カテゴリ:寺子屋( 14 )
新人教育  8月20日(木)  5277


b0069507_4382725.jpg今日の午前中は、新人教育です。
右は、6月に入社したアシスタントの長井君です。
大阪産業大学を卒業後、大阪でMASHのような写真制作会社に営業として入社、その後撮影部門に移動、アシスタントをしながら、少しづつ撮影も始めたという時点で、東京で勉強することを決意、MASHの「厳しい」採用条件にもめげず、入社しました。
今日は、ビューカメラ+デジタルバックの勉強中。もちろん、アオリも勉強します。
MASHのアシスタントは、各種デジタルカメラの特性と使い方をしらなければなりません。
目的にあった、最善のカメラで撮影をするのが、プロのフォトグラファーです。そのアシストをするのですから、各種カメラの使い方は、当然知っていなければならないのです。
完全デジタル後の若い人は、殆どと言って良いほどビューカメラを知りません。
フィルム時代でも、人物中心のフォトグラファーは、35mmやブローニーフィルムの性能が良くなり、印刷技術が向上するとともに、ビューカメラ≒4X5を使わなくなりました。
私の年代でも、水平垂直が求められたり、商品からモデルまでピントが求められたりの商品+モデルの撮影はビューカメラ+4x5で撮影。広告系のモデル撮影はブローニー、雑誌のモデルは35mmというように分けて使っていました。
商品撮影では、広告、販促系の場合はビューカメラに4x5やブローニーフィルムで撮影というのが一般的でした。
デジタルになり、35mmタイプのデジタルカメラでの撮影が殆どになりましたが、広告系では中判デジタルの出番もあります。その理由はやはり印刷時の画質。5000万画素オーバーや4200万画素の35mmタイプのデジタルが出てきましたが、画素数ではバックタイプのデジタルと同じか、それ以上になっても、受光素子の1つのセルの大きさが違います。実は1つのセルの大きさが大きい程、簡単に言えば画質が良いという面もあるのです。画素数とセルの大きさの関係は結構複雑です。
35mmが高解像度になると、デジタルバックもCCDやCモスの面積の大きい高解像度が使用されるようになっていきます。デジタルバックの世界では6500万画素、8000万画素等という機種も発売されています。
画素数はさておき、ビューカメラでしかできないのは「アオリ」です。高画素数の35mmタイプのデジタルでは、少し絞ると回折現象がおきてしまいます。フィルム時代のように絞りを絞ってピントを稼ぐと画質に影響が出てくるのです。それを防いで広範囲にピントが合わせられ、しかも同時に被写体の「形」の修正ができるのが「アオリ」なのです。簡単なアオリができる専用レンズもありますが、それはアオリの一部ができるだけで、ビューカメラでのアオリはそのアオリの量や種類がぜんぜん違います。PCのソフトでできる修正や、ピント合成とも違うのです。
また、ビューカメラの利点はレンズの選択枝が、多いのです。これも微妙な差が求められるプロの世界では重要です。これからもビューカメラの使い方は伝統工芸技術のような形で残っていくのでしょう。
というわけで、MASHのアシスタントは、色々勉強が必要です。
それは、なぜか?
MASHでは、アシスタントは「強い」スタジオを作る基礎だと考えています。昔から言われる砂上の楼閣にならないためには、アシスタントが重要なのです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

厳しいMASHのアシスタント募集条件に興味の有る方はコチラからどうぞ。 現在は募集していません。
by mash_boss | 2015-08-21 10:46 | 寺子屋 | Comments(0)
久しぶりの「寺子屋」 9月28日(水)3078
b0069507_5555436.jpg今日のスタジオの一コマです。
池嶋君が先週土曜日の「ムーヴィー教室」のお礼としてMASHmanagementのフォトグラファー・ヤギシタ君に「物撮」教室中です。
教材は空気清浄機。
一口に写真と行っても人物撮影と商品撮影では内科と外科くらいの差、同じ外科でも軽い手術専門の外科と移植手術位の差があるように、商品撮影の分野でも差があります。
一番簡単で感覚だけで写せるにが、最近女性向けの写真教室等で教えているカワイイ小物をテーブルの上で撮影する「テーブルトップ」です。難しいのは「光もの」「水もの」等です。
池嶋君は、外科医に例えるなら難しい手術をする心臓外科医(カッコイイ〜!)といったところでしょうか。
さて、物撮りの基本中の基本は、水平垂直です。
写真は水平垂直の見極め方を伝授中です。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2011-09-29 06:12 | 寺子屋 | Comments(0)
森サロン寺子屋 12月2日(日) 1346


b0069507_2574920.jpg今日はMASHヘアメイクの森君が主催する「寺子屋」の作品撮影です。
森サロン寺子屋は、ミクシーで森君が募集したヘアメイクになりたい人達を、森君の持っている様々なテクニックを伝受する道場です。
私は、そのお手伝いで、ヘアメイクの作品撮影をします。
ヘアメイクの作品なので、いわゆるビューティーライト風ライティングです。
ライティングは極めてシンプルで、正面からの傘トレがメインで、中オカマにタフラックスでデフューズしライト用の色温度調整フィルターで色温度調整したライトをサブのライトとして使用します。
b0069507_355283.jpgライティング図です。
モデルさんの両側のレフは、黒いレフを使って「黒〆」にします。
メインのライトとサブのライトは、フィルターを使用して同じ色温度にします。正確な色を出すためには、ライトの色温度を全部揃える必要があります。
広告の撮影ですと、この作業は欠かせませんが、雑誌等の撮影では省く事もしばしばです。
このライティングのポイントは、メインライトとサブのライトのバランスです。
今回は、メイン600Ws、サブは75wsですが、どういう種類のライトを使用するかにより、出力の比率は変ります。
b0069507_3192986.jpgアマチュアの方で、露出計を持っている方はいらっしゃるとおもいますが、カラーメーター(色温度計)をお持ちの方はそういらっしゃらないとおもいます。
ミノルタがカメラ部門から撤退するときに、我々プロが一番心配だったのは、ミノルタが作っていたカラーメーターはどうなるのかという事でした。
幸い、ケンコーがほぼ同じもぼを作ってくれるようになりました。
b0069507_324353.jpgBstをメイクルームにしました。
モデル3人、ヘアメイクさん3人、スタイリスト3人、それに森君の10にんで、チョット窮屈です。
b0069507_3261611.jpg森君、熱心に指導中です。
b0069507_3271195.jpg撮影現場でも、随時森君が入り、指導していきます。
モデルは、SATORU Japanの美人塾から2人と、SATORU Japanのモデル、徳弘典子ちゃんが参加してくれました。
典子ちゃんは2年弱ぶりの2回めの撮影ですが、随分成長して、ポージングも流れるようになポージングで、撮影しやすくなりました。
12時開始の寺子屋は、一人のモデルさんに2つのヘアメイクとコスチュームで計6パターン撮影し17時半に終了しました。

 ブログランキングへ参加中です。クリックお願いします。


by mash_boss | 2007-12-03 03:29 | 寺子屋 | Comments(3)
寺子屋 SectionⅡ-1 9月30日(日) 1274
b0069507_0533965.jpg今日は、久しぶりの寺子屋です。
MASHヘアメイクの森君がmixiで生徒さんを募集し、自分のサロンで「寺子屋」をはじめ、その最終回としての撮影実習の協力をする事になりました。それならば、写すフォトグラファー側も急遽「寺子屋」にしてしまいました。
本日の塾生は、コンテンポラリーダンスを撮影しているWaits君(本格的に撮影に集中するために、最近京都から東京に居を移しました。)、N.Yから帰国し、行定監督作品のスティール撮影等をしながら、フォトグラファーとして活動中のI君。札幌在住で本業はSE,現在は長期東京出張中でシリアスフォトグラファーとして、優れた作品を撮影するwlwlw君の3人です。
b0069507_1135552.jpg森寺子屋の生徒さんは4人、協力してくれるスタイリストさんが1人です。そしてモデルさんはSatoruの美人塾から4人来て貰いました。
1人のモデルさんに、1人の生徒さんが付、スタイリストはモデル4人分のコスチュームを担当しました。
b0069507_1225111.jpg最初に、大型ストロボの仕組みをザッと解説し、ライティングは、ダークめな写真を希望した生徒さんには、銀のパラソルの傘トレ1灯で、背景はなりゆきで撮影、明るめの写真を希望した生徒さんには、背景に2台2灯を足して撮影しました。
最初に、私が撮影、そのあと塾生君達が撮影しました。一人のモデルさんを4人のフォトグラファーが順番に、撮影するという訳です。
17時過ぎに終了、ビールを飲みながら共同反省会をして18時過ぎに解散となりました。

 ブログランキングへ参加中です。クリックお願いします。


by mash_boss | 2007-10-01 01:39 | 寺子屋 | Comments(6)
ヨドバシカメラ万博記念公園撮影会 5月19日(土) 1092
いよいよ、明日は「ヨドバシカメラ 第6回 万博記念公園撮影会」です。当日参加もOKみたいです。いつも天気が荒れ気味な撮影会ですが、今年は大丈夫そうです。
撮影会の後、梅田あたりで、飲み会をしようと思います。参加できそうな方は会場で声をかけてください。


by mash_boss | 2007-05-19 06:06 | 寺子屋 | Comments(2)
緊急のお願い!! 教えて解らないところ!! Special Issue Ⅱ.
現在、初心者向けデジタル写真講座のカリキュラムを考え中です。
私の、ない頭を絞るより、皆様方からのご意見を参考にした方がズーット良い結果がでると思います。
受講対象者は、デジタル一眼レフを購入した初心者です。年齢は若い人から、お歳の方まで、もちろん男女は問いません。

★デジタル一眼レフを買ったけど、ここが解らない、ここを教えて欲しい!!
★自分の経験から、こういう所を教えて欲しかっった!!


あいかわらず、漠然とした質問ですが、どんな事でも結構です。
ご自分が、普段デジタル一眼レフをお使いになっていて解らない事があったら、また、今は解ったけど、最初の頃は解らなかった事柄などを、気楽にコメントください。
カリキュラムの参考にさせて頂き、「写真は楽しく!」をひとりでも多くの方に味わっていただきたいと思っています。よろしくお願いします。

こちらも、よろしくです。
by mash_boss | 2007-05-10 02:50 | 寺子屋 | Comments(24)
質問にお答えします。Ⅱ 5月4日(金) 1074
1072のエントリーに対して、もう一つ質問がきました。
今度は、歴史もからまるご質問です。

目線の件でさらなる疑問が。写真が日本に入ってきた幕末、明治、さらに下って昭和初期までの古い肖像写真はその大半が目線を外しているように感じます。遠くを見ているとでも言いましょうか。なにか理由があったのでしょうか。

お答えします。
最初に、幕末の頃の写真の疑問への直接の答えとは、ちょっと違いますが、私も「モデル」さんに目線を外してもらう事があります。
それは、モデルとしてプロでない人(会社案内撮影で写す、社員の女性等)や、プロでもモデルに成り立ての、レンズを見ると、どうしても今流行のきつい表情しかできないというか、緊張ぎみのモデルさんの場合で、少しリラックスしているというか、すこしでも柔らかい表情を写したい場合はレンズの上とか「ボクの頭の上の遠くを、何となく見て~・・・ アツ いいな~」なんて感じで撮影します。人は、一点、写真撮影の場合はレンズを見つめると、どうしても一生懸命とか、緊張した表情になるようです。
でも、遠くを何となく見たり、焦点が定まらないでボーっとしているときは「緩んだ」お顔になるようです。それを写すと、写真では緊張感が少ない表情になる事もあるのです。
それと、素人の人で瞬きの多い人がいらっしゃいます。そういう方は写真を写すとき「写真撮るんだ、私はどうしても、目つぶり写真が多い、注意しなければ、レンズちゃんと見ましょ・・・イヤだ、ドキドキしてきた・・・」ってな感じになっています。「リラックスしてください。」何ていうと、「リラックスしなければ・・・」と一生懸命思って、また瞬きが多くなってしまいます。
そんな時には「ボクの頭の上の遠くを、何となく見て~、一番好きな食べ物思い出してください。」なんて撮り方をすると、瞬きを防げます。つまり「気をそらす。」のです。それでもダメな場合は、目をつむってもらって「ハイッ て言ったら目を開けてください。」と言って、目を開けた瞬間にシャッターを切ると目つぶりが防げます。
さて、幕末の頃の肖像写真ですが、当時のフィルム(まだ、乾板でなく湿式?)は、感度が低く、1枚写すのに、何十分もシャッターを開けていなければならず、ブレを防ぐために首を固定する装置があったと、もの本には書いてあります。長時間、目を開きっぱなしにする事は不可能ですので、撮影中はどうしても瞬きを何回かしていまうでしょうし、何十分も一点を見つめて緊張し続ける事も不可能なので「目線をはずした」写真になってしまったのではないでしょうか。
また、昭和初期までの頃の肖像写真ですが、今でも、写真館に撮影に行けば、デジタルは違いますが、フィルム撮影では、たいがいは中判や大判カメラで撮影をします。昭和の初期の頃の肖像写真は、当然大型カメラでの撮影でフィルム(まだガラス乾板だったかもしれません。)の感度も低く、写場の照明も今とはことなるので、遅いシャッタースピードでしか撮影でず、しかも小型カメラでの撮影のように、短い間で何枚も撮影できなかったので、一球入魂ならぬ、撮影する方もされるほうも「一撮入魂」的に撮影したでしょう。そんな時は、当時のアマチュアカメラマンやプロの寫眞師は、目つぶりを防ぐための「気をそらす」何らかの方法を、心得ていて撮影したので、目線を外した写真になってしたのではと推察しました。
また、もしご質問の肖像写真達がプロの寫眞師が撮影した写真であれば「修正」というマジックハンドを駆使してあるかもしれません。熟練した彼らの手にかjかると、目つぶりを、目開きに修正する事もできました・・・ 
今と違って、プリクラも無ければ、デジタルも無い、フィルムもカメラも超高い。消費される映像ではなく、貴重な映像だったのです。写真を写すのは「ハレ」の行為の時代だったのです。
だいぶ横道に逸れましたが、本日の回答です。いかがでしょう・・・・

 お役にたちましたか?ブログランキングへ参加中です。授業料としてクリックを、今日もお願いします。(笑)
by mash_boss | 2007-05-05 00:25 | 寺子屋 | Comments(7)
質問にお答えします。5月3日(木) 1073
昨日の、1072のエントリーに対して、以下のようなご質問がありました。

立ちポーズの場合、カメラの高さはモデルさんのどのあたりが一般的なのでしょうか?
一般的というか、心掛けていることがあれば教えてください。


お答えします。
表紙の場合ですが、バストアップ~半身は、顔と同じ高さで視線はカメラに向いているように撮影します。
時々、編集やADから、視線を外した写真もと言われますが、結果的には99.8%は視線ありが使用されます。視線無しでOKになる場合は、モデルがよっぽどの有名人か、有名人でなくても、独特の雰囲気や存在感があって、フォトグラファーの周波数とピタット会った「すごく、いい写真」でないと、弱くなってしまいます。
本屋さんで人物が表紙の雑誌を見てみてください。殆どのモデルの視線は、雑誌を探している、あるいは買おうとしている、あなたに向いています。
モデルのサイズが半身~全身の場合は、モデルさんのスタイルで、カメラの高さとレンズのミリ数を決めます。
ファッションやレースクイーン、キャンペーンガール系モデルさんは、スタイルが良いので問題はないのですが、グラビア系やタレント系のモデルさんの場合は、細身で顔小の人ばかりでないので、スタイルを良く見せ、顔を小さく見せるために、カメラを少し下のポジションにして撮影します。
使用するレンズですが、表紙撮影の場合一般的には、35mmフルサイズデジタル一眼で80~100mmくらいですが、あまりスタイルのよろしくないモデルさんの場合は、もう少し短めのレンズを使用して、少し下から狙います。
グラビア系のモデルさんは、どうしても顎を引き気味のポーズになりがちになるので、その点も注意します。

以上が、表紙撮影の時に心がけている事ですが、立ちポーズ人物撮影の時にも通ずる事柄もあると思います。

 お役にたちましたか?ブログランキングへ参加中です。授業料としてクリックを、お願いします。(笑)
by mash_boss | 2007-05-04 02:50 | 寺子屋 | Comments(2)
3月5日(日)寺子屋特別教室2
b0069507_694033.jpg今日は、エキサイトの女性編集者2人とその友人マッサ君、そしてSudiさんの4人で寺子屋です。
編集者も地方支局の新聞記者と同じで、チョットした取材には一人で取材とカメラを担当しなければなりません。
そんな編集者に、普段使用している一眼デジタルカメラの使用方法を説明しました。
普段、いろいろなフォトグラファーの撮影に立ち会っている彼女達、結構専門的な質問もありました。
b0069507_6263148.jpgオフィスの蛍光灯下での商品撮影を想定しての撮影練習です。
最初は、天井の蛍光灯の場所を考えての撮影で、その後、レフ板や鏡を補助光として使用する実習をしました。

役にたったかな~?ブログランキング参加中です。ここのクリックをお願いします。 
by mash_boss | 2006-03-06 06:50 | 寺子屋 | Comments(5)
12月25日(日)寺子屋特別教室
b0069507_142146.jpg
Sudiさんの友人、Nobiちゃんが、Sudiをモデルにスタジオで撮影をしたいというので、寺子屋特別教室となりました。
2人は、渋谷の写真学校の同級生で、NobiちゃんはSudiの大ファンで、Sudiさんを写すのが大好きです。Sudiさんも、Nobiちゃんが写してくれる自分の写真が大好きで、Blogのプロフィールに使用しています。
そんな、Nobiちゃんが、スタジオでSudiさんを写したいと言うので、特別教室となったのです。
「かわいい」のと「きれい」のと「かっこいい」Sudiさんを写したいというので、それぞれ用にライティングを組み撮影をしましたが、結局は「かっこいい」系のライティングが一番気に入ったようでした。本日の結果は、NobiちゃんのBlogSudiさんのBlogで発表されるはずですので、ごらんください。

blogランキングへ参加中です! クリックをお願いします。

by mash_boss | 2005-12-26 01:32 | 寺子屋 | Comments(6)