<   2006年 06月 ( 46 )   > この月の画像一覧
6月29日(木)株主総会集中日
b0069507_493972.jpg今日は、上場企業の株主総会が集中する日です。
その昔、「総会屋」さん達がばっこしていた頃に、各社の株主総会を同じ日に開催すれば、総会屋さん達も、株主総会を掛け持ちする訳にもいかず、一社あたりの被害が少なくて済むという理由で、同じ日、同じ時間に開催するようになったとか・・・・
さて、株主総会とフォトグラファーも若干関係はあるのです。
MASHは、ある東証一部上場の会社の広報部の仕事を20年以上していますが、株主総会の日に、役員さん達のポートレートを撮影するのです。
今日も、朝10時にその会社の会議室にポートレート撮影セットを組み、株主総会が終了するのを待ち、午後一から役員さんを撮影しました。
お一人の撮影時間は、みなさんお忙し方なので、特設スタジオに来られてから、出るまで15分程度。この時間で、3ポーズ、それぞれ硬い表情、軟らかい表情を写さなければならないので、
集中力と慣れた撮影スタッフが必需品です。

役員さんなどの中壮年の男性ポートレーを撮影する時のTIPSをひとつ、ふたつ・・・
まず、撮影対象者の髪の毛の有る無しを事前に確認しましょう。→トップライトを調整する必要があります。
眼鏡の有無を確認しましょう。→特に、老眼系の眼鏡はメインライトが写り込み安いので、メインライトの位置を調整する必要があります。
軟らかい表情をつくるには・・・→おじさん達の軟らかい表情を、短時間の撮影時間で写すのは結構難しいです。その場合はゴルフのお話をしましょう。軟らかい表情が出ること請け合いです。

b0069507_4124381.jpg

撮影終了後、APA(日本広告写真家協会)の事務局に立ち寄り、MASHの事務所に戻ったら、注文していた家具が届き、ご覧のような状態に。
もうすぐ完成です。


ブログランキング参加中です。ここのクリックをお願いします。


by mash_boss | 2006-06-30 04:17 | 撮影 | Trackback(1) | Comments(7)
6月28日(水)浴衣の撮影。
b0069507_2181347.jpg陣中見舞いから戻って、17時から浴衣の撮影です。
モデルは、ニューハーフの、はるな愛ちゃんと、読者モデルの3人です。
世の中、ルールっていっぱいあるけれど、着物の撮影もルールが結構あります。
着物ばかり専門に写しているフォトグラファーならいざしらず、私のように、広告系雑食フォトグラファーにとっては、着物におけるルールは覚えきれるものではありません。
そこで、頼りになるのが着付けの先生です。
若い頃、振り袖のパンフレット等を結構撮影しました。その時の着付けの先生に、随分色々な事を教えていただきました。
私が、振り袖の撮影をしていた頃でも、着物はすでに「死にかけた文化」でした。あの頃、着物の問屋さんも随分つぶれました。それから、十数年、着物を取り巻く環境は一向に良くなる傾向はありません。
一つの文化が、一般の生活から消えようとしています。浴衣を撮影しながら、そんな事を考えていました。
b0069507_2251146.jpg
カメラの足下にモニターを置き、モデルさんがリアルタイムに撮影した画像を見られるようにします。モニターの前に鏡を置き、撮影している私もモニターの画像をチェックできるようにします。
b0069507_229325.jpgスタジオでの撮影は、ハレ切り(ハレーション切り)をしっかりします。
レンズにはフードが付いていますが、フードもハレーションンを防ぐためのものです。スタジオ撮影では、フードだけでは、ハレーションを防ぎきれないので、カメラ全体を被うようにして、ハレーションを防ぎます。
今回のライティングでは、生で使用しているトップライトからのハレーションを、フラッグでしっかり切りました。
現在の35mm一眼レフ用レンズは、コーティングも進歩し、レンズとボディーの内面反射もしっかりと押さえられているため、ハレーションは起きにくくなりましたが、それでもハレ切りはしっかりします。
ちなみに、ハレーションが起きやすいカメラは、ハッセルブラッドの500CM,500ELM等の古いカメラとレンズ群です。このカメラシステムを使用すると、誰でもハレ切りの重要性がわかります。

ブログランキング参加中です。ここのクリックをお願いします。


by mash_boss | 2006-06-29 02:38 | 撮影 | Trackback(1) | Comments(4)
6月28日(水)陣中見舞い
b0069507_1572233.jpg先週、私とMASHアソシエーツフォトグラファーの柏君で、地方の大きなスタジオに籠もって撮影していましたが、その第2シリーズが月曜日から始まっています。
今回は、MASHからは柏君と池嶋君、アシスタントとして金子君が参加しています。
今日は、その、陣中見舞いに私と飯島、矢野、三次の4人で行きました。
陣中見舞いの差し入れは、四谷の「若葉」の鯛焼きと「玉屋」の苺豆大福にしました。
b0069507_235147.jpg上が尻尾までアンコのつまった鯛焼きです。一つ80円。
下は、大きな苺の入った苺大福です。一つ210円と少々お高いですが、一度は食べて見る価値、大です。


ブログランキング参加中です。ここのクリックをお願いします。


by mash_boss | 2006-06-29 02:08 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(2)
6月27日(火)反復練習。
b0069507_643473.jpg今日で何回めになるでしょうか?
アメリカの週刊誌のヨーロッパ版に掲載するアドバトリアル用の撮影です。
この仕事のように、同じ撮影を、何回もするのは、アシスタント君を育てるのには最適です。
前回撮影した写真と同じものを写すというのは、絵画における「模写」と同じことになります。
撮影の結果は、一番最初に撮影した写真と同じ写真を2回目も、3回目も、それ以降も写さなければなりませんが、回をを重ねるたびに、、工夫をかさね、撮影セットも微妙に変化し、撮影時間も短縮されていきます。

b0069507_6565149.jpg微妙なハイライトを調整中の三次君です。
フィルム撮影で4X5を使用する場合などは、フォーカシングスクリーンを外し、ルーペで空中像を覗いて細かい調整をしたりしますが(この記述内容は非常に専門的です。)、一眼レフタイプのデジカメで撮影する場合はそうもいきません。ファインダーも小さいので、カメラの真ん前のレンズの光軸上に自分の目を持って行き、ハイライト等の調整をします。
それに、しても三次君、ふとったな~!

b0069507_7242623.jpg三次君を太らせる原因の一つがこれ、パンクレインのジャンボハンバーグ、340グラムです。
この大きさのハンバーグに、ライスとスープがついて¥850円。
値打ち感があります。

私は、19時からエキサイトの新しい仕事のために、銀座で打ち合わせがあったので、最後のカットは三次君にまかせて、中途離脱。こういう事ができるのも、三次君が育ってきて、クライアントからも信頼を受けている証で、嬉しい限りです。)
飲みながらの、打ち合わせで、話も順調にすすみ、美味しい焼酎をつい飲み過ぎてしまいました。
深夜に帰宅後、ブログの更新もせずに、爆睡してしまい、気がつけば朝でした。
ブログランキング参加中です。ここのクリックをお願いします。



by mash_boss | 2006-06-28 07:36 | 撮影 | Trackback | Comments(6)
6月26日(月)連続打ち合わせ。
b0069507_237741.jpg月曜日はミーティングから、始まります。
MASHは小なりと言えども組織です。月曜日の9時半から、今週の一週間のスケジュールについての確認、機材の状況、営業からの報告等をします。この時ばかりは、私も社長さんになります。
さて、今日はMASHのミーティング以外にも、打ち合わせの多い日でした。
11:00~12:00まで、恵比寿ガーデンプレイスにある、エキサイトで、写真のMさんと新しい企画についての打ち合わせ。
14:00~15:00まで、アメリカでドキュメンタリーの仕事をしていた、29才の日本人フォトグラファーF君と飯島君を交えて、今後のプロデユースについて、ブックの作り方、スケジュール等を時間軸をしっかり決めて、3人で打ち合わせ。
「今度とお化けは出た事が無い」というのが、私のモットーで、物事をするには時間軸をしっかりさせて、行動しなければタイミングを逃します。
16:00~16:30まで、D200と18~200mmの修理を依頼しながら、Nikon販売のプロ担当のMさんと「チョット」打ち合わせ。
D200と18~200mm、先日酔っぱらって帰る途中、鉄板に軽く足を滑らせ、レンズの先端部分から落下、レンズフードが割れてクッションになってくれたようですが、オートフォーカスが効かない、焦点距離があったり、ズームをするとピントがずれる、バリフォーカルレンズ状態になってしまいました。点検の結果、ボディーは無事でしたが、レンズはNG、入院となりました。
17:00~18:00まで、明日撮影の製品を届けてくれた、米国系ビジネス週刊誌の広告部のNさんと、打ち合わせ。若干遅刻してしまいましたが、三次君が変わってしっかり打ち合わせをしてくれたので、私は殆どする事がありませんでした。
打ち合わせ後、Nさんが先週行った、アメリカのバーモント州で写してきた写真をMacで見ながら歓談。
19:00~22:30まで、締め切りのせまった原稿のための画像データ整理・・・
やっぱり、写真写している方が、ズーット楽しいです。

ブログランキング参加中です。ここのクリックをお願いします。
by mash_boss | 2006-06-27 03:24 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)
6月25日(日)シリーズ重い写真3・べ平連
b0069507_0251497.jpg時は1971年2月6日、東京は赤坂見附の弁慶橋を渡ったところにある、清水谷公園です。
この頃、毎月第一土曜日にべ平連(ベトナムに平和を市民連合)の定例デモが行われていました。
べ平連は作家の小田実氏らが主催する、市民団体の反ベトナム戦争の市民組織でした。
べ平連の定例デモは、反戦平和の意志さえあれば、一人でもさんかできるデモでした。
でも、やっぱり日本共産党系の人は来ませんでした。
この日は、アメリカの北爆開始6周年とラオス侵攻に反対するデモでした。

b0069507_0371398.jpg

通常は、比較的にのんびりしているデモなのですが、この日はヘルメット姿の、学生、高校生も参加して、チョット過激な雰囲気です。ジグザグデモ有り、フランスデモありでした。

b0069507_0405560.jpg
デモのコースは、清水谷公園ー赤坂見附ー溜池ー新橋ー数寄屋橋ー土橋というコースでした。
b0069507_0431252.jpg

数寄屋橋付近です。SONYビル、東芝ビルは今も変わりありません。
b0069507_0444772.jpg
我々敵のひとつ「私服」です。
彼らもカメラを持ち「証拠写真」としての写真を撮影すべく、我々にカメラを向けます。
我々も負けずに彼らを撮影します。当時、新潟地裁で「公務中の公務員は肖像権は無い。」という判決が出て、多に勇気づけられました。
「写真」は使われ方により、色々な意味を持ちます。


ブログランキング参加中です。ここのクリックをお願いします。

by mash_boss | 2006-06-26 00:51 | 写真世界等々 | Trackback(1) | Comments(4)
6月25日(日)来週の今日は・・・・
b0069507_4421567.jpg来週の今日は「ヨドバシカメラ主催第17回よみうりランド大撮影会」です。
Mash-bossも講師として3回めの参加です。
2~3日前にブロガーさん達の間でも、この撮影会について盛り上がっていました。
人気ブログランキング、ダントツトップのすずちゃんも参加とかで、今年も大盛会間違いなしです。
プロが参加する撮影会も珍しいですよネ!でも、その気持ちわかります。私も、他の撮影会に参加したいと思う事もあります。写真を楽しむには、プロもアマも関係ありません。
大きなスタジオで、Very Professionalな撮影をしたり、お料理の撮影をしたり、タレント使用の広告写したり、グラビア写したり、コマフォトに作品載せたり、社長のポートレート写したり、ファッション写したり、撮影会指導したり、いったい私は何なのでしょうと、時々思います。まあ、楽しければいいか!?ちょっと横道にそれました。

さて、初めて参加する方にいくつかアドバイスです。
当日晴れたら、メチャクチャ暑いです。太陽とプールサイドの地面からの照り返しで、日焼け間違いなしです。帽子、サングラス、飲み物忘れずに!
当日、雨が降ったら、ずぶ濡れ間違いなしです。着替えを忘れずに。(幸いな事に、私が参加した、過去2回は快晴でした。)
チャンと撮影する気の方は、35mm換算で200mmくらいの明るい望遠系は必需レンズです。
メーカーさんも沢山参加しテントを出します。運転免許書があれば、機材を借りる事ができますので、おおいに利用してください。
みんな、待ってるよ!

楽しい撮影会にしましょう。ブログランキング参加中です。ここのクリックをお願いします。

by mash_boss | 2006-06-25 05:09 | イベント | Trackback(3) | Comments(13)
6月24日(土)リフレッシュ
b0069507_0113582.jpgブログランキング上位の常連、Sudiさんが推薦していた、マイケル・ケンナ写真展を見に、エビスガーデンプレイスの東京都写真美術館へ・・・・
3日間、スタジオに籠もっていて、撮影シチュエーションは決められていますが、他の大がかりな撮影とは全く違い、表現は自由に撮影させてもらったのですが、それでも、ライティング機材をこねくり回しての「太陽は一つ」でした。そういう意味で、本物の優れた写真で、気分をリフレッシュしたくなりました。
「何も足さない、何も引かない」のほんとうにステキな写真展でした。
ただ、思ったのは、こういう写真、残念ながら日本人には写せないのではと思いました。ちょうど、ヘルムート・ニュートンのモデル写真を、日本人が写せないのと一緒です。
ハッセルのスクエアな画角と、モノクロのきれいな、深みのあるプリントを見ると、フィルムと印画紙はオリジナルプリントの作品の為にあるのだと確信しました。
また、会場で上映していたHalf・Lightというムービーのなかで「風景写真はフォトグラファーだけがつくるものではない、風景との協同作業です。」見たいなコメントをケンナが言っていましたが、全く同感です・
私のもう一つのブログ「Toward the Landscape」も、風景からの声が聞こえた時に写真を写す事を大前提に写した写真を載せる事にしています。ケンナみたいなステキな写真を写す人と発想が共通する点があるなんて、単純に心強く思いました。
写真展の会期、明日、25日(日)までです。10分でも時間があったら、見に行かれる事を強くお奨めします。
オリジナルプリント、本当に力強いです。ブログランキング参加中です。ここのクリックをお願いします。

by mash_boss | 2006-06-25 00:04 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(2)
6月23日(金)ただいま。太陽は一つでした!
b0069507_642983.jpg3日間の、缶詰撮影からかえってきました。拘束時間は、3日間で48時間くらいになりました。
今回の、最大の収穫は「太陽は一つ」の撮影を実践できた事です。
よく、仕事で撮影をするときに「太陽は一つ」と言われますが、実際に撮影にはいると、色々気になり始め、太陽は一つどころか。沢山になってしまいます。
また、若い頃、ライティングができるようになると、ライトをたくさん使うのが楽しくなって、必要以上にライトの数が多くなります。商品撮影が好きなフォトグラファーは、、単品切り抜き撮影等では、自分流の多灯ライティングを生み出し、ズーッとそのまま行くようです。
私のような、気の多い、雑食広告系フォトグラファーは、この歳になると「枯れる」とか「わび」「さび」(ちょっと、大げさです。)を求めるようになります。シンプルにシンプルにです・・・
「太陽は一つ」を求めるようになります。
CDやADも同じようです。若いCD,ADは写真撮影のディレクションをするにしても、自分の形にはめようとします。
でも、ある程度ベテランで、できるCD,ADでクライアントの信頼があるディレクターは、私達フォトグラファーを解き放ちながら、最後は自分のものにしていきます。見事です。
今回の撮影で、CDとの合意は「自然光風で、ドキュメンタリー風に。」これをスタジオで追いかけた結果「太陽は一つ」になりました。
昔、サントリーのウイスキーのコピーに「なにも足さない、なにも引かない」という見事なコピーがありました。
ライティングにも、あてはまる言葉です。

ブログランキング参加中です。ここのクリックをお願いします。

by mash_boss | 2006-06-24 06:54 | 写真世界等々 | Comments(6)
6月22日(木)事務所が大変・・・
b0069507_13431284.jpg
Bossが出稼ぎにいっている間に、事務所が大変な事になっているらしいです。
今、事務所リニューアル中なのですが、うるさいのがいないうちに、デスクの大移動となったと、飯島君から画像が送られてきました。
月曜日、出社したら、私の机はあるのでしょうか・・・・
ブログランキング参加中です。ここのクリックをお願いします。元気がでます。<
by mash_boss | 2006-06-23 13:58 | Trackback | Comments(0)