<   2010年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧
多様化するフォトグラファーの出身母体。 1月30日(土) 2050
ランキングに参加中です。

b0069507_854395.jpg プロのフォトグラファーは、資格も学歴も全く関係ない世界です。
要は「良い写真」が撮れればいいのです。「注文」どおりの写真を写せる技量があれば良いのです。
とは言うものの、最近、昔ではちょっと考えられない現象が起きてきました。
それは、世間的に「超高学歴」の人が、プロの写真の世界に飛び込んで来ています。

MASHmanagementのフォトグラファー・サギサワ ケンは、東大大学院卒の理学博士。
研究生活の後に、フリーのフォトグラファーになり、原宿のMASHmanagementがマネージメントしています。英語もTOEIC 950点の同時通訳レベルという凄さです。(外人モデルを写す時は、断然有利です。)
本人もプロフィールに「無駄な高学歴」と書いていますが、正に、価値観は多様という事です。
サギサワ君だけかと思っていたら、シカゴでであったフォトグラファーのLuke君。(日本生まれの日本人です。)彼は、分子生物学者/Ph.Dです。ドクターです。彼も、アメリカでの研究生活の傍ら写真を写し初め、写真撮影がアルバイトになり、研究生活より、写真のプロの道を選びました。アメリカでプロになった日本生まれの日本人フォトグラファーです。

アメリカでは、不況の時には「博士」のタクシードライバーがいるという話題をニュースを見た事があります。これとは、事情が異なりますが、先進社会においては、価値観は多様になるようです。多様な価値観が有るという事が、熟成社会の証拠(?)なのでしょうか・・・

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-01-31 08:08 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(3)
Week End 1月29日(金) 2049
ランキングに参加中です。

b0069507_11103868.jpg今週はあっという間の一週間でした。
もっと言うなら、この二週間は慌ただしくすぎました。
先々週の金曜日は大阪にいて、テッチャン鍋や生レバを食べていて、先週の金曜日はシカゴでステーキを食べ、今週は四谷新通りで味フライを食べていました。
2週間、大阪、シカゴ、東京で食べたB級グルメで食べたもので美味しいものが多いのは、やはり大阪でした。
テッチャン鍋、生レバ、てっちり・・・ 何を食べても、ほんとうに美味しかったです。さすが食の都です。
直近で感動したのは、四谷新道通りの「源や」のアジフライ定食。(写真右上)
少し大きめなアジの両側の実をそいで、フライにして残った部分は唐揚げのようにバリバリと食べられます。1回で2度美味しいです。
シカゴでは、領事公邸の食事は、美味しかったけど日本食なので外して、ステーキとポップコーンが美味しかったです。特にお土産に買ってきたGarrettのポップコーンは秀逸でした。

旅して、写真撮って、食べる生活・・・ デパートが華やかだった頃の西武デパートのコピー「美味しい生活」・・・ 目指します!?

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-01-30 09:22 | Trackback | Comments(0)
2月4日から、6人のフォトグラファーの写真展。1月28日(木)2048
今日は、原宿のマッシュ マネージメントからのお知らせです。
マッシュ マネージメントでマネージメントをしているフォトグラファーのなかから、ファッション写真を写しているフォトグラファー6人が、写真展を開きます。
会期は6日間ですが。土曜はもちろん、日曜日もオープンしています。ファッションフォトグラファーという、日本では東京にしかいないジャンルのフォトグラファーの写真をお楽しみください。
b0069507_7385235.jpg
写真展“MASHmanagement Photographers Collection”
出展フォトグラファー
サギサワケン 井口広美 吉川徹 桜井秀明
加藤晋平 望月研

MASHmanagement

会期:2010年2月4日(木)~2月9日(火)
時間:11:00-20:00(最終日は17時まで)
場所:プロモアルテギャラリー
東京都渋谷区神宮前5-51-3 GALERIA 2F 
お問い合わせ:03-3400-9516
http://www.promo-arte.com
b0069507_1401234.jpg協力:株式会社ピクトリコ

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-01-29 07:46 | 写真展 | Trackback(1) | Comments(3)
昔々の「THE TOP10」・・・  1月27日(水)2047
ランキングに参加中です。

もう、30年近く前になるでしょうか、日本TVで「ザ トップ10」という歌の番組が月曜の夜8時から放送されていたのを、ご存じでしょうか。覚えていたり、ご覧になっているのは年代的には30代後半以上の方だと思います。
それが、25日から日本TVのCS放送で再放送が始まったらしいです。「らしい」というのは、私が見たのでは無く、MASHmanagementのスタイリストのU子さんから「Bossが出ている!」と飲んで帰る途中のタクシーに電話がかかってきました。b0069507_7465963.jpg今日、その画像を送ってくれました。
私は、TOP 10 に初ランクインをした曲のアーティストを記念撮影をするセクションを担当していました。
8x10カメラにポラロイド8x10フィルムを使って、カメラ、大型ストロボ、そして私を乗せた引き枠を、あらかじめ印をつけた所まで移動して、司会の堺正章さんがシャッターを押します。曲の開始とともにに現像して、演奏中に司会の堺正章さんが、フィルムのネガの部分を引きはがすと、先ほど写した写真ができあがっているという進行でした。
完全「生」の本番。いつも、ハラハラどきどきでした。
最初、TV局から話があったときには、8x10を移動して写すなんて不可能と思いました。でも、色々、工夫して撮影できるようにしました。
まさに「必要は発明の母」です。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-01-28 07:54 | 撮影 | Trackback | Comments(8)
ポップコーン & ラーメン。1月26日(火)2046
ランキングに参加中です。

b0069507_750779.jpg左の缶は1ガロンの缶です。
シカゴで、今一番人気のあるポップコーン屋さんの容器です。休日には行列ができるほど混みあうという事です。
珍し物好きの私は、まだ日本には無いというので、買ってきました。
缶には、色々なデザインがあり、通常の缶以外は別料金です。アメリカのお店らしくTシャツやマグカップ、キャップ等も売っています。
b0069507_7584752.jpg肝心の中身です。塩味のバターと甘いナッツが絡んでいるポップコーンのミックスにしてもらいました。
旨い旨い・・・ 食べ出したら止まりません。甘さと塩さと濃厚バター・・・ 糖尿病と血圧と高カロリーにはいけない食べ物です。こういうの食べ続けるとアメリカ人的太り方になってしまうのでしょうか? でも、旨いです。ところで、全米のチョコレートの生産量の70%は、シカゴで生産されているという事です。季節によっては、風向きによってはチョコレートの香りがするという話もあります。また、一節によると農場の臭いもするという事です。
b0069507_10104037.jpgポップコーンがアメリカの味なら、ラーメンは日本の味。今日の昼は、事務所から10分程の「こうや」で久しぶりにの雲呑麺です。
私の歩いた範囲のシカゴには、ラーメン屋さんも、中華料理屋さんも、ハングル看板も見えませんでした。中心部から離れた地域にはチャイナタウンもベトナム人街もあり、韓国系の人も、遙かに日本人より多くいるとの事でした。
ところで、「こうや」さんの雲呑麺より、「こうや」さんから独立した、飯田橋の「たかはし」の雲呑麺のほうが、私的には好みです。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-01-27 07:55 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
シカゴ(オヘア)ー東京(成田)飛行時間12時間05分 1月24日(日)〜25日(月)2045
ランキングに参加中です。

朝、起きたら雨でした。
シカゴの今年の冬は暖かいそうなので、通常の冬でしたら雪になるのでしょう。8時15分に宿泊先を出発。30分弱でO'Hare空港のターミナル5に到着。靴まで脱いぐセキュリティーチェックを経て出発ロビーへ・・・ 東南アジアの最近建設した国際空港のような華やかさは一切なく、機能的にできています。Duty-free shopも田舎の空港の土産屋のようで「大人」の空港とでも言いましょうか。
b0069507_7235458.jpg飛行機にたまに乗る時の私の楽しみは「落語」を聞く事です。TVからは「お笑い」と呼ばれる、私にとってはよくわからない騒々しい人達が騒いでいる番組が多く流され、嫌になります。かつての寄席中継等は全くなくなり、NHKの「日本の話芸」とTBSの「落語研究会」が落語をじっくり放送しています。さりとて、ホールや寄席に行くほどでもない私にとっては、飛行機の中の寄席のチャンネルは貴重です。
今回は、円生さんと小さんさん、特に円生さんは良かったです。行きと帰りにダブルで聞いてしまいました。来月は誰でしょう、志ん生さんか前の文楽さんでしょうか。
b0069507_740257.jpg次は食べること。
日常的に、色々な種類、味の料理が食べられるようになった現代の日本人にとって「機内食」は、昔ほど特別なものではなくなりました。
左は、帰りに食べたCクラスの機内食です。写真には写っていませんがサラダも頂きました。
嬉しかったのは、2回目の食事が、1回目の食事後、着陸1時間30分前まででしたら、和洋定食、アラカルトをいつでも好きなだけ食べられるシステムになっています。
若い頃は、座っていても時間がたてばお腹が空きましたが、今は、そうではありません。でも、国際線は規約なのか少し長いフライトになると、自動的に食事がでてきます。何かブロイラーになったみたいです。2回目の食事が自由だというのは、良いシステムです。
2回目に選んだ、ハンバーガー、美味しかったです。
後は、1930年代のシカゴが出てくる、ジョニー・ディップが主演している「パブリック エニミーズ」を見ました。
何でも、この映画のロケの時にジョニー・ディップは皆なで、シカゴの某ステーキ屋さんに行き、閉店時間を過ぎてしまったため、チップを4,000ドル置いてきたという逸話が残っているそうです。
後は、PCで経費の精算をして、ふた眠りくらいして、14時25分に成田に到着、そのまま白金のAPA事務局に行きミーティングに参加して、目黒で飲んで23時過ぎに帰宅。いつもの東京生活に戻りました。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-01-26 06:49 | イベント | Trackback | Comments(4)
フランク・ロイド・ライト&公邸晩餐会 1月23日(土)2044
ランキングに参加中です。

b0069507_2024478.jpg今日は、一足先に帰国する友田専務理事を送り出し、もう一つの公式行事まで、これまで約1年と少し実際の作業を担当してくださった領事館の方とシカゴ回りです。おかげさまで体調もすっかり元に戻りました。
そして、嬉しい事に、今回の写真展を回覧したいという申し出が、大学等から4件もオープニングレセプション後にあったとの報告をうけました。

今日も、シカゴはご覧のように霧の中です。
シカゴ初体験で思ったのは、シカゴは「大人」の街という事です。ニューヨーク程ガチャガチャしていないし、西海岸のように新しく無い・・・・ 大都会だけど時間の流れが落ち着いいるように感じます。
印象派や浮世絵のコレクションが豊富な美術館があり、世界で3本の指に入る交響楽団を持ち、経済委活動の交差点・・・ 日本ではカポネの街の印象が強いシカゴですが、知れば知るほど歴史のある街でした。
百聞は一見にしかずです。
b0069507_2040259.jpgシカゴは建築の街だったと昨日のエントリーで書きましたが、その大本の一つフランク・ロイド・ライトがかつて自宅兼事務所としていた建物が保存公開され、現在も彼が設計した住宅が数軒のこっているシカゴ郊外のオークパークへ行きました。
自宅兼事務所の中を見られるのは、ガイドツアーに参加せねばなりません。全部英語ですが、中を見たいので参加しました。1時間と少しかけて自宅と事務所を丁寧に案内してくれます。
英語等解らなくても、「建築」の偉大さ美しさが体験できます。
写真は、ライトが設計し今も人が住む家が3軒連なっている場所です。少し離れた場所には、もっと大きな住宅が2軒ありまそた。
b0069507_20594047.jpg夕方、公使行程に到着、スーツに着替え晩餐会とあいなりました。
最初は、気楽に考えていたのですが、色々お話を聞くと結構公式な食事会のようで、ご覧のようなメニューや、招待状まで用意されているものでした。
晩餐会の、出席者は現地日本商工会の会頭及び前会頭、大変な時にご協力頂いた日本航空の支店長、そしてフジフイルムの方々で、原則、奥様同伴でした。
晩餐会の後、出席したご夫妻のポートレート撮影することになりましたが、公邸はいたるところ撮影ポイント(大きなハウススタジオみたいです。)があるので、スムーズに終了、22時半にはお開きになりました。
明日は、日本に向け出発です。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-01-24 20:29 | 写真世界等々 | Trackback(1) | Comments(4)
ブログの輪 & シカゴ歩き。1月22日(金)2043
ランキングに参加中です。

昨日のレセプションで「ブログ見てますよ」と声をかぇて下さった方がいました。
シカゴの日本人フォトグラファーFujikawaさんでした。アメリカに来て十数年、シカゴでポートレートを主に撮影をしているフォトグラファーの方でした。タスマニアのマナブさんとか、相原さんのブログには何回かコメントした事があるとの事で、直ぐに意気投合、レセプションの後はjazzでもという事になったのですが、私は風邪気味でここで無理をすると、後に響くので遠慮しました。(残念!)
ホテルに戻り、ネクタイから解放された同行の友田さんは楽しそうに出かけていきました。
b0069507_192574.jpg
というわけで、今日の朝はこれからはじまります。
朝、シカゴを案内しにホテルまで迎えに来てくれたFujikawaさんに事情を話し、近くのドラッグストアーへ行きました。一見、コンビニのようですが奥には薬局のある本当のドラッグストアーです。
薬剤師さんに症状を説明し、勧められたのがこの薬です。
チェリー味のお腹の薬です。よく、効きました。
今、アメリカはオバマ大統領がすすめる健康保険の事でもめていますが、貧乏な人は病気になっても医者に行けずに、もし健康保険が実施されれば、アメリカの平均寿命は延びるだろうと、言われているそうです。
b0069507_1934346.jpg
シカゴは建築の街です。特に高層建築に有名な建物がたくさんあり、建築家だったら一度は訪ねて見たい街のようです。
今日は、曇天で本当の超高層ビルは雲に隠れてしまし。見えませんでした。
b0069507_19385432.jpg
そんなシカゴのビルの特徴は、ビルの前庭等に巨大な芸術作品が置かれています。ピカソの彫刻だったり、教科書でしかお目にかからないような芸術作品が何気に置いてあります。
この写真はそのひとつ、アメリカンゴシックの巨大オブジェです。
アメリカンゴシックと言えば、以前、夜中に放送されていたアメリカの田舎の不気味なホラーチックなTVドラマを思い出します。この銅像も不気味な表情をしています。
b0069507_1951154.jpg

建築の街と書きましたが、特徴のある建物の中に、は入れるようになっています。
左は、ライトさんが内装のリニューアルを手がけたビルです。右は、シカゴカルチャーセンターのビルで、ティファニーを使っているそうです。素人の私にも、良い物は良いとわかります。
そんなビルの中でも、悪のりをしすぎて(?)、現代では絶対にできない事をしているビルがありました。それは、シカゴトリビューンのビルで、記者達が世界中から持ってきてしまった石が、ビルの外壁に埋め込まれています。スエーデンの城の石だとかドイツの城の石、果ては、マニラの日本人墓地にあった墓石まで埋め込まれていました。ちゃんとXX家の墓という文字がほってありました。
b0069507_2022483.jpg
シカゴ美術館(The Art Institute of Chicago)です。一見の価値大ありです。ピカソやゴーギャン、モネ等の世界に名だたる本物の絵画や彫刻が目の前15cmでみられます。筆のタッチや息遣いがはっきりわかります。しかも、フラッシュを使用しなければ、撮影は自由です。
この美術館の名画のコレクションは、お金持ちの所蔵している絵画を博物館に寄贈し、一つの部屋事に寄贈したお金持ちの名前が付いています。例えばmash_bossが有名な絵画20点ぐらいを寄贈したとすると、mash_bossのホール等のような名前が付くのです。
アメリカの富と奥の深さを感じてしまいました。
b0069507_20114052.jpg
シカゴ名物高架鉄道(Loop)にものりました。私の好きなER等にもたびたび登場します。乗ってみて驚いたのは、コーナーが写真のようにほぼ直角に曲がっている事と、駅と駅との間隔が超短い事、一周が小さい事でした。また、急カーブを曲がるためか、一両の車両の長さが短いのも特徴的でした。ふるい駅のホームは木でできていました。
乗車賃は2$25¢、一駅でも、どこまで行っても同じです。
b0069507_2026744.jpg

風邪気味で、積極的食欲はありませんが、何とか食事はしました。シカゴはホットドック発祥の地だそうです。左は、そんなシカゴで有名な「ゴールドコースト」の一番シンプルなホットドックです。右は、MORTON'Sというステーキ屋さんのリブステーキです。塩と胡椒だけの味付けで、ソースはテーブルに一切でてきません。
レアーでいただきました。風邪で弱った胃と腸にはレアのステーキ最高でした。
b0069507_20373943.jpg
出ました! アメリカンサイズのデザートです。ハーゲンダッツのアイスクリームがデザートにあるというので、ラズベリーフラペチーノを注文したら出てきたのがこれでした。日本でしたら3人前の分量です。お値段は、¥550円程度です。
b0069507_20485855.jpg
最後になりましたが、シカゴのプロ向け写真事情です。人口800万の全米3位の大都会ですが。ハッキリ行って無いに等しいです。
この店は、ダウンタウンに唯一残っている「プロ」が行っても役にたつお店ですが、店内全体にすすけた感じです。モノクロ現像用の薬品も売っていましたが、色が変わっている物があったりしていました。中古のカメラやストロボも売っていましたが、東京基準からは買う気にはなりません。もうひとつは、ダウンタウンから車で20分位のCherry AvにあるCALUMETといお店に行きました。こちらは、ずっと近代的で、印象は東京 月島の銀一スタジオショップのイメージですが、広さは半分位、品数は1/10くらいです。昔、安い4x5やポラロイド8x10の手動現像機を作っていたカルメットが展開するチェーン店のようでした。フジとコダックの4x5フィルムも売っていました。カルメット製のモノブロックも売っていましたし、業務用のVTRカメラも売っていましたがガラーンとした印象でした。
このようなカメラ屋さんしか知らない人たちからみれば、ヨドバシカメラや、スタジオショップは天国のようだと思います。
機材が壊れたときに直ぐに修理に出せたり、必要なものが買えたりする東京や大阪、N.Yのフォトグラファーは恵まれています。

お世話になった、ブログ繋がりのFujikawa さんのHPはwww.wanderphoto.comです。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-01-23 19:29 | 写真世界等々 | Trackback(3) | Comments(8)
オープニングレセプション 1月21日(木)2042
ランキングに参加中です。

b0069507_17255463.jpg
シカゴ2日めです。今日は最初の公式行事、オープニングレセプションです。
シカゴの各会の方100名近くの方がお見えになりました。中でも、イリノイ州の州務長官がおいでになったのは珍しいらしく、担当者はセキュリティーに気をつかっていました。
州務長官は、日本に行ったときに地下鉄に乗り「優先席」がある事を知り、シカゴの地下鉄にも導入した等の日本がらみのエピソードを交えたスピーチをなさいました。
久枝総領事のスピーチに続き、APAアワードやAPAの歴史等について、私がスピーチをして硬い事は終了。後は作品を見ながらの立食パーティーになりました。パーティーといっても、日本のようなりっぱな食事が出る訳では無く、カナッペ中心のつまみに、赤、白ワインとソフトドリンクの簡単なものですが、皆さん楽しんでいらっしゃいました。
肝心の作品の評判ですが、手前味噌ですが上々です。表現方法がアメリカの広告と違ってソフトで、機知に富み、洗練されているとの事、アメリカの広告はストレートにメッセージを何回も繰り返すだけでつまらないとの事でした。
b0069507_1824440.jpg
日本とシカゴの時差19時間もあります。日本を11時35分に発ち、約12時間。日本時間の23時半頃にシカゴに着きますがシカゴ時間で8時半になります。飛行機の中で寝られないと、到着した日、シカゴで一日が終わると丁度、徹夜したのと同じになります。そんな訳で、2日めは10時過ぎに行動を開始しました。レセプションは17時30分からだったので、昼過ぎから産業科学博物館に展示してある第二次世界大戦中のドイツの潜水艦U505を見にいきました。あの映画になったU505の実物です。何でもU505 捕獲作戦の実行部隊8人の指揮官がシカゴ出身だったとかで、ここに展示してあるようです。オプションの内部も見学しました。印象としては以前ハワイで見たアメリカの潜水艦バフィンより大きく感じました。いずれにせよ、殆ど生か死かしかない潜水艦にのり、戦うというのは強靱な精神がなければ勤まらなかったでしょう。

昨日の夜から、少し風邪気味なので早めにホテルに戻り、レセプションまで2時間、爆睡してしまいました。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-01-22 17:52 | 写真展 | Trackback | Comments(1)
シカゴ、Chicago!1月20日(水)2041
ランキングに参加中です。

b0069507_18373153.jpg11時35分、成田初JL10便のビジネクラスの機内です。
東京ーシカゴ便はビジネス客が多いので。機体の半分位の面積がビジネスクラスで占められている座席構成になっています。そのビジネスクラスはほぼ満席状態。全ての路線がこんなだったらJALも赤字に苦しむ事は無かったかもしれません。
ビジネスクラスの搭乗者は、新聞を読む人が多いのですが、当の更生法になった会社の機内のあちこちの座席で「更生法申請」の見出しが躍ります。不思議な光景でした。
そして、機長から「更生法になったけど、これまで通り、安全第一で飛ぶのでよろしく」とのアナウンス。
しばらくして、チーフパーサーからも、同じ趣旨の放送にマイレージ等はこれまでどおりとの事を付け加えた機内放送がありました。
JAL頑張って欲しいと思うけど「沈まぬ太陽」どおりだとしたら、京セラからJAL会長に就いた稲森さん、カネボウから会長になった伊藤さんの二の舞にならないか心配です。
でも、今度そんな事をしたら正真正銘会社が無くなるので、必死に頑張らざるをえないでしょう。
b0069507_18565674.jpgシカゴ、寒いです。どんより曇った今日は、一日中気温の変化は無く0℃を前後していました。でも、ミシガン湖から吹き付ける冷たい風のせいで、実際の気温より寒く感じます。去年は−20℃位になった事もあるとかで、今年は暖かいようです。それでも、湖には氷りが浮かんでいます。もっと寒くなると、やがてこれが、流氷のように大きくなるとの事でした。
シカゴといえば、石元泰博さんの名作写真集「シカゴ」を思い出します。
今回、シカゴに来たのは、APAアワード2009のシカゴ展を開くためです。

b0069507_1973621.jpgそんな寒さもものともせず、大阪からの友田APA専務理事は、APAの広報誌のために「熱写」中です。
ちなみに、大阪市とシカゴは姉妹都市で、大阪のシカゴ事務所があるそうです。東京とニューヨークは姉妹都市ですが、数年前に東京都のニューヨーク事務所は「無駄」と叩かれてたたんでしまいました。
b0069507_19132620.jpg今日の昼です。トマトソース、ガーリック、ペペロンチーノのスパゲッティです。
麺の茹で具合は、シコシコしていて、グチャとした茹で方の多いアメリカでは珍しい事です。
このお店のウエイターはイタリア系で黒い髪に、巻き舌の英語、まるで「ゴッドファーザー」に出て来る、マフィアのチンピラのようでした。
シカゴの人にとって、今更、アル・カポネのイメージは迷惑のようですが、シカゴ市内のダウンタウンの駐車上の利権は、イタリア系のそのてが握っているとかいないとかのお話でした。
b0069507_1959146.jpgシカゴは建築の街でもあります。「摩天楼」発祥の地とも言われるようです。
フランク・ロイド・ライトやローエの作った建築が多くあります。今日は繁華街を少し歩いただけですが、バリエーションにとんだ高層ビルがたくさんありました。
b0069507_2001272.jpg夕方、領事館のなかにある、日本文化センター(通販会社ではありません。)でインタビューを受けました。
シカゴの名門大学、Northwestern大学が運営するニュースサイトMEDILLというメディアの取材で、このお嬢さんは、インタビューアーで理学修士課程の学生さんです。
出身は、アラバマ州との事でした。Nikon D700に50mmで私達を写してくれました。

明日は、公式行事、オープニングレセプションです。

ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2010-01-21 18:44 | 海外ロケ | Trackback | Comments(6)