カテゴリ:撮影( 706 )
その昔… Polaroid 20x24   5月16日(火)  6044

b0069507_20231458.jpgこんな写真が出てきました。
時は1980年代半ばだったと思います。
当時、MASHでは世界に数台しかなかった、ポラロイド20x24カメラを預かっていました。
アメリカのポラロイド本社の色々なプロジェクトに協力しましたが、この記念写真もそのひとつ。
ニューヨークの女性フォトグラファー サンディー フェルマンが日本の刺青に惚れ込み、ポラロイド20x24(フィルムサイズ50Cmx60Cm)で撮影するプロジェクトでした。
3年程だったと思います。協力しました。
毎年、2~3週間東京に滞在、MASHのスタジオで撮影したのですが、ご覧のように刺青の人達がたくさん来ました。女性もいました。
その撮影時期には、事務所部分に撮影待ちの刺青の人がゴロゴロしていたので、異様な雰囲気でした。
撮影は彫り師事にグループ分けして、日が重ならない配慮をする必要があったようです。
刺青の人達の職業は、ジャズメンや不動産王者や香具師、とび職、そしておヤクザがかった人等様々でした。
レンズは製版レンズを改造した600mmと890mmだったと思います。
ストロボは、この撮影では15000Ws位をメインライトとして使いました。
この仕事で、日本の刺青の世界を少しですが、知りました。深いです。東大医学部には刺青標本があるようです。
最近は彫り師には医師免許が必要とかで、摘発が相次いでいるようです。
このプロジェクトで困った事は、フォトグラファーのサンディーが、ベジタリアンだった事でした。魚は食べるベジタリアンだったので、一緒に食事する時は、居酒屋にいったり、インドカレー屋に行ったりしました。
ベジタリアンのイメージはスレンダー。でも、ちょっと太めの彼女でしたが、その後、彼氏と別れてベジタリアンを止めて普通の食生活に戻ったら痩せたそうです。そんなの有りですか?
ちなみに、私は前列右端です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。
by mash_boss | 2017-05-17 07:30 | 撮影 | Trackback | Comments(2)
今日は2009年が中心・・・   4月29日(土・祝)   6027

本日は、月1回のAPA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブデーでした。
広告写真は消費される写真です。我々の先輩、同僚が撮影した写真を使ったポスター等の広告作品は、我々フォトグラファーがアーカイブしなければ残りません。
「広告は時代を写す鑑である。」現在リニューアル休館中の東京汐留のアド・ミュージアム東京に掲げられていた言葉です。
我々が制作に協力した広告作品は、時代を経るとそれを制作した時代の様々な情報を得る元にもなります。その情報は、今の我々には想像もできないものかもしれません。
APAは日本の広告写真のアーカイブをつくり、我々の歴史を記録するとともに、将来、広告写真を目指す若い人達や広告を研究する人達の役にたちたいと思います。
その、第一歩が広告作品の複写によるデジタル化です。
デジタル化したオリジナルポスターは、写真の町・北海道・東川町が保管をしてくれます。
コマーシャルフォト誌の協力で2012年9月から開始したこの作業、これまで3600以上の作品をデジタル化し、3400以上の作品を東川町が収納してくれました。

b0069507_3135959.jpg本日は、長尺デーでした。
デジタルになって、印刷ではなく大判プリンターを使った「出力」といわれる、プリントによるポスターが作られるようになりました。
印刷ですと、印刷機と印刷用紙の制約で印刷できる大きさの規格は決まっていますが、プリントだとその自由度は高まります。
大判プリンター用のロール紙を使った長尺ポスターが、2000年代の初期の頃からでてきました。
長尺ポスターの複写には、人手が必要なので通常は避けているのですが、今日は参加者が多かったので、たまっていた長尺ポスターの複写をしました。本当は長いポスターを切らずに撮影したいのですが、撮影装置の都合上、B倍サイズに切って撮影するしかありません。
写真は、本日一番長かったポスターです。B倍4枚分、1.03mX5.824mのポスターです。
b0069507_412653.jpg撮影順番待ちのポスターです。
本日は2009年のポスターが中心です。
最初は、デジタル化したポスター類は捨ててしまう予定でした。ところが、作られた年代や技術で「紙」といっても多種多様で、オリジナルを残す必要性を感じました。
特に「出力」用紙は、紙の厚さ、光沢、マット、半光沢と様々です。
問題は、オリジナルを保存する場所です。そこに名乗りをあげてくれたのが、北海道の写真の町・東川町でした。
b0069507_49552.jpgAPAが既製の製品を改良してつくったB倍複写装置です。
ホワイトボードのように見えますが、静電気で紙が貼り付くようになっている装置です。
静電気だけでは貼る力が弱い場合は3Mの両面テープ 561Wの力をかります。
本日は88枚をデジタル化しました。
b0069507_4235410.jpg作業をするとお腹が空きます。
お昼は、いつも近所のバーミヤン。
本日は、4月13日〜5月10日限定の「しっとり赤身のローストビーフまぜそば」をいただきました。
これで税抜¥799,- 満足です。ついでにビールも飲んでしまいました。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


by mash_boss | 2017-04-30 07:14 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
お勉強 4月7日(金)6004

b0069507_5483020.jpg今日は、撮影が無いのでアシスタントの堀内が、自習です。
昨年の12月に、前任の長井君の後任で入社した、堀内は農学部で造園を学び社会人になり、写真の道に入ってきました。
アシスタントになり4ヶ月、見るとやるとでは大違い。
実際に撮影をすると、アシスタントの仕事もグンと成長します。
前任の長井君は、この4月から故郷の大阪でフォトグラファーとして活動を始めました。
b0069507_6545867.jpg18時からは、今日から新宿エプサイトギャラリーで始まった、JPS・公益社団法人日本写真家協会とエプソンの共同企画写真展「第2回JPS会員によるプリント競演展 我が絶景」のオープニングレセプションに出席しました。
「2年目の今回は統一したテーマに基づく作品創りを6人のJPS会員作家が自ら制作したプリントと共に披露します。 JPS会員作家が捉えたそれぞれの「我が絶景」をご覧下さい。」という写真展です。

会場:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階
会期:2017年4月7日(金)~4月20日(木)10:30~18:00
(最終日は14:00まで)
休館日:日曜日
b0069507_6555553.jpg今日の桜です。
写真展2次会で行ったライオンの期間限定・桜ハイボールです。
ハイボールの中に、桜の花が入っています。
日本人、桜好きです。かくいう私も桜、大好きです。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


by mash_boss | 2017-04-08 07:02 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
一生に一度の写真  4月3日(月) 6000

b0069507_04251689.jpg
今日は、一生に一度の撮影です。
といっても、撮影する方では無く、される方の話。
新入社員集合撮影です。TVのニュースでも、入社式を扱っていますが、フリーランスフォトグラファーの時から、色々な撮影でお世話になっている会社の新入社員の撮影をしました。
いつもの道具立てにプラスして、本日は「ひな壇」を用意しました。集合写真撮影の時に使うアルミ製の足場の事を「ひな壇」といいます。写真の一番右に写っているアルミ製の物が組み立て式「ひな壇」です。ダンボールの中にも「ひな壇」が入っています。
新入社員集合撮影は、広告系のフォトグラファーにとっては結構緊張する撮影です。なんといっても、一生に一度の撮影を任されるのです。広告系の撮影は、どうしてもという時には再撮も可能ですが、新入社員集合撮影は再撮は無理な話。撮影自体は難しい方ではありませんが、大切な撮影です。心を込めて、シャッターを押しました。撮影は、もちろんデジタルです。

この撮影がデジタルになったのは、2006年からです。当時のカメラはCanon5Dでした。今日のカメラは5D Mk Ⅳです。
デジタルになり、その場で写っているかいないのかが確認できるので、そこで一安心。複数枚撮影するので、目つぶりがあっても首の挿げ替えができるので、ここも安心。デジタル万才です。

さて、本日でエントリーナンバーが6000になりました。
このブログを始めた日時は、今となってははっきりしないのです。エキサイトのブロガーさんの写真コンテスト審査員をやって、初めてブログを知り、自分でも始めたので、たぶん、2004年位だったと思います。
ブログランキングに参加したのが、2005年2月18日
エントリーナンバーを記入し始めたのが2007年3月10日。1000番から始めました。ブログが世の中に登場する前から、MASHのウエッブサイトで「撮影日記」というのを掲載していました。このブログの一番古いエントリーは2001年なのですが、エキサイトブログの制約で2001年より前は掲載できなかったので、その前の「撮影日記」のブログへの移植は諦めました。その日記も入れて、1000位という事で始めの番号を決めました。

エキサイトブログを初めてからの訪問者数は3月31日現在で3,607,526 3月の1日あたりのPVは1,373です。
これからも、よろしくお願いします。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。


by mash_boss | 2017-04-04 07:26 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
Car code. 人は見かけで・・・  3月10日(金)   5976


b0069507_722466.jpg「人は見ためが9割」なんていう本がありますが、今日の撮影は、ジーンズNGの撮影。
撮影場所は、大手町のオフィスビル。
撮影で色々なビルに行きますが、ビルの品格の判断のひとつに、駐車場があります。
駐車場に車寄せがあるビルは、ある種のラインを越えているビルです。
こういうビルは、かなりの確率で駐車場案内係の人がいたりします。
今日のビルもそうでした。
そんなビルに行く時は、車は重要です。
いやな思いをしたくないならば、黒塗りのレクサスかクラウン等で行く事のが一番ですが、フォトグラファーはそんな車には、ほど遠いです。
結構な確率でいやな思いをするのは、あちこちぶつけたあとのある、MASHのハイエースのようなワンボックス行くこと。
同じ背の高い車でも、黒塗りのピカピカに磨いてある高級ワンボックスや1.5ボックスなら違うようです。
今日行ったビルの地下駐車場は、時間貸しの駐車場なのですが、地下駐車場入り口にすでに係の人が・・・
入ろうとしたら、慇懃無礼チックに「こちらはXXビルの駐車場ですが・・・」と確かめられました。
大手町、丸の内等のオフィスビルの駐車場係の人達にとっては、黒塗りのレクサス、ベンツ、クラウン、シーマ、アルファード、エルグランド等がスタンダードで、あとは「怪しい」車とおもうようです。
ポルシェやフェラーリで行っても、不審に見られるでしょう。
人は車でも、判断されるようです。
今日は、独断と偏見のエントリーでした。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-11 07:53 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
紙は大切。 2月17日(金) 5957


今日は、東京では春一番が吹きました。が、私は8時から17時まで室内にいたので、全くわかりませんでした。春一番、私の世代ではキャンディーズです。(古いです。)今の人は「いきものがかり」や「ゆず」でしょうか?
さて、時々このブログではロケの機材や、道具立てをご紹介していますが、その中に入っていないのが「紙」です。
何に使うかはわからないけど、当たり前のように持っていくのは、白ケン、黒ケン、グレーケン、トレペです。
ケンとはケント紙の事、トレペとはトレーシングペーパーの事です。
b0069507_5502246.jpg今日、その当たり前のように持っていく紙類が役にたちました。
恥かしながら、本日のロケ、70~200㎜のレンズフードを忘れました。
アシスタント君が前日にロケ機材を用意して、本日の朝、ロケ出発前にチェックしたのですが70~200㎜のフードが入っていないのを見落としました。
そこで、持って行った黒ケンで急きょフードを作りました。
今日のアシスタント君は、入社して3か月弱。ある程度のロケ準備はできるようになったので、前日の夜に準備をさせて、ロケの朝チェックするのですが、レンズにフードは当然と思っている私と、フードの重要性がまだわからないアシスタント君とのズレが原因。落とし穴です。アシスタント君のこの時期は要注意です。
b0069507_6123337.jpgさて、もうひとつ紙が役にたちました。
今度は、白ケンです。
今日の撮影は、会議室にスタジオセットを組んで撮影するのと、クリップオンストロボで動きを追う撮影でした。
動きを追う場所の天井の半分が白で、半分がグレー。白の部分で天井バウンスで撮影、グレーの部分は使わない予定でしたが、バリエーションを増やすため、急きょ使用する事になり、白ケンで反射板を作りました。
地明かりは、ISO1600にしても1/60 F4.5の明るさ。クリップオンの発光量を-1~1.5くらいに設定すると、きれいに写ります。
ところで、Eos 5D MkⅣ+パワーグリップ+24~105㎜+600EXの合計重量は約2.8Kg。これを30分ずつ5回、計2.5時間手持ちで撮影すると、いいトレーニングになります。
b0069507_72040.jpg本日のおまけカット。
小道具に使ったデジカメで、モデルさんが写してくれました。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-18 07:21 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
ジーンズ系禁止  2月8日(水)5948


b0069507_236207.jpg今日は、明治記念館で開催されたシンポジウムの撮影でした。
ちょっと、お堅いシンポジウムなので「ドレスコード」有でした。
ジーンズ系のパンツNG、スーツまでは必要ないですが、ジャケットは必要でした。
「ドレスコード」付き撮影、企業のトップ等の撮影の時はよくあります。本心は、動きにくくちょっと苦手です。
本日も撮影しながら、勉強できました。そして耳に残った事。
「世界の都市のなかで、危険度断トツ世界一は、二位のロサンゼルスを大きく引き離して東京。理由は簡単、今後30年に震度6弱以上の大地震が起きる確率の高さ。」
「2100年には、日本の人口は6000万人。これは、大正時代と同じとか・・・ でも、大正時代の人口は子供が多い6000万人。2100年の6000万人は老人の多い6000万人。」
「今後10年で、日本の零細企業の30%が無くなる・・・ 原因は跡継ぎ問題。」
大丈夫かな~ 近未来の日本。思っているよりヤバイかも。
撮影が終わり、振り返った明治記念館の上にはお月様が…
「菜の花や月は東に日は西に」はもう少し後の季節の句。でも、12月に比べて日没は1時間近く遅くなっているし、春は確実に近づいています。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-09 07:21 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
楽しい撮影。楽しくないお値段。 1月31日(火) 5940


b0069507_1251398.jpg今日の撮影は楽しい撮影でした。
フォトグラファーですから、基本的には撮影は楽しいのですが、その中でも「超」楽しい撮影があります。
本日の撮影は「超」の部類でした。
お付き合いの長い編集者が担当するムックの表紙と扉の撮影。
先週編集者と打ち合わせ、その内容をスタイリストさんに話して、スタイリストさんのセンスを加えて小道具を集めてもらい、本日、自分でディレクションし、ライティングのプランを作り撮影。
雑誌撮影で、ADやデザイナーがいないので、モニターで、その場で編集者が判断してくれるのでストレスフリー。
イメージ2カットを4時間で終わりました。
ムックのサイズはA4変形ですが、EOS 5DMkⅣ 3000万画素で撮影。
レンズは、被写体の変形を少しでも少なくするのと、ボケが欲しいのでレンズはSIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM、画像処理+現像はC1 10。本日の撮影は珍しくPhotoshopは使用せず、レタッチも無しの、フィルムライクな「レンズ前」勝負の撮影でした。
こういう撮影は、フィルム時代のテスト現像、本番指示、現像上がり待ちもなく、撮影現場で結果がわかるデジタルの撮影の方が、時間もコストもかかりません。
急ぎなので、撮影した2カットにバリエーションを加えた8枚の比圧縮、8bit TIFF adobiRGBデーターをDVDに焼いて、編集者に渡して終了でした。手離れ最高です。
b0069507_211124.jpg楽しい撮影の後は楽しくないお値段です。
撮影が終わり、池嶋君がブロンカラーのヘッドのヒビが入った通称パイレックスという、発光チューブを保護する耐熱ガラス製の部品交換。
以前の撮影で、どういう訳かヒビが入ってしまったのですが、本日部品が届きました。
通常ヒビが入る事が無い部分なのに、どうしてかヒビが入りました。
そのパイレックスのお値段が、なんと ¥20,000,-です。!
大型ストロボのマーケットは、どのくらいあるのでしょうか?
例えば、カメラショーの2016CP+の入場者数が6万7,792人、写真館がメインターゲットのPHOTONEXT2016の入場予定者が20000人です。
写真館が中心の写真文化協会の会員数が約2900人、APA・日本広告写真家協会の会員数が約800人、JPS・日本写真家協会の会員数が約1600人・・・(複数の協会に入会している人もいます。私もそうです。)
そのほかレンタル機材屋さん、レンタルスタジオを含めても、日本の大型ストロボのマーケットは、モノブロックを入れても、大きく見積もっても3万台くらいでしょうか?根拠の無い推測です。(そんなにあるかな~) 
更にその中でも、高額なブロンカラーやプロフォトになると、全国で数千台くらいかもしれません。
新しいモデルが、そのマーケットに普及し終わってしまったら、後は長い間隔の買い替え需要、修理や部品代で稼ぐしかありません。部品代、修理代が高くなるはずです。
昔の外車の商売のようです。
さて、この写真はテスト撮影を兼ねて、昨日紹介したクリップオンストロボ、NisshinのDi700Aを天井バウンス、右側の襞のある背景部分は、同調させたトキスターのモノブロックストロボで照明しました。
カメラはPEN F、レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROで撮影です。
Di700A合格です。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-01 07:23 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
 アーカイブ撮影   1月21日(土)   5930


b0069507_9103464.jpg本日は、月1回のAPA・公益社団法人日本広告写真家協会のアーカイブ作業日でした。
いつもと違うのは、昨日のAPA会議集中日と賀詞交換会に出席した北海道、東北、中部、関西、九州の支部長と関西の在住の理事2人の7人が参加してくれた事です。
九州支部長を除いては、午前中の参加でしたが人数が揃うと、スピードがぐっと上がります。
b0069507_9291573.jpg今日は、2009年、2010年のポスターをデジタル化。全員フォトグラファーなので、ポスターには興味津々。
首都圏でしか見られないポスター類も、多くあるんだと東京の私は再認識です。
また、ポスターの実物を見て、触る事で紙質や印刷の違いをわかってもらえました。
b0069507_954388.jpg連貼りのポスター類で、順番が難しいポスター類の並べ方は、AD出身の会員フォトグラファーに、ADの目で順番を説明してもらいました。

多くの支部長、理事に集まっていただき、アーカイブ作業を理解いただけて嬉しい一日でした。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-22 10:18 | 撮影 | Trackback | Comments(0)
THE 商品撮影。  1月12日(木)   5921


b0069507_5304694.jpg 今日のタイトルに「THE」を付けたのは、久しぶりにビューカメラを使って撮影をしたからです。
デジタルカメラでの撮影になって、ビューカメラの出番が少なくなりました。
フィルム時代、なぜビューカメラを使ったのか?
その訳は
・アオリで水平垂直がだせる。
・アオリでピントを調整できる。
この2つが必要なのは、主に商品撮影と建築撮影。
デジタルになり、水平垂直はフォトショップで、ピントはピン送りソフトや、カメラによってはカメラ本体でも可能になり、ビューカメラの出番が少なくなりました。
そして、35mmフルサイズデジタルカメラの画素数が多くなり、ますますビューカメラの出番が少なくなりました。

今日は、ちょっと訳ありでビューカメラの代表ジナーPで、久しぶりに撮影をする事になりました。
b0069507_5561796.jpg今日使用した、デジタルバックLeaf Aptus-II7です。
画素数は3300万画素。画素数だけなら、NikonD810 やCanon 5DS,Sony α7RⅡ、α9Ⅱ,PENTAXK1等より少ないのですが、画像素子サイズは36mmx48mmで35mmフルサイズに比べて面積は2倍になります。1つの素子の大きさが7.2μと大きく、撮影感度もISO50です。これが良い画質を生み出す元です。
ちなみに、ケースはペリカンです。
b0069507_6251062.jpg本日使ったレンズは4x5用のNikkor150mm 5.6です。
このケースの4x5用レンズは、75mm,90mm,110mm,135mm,150mm,210mm,240mm,300mm,のNikkorが揃っています。
今となっては、流行言葉で言えばフィルム時代のレガシーです。
b0069507_6352533.jpg今日のセットは、ひとつの商品を6方向から撮影するので、光は回しめのセットです。
ビューティーディッシュも商品撮影に使えるのです。
b0069507_6403122.jpg今年から、Mac用のテーブルが新しくなりました。
左のEIZOのモニターがメインのモニターで、こちらで作業をおこないます。右のiMacのモニターはサブモニターでツールパレットを置きます。
椅子は通常1つです。デスクの下の棚には、無停電電源装置があり、誤ってコンセントが抜けたり、めったに無いですが停電になっても保存していないデーターが飛ばないようになっています。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-13 07:30 | 撮影 | Trackback | Comments(0)