<   2014年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧
あっ 立木さんだ!  1月30日(木) 4018


b0069507_5552256.jpg今日は、かなり手前味噌なエントリーです。
今日の夜は、キヤノンギャラリー銀座の熊切圭介写真展「都市像」のオープニングレセプションへコーディネーターの岡本とおじゃましました。
そこに、いらしたにが立木義浩さん。
少し離れたところで、何と岡本と立木さんが何人かで、何やら話しているではありませんか。!
少し遅れて、その輪に加わりました。
立木さんは、何回もパーティーでお見かけはしているのですが、お話しするのは初めてです。
立木義浩さん、今でもかっこいいですが、私の若い時、毎週夜のヒットスタジオで当時のタレントさんやシンガーを撮影したモダンな写真を発表していて、当時の私達写真小僧にとっては、輝くフォトグラファーでした。
そして、立木さんがカメラ毎日に発表した「舌出し天使」・・・ 私にとって衝撃でした。
そんなこんなをお話しした後、名刺交換。
私の名刺を見たとたんに、立木節で「この方は、有名人ですですよ、CAPAの石田に・・・」
CAPAやCAPA NUDEで発表した私の写真が立木さんのアンテナに引っかかっていたらしいのです。
これは、単純にただただ嬉しく、もう完全に飛行場でイミグレーションを出て来るタレントさんを待っているファンの気持ちでした。
そして、立木さんは私の持っていたG1Xでキヤノンのプロサポートの新保さんに写真を写すように指示、それがこの写真です。
イヤ〜 今日は完全にミーハーな私でした。
 b0069507_6384045.jpg話が後先になりましたが、熊切圭介写真展:都市像、熊切さんはとうに70を越えていますが、写真は若いです。
乾杯のグラスを高く掲げているのは、JPS日本写真家協会会長・田沼さん。右が熊切さんです。
東京生まれの東京育ちの熊切さん。今、もっとも気になる場所は池袋だそうです。
熊切さんの写真を見ると、カメラを持って、東京をまめに歩き回っているのがわかります。
フォトグラファーよ、もっとカメラを持って、街へ出よう!
b0069507_7441868.jpgこの写真は、事務所から外を写した、昨日の写真です。
b0069507_7464596.jpgそして、これが今日の写真です。
一夜にして、画面、右にあった歩道橋の橋脚と階段が無くなって、こんなに見晴らしがよくなりました。
後は、原宿駅前の橋脚が残っているだけになりました。
明日には、もう無かったりして・・・
この工事が完全に終わると春です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-01-31 07:57 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
写真展2つ・・・ 1月29日(水) 4017


MASHmanagementのメンバー5人と、MASHアシスタントの三浦が写真展を開催します。

    「表現する事・・・」Nikon D800Eによる写真展。
b0069507_556267.jpg
MASHmnagementに所属するフォトグラファー5人が写真展を開催します。
広告やエディトリアルの撮影を仕事とそている若手フォトグラファー5人がNikon D800Eを使用して、それぞれの世界を展開します。

開催場所:ニコンプラザ新宿内 フォト・プロムナード/ニコンプラザ大阪内 フォト・プロムナード
               ※2カ所同時開催です。
開催期間:2月1日〜2月28日( 10:30~18:30、最終日は15:00まで)
出展フォトグラファー
池嶋徹郎 / 小川真輝 / 小長井ゆう子松田恭平吉川徹


b0069507_6295055.jpg三浦 咲恵個展
「CAPTURED_so far so good(←?)」

開催場所::Photons Gallery 2F
開催期間:1月31(金)~2月5日(水) (10:00~19:00最終日のみ17:00まで)
展示概要:銀塩モノクロ作品からデジタル加工作品まで,過去の作品を振り返りつつ,ごく最近の実験的な作品たちも展示。代表作「イロイロナイロ」の撮りおろし新作も発表予定。

HP URL :http://sakiemiura.com(1月中旬オープン予定)
Blog URL :http://gohandiary.com
Facebook ID:100000067593399

プロフィール:
1988年 大分県の山奥で生まれる
2007年 アメリカ・サンフランシスコに留学,うっかり写真に出会い,ハマる
2011年 City College of San Franciscoを写真専攻で卒業
2012年 帰国,(株)マッシュに就職,写真を撮り続けながら東京に住む。
受賞,展示歴:
2013年 第61回ニッコールフォトコンテスト モノクロームの部 特選
第61回ニッコールフォトコンテスト U-31の部 推薦
宝塚メディア図書館・ZINE/BOOK GALLERY! 2013
「白昼夢/ハクチュウム」「イロイロナイロ」2作品同時入選
<グループ展>
2011年 “HOPE” Space Gallery, S.F.
“Tiny” STUDIO Gallery, S.F.
“Yule: Winter Group Show” Kokoro Studio, S.F.
“Rising Tide 2” rotofugi gallery, Chicago
“The Guerrilla Show” Arc studios & gallery, S.F.
2013年 Zine Fes Vol. 4 Le DECO(ギャラリールデコ),渋谷
2014年 第61回ニッコールフォトコンテスト入賞作品展 新宿二コンサロン/biz,新宿


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-01-30 06:52 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
やっぱり、X-T1でした。 1月28日(火)  4016


b0069507_2513291.jpg富士フイルムの発表会はX-T1でした。
発表会場は、このところ富士が使っていた渋谷・松涛ギャラリーでは無く、六本木・東京ミッドタウンの本社です。
それだけに、力も入っていました。
b0069507_2592683.jpg社長まで登場して挨拶があったのは、先日、富士フイルム創立80周年だったからでしょうか?
開発や営業の方達の説明の後に登場したのは、フォトグラファーのハービー・山口さん。ハービーさんと、安珠さん、HABUさんの3人がX-T1のCMキャラクターになるとの事。
富士のキャラクターといえば本木さんだったのに、今回は異なる路線のようです。
b0069507_37071.jpgもちろん、実機も触ってきました。
これが、かなり良いです。
まず、ファインダーが大きくて明るいです。その上、この1.2の明るいレンズ付きでファインダーをのぞくと、クラクラッときてしまいます。
そして、カメラを縦位置に構えると、ファインダーの中の各種表示も縦位置モードに切り替わります。目から鱗の気遣いで、EVFだからできる事でしょう。
個人的には、EVFの見え方がもっとナチュラルの方が良いとは思いました。このへんは、富士さんも色々考えているそうです。
あとは、何と言ってもダイヤルの操作で各種設定ができる事は便利です。何が便利かって、電源スイッチを入れなくても設定ができるのです。

EVF、各社だいぶ改良されてきましたが過酷な条件では、まだまだ一眼レフの光学ファインダーには敵いません。
たとえば舞台撮影のようなコントラストが高く、照明比の差がきつく、逆光のスポットライトなどがあり、ライトの色が多数使われていて、それらが早いスピードでめまぐるしく変わるような条件では、トーンジャンプが起きたり残像があったり、殆ど使い物にはならない経験をした事があります。
このカメラの、クラス最速の0.005秒の表示タイムラグと、0.77倍の見やすい、約236万ドット有樹ELを使ったEVF、どんな性能になっているか楽しみです。
b0069507_3322921.jpgプレスキットです。
色々入っています。
メカニカル的な事は、私の近くに座っていたデジカメのオーソリティー山田久美夫さんが、色々質問をなさっていましたので、山田さんのdigitalcamera.jpをごらんください。

明日は、オリンパスの発表だとか、そしてペンタックスの645Dも、先日エントリーした5000万画素のSONY製CMOSに変わるとか・・・ 
CP+やフォトキナにかけて、各社まだまだ新製品が出てくるようです。
あとは、宝くじが当たるのを待つだけです。
b0069507_3442417.jpg発表会の後、打合せを済ませ、市ヶ谷の事務所に戻ってきたらこんなものが駐車場に・・・
今日、早朝に出発したロケチームが、寒くないようにタレントさんように用意した温風機です。
モデルさんとタレントさんでは、扱いが違います。
b0069507_3492862.jpg事務所では、レタッチャーの森田君とフォトグラファーの岡安君が打合せ中or雑談中??
b0069507_3535989.jpgこちらは、もう一人のレタッチャー新井君です。
なにやら、真剣に超集中です。
b0069507_3581747.jpgアシスタントの三浦は、モニターとプリンターのキャリブレーション中です。
カラーサンプルをスキャニングするのですが、スキャニングするには、カラーサンプルの位置にちょっとしたコツが必要なので、苦労していました。

デジタルは、撮影は楽になりましたが、レタッチといい、キャリブレーションといい撮影後はフィルム撮影より、フォトグラファーは「はるかに」大変です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-01-29 06:14 | 写真世界等々 | Trackback(5) | Comments(0)
明日は富士の発表会  1月27日(月) 4015


b0069507_4243342.jpg明日、28日の13時30分から、富士フイルムのデジタルカメラXシリーズの発表会のお知らせをいただきました。
「弊社、Xシリーズの新製品発表」としか書いていませんが、噂のX-T1に99%間違いはないでしょう。
写真は、「デジカメinfo」からですが、ダイヤルで各種操作、設定をするようです。Nikon Dfと同じトレンドです。ダイヤル設定方式の方が直感的で使いやすいに決まっています。
一眼レフや上級ミラーレスは、カメラの基本的な設定は、ダイヤルでするという流れになっていくのでしょうか?
「デジカメinfo」には、下記のスペックも掲載されていました。どこまで当たっているか、明日はっきりします。
センサーは有効1630万画素X-Trans CMOS II センサー(APS-C)・ 画像処理エンジンはEXR Processor II ・ 起動時間0.5秒。AFは0.08秒。シャッターラグ0.05秒。撮影間隔0.5秒・ 連写はAF追従で最大8コマ/秒・ メディアはSD/SDHC/SDXC。UHS-II対応で、RAWの書き込み時間を半分に短縮・ EVFは0.5型236万画素有機EL。倍率は0.77倍。アイポイント23mm・ EVFのタイムラグは0.005秒で従来の1/10・ 80点シーリングの防塵防滴構造-10度の耐低温性能・ ボディはマグネシウムダイキャスト。ダイヤルはアルミ削り出し・ ISO感度はISO200-6400(拡張でISO100、ISO12800、ISO25600、ISO51200)・ 液晶モニタは強化ガラス使用の3.0型104万ドット・アスペクト比は3:2・ シャッタースピードは30-1/4000秒・シンクロ速度は1/180秒・- 動画は1920x1080 60p/30p、MOV、H.264・ フィルムシミュレーション・ バッテリーはNP-W126、撮影可能枚数はCIPA規格で350枚・ 大きさ: 幅129.0mm x 高さ89.8mm x 奥行き46.7mm・ 重さ: 390g(バッテリー、メディア含まず)・ キットレンズはXF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS・ 縦位置バッテリーグリップVG-XT1も用意される
b0069507_4405450.jpg先週の木、金がAPAの会議集中日だったので、土日をはさんで5日ぶりに、原宿の事務所に来たら、ごらんのように、解体作業中の歩道橋の橋の部分がすっかり撤去され、橋桁だけが残っていました。
事務所の窓から撮影したのですが、見晴らしが抜群に良くなりました。
日曜日の午前1時と3時に橋の部分の撤去工事が行われる予定が公開されていて、撮影に行こうと思っていたのですが、酔っぱらっていたのと、寒さに負けて行けませんでした。軟弱です。
b0069507_4592720.jpg今日は月曜日。朝は週初めの全員ミーティング30分、営業ミーティング45分、アシスタントとのミーティング30分、午後は、原宿の事務所で、カルフォルニアから来た、日本人の旦那さんと結婚しているアジア系の女性フォトグラファーのインタビュー1時間、その後、ロンドンから帰ってきた男性のヘアさんのインタビュー1時間。その後、ベルリンから帰国中のフォトグラファー岡安君と先日インタビューしたメイクさんの作品撮影打合せの、何となく同席1時間。
あっという間に、1日は過ぎていきました。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-01-28 05:20 | イベント | Trackback | Comments(1)
中判新型  1月26日(日) 4014


b0069507_6152313.jpg我々プロにとって、興味のある新製品が発表されました。
SONY製のCMOSを使った、画像素子が44x33mmの5000万画素の中判カメラバックがPhase Oneから発表されました。また、同じCMOSを使った Hasselblad H5D 50cが発表されました。
いよいよ、中判にもCMOSという時代です。
最大の特徴は常用最高感度がISO6400になり、常用長時間露光が60分になった事でしょうか。ほとんど35mmデジタル1眼レフと同じ条件で撮影できるようになりました。
これまでの中判の多くは、常用での最高感度がISO 800でした。
カメラがデジタルになり、そして高感度撮影が可能になると、撮影の方法等がスタジオでも変わっていきます。また、撮影が可能な場面も多くなります。
例えば、昨日撮影した劇団唐ゼミの舞台撮影では、ISO1600〜2500で撮影するので、この感度での画質が良いカメラが必要です。
この撮影は仕事カメラCANON 5Dシリーズで撮影してきましたが、5D、5DMkⅡ、5DMkⅢと高感度での画質が良くなってきているので、5DMkⅡ時代はISO800~1600が限界でしたが、MkⅢになるとISO1600〜2500,時にはISO3200も使います。シャッタースピードを1段速く切れれば、役者さんの動きがブレない事もあるのです。
舞台撮影では、フィルムかデジタルか・・・ なんていう話はとっくにかたづいています。
Phase OneとHasselbladの新製品では、これまでの製品と常用感度が3段も違うので、ロケでのモデル撮影や風景撮影の撮影範囲が、結構広がると思います。
デジタルは「新しい物ほど良い」のです。でも、お値段は$換算で¥3,600,000,-とカワイクくありません。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-01-27 06:25 | カメラ | Trackback | Comments(0)
好奇心  1月25日(土) 4015


b0069507_7235950.jpg今日は、夕方から「パノラマプロジェクト 東京編」の一環として公演された、劇団唐ゼミ+やなぎみわ の「唐ゼミ版 パノラマ」の撮影+観劇。
劇団唐ゼミの写真は、劇団の女優禿恵(とく めぐみ)さんを、5年程前に写真誌CAPAとの企画で写して以来写していますが、唐十郎さん以外の脚本を公演するのは初めてだと思います。
上演場所は、唐さんゆかりの下谷です。

さて、このジオラマはこれも「パノラマプロジェクト 東京編」の一環の映画「ゆめまち観音」の撮影に使われた、関東大震災前の浅草です。
こういうの、訳なく、面白いです。好きです。好奇心を誘います。
b0069507_754733.jpg関東大震災前の浅草のランドマーク「十二階」もあります。
それにしても、よく作ってあるな〜 ただただ感心です。
b0069507_7574276.jpgこちらは、スケールが大きめの「大正時代の縁日」のジオラマ。
こちらはの人形はマンガチックにつくってありました。
みんな、楽しそうです。

芝居が終わったのは20時過ぎ、帰りは一緒に行った、CAPAの前編集長石田さんと、最寄りのJR山手線鶯谷駅そばの焼トン屋さんでちょっと一杯。
東京で生まれ育った私ですが、鶯谷駅を使ったのは初めてです。
駅界隈はなかなか、怪しげな、楽しそうな駅でした。??!!

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-01-26 09:31 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
最後の新年会  1月24日(金) 4014


b0069507_983473.jpg今日は今年最後の新年会・・・
1月ももうすぐ終わりですが、今日はAPA・日本広告写真家協会の賀詞交換会。
12月初旬のJPS・日本写真家協会会員相互祝賀会で始まる、写真界の年末年始の行事も今日のAPAの賀詞交換会で終了です。
今年の会場は銀座4丁目の日産ギャラリー9Fにある、サッポロスターホールです。
白鳥APA会長の挨拶にもありましたが、東京の広告業界では確実にアベノミクスの好影響が出ているようです。
賛助会社代表で挨拶をしていただいたキヤノンマーケッティングジャパンの佐々木専務執行役員もTV CFの枠が取れない程、景気は上向いているとの事でした。
b0069507_925821.jpg乾杯の発声は、ニコンイメージングの森副本部長も、Nikon Dfは1ヶ月半待ちの状態で、消費税引き上げの4月までには、何とか品物をお届けしたいとの事。
今は、好調でも消費税アップはやはり気になるようです。
b0069507_9304320.jpg乾杯の後、カーテンが開くと、窓の外には銀座の夕景がひろがります。
b0069507_9321557.jpg賛助会社さんの紹介です。
ニコンマーケッテングジャパン+ニコンさんです。
左のアフロヘアのカツラの方は、あと5日で定年になる、名物(?)関口さんです。
b0069507_9363922.jpgキヤノンマーケッティングジャパンの松岡さんと今年、銀座のキャノンサロンに配属になった、プロ担当としては珍しく若い女性の斉藤さん。
b0069507_9402264.jpgこちらのおふたりは、コマーシャルのACミラン本田選手を起用し、OM D E-M1が絶好調のオリンパスイメージングの隠岐さん(左)と狩野さんです。
もうすぐ、発売と噂されるOM D EM10も楽しみです。
b0069507_9471343.jpgこちらの3人は、昨年入会の仲良し3人組。
アーカイブをいつも手伝ってくれる勝尾君(左)社交ダンスの名人で空手もする濱君、前回のアーカイブ作業を手伝ってくれた市川君です。
b0069507_1031921.jpgお開きのあと、女子会員から大人気の白鳥会長です。
b0069507_1053091.jpg2次会は、総勢40名近くで、銀座ニコンギャラリーそばの海老専科という中華料理やさん。
予約なしでしたが、団体のお客さんが帰ったあととかで、奇跡的に空いていて、貸し切り状態になりました。
b0069507_1082435.jpgかぶり物をしていない。ニコンのプロ担当関口さんです。ちなみに、フルネームは「関口宏」さんです。
定年まであと5日。長い間、我々の面倒をみていただきありがとうございます。
隣は、前北海道支部支部長久保君です。
いったんは、区切りがつきますが、今後ともよろしくお願いします。
b0069507_10143394.jpg「海老専科」だけあって、プリプリの海老が入ったチャーハンです。
この海老は何海老・・・
b0069507_10174366.jpg麻婆豆腐。
山椒の辛みがピリリとして、私の好みの味でした。
b0069507_10213422.jpgそして、青椒肉絲です・
飲んで騒いで、22時30分頃に無事終了。
今日は朝10時から、新入会員審査会、業務役員会、理事会、賀詞交換会、2次会と12時間ボランティア拘束。会議は疲れます。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-01-25 10:30 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
会議の日 1月24日(木) 4013


b0069507_6113065.jpg今日と明日は、APA・日本広告写真家協会の会議集中日。
第一日めは、北海道から九州までの支部長が集まっての支部長会議。
日銀の支店長会議ではありませんが、景気と連動する広告系フォトグラファー。景気の話も端々に・・・
今日は、景気の話はあまり出ませんでした。地方の景気が良くないのが当たり前になったのか、それとも少し良くなって、話が出なかったのかは不明です。
でも、色々議題はあるもので、3時間と少しみっちり会議でした。そして、会議の後は、当然飲み会です。
最後のお店は、六本木のおでんやさん。
明日も会議があるので、22時過ぎにはお開きになりました。
写真は、SONY xperiaで撮影です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-01-24 06:51 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
エプサイト  1月22日(水)  4012


b0069507_657728.jpg13時から、新宿三井ビルにあるエプサイトで写真展用のプリントチェック・・・の立会。
2月1日から、MASH managementのフォトグラファー、小長井ゆう子、吉川徹、小川真輝、池嶋徹郎、松田恭平の5人が、東京・新宿のニコンプラザ新宿の新宿フォト・プロムナードと大阪・梅田のニコンプラザ大阪の大阪フォト・プロムナードで一人3点づつの作品展を開きます。そのプリントのチェックに小長井ゆう子、吉川徹、小川真輝と行きました。
写真は、評価光の下、じっくりチェックする吉川君です。
b0069507_741254.jpgもうすぐ、ソチ オリンピックです。
市ヶ谷のスタジオから四ッ谷駅に行く途中に、雪印の本社があります。
そこに、雪印に所属してオリンピックに参加するスキージャンプ選手の名前が掲示されました。
オリンピック、ガンバレ!単純にオリンピック好きです。
そこでは、キヤノンやニコンが新型機をテストするのでしょうか・・・ こちらも気になります。
b0069507_756768.jpgスタジオでは池嶋君がレギュラー撮影です。
今日のメインライトは、バタフライ越しの柔らかいライトです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-01-23 08:03 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
社内新年会兼新人歓迎会  1月21日(火) 4011


b0069507_7402540.jpg今日の夜は、スタジオで社内新年会と新しく入社した営業君の歓迎会でした。
新しい、営業君はもう少ししたらご紹介します。
メインディッシュは、ベルリンから帰国中の岡安君のお土産のチーズを使った、チーズフォンデユーMASH風です。
白ワインを入れた、熱々、トロトロのチーズ、旨い美味いです。
b0069507_7453314.jpgこのアクアパッツア風の料理の、なかなかいけました。
パスタを用意していなかったのが、残念です。
b0069507_7484698.jpgこちらは、三次君が引っ越した実家に帰ったときのお土産ワイン。
辛口でサラッとしていて、おいしい(ワインにこの表現が、合っているかはわかりません。)ワインでした。
ワインのわからない私でも、いつもの安いワインとは、ちょっと違うのがわかりました。
b0069507_752541.jpg明日は、ロケが2チーム出るので、夜のスタジオはこんな状態。
ロケ前なので、21時には新年会も終了しました。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-01-22 07:57 | スタジオ | Trackback | Comments(0)