<   2010年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧
春の原宿 & ロケハン 3月30日(火)2111
ランキングに参加中です。

原宿・表参道は世界の観光地。中国の春節の頃は中国からの観光客が目立ちます。日本の若い人と同じファッションのカップルがハングルの観光ガイドブックを見ていたりします。白人のグループがじゃんがらラーメンから出てきたりします。
日本の若い人もたくさん来ますが、学校の休みの時はやはりどっと増えます。写真はマッシュマネージメントの事務所から写した写真ですが、若い女性ばかりが座って順番を待っています。どうもジャニーズショップの入店待ちのようです。昨日今日は平日なのに、普段の土日の3倍以上の列の長さです。春休みなんですね。
b0069507_6584027.jpg
昼は、某会社のロケハン。社長とお話をしてどういう写真が必要か納得。効率良くロケハンができました。
ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-03-31 06:50 | Trackback | Comments(0)
ヨドバシカメラ カメラ博物館&ギャラリー 3月29日(月)2110
ランキングに参加中です。

b0069507_6274493.jpg31日で閉館する、コンサート会場として有名だった、49年の歴史のある東京厚生年金会館の跡地をヨドバシカメラが120億円で落札。その後に、カメラ博物館とギャラリーをオープンするとの事です。
建物自体が古いので、改装して使うのか新築するのかは不明ですが、我がクライアントながら「よくやった!」と思います。
昨年のヨドバシカメラの東京撮影会で、新しく就任された本部長が、ヨドバシカメラは写真を大切にする旨の挨拶をなさっていましたが、カメラ博物館とギャラリーオープンもその現れなのでしょうか?
今から、14~15年前にヨドバシカメラの社長を、当時北新宿のヨドバシカメラ本社内にあったライカコレクションの展示室でお撮りしたことがあります。その時、ヨドバシカメラで販売したカメラを全部箱ごととっておくことにしている。とお話になっていました。その後、ライカだけは札幌のヨドバシカメラに博物館をオープンしてましたが、すでに閉館されています。新しくオープンするカメラ博物館にライカコレクションや箱ごととっておいたカメラを展示したら、凄い博物館になるなるのではないでしょうか。
一方、ギャラリーの方も期待大です。六本木のフジフイルム本社のギャラリーも3つから2つに減り、そして有料になるとの事で、メーカー系のギャラリーの先行きも不安です。カメラ屋さんんから発祥した大手量販店が、ルーツを大切にしてギャラリーオープンは嬉しいニュースです。
今年から来年にかけて、電化製品の量販店の最大手ヤマダ電機が新宿に2店舗相次いでオープンするとの事、カメラにも重点を置くヨドバシカメラ、その特色を生かしてがんばって欲しいと思います。
b0069507_7595319.jpg
ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-03-30 06:14 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(1)
东京的有创意的1日. 3月28日(日)2109
ランキングに参加中です。

今日は、MASHmanagementのフォトグラファー吉川君の作品撮りにおつきあい。
今日のライティングは紗幕越しの傘バンという柔らかいライティングです。
b0069507_73537100.jpg
この撮影は某誌の新人フォトグラファー特集用の作品撮影です。その特集に掲載されると、売り上げ倍増というか、多い人は7倍になったと言われる程の特集です。
吉川君がどうなるか? ガンバレ!!

b0069507_7374548.jpg
夕方6時過ぎに吉川君の撮影が終わり、やはりMASHmanagementのヘアメイクの巨匠、森君のサロンへ撮影スタッフ全員で移動。
森君を含めてヘアメイク8人のブックレビュー会場へ行きました。昨日今日と開かれたヘアメイクさんのブックレビューは、おそらく業界初めての試みだったのではないでしょうか?
見せる相手は、編集者、スタイリスト、フォトグラファー、そしてヘアメイクや写真を学学生達です。学生無料、一般は500円のフィーが必要ですが、有料の価値あるイベントでした。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-03-29 07:38 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
ジャンルー・シーフ & 森村泰昌写真展 at 都写美。3月27日(土)2108
ランキングに参加中です。

b0069507_6233826.jpg久しぶりの都写美写真展です。
ジャンルー・シーフ写真展「UNSEEN & Best work」と森村泰昌「なにものかへのレクイエムー戦場の頂上の芸術」を見に行きました。
両方の写真展とも見応えのある写真展です。
まず、ジャンルー・シーフ写真展ですが、未発表の作品と既存の作品が、だいたい年代順に展示されています。1点1点の作品はすばらしいのですが、単純に「だいたい年代順」に展示されているので、写真展全体が薄まってしまっているように感じました。少し惜しいところです。写真展の濃密さからいうと、先月コスモスギャラリーで開催されたジャンルー・シーフ写真の方が勝っていると思います。でも、絶対に見る価値大ありの写真展です。
つぎは、森村泰昌「なにものかへのレクイエムー戦場の頂上の芸術」ですが、2F3Fの2フロアーを使用した写真展?です。写真のほうですが、面白い展示ですが、あえて言うならば「芸人」さんの「芸」を小難しい理屈をつけた「解説ボード」と一緒に展示してあるみたいな印象も受けます。
私は、動画の方が面白かったです。特に独裁者の動画がよかったです。動画でなければできない表現方法と、喋っている「内容」がすばらしかったです。あとは、展示場外のCafeの壁面に投影されている、三島由紀夫の市ヶ谷自衛隊乱入割腹自殺事件のパロディー(レクイエム)ムービーですが、画像をさっと見るだけでは無く、喋っている内容をよく聞くことをお勧めします。
いずれにせよ、森村さん「よくやるは!」と思ったら大阪市天王寺区だとか(我が三次君と同じです。)・・・納得です。
ジャンルー・シーフ写真展は「写真展」、森村泰昌展は表現手段に「写真」を使った展覧会です。(それだけに、写真には拘らず、動画も自分の表現手段にとりいれています。)いずれにせよ、見応えのある展覧会である事は間違いありません。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-03-28 06:43 | 写真展 | Trackback | Comments(1)
Chinese web censorship. 3月26日(金)2107
ランキングに参加中です。

b0069507_7231111.jpg今日は、APAの理事会でした。
理事会後の打ち上げで盛り上がりましたが、そのなかの少し「怖い」話です。
打ち上げで飲んだなかに中国の仕事をしているフォトグラファーがいました。何かの話で「中国では、MASHのWebsiteは見られるけど、blogは見られないよ。検閲でダメらしくて、接続不能になるよ。」と言い出しました。ビックリです。5年以上続けているこのブログですが何か中国当局にとって、まずい事がかいてあるのでしょう。
3月12日のエントリーには「造反有理」「下放」等の今の中国にとってまずそうな言葉が入っているのですが、このブログを見られなかったというお話は、もっと前の事なのです。
そのほか、中国ではメールも結構届きにく事も多々あるとの事です。検閲は文字でするらしいので、電話とかiChatのような音声手段は問題ないとの事でした。
最近のgoogle問題等を思うと以下の基準で中国は言論を統制しているのでしょうか?
毛沢東語録の「人民内部の矛盾を正しく処理する。」からの抜粋です。
(1)人民を分裂させるのではなくて、全国各民族人民の団結に有利であること。
(2)社会主義的改造と社会主義建設に不利ではなくて、社会主義的改造と社会主義建設に有利であること。
(3)人民民主主義独裁を破壊したり、弱めたりするのではなくて、この独裁を固めるのに有利であること。
(4)民主集中制を破壊したり、弱めたりするのではなくて、この制度を固めるのに有利であること。
(5)共産党の指導からはなれたり、これを弱めたりするのではなくて、この指導を固めるのに有利であること。
(6)社会主義の国際的団結と全世界の平和を愛する人民の国際的団結をそこなうのではなくて、これらの団結に有利であること。この6項目の基準のうち、もっとも重要なのは、社会主義の道と党の指導という2項目である。

中国の広告写真撮影にはガイドライン等はあるのでしょうか?興味があります。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-03-27 07:47 | Trackback | Comments(4)
年度末。3月25日(木)2106
ランキングに参加中です。

年度末が近づいています。
APAは社団法人、年度末は忙しいのです。事務局も決算、予算で大忙し。我々執行部も何かとAPAのため忙しいです。ボランティアの極みです。
お土産のタイのトムヤムクン風味の辛いカップヌードル食べて頑張っています。
折りたたみの、フォークもスープのペーストと一緒に入っていました。便利です。
b0069507_7511625.jpg
昔の伊良湖の爺ちゃんではないですが、皆様のポチが栄養源です。
ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-03-26 07:51 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(1)
フィルムカメラの生産台数。3月24日(水)2105
ランキングに参加中です。

b0069507_8373126.jpg

突然ですが、フィルム一眼レフカメラの生産台数ってどのくらいかご存じですか。
JPS・日本写真家協会の会報143号の「デジタル写真はどこへゆく」という座談会に、私は出席しているのですが、そのなかで、やはり出席者一人のNikonの後藤さんが、概略以下のようなお話しをしています。

フィルムカメラの売り上げは1%以下。
年間1000台少々しか作っていない。
デジタルカメラには無い構造がフィルムカメラにはあるので、技術継承的にもつくる必要がある。
技術を忘れてしまったら、設計ノウハウを維持するのも怪しくなる。

文化継承的にもがんばってください。メセナスです。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-03-25 08:21 | 写真世界等々 | Trackback(1) | Comments(1)
ポラロイドフィルム復活!? 3月23日(月)2104
ランキングに参加中です。

b0069507_514516.jpg昨日のエントリーのコメント欄にburgちゃんも書いてくれたように、ヨーロッパでインポッシブルというグループがポラロイドのフィルムを復活させたようです。
また、アメリカのポラロイドから5年間の販売権を得たサミットグローバルグループの日本法人サミットグローバルジャパンが、ポラロイドブランドのデジタルカメラやデジタルフォトフレーム、電子プリンター等の販売を開始し、3年語の売り上げ目標を120億円としたそうです。ヨーロッパで復活したポラロイドフィルムもこの会社で扱うようです。
私がフリーになってから25年以上お世話になったポラロイドが復活するのはとても嬉しい事です。ですが、心配もあります。
私がポラロイドの仕事をしていたときに、困った事が3つありました。
1つは品質の不安定さでした。
  →世界ではOKでしたが、日本の消費者の「厳しい目」にはかないませんでした。
2つめは「色」の問題でした。
  →一般消費者が普通に写しても、なかなか良い色が出ませんでした。
3つめは最後はカメラのできが良くない事でした。
  →日本のカメラに比べて、機能が古く、つくりも良くありませんでした。
フジフイルムが上記を解決した「フォトラマ」シリーズを発売したら、瞬く間にシェアを取られてしまいました。
上記3点が解決されないと、日本での復活は難しいのではないでしょうか?「ポラロイドの独特の色がアーティストに指示され、一部のファンからは復活が望まれて」いたそうですが、それだけでは商売にはならないのではないでしょうか?
「ポラロイドの独特の色」といえば聞こえはいいのですが、一般消費者にとっては「色が良くない。」という事なのです。どのくらいの量を売れば採算がとれるのかは不明ですが、矛盾する事をかかえつつ採算のとるのは大変だと思います。
そして、根源的な問題としては「価格」です。今回売り出したフィルムも1パック8枚撮りで16ポンドだそうです。円高傾向の今でも日本円に換算すると2175円になります。やっぱり、結構高いです。
また、警察等でも改ざんが不可能という事で証拠能力が高いと判断されてポラロイドフィルムは使用されていましたが、デジタルカメラ関連でもその点を解決した製品の採用が、海上保安庁や警察でも決まり、通常フィルムから移行して経費節減を計るというというニュースが昨年末に流れました。医療関係等のビジネスの分野でもかつては多くのポラロイドが使用されていましが、フィルムが入手しにくくなってから2年近く、ものによっては3年以上になります。ビジネスユースの世界でも製品供給の不安定さを示してしまった後ですのでどうなるでしょうか?
ポラロイド復活、ハラハラドキドキしながら見守って行きたいと思います。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-03-24 05:24 | 写真世界等々 | Trackback(1) | Comments(0)
アラビアンイベント 3月22日(月)2103
ランキングに参加中です。

b0069507_6151525.jpg
原宿のMASHmanagementのフォトグラファー吉川君が参加していたアブダビの航空会社日本就航記念のイベントに行きました。
英スカイトラックス社が発表したAirlineの2009年度版ランキングの7位に輝くエティハド航空が成田、名古屋に4月から就航するのにあたって連休中の3日間、六本木ヒルズのアリーナで開催されたこのイベント、吉川君の昼食時間がままならない程賑わいました。
個人的には、エティハド航空がスポンサードしていたマッサが乗ったフェラーリF1が展示されていたのが、興味津々でした。
b0069507_628673.jpg最終日の今日は16時で終了。
人々で賑わった会場も、あっという間に片付けられていきます。
夢が現実に変わる瞬間です。この瞬間、何となく好きな時間です。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-03-23 06:16 | 撮影 | Trackback(1) | Comments(1)
暗い日曜日。3月21日(日)2102
ランキングに参加中です。

ダミアが歌う「暗い日曜日」という曲がありますが、今日はその気分です。
昨日土曜日、「第一回全国学校図工・美術写真公募展」の表彰式とい明るいイベントの懇親会でプロ用写真用品ショップの社長と某メーカーのプロ担当者の方とご一緒したのですが、そこで話題になったのは感材の「製造中止」の話ばかりです。
つい最近、MASHのフォトグラファー岡安君が嘆いていたのは、コダックの「RAエンデュラスープラペーパー(シートタイプ)」全製品の製造販売終了というニュース。ロール紙は残るらしいですが、自分でカラープリントをするフォトグラファーにとってはショックなできごとです。
このところ、EPPというコダックの定番的ポジフイルムの全製品が製造中止になってしまうは、タングステンタイプのポジフイルムはコダックもフジも全製品製造中止になってしまうは、フジも一部のフイルムの4x5の製造を止めてしまうはで暗い話ばかりです。そしてインスタントフイルムは元祖のポラロイドはとっくに全製品の生産はやめてしまっているのですが、世界で一つしかないフジのインスタントフイルムのフォトラマのモノクロ4x5タイプのフイルムも製造中止になっていました。
KodakのE3,E4というカラーポジ第二世代を知っている世代(古いフイルムから最新のデジタルまで全てを使った世代でもあります。)にとっては、すでに、自分が使っていないにもかかわらず、フイルムが無くなっていくのは悲しい限りです。
でも、反対に嬉しいニュースも・・・・b0069507_9273672.jpg
4000万画素のデジタルカメラが、85万円で購入できる時代がきたのです。そうPENTAX645Dです。
画素数だけで比較するならフェーズワンP40+のデジタルパックが336万円もするのに、1/4のお値段になってしまうのです。
これからのフォトグラファーはフイルムなんか知らなくて当たり前です。それで良いのです。プロとして恥ずかしくない、仕事に困らないデジタルの知識とテクニック、そして画像処理のテクニックの勉強が必要、必須です。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-03-22 07:08 | 写真世界等々 | Trackback(1) | Comments(0)