カテゴリ:機材( 246 )
MとW 3月27日(月) 5993


b0069507_4424992.jpg本日は、現像機のお話・・・
デジタル時代の現像機といえば、それはPCです。
フィルム時代、E4の頃はカラーポジ現像機は日本製のノウリツともう一つ、外国のメーカーがあったような気がします。その後、フィルムがE6現像になって殆どがノウリツ製の現像機になったようです。
デジタル時代の現像機はMとW、MacとWindowsです。
日本の一般社会のPCは、Windows3.1の頃からWindowsが広がりはじめ、あのWindows95が発売されてからは、95%のシェアをWindowsのPCが占めるようになりました。
それまでは、日本では日本語の問題もありWindowsでなくNECのOS、PC88や98が90%のシェアを占めていました。
ところが、デザイナーやフォトグラファーの世界では真逆で、ほぼ100%がMacでした。
理由は色々あるでしょうが、Macは最初からGUI(Graphical user interface)で、PC好きでない人にも使いやすかったから、色の管理がしっかりしていた事、そして何よりPhotoshopやIllustratorが最初の頃はMac用しか無かったのが大きな要因かもしれません。
MASHも事務系は、PC98を使ったエプソンのPCを使っていましたが、フォトショップを導入するに当たり、遊びで使っていたMac LCから7600に買い換えた事を思い出します。たしかフォトショップのバージョンは2.5でメディアはフロッピーディスクでした。
それから何年も、私のPC事情は事務系はWindows、画像処理はMacという時代が続いていたのですが、2009年にアルミボディーのMacBook Pro 13 に変えて以来、Windowsには遠ざかっていました。
WindowsからMacに変わった理由は、事務処理もMacで全く不便では無くなったからです。
時は流れて、それから7年、昨年試しにWindows10 を使うMicrosoft Surface Bookを興味津々で導入。
その訳は、OSメーカーのマイクロソフトがハードウエアを自社ブランドで発売、これってアップルと同じ構図、さらにそれだけで無く、「写真」の世界にも力を入れ始めて、昨年のヨドバシカメラ撮影会にも毎回参加、Light roomを使った画像処理のセミナーを開いていたからです。
撮影会のコンテスト審査をしていて、いつも思うのは応募されて来るプリントの質の差。
撮影会に参加するアマチュアフォトグラファーの皆さんは、Wubdowsユーザーが多いと思うのですが、その方達に少し工夫すれば、写真の質が上がるというセミナーをしていただけるのは、撮影会講師としては、大変ありがたい事です。
導入半年、Windows10にもやっと慣れてきました。慣れると言っても、普段使用しているワードやエクセルは殆ど同じ、アドビ系のソフトも同じで、キーパッドに慣れてしまえばMacとWindowsの違和感無く使えます。
ハードとしてのMicrosoft Surface Bookはモニター部分は外せて、大きなパッドとして使えます。そのモニターも標準でsRGBに対応しています。そしてペンも使えるというかなり優れもの。OSメーカーのマイクロソフトが自社のOSを最大限に使えるように、本気で作った事がわかります。
Macbook Proも新型が出ましたが、イマイチ食指が動きません。クラウドで大量のデーターが保存できるようになり、アドビのソフトも同じライセンスでMもWも使えるようになった現在、Mac信者では無い私としては、マイクロソフトのハードの動きにも注意せざるを得なくなりました。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-28 07:29 | 機材 | Trackback | Comments(0)
初めてのズーム  3月16日(木)   5982


b0069507_0393897.jpgCanon 5DsRにシグマ24-105mm F4 DG OS HSMをつけて、ファインダーを覗いているのは、後輩フォトグラファーのF君。
彼のメインの撮影は「料理」。
フィルム時代、中判、大判で仕事をしていたので、デジタルでも単焦点レンズを使っていて、ズームレンズは所有していないという、希有なフォトグラファーです。
そんな彼が、フード撮影以外の撮影用にズームレンズを買うことなり、いろいろ候補をあげていた時に見たのが、3月8日のこのブログ。
今日、別件で打ち合わせする事になっていたのですが、その時にシグマの24-105見せてと連絡がありました。
打ち合わせ後、パシャパシャ・・・
単焦点レンズにはドイツメーカーのレンズを吟味して使用する、機材にうるさいF君が初めてのズームレンズ候補にレンズ専業的(シグマはカメラも作っています。)メーカーのレンズを入れる時代になったのかと、妙に感心してしまいました。
昨日のエントリーに「何年かするとボディーメーカーとレンズメーカーは別々が当たり前なんていう事になるのでしょうか?」と書きましたが、その日はもうすぐのように思いました。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-17 07:31 | 機材 | Trackback | Comments(0)
レンズ  3月15日(水)5981



b0069507_524207.jpg先日、タムロンから新しいレンズのカタログが送られてきました。
3月20日に発売される10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLDと2月23日に発売されたSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2のカタログです。
以前のエントリーで、ここ何年かで最も進歩した機材としてストロボの事を書きましたが、交換レンズもサードパーティー製のレンズもメキメキとよくなっています。ただし、難点は各社名前の長い事。色々な機能を表す頭文字を付けるとしょうがないでしょうが、おじさん達にとっては覚えきれません。落語の寿限無寿限無のようです。
MASHでも何本かのレンズを使用しているシグマと、カタログを送ってきたタムロンの2社のレンズは、本当によくなりました。
シグマはプロサポートも考えているようですし、何年かするとボディーメーカーとレンズメーカーは別々が当たり前なんていう事になるのでしょうか?
さてサードパーティーにせよ、カメラメーカー純正にせよ、ちょっと気になるのが、ズームとバリフォーカルの混在。
みなさん、ズームとバリフォーカルの違いご存知ですか。
ズームレンズは、焦点距離を変えてもピンとが合うレンズ。バリフォーカルは焦点距離を変えるとピントがずれるレンズです。
オートフォーカスが無い頃は、ズームレンズはズームレンズだったのですが、オートフォーカスになってズームレンズと言っても、実はバリフォーカルレンズというのが多くなりました。オートフォーカスで使用してる限り、実用上は全く支障はありません。
ズームにせずにバリフォーカルにする事によって、設計のしやすさ、軽量、低コスト、明るいF値といったメリットがあるそうなので、AFとデジタルによってレンズの性能が良くなったといえるのでしょうか。
ただし、ムービー用のズームレンズは、本当のズームレンズでなければいけません。
だから大きくて、重くて、高価格になるのでしょう。





ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、忘れずに。よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-03-16 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
春だより    2月23日(木)   5963


b0069507_224516.jpg仕事では、いろいろな人々を撮影しますが、撮影に緊張している人を和ませる魔法の言葉の一つに「好きな食べ物は・・・」と聞くと、殆どの人が、ホットした表情になります。
人の好物はお聞きしますが、自分の好物についてはあまり考えた事はありませんでした。
特にアレルギーもなく、偏食もなく、ただなるべく避けたいのが、牛乳と昔ながらのプロセスチーズ。とはいえ、牛乳を使ったシチューは好きですし、ゴルゴンゾーラやトーストにのせるチーズ、ピザ等は好きなのです。そんな自分が一番好んで食べているものは何だろうと振り返ると、それは麺類です。
日本蕎麦、中華系、冷麺等々です。
そんななかでも、一番お世話になっているのが立ち食いの小諸そばチェーンです。
その小諸そばの「春のたよりが」これ、春盛シリーズです。春の始まり始まり・・・
立ち食い蕎麦大好きですが、好みの順から、私の中では、小諸そば、ゆで太郎、梅本、箱根そば、富士そばの順になります。
そんな小諸そばが春盛海老天丼満腹セットのサービス券を配り始めました。
若い頃は、満腹セットあたりまえでしたが、今も食べられなすが、その後、なかなかお腹が空きません。
明日は、かき揚げそばにしましょうか・・・




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-24 07:30 | 機材 | Trackback | Comments(0)
それでも購入・・・  2月7日(火) 5947


b0069507_340818.jpg先週の木曜日のロケに、フォトグラファーの川上君から拝借して使ったクリップオンストロボNisshin Di700A、導入しました。
導入するにあたり、オリンパスPEN Fも、OM-D E-M1(MkⅡではありません。)もファームウエアを最新バージョンにしました。
OM-D E-M1との組み合わせでは、絞り優先、マニュアル、OVFシミュレーション等どのモードでも全く問題無く動作しますが、PEN Fではまだ動作不安定な動きがありますが、使えるモードで使っていこうと思います。
それでも導入したのは、コストパフォーマンスと性能です。
残念ながら、純正ストロボはちょいと高め、さりとて中国製は驚異的に安いですが、今回のように電子機器的ソフトウエアーが原因でのトラブルが起きた時の対応に心配です。
やがては、ファームウエアのバージョンアップ等で完動する事を期待します。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-08 07:26 | 機材 | Trackback | Comments(0)
最も進歩著しい機材? 1月30日(月) 5939  


b0069507_292028.jpg私の世代のフォトグラファーにとっては、デジタルカメラの進歩は目覚ましいものがありますが、もう一つの進歩が目覚ましいと思う機材は、スポロボ、スピードライトです。
2日に取材撮影があるのですが、取材の機材だてを根本的に見直す事にしました。
その一つがストロボです。
実は、MASHは大型ストロボに強くても、小型ストロボには弱いのです。理由は簡単、ここ何年かは使う事が殆ど無いからです。
以前、雑誌や企業広報誌の撮影をしていた時には、頻繁に使っていました。
ナショPと呼ばれていた、ナショナルPE400やPE480SGというグリップタイプで480Vの積層乾電池を使うストロボでした。
b0069507_3115047.jpgこれが、1980年代、プロが使うグリップタイプのストロボのスタンダード、ナショナルPE480SGです。
これを、CANON NEW F1やEOS 1につけて、480V の積層乾電池パックを肩からかけて撮影をしていました。重かったです。
今のようなTTLオートではなく、外部受光素子によるオート調光ですが良く写りました。
一時は、キヤノンも同じものを自社ブランドで販売していました。
このストロボを使わなくなった大きな理由は、480Vの積層乾電池が無くなった事。無くなる数年前には、以前は2000円代後半だった電池の価格が6000円代になり、頭が痛かったです。ちょうどその頃に取材撮影が無くなってしまいました。高くなっていた電池も2008年春には製造中止になってしまいました。
その後は、EOS用の純正ストロボを買い、最新モデルまでいくつか使っていますが、CANONの純正ストロボの調光性能は今ひとつなのが悩みどころです。それに、最高機種はヨドバシカメラでも60000円弱と結構なお値段がします。
ちなみに、経験的に調光性能が高いのは私見ですが、伝統的にNikonの純正ストロボです。
b0069507_4161135.jpg昨年の暮れから始まった新しい仕事は、久しぶりにインタビュー撮影のシリーズ。新幹線移動が多いし、写真を使う目的も大きさもはっきりしているので、カメラもEOS 5DMkⅣからメインを2000万画素のオリンパスPEN Fに変える事にしました。予備は1600万画素のE-M1です。2000万画素あれば、2230万画素の5D MkⅢとそんなに変わりません。
そこで、またまた問題なのがストロボです。オリンパス純正ストロボの調光性能とコストパフォーマンスがいまいちなのです。小型ストロボの問題をブツブツ話していたら、フォトグラファーの川上君が貸してくれたのがNisshinのDi700A+、コマンダー Air1+外部電源パックの3点セット。
Air1を使えば、Nikon用、Canon用、Olympus用が混ざっていても使えるようです。これはMacとWindowsの両方で使えるソフトと同じで便利です。
Nissinそのもと、人気デモンストレーター イルコさんは知っていたのですが、売っているお店も少ないので実物を触った事もありませんでした。
早速テストしてみましたが、結構いけます。
コストパフォーマンスも上々です。

カメラも変わる、ストロボも変わる、時代は変わる・・・



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-31 07:26 | 機材 | Trackback | Comments(0)
リースアップ   1月10日(火)   5919


b0069507_4544187.jpg5年間ご苦労様でした。
2011年にリース開始をした、MacProとMacbookPro15のリースが終了し、本日返却になりました。
MacProは増設したHDを外し、ソフト類をアンインストールして、データー類は完全削除して返却です。
「MacのPC市場におけるシェア、過去5年で最低へ」というニュースを最近読みました。
何でも「2016年12月の、PC向けOS市場におけるAppleのデスクトップおよびノートブック向けOSのシェアは6.1%でした。ここ最近でシェアのピークだった9.6%からはもちろん、前年同月の7%からも下がっています。」(infoWorldから)との事。それに対して、appleのCEOは「素晴らしいディスクトップ」をリリースすると言っています。
そうなんです。このMacProの後に選んだのはiMac27。iMac27にEIZOの27インチモニターを付けて、こちらをメインモニターにして、iMacはサブモニターとして使用しています。
現行のMacProは静止画中心の作業にはオーバースペックで、コストパフォーマンスもあいません。
Mac miniもありますが、本体が少し大きくて、本体内にHDD等が増設でき、メモリーもオンチップだけではなく増設できるデスクトップのPCが欲しいのです。
ちなみに、MASHではMac miniは、プリント出力用に使用しています。
ティム・クックCEOがどんな「素晴らしいディスクトップ」を発表してくれるか、心待ちにしています。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-11 07:26 | 機材 | Trackback | Comments(0)
カンバック エクタクローム!  1月9日(月)  5918


b0069507_23294153.jpgラスベガスで開催されていたCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で、コダックが今年後半にエクタクロームフィルムを発売すると発表しました。
ここ数年でアナログ写真の人気が高まり、プロ用写真フィルムの販売が増加しているとして再導入するとの事です。( プロ用でも使用者の殆どは、アマチュア? )
他にも、Kodachrome magazineという80ページの小雑誌も発行し、その限定版をCESで配布しました。
コダックのフィルム製造量は最盛期より94%も減ってしまい、コダックが2012年に破産宣告を受けたあと、自社のアイディンティティーを探すなかで、フィルムの特徴を見直し、紙媒体の新たな必要性を感じて、コダクロームマガジンを発行するようです。

再発売されるエクタクロームは35mmサイズのみ。日本での発売はアナウンスされていません。
他にも、8mm映画用のSuper8規格のエクタクロームも発売するそうです。
これは、日本では、ほとんど知られていませんが昨年、コダックは映像記録はフィルム、音はデジタル記録 ファインダーは電子ビューファインダーというハイブリッド仕様のSuper8規格の撮影機を発表し、今年のCESで製品版をHands-onさせました。
Super8は1秒間24コマ撮影の、映画規格で撮影すると、フィルム1本で2分30秒しか撮影できません。
iPhoneでも、4K映画が撮れてしまう現在、偉大なるアナクロニズムとでもいって、賞賛しましょうか?
アメリカのメーカーって、独自のマーケッティング理論で製品を発売し失敗する事も結構あるので、これも、そのようにならなければと思うのですが・・・
そう言えば、トランプさんだって「独自」の世界観で、大統領になったので、失敗しなければよいと思うのです。こちらは、失敗されると世界危機です。(ソフトに路線変更を願います。)

さて、35mmも Super8も問題は撮影後の現像です。
35mmのフィルムについては、KodakのWebサイトで世界中のどこで現像できるかを検索できるようにするそうです。
そもそも疑問なのは、エクタクローム用の現像液E6も2014年6月に生産はやめていて、日本のコダック系のラボ、堀内カラーもE6同等のフジの現像液CR56で現像しているのが実情のはずですが、E6現像液も復活するのでしょうか?
日本では、このフィルムが発売された場合の現像は、プロは堀内カラーやクリエイトで現像できます。
アマチュアの方はヨドバシカメラや、ビックカメラ、キタムラに持って行けば現像加能でしょう。
Super8は、今でも発売されているカラーフィルムがネガフィルムだったので、撮影したあとのフィルムをコダックに送り、コダックは現像後スキャンして、そのデーターをクラウドにアップして、ユーザーはデーターをダウンロードするという、方法だそうです。もちろん、撮影後のフィルムは後で送り返されてくるのでしょう。
エクタクロームはポジフィルムですが、8mm映写機なんて中古品だって殆ど手に入らない現在、どうするんでしょう。ネガと同じ方法にするのでしょうか?

いずれにせよ、この35mmフィルムが発売されたからといって、プロの撮影体制には影響がないでしょう。
そもそも、2012年にコダックを倒産させた決定的要因 は「フィルムにこだわりすぎ」と言われていまが、現在はフィルムはニッチな製品と自覚しているようなので、エクタクロームを再発売してもだいじょうぶでしょう。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-10 07:27 | 機材 | Trackback | Comments(0)
少しだけディープな街巡り・・・  12月2日(金)   5880



b0069507_915575.jpg夕方、スイスのスタジオ用大型ストロボ、ブロンの輸入元アガイ商事のショールーム、スタジオで開催されたアガイ商事設立25周年記念の「broncolorでつくる 最新プロフェショナルライティング」発刊記念に行きました。

b0069507_9145352.jpg12月7日に発売されるこのムックに、インタビュー「私とブロンカラー」というセクションには伏見が、「実践ストロボ対ティング口座」には、池嶋と岡安が掲載されています。
内容は、発売されてからのご紹介します。
b0069507_9544046.jpgアガイ商事のショールームは、東京の繁華街のひとつ池袋から10分程の裏町にあります。
閉店した銭湯が残っていました。
池袋は西武グループの本拠地で、東口には西武デパートや西武池袋駅があります。東急ハンズや60階だての高層ビル、サンシャイン60があります。
北口には、ソープ街やラブホ街、西口にチャイナタウンがあります。また東武デパート、東京芸術劇場も西口にありますが、渋谷や新宿に比べて、はるかにディープな繁華街なのです。
東京生まれ東京育ちの私でも、池袋は東京芸術劇場から先は殆ど行った事はないのです。
アガイ商事までの10分は、面白い体験でした。

b0069507_914492.jpgパーティーを早めに抜け出して、次のお座敷は江東区・森下。隅田川のむこう側、いわゆる川むこうで、最近は発展してきましたが、以前はこの区域には隣接する猿江と並んでドヤ街があり、日雇い労働者の街というイメージが強かった地区で、最近まで足を踏み入れた事は無い地域です。
行った目的は、年に数回開催される写真関係者の人達との飲み会で、毎回いろいろな居酒屋で懇親会をします。
本日の開催場所は「山利喜・新館」、山利喜は創業80余年の老舗、そしてこれは看板メニューの「煮込み玉子入り」です。
玉子、ちゃんと茹でた、黄みも固めの煮卵ですが、味がしみこんでいますが、見た目より味は薄めです。これに、バケットのガーリックトーストが2枚付いてきました。
この、一杯だけで飲んべえの人は、お酒が結構進みます。
b0069507_92512.jpg各テーブルの上に置いてある辛い調味料です。
今回は、試しませんでしたが、見るからに迫力満点です。

料理は、だし巻き玉子やガツ刺、焼き豚のハラミ、ハツ等もいただきましたが、どれもかなりレベルは高く大満足でした。

明日は、久しぶりのお休みです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-12-03 10:50 | 機材 | Trackback | Comments(0)
師走突入! カメラ入れ替え。   12月1日(木)   5879


b0069507_450256.jpg本日から、イルミネーションの老舗、表参道欅並木のイルミネーションが始まりました。
今年も、縮小バージョンで欅の木イルミネーションは神宮前交差点~神宮前第二歩道橋間の500m程。その他は、植栽帯(低木)にチョロチョロとイルミネーションがあるだけです。
かってのフルバージョンには、もう戻らないのでしょうか?
最初に表参道のイルミネーションが始まったのが1991年。その時は青山通りから明治神宮の神宮橋交差点まで1Kmのフルバージョンでしたが、交通渋滞や見物客のマナーの問題で1998年まで続きましたが中止になりました。
イルミネーションが休止してから11年後の2009年12月1日に表参道のイルミネーションが復活しました。当時はリーマンショック後の不況で「表参道から日本を元気にしたい」という商店街の人々の熱い思いから復活が実現しました。
復活後もフルバージョンでしたが、東日本大震災後の2011,2012の2年間休止され2013年から再復活しましたが、その時から現在の縮小バージョンになったように思います。
来年こそは、フルバージョンを・・・
欅のイルミネーションは12月25日まで。低木は1月4日までです。点灯時間は日没〜22時まで。 

b0069507_3525920.jpg今年最後の機材更新です。
MASHのカメラ、レンズ類の多くはリースです。
期間は3年が中心。
3年のリース期間が終了すると、1年間ずつリース期間を延長します。
そのサイクルが、何となくEOS 5D系のカメラのモデルサイクルと重なります。
5D系は3年半〜4年でモデルチェンジをするので、3年のリースが終わり、1年間延長した途中にモデルチェンジとなります。という訳で、今日からメインカメラは5DMkⅢからⅣに入れ替えです。これまでのメインMKⅢはサブカメラとしてリース再延長です。これまでのサブカメラだったMKⅡはリースアップです。
今回は、24〜105mmと70~200mm2.8も更新しました。
今回更新したのは、5DMKⅣ+EF24-105mm F4L IS II USMレンズキット、5DMKⅣボディー、5DSボディー、EF70-200mm F2.8L IS II USM、バッテリーグリップ BG-E20x2、バッテリーグリップ BG-E11
今回は5000万画素の5DSも1台導入。5DSは特定の仕事でレンタルする回数が結構多いのでリースしましたが、5DSはこれから3年間のリース期間前半にモデルチェンジされるのではと思います。
b0069507_4285493.jpgさっそく、開封の儀です。
まず、セットするのは日付と時間。
そのた諸々をセットしました。
これで、MASHのカメラは、デジタルバック 8000万画素、3000万画素。35mm系が5000万画素、3000万画素、2200万画素になりました。
MASHは会社で、みんなで頑張っているのでどうにかなりますが、フリーのフォトグラファー、デジタルカメラになって、本当に機材費大変だと思います。3~4年に1回づつ新しいカメラが出て、20〜50万の支出が必要になり、場合によってはPCも変える必要も・・・
フィルム時代のようなモデルチェンジサイクルにはならないでしょうが、デジタルは周辺機器を含めて色々物いりです。




ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-12-02 07:41 | 機材 | Trackback | Comments(0)