無く「ランチ」です。
連休前の平日、軽井沢一帯はすいていましたが、営業していないお店もちらほら・・・
取材場所から遠くない、作家の馳さんがご贔屓のトラットリア・リポーゾへ・・・

馳さん、ごぶさたしています。
b0069507_543455.jpg取材・撮影先はベストセラー作家の別荘です。
1年に1度の取材・撮影ですが、7~8年続いている企画で、あの3.11の時もこの仕事でした。
去年の撮影の時に、来年は別荘を開ける時に・・・という事になり、今日の取材になりました。
広いお庭のコブシです。今年は、少し遅くあと2〜3日で満開になりそうとの事です。
ちなみに、原宿のコブシ満開は3月下旬でした。そして、お庭の桜は、まだ蕾でした。
取材時間は1時間の予定でしたが、結局2時間を超えました。
仕事そのものは、1時間弱でしたが、あとは奥様も一緒の雑談。その「雑談」が面白いのです。こういう撮影・取材冥利に尽きます。
そういえば、最近の若い人は「雑談」能力が、低くなっているとラジオで聞きました。
b0069507_5545068.jpg帰りの、横川サービスエリアで、機材整理、積み直し。
先週は、河口湖ロケハン、今日は軽井沢往復350Km。明日は、やはり河口湖ハウススタジオロケハンと、S210元気に走り回っています。
走行距離も、もうすぐ102000Km。今のところ、点検整備修理費等は124に比べて半分以下です。
ちょっと気になるのが、車高のレザライザーのオイルが、少し減る事。
124の時から面倒を見てもらっているオートプライドDr蟹沢から、アラートが出ていないのですが、8月の車検では、きちっと見てもらいます。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-04-25 06:41 | ロケーション | Trackback | Comments(0)
編集会議・・・ オバマさん・・・  4月23日(水) 4098


b0069507_3564556.jpg今日は、JPS・日本写真家協会の会報誌の編集会議。
編集委員のモモちゃんこと、写真雑誌で活躍のフォトグラファーの桃井君が持っていたのが、明日発売のタムロン「16-300mm F/3.5-6.3 DiⅡ VC PZD MACRO(モデルB016)」。
これ1本で、35mmフルサイズ換算、24.8mm〜465mm 18.8倍!!です。そして最短撮影距離39Cm!!
凄い時代になりました。コンピューターでの設計とガラスの進歩のなせる技だそうです。
操作感はいままでの、タムロンのレンズより、高級です。
b0069507_4205831.jpgこちらは、同じく編集委員でフォトテクニックの編集部から、フォトグラファーに転身。東京と香港に拠点を置き、活動中の柴田君が持って来た、カメラ関係のショーとしては香港初という、PICEXの入場券です。
柴田君は特定非営利活動法人「日本の写真文化を海外へプロジェクト」の理事長としても活動中で、香港のPICEXに出展するそうです。
連休期間中、5月2〜4日に香港に遊びに行くかた、寄ってみてはいかがですか?
b0069507_4322185.jpgオバマ大統領といえばシカゴ。
その、シカゴ発祥のポップコーン「ギャレット」表参道店には、今日も長い列が・・・
春休み期間中に比べて、列は短くなったものの、それでも列が途切れる事はありません。
b0069507_4372975.jpgギャレットの行列に、今日はこんな方も並んでいました。
何となくですが、行列を長い間観察していますが、お相撲さんが並んでいるのは初めてのようです。
b0069507_4432081.jpgそして、市ヶ谷のスタジオから、原宿のMASHmanagementの事務所に移動に使うJR四谷駅。四谷駅はオバマさんと安倍さんが首脳会談をする迎賓館のすぐそば。駅構内にもホームにも警備の警察官がゾロゾロ・・・
25日までは、交通規制も検問も、ガマンガマンの東京中心部なのです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-04-24 04:52 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
アイロンさん・・・  4月22日(火)  4097


b0069507_61153.jpg撮影には、色々な人々が関わりますが、そのなかでも職人さんだな〜 と思うのは「アイロンさん」です。
スポーツウエア等の皺が目立ちやすい衣料品をたくさん写す時にお願いします。
日当+交通費で、規定時間以上にはオーバーチャージがありますが、短くても日当です。
水のタンクが必要なプロ用アイロンを持って来て、黙々とアイロンをかけて、仕事が終わると、サッとお帰りになります。
今回、お願いしたのは女性下着・・・
商品と解っていても、私なんぞは触るのが、何となく気恥ずかしいのですが、アイロンさんは黙々とお仕事をなさっています。きっと皺だけしか目にはいらないのでしょう。
私は、修行がたりません・・・

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

     
by mash_boss | 2014-04-23 06:38 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
アシスタント フォトグラファー募集します。 4月21日(月) 4096


MASHではアシスタントフォトグラファーを募集します。
勤務地は東京・市谷です。
撮影内容は商品撮影80%、人物撮影20%です。
国籍・経験・出身校は問いません。保証人が必要です。
外国の方は日本語でのミーティング能力が必要です。
デジタルカメラの基礎知識が無い場合かなりの努力が必要です。
デジタル時代になり、写真撮影のハードルは低くなり、光を読める才能、画面構成力があれば一定程度の良い写真が誰でも撮れるようになりました。
でも、プロフェッショナルフォトグラファーへのハードルは低くなった訳ではありません。
使い捨てされてしまう、弱いカメラマンではなく、本当のプロフェッショナルフォトグラファーになる道は、フィルム時代と変わらないか、あるいはフィルム時代とは違う修行が必要です。
修行とはいえ、生活する必要はあります。
東京に廉価なワンルームを借りて暮らせるだけの給料はお支払いします。
原則土日は休みですが、仕事があれば出勤になります。ウイークデーはかなりハードです。体力必要です。病弱な方は向いていません。
撮影で遅くなれば食費の補助が出ます。
学歴は問いませんが、地頭の良さは必要です。
数学の必要はありませんが、算数はある程度必要です。
デジタル写真ではMacやPcは切っても切れない仲なので、MacやPcチンプンカンプンの人はMASHのアシスタントには不向きです。創意工作が嫌いな人も不向きです。
男女は問いませんが、スタジオがあるので女性でも体力とある程度の「力」は必要です。
また、照明機材も扱うので男女とも身長は160Cm以上は必要です。
早朝ロケの場合、スタジオで前泊という覚悟も必要です。(シャワーは完備しています。)
時間にルーズな方はアシスタントには不向きです。(社会人としてNGです。)
よく、30才過ぎてから一生懸命やるのでアシスタントになりたという方がいらっしゃいますが、経験上、そういう方で長く続いた方はいませんので、お互い無駄な時間を過ごす事になるので、26歳位までにしました。
アートな写真は自分でやってください。コンテスト等にも応募して下さい。
MASHでは写真は仕事です。一生食べて生ける技術とシステムを給料をもらいながら学べます。その為に2~3年の修行は当然です。
少し前にお話しを伺った、銀座に暖簾をはる、有名寿しやの大将は、ちゃんとした寿しを握れるようになるまで、7年位必要と言っていました。(回転寿しなら、もっと短いでしょう。でも・・・)
機材の知識や就業時の行動を判断材料として、入社後3ヶ月で自分の作品撮影の為、スタジオ、機材が使用可能になります。

仕事内容:撮影アシスタント、レタッチ補助、スタジオ・機材の維持管理
社会保険完備、夏期・年末年始休暇有。
応募資格:26歳位まで(男女・経験不問)。身長160Cm 以上。
大学卒業程度の学力。要普通自動車免許。要保証人。
応募方法:履歴書をメールしてください。  職務経歴がある方は職務経歴書も御願いします。
また、写真作品がある方は軽いデータでかまいませんので、お送りください。

メール先  info@mash-jp.net

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
     
by mash_boss | 2014-04-22 05:49 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
憂鬱な週明け・・・  4月20 日(日) 4095


b0069507_6262776.jpg今週は憂鬱な週です。
嫌な事が有るというわけではないのですが、23日~25日のオバマ大統領来日のための警戒態勢が憂鬱です。先々週くらいに、オーストラリアの首相が東京に来ていたと思うのですが、その時とは比べものにならないくらいの警備態勢です。
都内各地で先週から、検問が始まっているのですが、今日からは16000人体制で、東京の警察官の⅓が警備に参加しているそうです。
MASHのスタジオは、国賓、オバマさんが宿泊する迎賓館の近くです。そのため、一層厳しい警戒が始まっています。
さらに、23日〜25日は首都高環状線が通行止めになるとか・・・
MASHmanagementのヘアメイクが参加する、22日23日と2日間予定だったロケがオバマ大統領来日のため、23日のみになってしまいました。
たぶん、22日は都内でのロケだったのでしょう、移動の時間と警備によってあきらめたのでしょう。
ちなみに、迎賓館前は手軽なロケ地として、頻繁に使われています。
25日、金曜日離日後には正常にもどります。

今日の写真は、本日飲んだワインです。
トカゲ印です。白の辛口もイタリアワインで「トカゲは日当たりの良い所に住むため、トカゲが住む畑は縁起のいい事とされているのです。
 また、トカゲが生きているということは、虫も居るということですね。それは自然に近い姿に畑があるという事なのです。」ということです。
憂鬱だけど、縁起がよい週でありますように・・・ 
b0069507_749491.jpgそして、さらに憂鬱な知らせが、JPS・日本写真家協会広報委員として、一緒に活動している、ライカ使いのフォトグラファー関君からのお知らせが・・・

TRI-Xの在庫が消えています。
5月に再入荷との情報があるので、コダックがごく少量をまとめて生産して、補充の間隔が広がっているからなのかもしれません。
ちなみに、T-MAX400の在庫も11店舗のみと僅少です。(秋葉店にも横浜店にも新宿西口本店にもありません)
いよいよ「X-day」が近づきつつあるのかも・・・(悲)

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-04-21 07:40 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)