<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
株主総会特異日。6月29日(水)2987
ランキングに参加中です。

b0069507_749477.jpg昨日と今日は株主総会特異日。
昨日の東電の株主総会は6時間オーバー。福島の事故の継続中だけにいたしかたが無いでしょう。
どんなに長くなろうが、出席者が多かろうが、議長への委任状が大きくものをいうので、株主総会事態は「儀式」のようなものです。
さて、私のクライアントさんのひとつも、今日が株主総会。
私たちは朝から会議室にセットを組み、株主総会、役員会が終了するのをまちます。会議が終了しだい、新任の役員さんを撮影します。
今日は、久しぶりに三次君に手伝ってもらいました。写真は待ち時間にキャッチライト用の小型ストロボのディフューザーを改良しています。
昔の三次君を知っている、古くからの方、三次君随分丸くなったでしょ!?

夕方は、モデルの滝沢カレンちゃんとマネージャーと、ヘアメイクのINAちゃんとで作品撮影の打合せ。思いもよらず、カレンちゃんがモデルになってくれる事になったこの撮影、良い写真ができそうです。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-30 08:02 | ロケーション | Trackback | Comments(0)
杵島 隆さん 天上昇遷を見送る会 6月28日(火)2986
ランキングに参加中です。

b0069507_5111018.jpg
午後6時から、東京・霞ヶ関の霞山会館で開かれた「杵島 隆さん 天上昇遷を見送る会」に出席しました。
杵島 隆さんをご存じな方は、このブログを読んでいただいている方々では少ないと思います。
アメリカで生まれ、3才で母方の実家、鳥取の米子に帰国、22才で日本国籍を取得、特攻隊の生き残りになり、戦後、植田正治さんに見いだされアマチュア写真家として活動、土門券さんにも認められ32才で上京、ライトパブリシティーに入社、広告写真家になりました。
皇居の桜田門でヌード撮影をするなど、色々「話題」も作りました。
1958年に日本広告写真家協会設立に参画、1969年にはアメリカのタイム誌の最優秀企業広告賞を受賞するなど、戦後の日本の広告写真の黎明期から興隆期まで大活躍をした、広告写真家の大先輩です。
杵島さんのスタジオからは多くの写真家を輩出しましたが、加納典明さんや野町和嘉さんも杵島さんのアシスタントをしていました。
今年、2月20日に90才で亡くなられました。
会場には、こういった会ではめったにお目にかかる事の無い、加納典明さんや、沢渡朔さん、坂田栄一郎さんもいらしていました。
偉大な先輩に合掌。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-29 05:32 | 写真世界等々 | Trackback(1) | Comments(1)
今日のレシピ。6月27日(月)2985
ランキングに参加中です。

b0069507_6461858.jpg今日のお昼は、阿波遊木さんから頂いた「包丁切り 讃岐うどん」をいただきました。
天ぷらは「天や」さんから調達。
うどんは、コシが重要。茹ですぎないように細心の注意をはらって茹でました。
東京人の私にとって、うどんというのは、太くて柔らかくて、子供の頃に病気になると消化がいいからと、煮込んでさらに柔らかくしたうどんを食べさせてくれました。
大人になり、堺で自転車メーカーの取材をした時に、立ち食いの「四国うどん」というお店で、うどんをいただいて、ビックり!コシがあってツルツルで東京のうどんとは別物でした。私は関西のうどんのファンになりました。
その後、名古屋の味噌煮込みうどん、秋田の稲庭うどん等を食べるにつけて、関東はうどんの後身国だと身にしみました。
15人前を8人で頂き、お腹一日、大満足なおひるでした。
b0069507_7255937.jpg今、商品撮影で流行の水を使った撮影をするために、閃光時間が調節できる大型ストロボをレンタルしました。
スイス製ブロンのグラフィットA2は、閃光時間を1/150〜1/10000まで調節できます。
水の動きは速くて、通常の大型ストロボでは閃光時間が「長くて」動きが完全にはとまりません。
ちなみに、小型のオートストロボの閃光時間は1/10000くらいは普通です。
フィルム時代は、ストロボの閃光時間が短すぎるとフィルムの発色が変わると言われました。デジタルはだいじょうぶなのでしょうか?
b0069507_740216.jpg夕方から、原宿の事務所でムービーのテスト撮影をサギサワ君がしました。
ピント合わせ用にザクートのDSLR ZファインダーPro x3.0を持ってきました。
3倍ですので、まだまだピント合わせをシビアにするには、ちょっと難しいですが、無いよりは全然ましです。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-28 06:59 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
撮影後にピントを合わせるられるカメラ!? 6月26日(日)2984
ランキングに参加中です。

b0069507_653720.jpg撮影した後で、自分の好きなところに、ピントを合わせなおせるデジタルカメラをアメリカのベンチャー企業Lytroという会社が発表したらしい。
数式いっぱいの難しい事は分かりませんが、デジタル技術はどこまで進むのでしょう。
きっと、最初に売り出されるカメラは、処理が遅かったり、結果が期待ほどでなかったりすると思いますが、そんなのはあっという間に解決されてしまうのがデジタル技術、大変な事になりました。
「ブレ防止装置+後でピントを合わせられる技術」で鬼に金棒です。
アマチュア撮影会で「ブレとピントは充分注意してください!」なんて叫んでいますが、死語になるのでしょうか?
オートフォーカスが発達しても、スポーツ写真はピント合わせに関してはまだまだプロの技が必要ですが「撮影後にピントを合わせるられるカメラ」だったら「プロの技」も必要無くなるのでしょうか・・・
もはや、ライティングの「感覚」のいい人、フレーミングの「感覚」のいい人、人とのコミュニケーション「感覚」のいい人、露出の「感覚」のいい人、シャッターチャンス「感覚」のいい人等々、ホンモノの感覚を持っている人しかプロになれない時代が来ること必至です。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-27 06:07 | カメラ | Trackback | Comments(1)
第120回関西電塾 6月25日(土)2983
ランキングに参加中です。

b0069507_634368.jpg朝8:47の「のぞみ」で新大阪へ・・・ 
700系はPC電源もとれて、大阪まではNetも使えて便利なのですが、今日ほど有り難いと思った事はありません。
朝、浮かんだアイディアをパワーポイントに加えて最後の校正をするのに、2時間半の移動時間を無駄なく使えました。
新大阪で昼食。新大阪駅の1Fの飲食街へ・・・ 何となく食欲がなかったのですが、何か食べておかないと夕方まで何もたべられないので、スタンドそばやさんがあったので「にしんそば」をいただきました。にしんそば、東京ではめったにたべられません。
近鉄「吉田」で降りたら、もう夏の日差しでした。
夕方、17時に無事終了。参加者の山田さんと川口さんと3人で近所の居酒屋。少し飲んで、川口さんとは森ノ宮、山田さんとは梅田で別れ新大阪駅の「めっせ熊」という不思議な名前のねぎ焼きやさんで、お好み焼きの「牛すじ玉」と生中。帰りの2時間は爆睡。無駄なく時間が使えた1日でした。
みなさん、お世話になりました。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-26 06:44 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
明日は関西電塾 6月24日(金)2982
ランキングに参加中です。

b0069507_621524.jpg明日は関西電塾でお話をするために、東大阪市へ行きます。
電塾は元APAの会員で、デジタル写真のオーソリティー早川廣行さんが創った組織で、デジタル写真のプロ達が活動している全国組織です。私は会友の末席に名前を載せさせて頂いてます。
そんな、凄いところで私がデジタルの話をできるはずも無く、何の話をしに行くかというと、撮影プロダクションのBossとして、デジタル時代にどう生きるかをお話に行きます。
フォトグラファーと言えども、フリーの方は自営業者、会社組織の方は零細、中小企業の「親爺」という一面があるのです。

今日は、明日の話のパワーポイント作りで終日過ごしました。
どうにか、仕上がりました。フ〜ッ ホッです。
明日の新幹線で最後校正をして、開場に臨みます。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-25 06:06 | イベント | Trackback | Comments(0)
写真展パーティー 6月23日(木)2981
ランキングに参加中です。

b0069507_540314.jpgフォトグラファー大山謙一郎さんの写真展・ 凝視展(その33)「PEN-1 が往く」のオープニングパーティーへ、マネージャーの多比良とお邪魔しました。
相変わらず、大山さんは凄い人気です。
そして、大山さんは「凝視展」を50回開くのが目標とか・・・ 大山さん、100まで生きないと・・・

写真は、日大芸術学部の写真学科の現役に囲まれて、ちょっとテレ気味の大山さんと、もう一人は、何と4600万画素!のデジタル1眼 SD1を発売したばかりのシグマの桑山さん。もっているカメラはもちろんDP2です。
パーティーの後、2次会へ・・・ 22時過ぎにお開きになりました。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-24 05:42 | 写真展 | Trackback | Comments(1)
懐かしい!第2弾。T-55 6月22日(水)2980
ランキングに参加中です。

b0069507_6114941.jpg日が長くなったな〜と思ったら今日は夏至です。
スタジオを大がかりに整備・整理していたら、懐かしいものが出てきました。今は昔の第2弾です。
昔、本当にお世話になったポラロイド タイプ55フィルムです。モノクロフィルムです。もちろん期限切れです。サイズは4x5。(単位はインチです。)
フジフイルムのフォトラマFP100 Cが発売されるまでは、4x5撮影には無くてはならないフィルムでした。
若い人のために私の修業時代の撮影方法をお話します。
4x5カラーポジフィルムの乳剤のロットが変わると、発色と感度のテスト撮影現像をしてポラロイドT-55の感度とポジフィルムの感度の相関関係も確認します。
撮影では、まずT-55で撮影し30秒後写真ができます。露出やフレームをチェックします。T-55で適正露出で写っていたら、ポジフィルムとの感度の相関関係をチェックしてあるので、本番ではできあがったT-55の写真から、1/3絞り開けとか1/2開けとか調整して写します。紙の露出計です。T-55はネガもできますので、アオリを使った場合などはネガをルーペで見てピントの確認もできました。
当時インスタントフィルムはポラロイド社製品しかなかったので、NHKでも「ポラロイド」と固有名詞にもかかわらず放送をしていました。
やがて、フジフィルムがFP100Cという優れたカラーインスタントフィルムが発売され、シェアは逆転、あまり使われなくなりました。FP100Cはネガが覗けないので、ピントを厳しくチェックしたい時等はT-55のネガは使用していました。
昔の撮影は手間がかかりました。ライティングだけでなく、カメラ操作にもプロの技が必要でした。
今は、撮影後、レタッチ等プロの技が必要です。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-23 06:33 | 機材 | Trackback | Comments(1)
懐かしい!MO 読めました。 6月21日(火) 2979
ランキングに参加中です。

b0069507_6575519.jpg今日は必要があって、MOを引っ張り出しました。
果たして、読み込めるかな〜・・・
iMacにTAXANのMOドライブをファイヤーワイヤーで繋いで、スイッチをいれます。電源は入りました。
2002年10月2日に記録したMOをドライブに入れたらちゃんと認識しました。(パチパチ)
画像もちゃんとしていました。

若い人はMOなんて馴染みないでしょうね。私の年代では画期的な記録媒体でした。
それまでは、僅か1.4MBのフロッピーディスクが気軽にやりとりできる記録媒体でした。その頃はデジタルカメラも無く、フォトグラファーが気楽に使用できるフィルムスキャナーもなく、完全なフィルム時代で時代で文章のやりとりだったので、フロッピーディスクですんだのです。
90年代中頃にフィルムスキャナーが普及しだし、フィルム撮影→スキャナーで読み込み→フォトショップで加工というのが流行始めた頃にMOデスクが登場、64MBの記録容量は画期的でした。
その後、記録容量が128MB、230MB、640MB、1.3GBへ増えていきました。1.3GBが発売された頃は、もうCDが普及始めていて、私は使った事がありません。
これから、時間を見つけて残っているMOの画像をチェックして、HDにバックアップ染ます。
デジタルの最大の特徴は、情報とメディアが異なるという事ですが、これが、最大の弱点でもあるのです。画像情報はあっても、媒体の進化・変化により、以前の情報が使えなくなってしまうのです。
古いデーターをいつでも使えるようにするには、絶えず新しいメディアに情報を載せ替える必要があります。お金も時間もかかります。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-22 06:58 | 機材 | Trackback | Comments(1)
ついにきた、この日。 6月20日(月)2978
AKB48の江口愛美がCGだという事が判明しましたが、これって結構ショックな事です。
写真は、今やカメラを使わなくても「写真」と同じ表現がコンピューターグラフィック(CG)でできるようになり、建材メーカーのカタログ等はCGで作られるようになりました。車のカタログもCGが多様されています。商品写真も撮影しないでCADのデーター等から「写真表現」ができるようになりました。その影響で、商品撮影をしているフォトグラファーは仕事が減って大変なのです。
フォトグラファーにとっての砦、人物写真のある部分までCGで可能になる事を、今度の江口愛美事件は一般の人にまで実践で示した第一号だと思います。
CFの動きをみていると「動き」がやはり、少し不自然なのですが、これは、話題作りの一端として「わざと」しているのだと思います。
フォトグラファーにとっての最後の砦は何の撮影でしょう? 江口愛美の件があったにしても、人物撮影は残ると思いますが、料理写真等も最後まで、実写が残るのではと思います。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-06-21 07:50 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(2)