カテゴリ:写真展( 303 )
TOP MUSEUM(都写美)3月18日(土) 5984 



b0069507_7421114.jpg今日は、久しぶりに恵比寿のTOP MUSEUM・へ行きました。
2年間にわたる大規模改修工事を経てリニューアルオープンしたのが昨年の9月。その時、東京都写真美術館の英語表記 TOKYO PHOTOGRAPHIC MUSEUMからTOP MUSEUMになりましたが、まだなじめません。
b0069507_8284875.jpg本日、拝見したのは地下の展示室で3月19日まで開催中の、私が所属するAPA 公益社団法人・日本広告写真家協会の「第45回公益社団法人日本広告写真家協会公募展」と「第8回全国学校図工・美術写真公募展」と2Fで5月10日まで開催中の「山崎博 計画と偶然」(総合会館20周年記念展)です。
APAの写真展は3部構成で実際の広告作品のコンテストと、課題が「美」の写真作品部門のコンテスト、それにダンスが授業に取れ入れられたように、写真を小学校・中学校の授業に取り入れられるよう始めた運動のコンテスト「第8回全国学校図工・美術写真公募展」です。
どれも、面白いコンテストですが「第8回全国学校図工・美術写真公募展」の小学校中学校の児童・学生の発想の面白さ、柔軟さは特筆ものの面白さです。ご紹介が遅れて、残念ながら本日の17時までです。
「山崎博 計画と偶然」(総合会館20周年記念展)は、これもまた面白いです。
コンセプチュアルアートとしての写真を楽しめます。
山崎さんとは、ポラロイド20x24のプロジェクトでご一緒した事があります。その時も、今回展示している作品のシリーズを大きなポラロイド20x24カメラで撮影されていました。
b0069507_9143489.jpgTOPミュージアムの前にはキヤノンギャラリー銀座で開催中の「横山将勝写真展:CROSSINGS」
キヤノンギャラリーにしては珍しく、コンセプチュアルな写真の写真展です。
横山君には、以前パートタイムのアシスタントとして手伝ってもらった事があります。
こんな、作品を撮っていたんだとビックリです。
この写真展は、24日まで。
いつもと違う写真が、キヤノンギャラリーで見られます。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-19 09:27 | 写真展 | Comments(0)
いつも元気な山岸さん。 3月17日(金)5983  



b0069507_2422087.jpg今日は、13時から17時までAPA・公益社団法人日本広告写真家協会の会議集中日でした。
会議が終わり、頭も肩もコリコリになって向かったのは、新宿オリンパスギャラリーのフォトグラファー山岸伸さんの写真展「瞬間の顔 Vol 9」のオープニングレセプション。
山岸さんのパワフルさには、いつも頭が下がります。
山岸さんとお近づきになったのは、亡きボス長友健二さんを通してでした。もう四半世紀前になります。長友さんからの、弟子たちに山岸伸という元気なフォトグラファーがいるぞ、お前たちも頑張れ!というメッセージでした。そんな山岸さんが、慢性骨髄性白血病をカミングアウトして8年。その他の病気もかかえ、自分で病気のデパートなんて言いながら、人を元気にさせるパワーを周りに発射し続ける山岸さんって本当に凄いです。
残念ながら、別の約束もありレセプションは少し早めに失礼しました。
山岸さん、今年もヨドバシ撮影会よろしくお願いします。
b0069507_36374.jpgレセプションを抜け出して向かったのは、人形町の人気フランス家庭料理のお店「シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール」。
年に2回程のペースで開かれる、お世話になった、昔のクライアント旧日本ポラロイドOB・OGの何人かとの食事会。今も、同じ写真業界のメンバーもいます。
ハワイ在住の姉御的OGが日本に帰ってきた時に開かれます。このお店での開催は2回めです。
始まりの時間より40分程遅れての参加。お腹ペコペコで頼んだのは熱々のエスカルゴ。
なんでも食べて、特別な好物はないと自分では思っていますが、エスカルゴは好きなお料理です。
若い頃、サイパンにロケに行った時に大きなカタツムリがたくさんいて、これって食べられるのかな~ と思ったので、エスカルゴ結構好きなのかもしれません。
エスカルゴを食べた後に、残ったガーリックの効いたソースをバケットに染み込ませて食べるのは最高です。
b0069507_3334690.jpgこちらは、オニオングラタンスープ小サイズです。
こちらも、熱々です。
とろけそうな玉ねぎとチーズと半分は歯ごたえが残り半分はスープが染み込んで柔らかくなったパン、寒い日には本当に温まります。(でも、今日はそんなに寒くはありませんでした。)
今日、シェアしていただいたのは、パテ、チーズ盛り合わせ、エスカルゴ、鴨のロースト、ミートソースとマッシュポテトのグラタン、オニオングラタンスープ、Wエスプレッソ、しっとりしたチーズケーキ、お酒は白ワイン1杯、ハートランド生ビール1杯と少なめでしたが、すきっ腹に飲んだのでききました。
居酒屋ばかりでなく、時々はこういうお店も良いものです。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-18 07:07 | 写真展 | Comments(0)
ライカとキヤノン   3月2日(木) 5969


b0069507_7244723.jpg今日の夜は、写真展オープニングが2つ重なりました。
一つは、ライカギャライーでの「プラチナプリント写真展」とライカプロフェッショナルストア5周年記念のプラチナプリント展。
「プラチナプリント写真展」は「エリオット・アーウィットとワーナー・ビショフの代表作を、久保氏が卓越したプリントディレクションによりプラチナプリントで再現した秀作14点を展示いたします。ふたりの著名な作家が生みだした不朽の名作を、500年以上という耐久性を持ち、豊かな階調を有するプラチナプリントでお楽しみください。」というものです。
エリオット・アーウィットとワーナー・ビショフの作品、ほんとにいいです。
ライカプロフェッショナルストアの方は、荒木経惟、セイケトミオ、菅原一剛、蓮井幹夫、荻庭桂太さんの作品を名プリンター久保元幸さんが、最新の機器を使い、プラチナプリントした作品の展示です。
b0069507_740649.jpgプリンターの久保さんです。
アシスタント時代から、モノクロプリントでは大変お世話になりました。
今は、プラチナプリントやアート的写真のプリンター、アマナサルトのプリンター、プリントディレクターとして、超高名な久保さんですが、私の分野、広告系写真のモノクロプリンターとしても、凄い方なのです。
「紀文のはんぺんのディティールを、モノクロ新聞広告でも表現できるプリントができる」凄いプリンターなのです。
b0069507_7471975.jpg 二つ目はキヤノンギャラリー銀座の熊切圭介写真展「三都物語り」のオープニングレセプション。
熊切さんが、ライフワークのように撮っている「鉄」シリーズです。
「19世紀末に数多くの文化が花開いたウィーン、プラハ、ブタペストの3都市。本展では、これら地域に今もなお残る鉄の文化に焦点を絞った作品の数々をご覧いただけます。」という写真展です。
作品は、全部フィルムで写した写真です。

中締めの挨拶をする、木村恵一さん。熊切さんとはK2という写真事務所を長〜くやっている、パートナーです。
そして、それをEos M5で写している、立木義浩さん。
みなさん、お元気です。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-03 07:58 | 写真展 | Comments(0)
BooK review 2月11日(土・建国記念日)5951


今日は、フォトグラファーの岡安啓人君の写真展・In my Bookのオープニングレセプションでした。
岡安君は、2000年にMASH に入社。アシスタントを経てフリーランスのフォトグラファーになり、現在はMASH,managementにも所属して、活動しています。
通常のオープニングレセプションは、写真展初日に開催するのですが、今回は異例の4日めの土曜日になりました。

「職業として写真を撮らせて頂いてから15年が経つ。
ここらで一度吐きだしてみようと思った。

これまで目の前に拡がった様々な光景に、感情を揺さぶられ記録をしてきた。
それでも自分が何を撮っているのか、何を撮ってきたのかわからないことがある。
写真そのものは特に大きな意味はない。心が動いた時に出る証明書のようなものなのかもしれない。
そしてその写真たちを目の前して思うのは、それに自分は生かされてきたのだという事。
感謝しながら歩んでいく。」岡安君の写真展に寄せるメッセージです。

http://mash-jp.net/portfolio/hirohitookayasu/

写真展は、 2 月13(月)まで。開催時間は11:00 - 19:00 (初日は14:00から、最終日は17:00まで)*会期中無休です。
会場は、America-Bashi Gallery
150-0022 東京都渋谷区恵比寿南 1-22-3 TEL.03-6303-1414
access はこちらから。

2月14日~17日(金)まで、原宿のMASHmanagementのオフィスで、写真展の中から選んだ写真と、岡安君のBookがみられるBook reviewを開催します。
御覧になりたい方は、マネージャー山内あてにメールをください。メールはこちらからどーぞ。
b0069507_7491965.jpg会場には、2年程前にMASHを卒業したフォトグラファー三浦もきていました。
フォトグラファー、フォトプロダクションを長くやっていると、アシスタントとしてかかわってきた人たちも何人にもなります。そのなかから、何人もフォトグラファーとして巣立って行きましたが、一番年上は50代後半から、若い三浦の28歳まで、最初の頃はアシスタントの兄貴的な歳の差、最近のアシスタントは子供のような歳の差になります。
思えば、長くやってきたな~



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-12 09:11 | 写真展 | Comments(0)
写真の力   1月16日(火)  5925


b0069507_1583193.jpg今日の昼、JPS・公益社団法人日本写真家協会前会長の田沼武能さんの個展「ふる里悠々 武蔵野日記PartⅡ」を拝見しました。
この写真展は、四谷のポートレートギャラリーの新春企画展です。毎年1月5日にポートレートギャラリーの新年会としてオープニングパーティーが開かれるのですが、今年は参加できなかったので、きょう伺いいました。
1964年からライフワークとして撮り続けている武蔵野の写真の近年分、約60点の写真展です。
大先生に大変失礼な言い方ですが、正直、本当に良い写真展です。
力む事無く、まめに丁寧に、自然に、そして優しく武蔵野を写されています。それでいて「写真の力」がハッキリわかる写真展です。
この写風、お歳のなせる技ではなく、浅草生まれ浅草育ちの「粋」というものなのでしょうか?
ギャラリーにいらした先生に「まめに写されているんですね〜」とお話したら、「会議の前に写していたんだ」と、いたずらっぽくお答えになりました。
ギャラリーにいらした田沼先生を、1枚写させていただきました。
今年米寿の田沼先生、いつまでも写し続けてください。
b0069507_25743.jpg田沼先生から、写真展の図録というのでしょうか、作品のなかから選んだ8点のプリントセットをいただきました。

ご紹介が遅れてしまった「ふる里悠々 武蔵野日記PartⅡ」、1月18日(水)15時までです。
お見逃しなく。
ポートレートギャラリー
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-12
日本写真会館5F  TEL 03-3351-3002
開館時間 午前10時~午後6時・開催期間中無休(最終日午後3時終了)



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-17 07:28 | 写真展 | Comments(0)
久々の都写美  1月15日(日)  5924


今日は、久しぶりにTOPミュージアムに行きました。
昨年の秋、2年間のリニューアル工事を経てオープンした都写美ですが、TOPミュージアムという愛称がつきました。
「Tokyo Photographic Art Museum」の頭文字でTOP、Webも替わりました。
今日は、リニューアルオープン後の第2回めの展示3つを一気見です。

b0069507_21551862.jpgまずは、3Fの総合開館20周年記念 
TOPコレクション 東京・TOKYO
開催期間2016.11.22(火)—2017.1.29(日)です。
以下、同展の解説からです。
「リニューアル・オープン後最初のコレクション展は、「東京」をテーマに開催します。
東京は、誰もがその言葉からさまざまなイメージを思い浮かべることのできる都市です。しかし、そのイメージは人それぞれに異なり、一つのイメージへ集約しきれない不思議さを持っています。また、東京はこれまでたくさんの写真家のインスピレーションの源にもなってきました。写真家たちは、この多層的な都市とそれぞれどのようなアプローチで対峙し、どのような視点で切り取り表現してきたのでしょうか。
本展では、『東京を表現、記録した国内外の写真作品を収集する』という、当館の収集方針の一つのもとに集められた作品の中から、戦後から現代の作品を中心に紹介いたします。」
東京を戦後すぐから今までを、多面的に捉えたフォトグラファー41人の作品を展示しています。
一見の価値有り写真展ですが、見をあったあと、一人一人の作家の作品をもっと見たくなりました。
※写真は、撮影が許されている林ナツミさん、本城直季さんの展示室です。
b0069507_2228180.jpg今年の「日本の新進作家vol.13」も東京です。
総合開館20周年記念 
東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13
「毎年異なるテーマを決めて開催している『日本の新進作家』展です。シリーズ第13回目となる本展は『東京』をテーマとして、東京というメガ・シティに対してアプローチしている現代作家たちをとりあげていきます。
東京は世界有数の都市として認知されています。しかし東京というとメディアに表現されるような、足早に大勢の人々が交差点で行き交うような風景だけではありません。人々が生活し、変化し続ける都市でもあります。写真技術が輸入されてから、多くの写真師、写真家によって記録され続けていた都市ですが、現在の写真家たちの眼にどのような形で映っているのでしょうか。今回は6人の新進作家による表現された『東京』をテーマにした展覧会を開催いたします。」
こちらの写真展は、一人一人の展示点数も多く、今の東京を感じられます。
個人的には、元田敬三さん<ツッパルナ>と佐藤信太郎さん<東京|天空樹.>が面白かったです。
※写真撮影が許されている田代一倫さんの展示室。
b0069507_22554330.jpg撮影が許可されている、小島康敬さん<東京>です。

今回の2つの「東京」写真展。撮影が許可されているコーナーが3つありました。
最近は、SNSなどで発信してもらうために、撮影を許可している写真展がけっこうありますが、都写美では、私の知る限り初めてです。時代のながれでしょうか。

B1Fのアピチャッポン・ウィーラセタクン映像展「亡霊たち」は短時間しか見なかったので、サッパリわかりませんでした。
ちゃんと理解、感じようとしたら数時間は必要です。
結構おもしろそうです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-16 07:28 | 写真展 | Comments(0)
チャリティー写真展   12月15日(木)   5882



写真家の山田久美夫さんが主催する「熊本地震被災者支援チャリティー写真展」に出品させていただきます。
今年の2月に、やはり山田さんが主催した「東日本地震被災者支援チャリティー写真展」と同様の趣旨で、販売金額から経費を引いたものを、日本赤十字社に熊本地震の義援金として寄付する写真展です。
会期:12月23日(金)より29日(木)
開催時間:10AM~19PM
会場:「フレームマン エキシビションサロン 銀座」 (”ギャラリーI , ギャラリーII”)
http://frameman.co.jp/ginza_salon.html
価格:プリント(30cm角の額装)展示。展示点数80点前後を予定。
展示作品を額付きで販売。1点15,000円。作品受け渡しは、宅配便(着払い)で発送。
b0069507_5574920.jpg2月の写真展では、モデルさんの許可を得て、ファッションポートレートを出品しましたが、今回は風景写真です。風景といっても心象風景です。

この写真は、東京・銀座で撮影しました。
b0069507_5575853.jpgこちらは、軽井沢ショッピングセンター で撮影しました。

私としては2点組と思っています。
もちろん、1点づつで、チャリティーしていただいても、OKです。
皆さん、よろしくお願いします。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-12-16 07:32 | 写真展 | Comments(0)
はしごⅡ・・・  12月8日(木)   5886


b0069507_6253141.jpg銀座のライカギャラリー東京のオープニングレセプションに行きました。
ライカギャラリーの展示期間は長く、この前のオープニングはまだ暑かった季節です。
今回の展示は、マーク・デ・パオラ写真展「60 Seconds」。
ソフトな、作品が並びます。
b0069507_6304068.jpgこの方が、ニューヨークに拠点を構えるファインアートフォトグラファー、マーク・デ・パオラ(Mark de Paola)さん御本人です。
いささか、作品のイメージとは異なります。(失礼)
「60 Seconds」は、ライカMで60 秒間の長時間露光を手持ちで撮影した作品です。
マークさんは、ファインアートフォトグラファーですが、ファッションやビューティの分野で、写真と映像の制作で活躍しているとの事。CF監督も約700本もしています。
クライアントも、Vogue Spain、Vogue MexicoやInterview Magazine、アンハイザー・ブッシュ、ジョルジオ・パフューム、ダナ・キャラン、ニュートロジーナ、セフォラ、ソニー、トヨタ、カワサキ、フォード・モーター等々。凄いですね。
ライカギャラリーは、世界で活躍している「知らない」フォトグラファーを紹介してくれます。
【ライカギャラリー東京】マーク・デ・パオラ写真展
開催期間:2016.12.09 - 2017.02.28
開催場所:ライカギャラリー東京 東京都中央区銀座6-4-1
開館時間:火曜日 - 日曜日 11.00 am - 7.00 pm  月曜日休館
b0069507_650874.jpgライカギャラリーの次は、歩いて10分程のキヤノンギャラリー銀座の「EOS M5 特別企画展 『カメラをもって遇いにいく』 横木 安良夫 写真展:Dance on the Shore・鶴巻 育子 写真展:Stories Everywhere 」のオープニングレセプションへいきました。
こちらは、好評発売中のEOS M5のプロモーション写真展で、全国のキヤノンギャラリーで開催されます。
EOS M5、少し触りましたが、結構気になるカメラです。
M5までのEOS Mシリーズは触手がのびませんでしたが、M5になって関心が沸いてきました。
やがて、開発されるだろうM6,M7楽しみです。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-12-09 07:33 | 写真展 | Comments(0)
今年最高・・・?   11月23日(水・祝)  5871



今日は、若い頃に影響を受けたロバート・フランクの写真展に行って来ました。
この写真展が開催されているのを知ったのは、昨日です。MASHmanagementのコーディネーター岡本がネットで見つけました。
残念、開催を知ったのがちょっと遅かった・・・ 開催期間は24日まで・・・ 。今日行かなければ行く時間がありません。
この写真展、CINRA.NETによると「貸し出しに高い保険料がかけられることからフランクの作品展示の機会が限られているという現状を背景に、フランク自身とドイツの出版社Steidl社の創業者ゲルハルト・シュタイデルが企画。学校や美術館など公共性の高い場所を会場として世界50都市を巡回している。展示作品は廉価な新聞紙に印刷され、会期終了と共にパフォーマンスによって破棄される。なお同展の展示構成やイベントの立案、広報、什器の制作などは東京藝術大学の学生が主体となって行なっている。」との事。行かなくちゃ・・・
b0069507_1471479.jpgという訳で、色々済ませた夕方近く、「ロバート・フランク ブックス アンド フィルムズ 1947-2016 イン トウキョウ」に行って来ました。
会場は、上野の東京藝術大学 陳列館です。
秋深い上野の森の一画にある東京芸大、前を通ったことはありますが、中に入った事は初めてです。
16時近くに着いたのですが、結構長い入場待ちの列ができていました。
b0069507_159277.jpg待つ事30分、秋の日はつるべ落としといいますが、日がだいぶ沈んできました。
b0069507_22323.jpg会場内は全面的に撮影可でした。
1Fの入り口近く、写真集が天井から吊ってあり、自由に見る事ができます。
b0069507_2214360.jpg1Fはいくつかのコーナーに分かれています。写真は大きな新聞用紙に、何点かづつ無造作にプリントされています。
使われている新聞用紙、新聞用紙と言っても日本の物より色は少し白いし、厚さも厚いように感じました。
b0069507_2263365.jpg1Fでは、ムービーはこんな風に、投影されています。
b0069507_2273693.jpg小さいコーナーがいくつも続きます。
b0069507_2284632.jpg壁面にも、写真が貼ってあります。
撮影可です。
b0069507_2324321.jpgこれが、この展覧会の図録です。
新聞風です。価格は¥500,-。 もう、とっくに売り切れになっていました。
残念です。
b0069507_2441247.jpg1Fから2Fへの階段の踊り場にもムービーが投影されています。

b0069507_2383519.jpg2F会場です。
壁面には写真が、奥の壁面はムービーを流しています。
真ん中は、手作り写真集や写真集の製作過程の指示書等々が展示されていました。
b0069507_2345441.jpg名作中の名作、The Americansも新聞風の大きな紙にプリントアウトしてあります。
b0069507_2365279.jpg会場にて。

b0069507_2382326.jpg2F会場の中央の作品からです。
1951年にニューヨークで撮影した、ロバート フランクの最初の妻と子。
b0069507_2383067.jpg凄い写真です。

改めて、表現しつづける事の大切さ。写真、映像の面白さを実感です。
毎日カメラを持っている私としては、もっと気づきがなければと思いました。
スマホが普及し、質の良い写真、動画データーが大量に残るようなった現在、優れた編集者がまとめれば、凄く面白い写真展が開催できると思います。
b0069507_2574652.jpg興奮気味で外に出たら、もう真っ暗。
時間的に無理しても来てよかったです。今年、私が見たBestの写真展のひとつになるかもしれません。
明日が、最終日です。
時間のある方は是非是非見にいってください。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-11-24 07:41 | 写真展 | Comments(0)
What's happening!!    11月9日(水) 5857


b0069507_651498.jpgいったい何がおきているんだ!!
日本にいる私たちだって「まさか」と思ったアメリカの大統領選挙の開票速報。
アメリカの人達もそう思ったらしく、トランプが勝利に近づくにつれて、カナダの移民局のHPサーバーがダウンしたとか・・・
今日は昼前から、アメリカの大統領選挙の開票速報が気になってしかたありませんでした。
まさかまさかの大逆転。
イギリスのEU離脱選挙といい、このアメリカ大統領選挙といい、今年は歴史に残る年になるのでしょうか?

今話題の某広告代理店さんは、円高が進み輸出が停滞、景気が悪くなって、最初に切られるのは宣伝広告費とタクシー代という事で話題の「残業」が減るのでは・・・ なんて話も・・・
「風が吹けば桶屋が儲かる」ではありませんが、どこに影響がでるかは、これからです。
b0069507_7332498.jpg歴史的な夜は、2016年入会のAPA・公益社団法人日本広告写真家協会正会員展のオープニングレセプションでした。
レセプション会場でも、アメリカの選挙は話題になっていました。
b0069507_7361244.jpg会場は、リコーイメージングスクエア新宿です。
多くのお客様がお見えになり、本当に暑かったです。
b0069507_740573.jpg私が高校生だったときに、入り浸っていた喫茶店のマスターの友人で、当時東急エージェンシーのフォトグラファーだった、小林宗正さんも今年入会。
小林さんとは2年程前、何十年ぶりかで、リコーギャラリーでお会いしました。
昔の小林さんは、アフロヘアーっぽい長髪にパンタロン風ジーンズ・・・
今とは、随分違っていました。(私もそうですが・・・)
ミニギャラリートークをしてしまいました。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-11-10 07:58 | 写真展 | Comments(0)