<   2009年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧
珍しい機材集合。10月30日(金)1954
 クリックよろしくお願いします。

b0069507_6134249.jpg今日のスタジオは2本だてです。
夕方からの岡安君の撮影に、珍しい機材や道具がそろいました。
まずは、液体窒素です。
専用の容器に入っています。
ー193℃です。
極低温なので手袋は、絶対必要です。
価格は5Lで¥10,000,-です。
b0069507_6222564.jpg次はストロボです。
スイス製のブロンというメーカーのストロボです。ブロンのストロボは、日本ではシェアは高くはありませんが、特色のあるストロボを作っています。
私がアシスタントをしていた杉木スタジオには6000W/sのブロンのストロボがありました。当時としても、今でも強力なストロボです。
今日用意したのは、発光時間が短いストロボで、今回は1/7500秒という高速の発光で使用していました。
b0069507_7532088.jpg赤外線センサーです。
この道具2つの間を、何かが遮るとシャッターが切れます。
二つのセンサーが正対していないと、ちゃんと動きません。
電源として使う006Pというバッテリー、何か懐かしいです。
b0069507_758133.jpgセンサー調整中の岡安君です。
CANON 5D MkⅡ+SIGMA 180mm MACROでの撮影です。
今日、明日と撮影は続くそうです。

 ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-10-31 06:16 | 撮影 | Trackback | Comments(2)
1D MkⅣプロ向け発表会、CAPA入稿。10月29日(金)1953
 クリックよろしくお願いします。

b0069507_4443623.jpg午後、品川のキヤノンマーケッティングジャパンの本社で開かれた、Eos 1D MkⅣのプロ向け発表会に行きました。
プロ向けだけに、発表会自体はこぢんまりとしています。フォーカスはスポーツ写真に絞られていて、サンプル写真もスポーツを写した写真が殆どで、試写コーナーはスケートボードとBMXの為のハーフパイプが設置されて秒間10コマの連写とオートフォーカス機能の多様性、早さが試せるようになっていました。
今回の発表会のもう一つのポイントは、EOS 5DMKⅡで撮影したCMやプロモーションビデオに関する「コマーシャル フォト」誌関連のセミナーが開かれた事です。
フィルムからデジタルへの産業革命が一段落したら、次はハードウエアにおけるスティルとムービーの融合という第二の革命がせまっているようです。
Eos 1D MkⅣもムービー機能充実ですが、スティル撮影機能も奥が深いカメラです。使いこなすにはかなりの習熟が必要です。特にカスタムファンクションの設定で何通りもの使い方ができます。今回の発表会でもカスタムファンクションのガイドブックが配布されましたが「必携の書」かもしれません。キヤノンの最新のデジタル一眼レフカメラ、カタログを読めば(見ればではありません。)読むほど、テクノロジーの進歩は凄いという他ありません。
メーカーも我々のようなプロダクションもキーワードは「総合力」かもしれません。
発表会の帰りに、五反田のCAPA編集部で写真展プロモーションページの入稿作業。後はプリントを作るだけになりました。

 ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-10-30 04:55 | イベント | Trackback | Comments(0)
今日も食べ物です。10月28日(水)1952
b0069507_6522930.jpgWaffle Waffle(ワッフルワッフル)のワッフルです。
原宿のMASHmanagementの安野のお土産です。結構並んで買ったようです。
岡山市が発祥のWaffle Waffleのワッフル、初めて食べましたが、程よい甘さで美味しいです。
b0069507_732438.jpg
昼は、飲茶パーティーでした。各自のスケジュールを調整して今日になりました。頂いた飲茶セット、シュウマイ、餃子、ブタ饅をスタジオのキッチンで料理をしました。(一応、蕎麦ダイエット中です。トホホ・・・)
餃子を焼くのは「餃子マスター」の池嶋君です。

 ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-10-29 06:53 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
盆と正月 10月27日(火)1951
b0069507_6273527.jpg今日キヤノンギヤラリーで開催する写真展「Episode 鈴木礼央奈 禿恵の場合」の案内状と、作品掲載誌フォトグラフィカの別冊「スタジオ撮影&ライティングテクニック」が送られてきました。
「盆と正月」がいっぺんに来たような「めでたさ」です。(?笑)
「スタジオ撮影&ライティングブック」は当初の価格より若干高くなり、¥700円のランチ、4回分になったようです。決して写真の2次使用料を高くしてくれと言った訳ではありません。
写真展はもちろん無料です。おまけにCAPAの編集長のお話を聞けるチャンスがあるのですから大変お得な写真展です。

 ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-10-28 06:30 | イベント | Trackback | Comments(4)
平壌冷麺&牛込のピザ 10月27日(火)1950
 クリックよろしくお願いします。

プリント作業をしながらB級グルメです。
最近冷麺をよく食べます。麺のモチモチ感と歯ごたえがたまりません。酢を好みの量足してスープの味を調えます。
先週、ソウルに行ったときに平壌冷麺を極めようと、その名も「平壌麺屋(ピョンヤンミョノッ)」さんに行きました。朝鮮戦争の時に北から逃れて来た人が集まれるようにとつくったというのが、このお店、連日、現在の北朝鮮地方の出身者が故郷のなつかしい味を求めて集まるという、特に年配の方々に人気のお店だそうです。
b0069507_14305960.jpg
地下鉄東大門運動場駅の5番出口から徒歩3分とガイドブックには買いてありますが、ハングルが読めない私は店の前を通り過ぎてしまいました。お店の看板に書いてある電話番号とガイドブックの電話番号を照合してやっと差がしました。(写真・右)
左の写真は、大きな鋏で切った後の冷麺です。冷麺は日本蕎麦や中華麺に比べて、長いので鋏で切らないと食べにくいです。
b0069507_14531618.jpg左の写真は、やはり東大門市場にある「焼き魚横町」のオモニです。
今回は、食べる機会はありませんでしたが、次回はぜひ食べたいです。
焼き魚通りの外れにある、鶏なべ料理のタッハンマリ専門店がありますが、ここも是非行ってみたいです。鶏を一羽まるごとなので、人数が多くないと食べきれないようです。

b0069507_15163090.jpg
次は、東京 新宿区の牛込地区 中町のピザです。地下鉄東西線の神楽坂、大江戸線の牛込神楽坂から徒歩10分位の所にあります。
お店は「ラ・ヴォルパイヤ」、カルミネという人気イタリアンの姉妹店で、気楽に入れるピザ・パーラーみたいな感じです。長テーブルが並んだ店内は、近頃の大学のきれいな学食のようです。カップルでゆっくり食事という訳にはいきません。注文はキャッシャーでして先にお金を払う方式なので、なおさら学食のようです。メインのピザぜすが、お味の方はピザの平均レベルが上がった今となっては平均的です。
それより、嬉しかったのは、写真真ん中のトマト味では無いラザニアです。2人前で1700円一人で食べてしまいました。

 ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-10-27 14:22 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
記念すべき日。10月26日(月)1949
(業務連絡です。)今日の午前中は、APA・社団法人日本広告写真家協会にとって、記念すべき「時」になりました。先輩達が始めた計画が、本日実りました。

午後は、APAの理事会、その後、もう2つの会議。今日は3ヶ月に1度の1日会議の日でした。
プロが仕事の撮影で「写真は、楽しく」するためには「会議」も必要なようです。

楽しい日のお知らせです。
11月3日(火・祝日)横浜・こどもの国で開催される、キヤノンさんの撮影会の講師をします。
秋の1日、きれいなモデルさん相手に写真を楽しみましょう。

 ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-10-27 07:48 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
舞台撮影2回め。10月25日(日)1949
 クリックよろしくお願いします。

b0069507_640494.jpg夕方から劇団・唐ゼミ15回公演 唐十郎作「下谷万年町物語」の撮影2回めです。
今日は、公演3日めの本番中の撮影なので、ゲネプロでの撮影と違って後方の照明・音響効果コントロール室脇からの撮影です。
アシスタント時代、舞台撮影専門の写真家のアシスタントの友人がいて、日生劇場で撮影を手伝った事があります。その時、ビックリしたのは、何と4x5で撮影をしていた事です。
撮影は本番中の劇場後方のガラス越しの個室でした。芝居自体は役者さんが動き回るような芝居ではありませんでしたが、動きと動きの間の役者さんが止まって演技する場面を狙って写していました。「餅は餅屋」だと思いました。当時だって、35mmやブローニーサイズだったらエクタクロームのISO160のEHがありました。増感現像をすればISO320、粒子は荒れますが+2増感のISO640位まではいけました。それをISO64くらいの4x5で撮影していたのです。役者の演技を追う撮影ではなかったのですが、それでもビックリしました。
それに引き替え、今日はデジタル有効性を生かしたISO6400で撮影。EF70mm〜200mmにx1.4のテレコンを付けて手持ちで撮影しました。
4日前のゲネプロと違い、観客がいると役者さんの演技も違います。役者さんに当たるライティングも違っていました。
3時間の芝居を手持ちで撮影していたので、腕が痛くなりました。(体、なまっています!)

 ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-10-26 06:33 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
心が痛む。10月24日(土)1948
昼、葬式に出席。
仕事先のプロダクションの社長で享年55歳でした。
このプロダクションのNo2は女性で、私の大学の後輩になります。
昨年の夏前に某女優さんを撮影しましたが、その時には社長は元気でした。10月に後輩と地方にロケに行きましたが、その時に、何日か前に社長が腰に激痛が走り入院、結果は癌だったと報告を受けました。ロケ中に「冷たいようだが、会社の後継者はいるのか、No2は君だから何かあったら継ぐの?覚悟はしといた方がいいよ。」等と話しました。
その後、仕事で会うたびに様子を聞くと、調子の良いときには会社に出てきているとの話だったのですが、22日に訃報がFAXで入りました。
残されたのは、奥さんと障害のある19歳のお嬢さんがひとり。
広告・出版不況時の今日この頃、会社にはそれなりの借り入れがあるとの事で、中小零細企業の常として亡くなった社長が連帯保証人になっています。どうやら残された会社は整理も考慮中のようで、遺産相続をした場合に負債が資産を上回る事もあり得るので、相続放棄も視野に入る様子です。
悲しみとともに、現実は現実としてあります。
55歳は若すぎます。何があっても色々な事柄が決着する70過ぎまでは生きなくてはと、葬儀に出席したもう一人の男子後輩のプロダクション経営者としんみり話しました。
それにしても、残されたご家族の事、気になります。棺に蓋を閉めるときに、お嬢さんが小さな声で「ありがとう」といった声が心に残ります。 合掌。
by mash_boss | 2009-10-25 05:41 | 日常生活 | Trackback | Comments(3)
写真展 W打ち合わせ。10月23日(金)1947
 クリックよろしくお願いします。

b0069507_7382054.jpg午後、写真展の打ち合わせが2つ。
一つは、自分の写真展の打ち合わせで、銀座キヤノンサロン。
12月と1月の自分の写真展「Episode」でギャラリートークをCAPA編集長とする事になり、キヤノンサロン担当者の方と打ち合わせをしました。東京、大阪両方で開催します。
詳しくは、決まり次第お知らせします。

夕方からは、プロデユーサーの立場で写真展の打ち合わせ。
こちらは、原宿のMASH managementに所属する6人の若手ファッションフォトグラファーの写真展です。開催は来年の2月4日から、青山のGALERIA-Artsビル2F ギャラリー・プロモアルテで開催予定です。
こちらも、詳細が決まり次第お知らせします。

夜は、渋谷百軒店の博多・水炊き、もつ鍋屋さんでハワイから帰国中の友人を囲んで一杯。
慌ただしい、一週間が終了しました。それにしても、週末の夜の渋谷は凄い人でした。

 ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-10-24 07:49 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
デジタル再認識!舞台撮影。10月22日(木)1946
 クリックよろしくお願いします。

今日は、夕方から珍しい撮影でした。
それは、舞台撮影。12月と1月にキヤノンサロン銀座と梅田で開催する写真展「Episode」とそれに連動しているCAPA、12月号用に、モデルになってくれた禿恵みさんが出演している劇団・唐ゼミの「下谷万年町物語」のゲネプロを撮影しました。
唐十郎作の「下谷万年町物語」は'81年2月のパルコ劇場以来の28年振りの公演になります。
70年代後半から80年代は、日本の経済もまだまだ右肩上がりで、特に西武デパート、パルコは文化事業に力を入れていました。パルコ劇場は様々なバリエーションのイベントを開催して若者を集めていました。何せウッディー アレンをコマーシャルのキャラクターに起用し「おいしい生活」なんていうヘッドコピーでブイブイやっていました。
b0069507_722229.jpgデパートが文化に理解があり、お金をかけられたのも今は昔、バブル時代にはやった、企業のメセナなんて不況になったとたんに泡のように吹き飛びました。
28年振りの公演の理由は色々あるらしいですが、テントで公演する「前衛」劇団としては出演者、特に男娼役の人数が多く経済的にもなりたたない事もあるようです。貧乏時代の今、企業からの後援は望むべくもなく、あえて劇団・唐ゼミが自費で挑戦するというので、芝居の世界では話題になっています。
唐ゼミが28年振りの公演に選んだ地は「下谷」に近い、浅草花やしき。青テントの後ろにはラブホテルがそびえ立ち、近所のおばさん達から「うるさい」という抗議がでる、なかなかキッチュな場所です。

さて、舞台撮影は久しぶりですが、デジタルの便利さを、凄さを再認識でした。
フィルム撮影では苦労した、フィルム選び、露出なんかもチョチョイノチョイです。でも、さすが露出はオートではダメで、マニュアルで1/160、5,6前後でOKでした。CANON 5D MkⅡでISO6800で撮影しました。ISO6800でも充分なのに、先日発表されたNikon D3SやCANON 1D MkⅣは、何とISO102400までOKというのですから、想像を絶します。
こんご、舞台写真も新しい表現がでてくるでしょう。機材の発展は、表現を広げます。

 ランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2009-10-23 07:22 | 撮影 | Trackback | Comments(0)