カテゴリ:写真世界等々( 1270 )
写真の届け方。   2月26日(日)   5965


プロフェッショナルフォトグラファーの皆さん。写真をクライアントに届ける方法、皆さんどうしているのでしょう?
撮影終了後、写真をクライアントにおさめる事を何とよんでいるのでしょう?
私が育った環境では「納品」とよんでいました。「納品」という言い方には、抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、とりあえず「納品」でいきます。
b0069507_5591757.jpg最近撮影した2つの仕事、両方ともWebでの使用が先行の人物撮影。
しかも、締め切りギリギリで、撮影現場でディレクターが選んだ画像をjpgで収めたり、写した画像を全部jpgで渡したりして納品は済んでいます。
でも、その後の展開を考えてTIFでも納品する必要がある仕事でした。
今日は、その納品準備でした。
そのデーター量ですが、一つは、TIFで50数ギガバイト。もう一つは28ギガバイト。
さすが、5DSは使いませんでしたが、5DMk ⅣでRaw撮影。
MkIIの2200万画素と3000万画素の800万画素の差、結構容量の増え方が大きいです。
毎月あるようなレギュラーな仕事でしたら、ハードディスクでのやりとりもありますが、今回のような、レギュラーでなく、異例な形での納品がすんでいる仕事なので、結局USBメモリーにしました。
コストも少しは考えて、選んだ32GBのUSB2.0のメモリーは1個¥1,980,-  スピードを思えば3.0にしたいのですが、結構お値段が違います。
予想していましたが、やっぱり時間がかかりりました。たぶん、全部で5~6時間かかったと思います。
さて、その納品形態、フィルム時代は4x5等のシートフィルムでは、OKポジのみ。
35mmや中判では、スリーブのままで、人物の場合は、目つぶりや変顔に×をつけて納品していました。
デジタルカメラになり、画素数が大きくなるに連れて、最初はフロッピーディスク→M0→CD→そして今はDVD、Blu-ray、クラウドサービス、独自のサーバー等になっています。
クラウドサービス等のNetでの納品、便利ですが通信環境でスピードが遅いのと、1回の容量の制限もあるので、数十メガバイトの納品になるとちょっと無理があるのが現状だと思います。
大容量ではやりとりはやっぱり、ハードディスクが現実的なのでしょうか?
長期保存となると、最近は磁気テープが再び脚光をあびているようで、HDDの倍以上の耐久性とテープ1本あたりの記憶容量が従来の88倍の220テラバイト(DVD約5万枚分)の凄いテープを富士フイルムがIBMと作ったとか・・・
技術の進歩は凄いです。

そういえば、今日は2月26日。1936年のこの日に、日本初のクーデターが起き、失敗し3日後に鎮圧された事件の日です。
TVを見ていて、ニュースでも全く取り上げられませんでした。ただ一つ、NHKが昭和54年に放送したNHK特集「戒厳指令…交信ヲ傍受セヨ ~二・二六事件秘録~」をNHKアーカイブスで放送していました。
昭和は遠くなりにけり・・・


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-27 07:35 | 写真世界等々 | Comments(0)
本日発売です。 2月20日(月) 5960


b0069507_2104187.jpgここ何年か、時々撮影してるアサヒカメラ別冊の最新号「Mの進化論」の表紙と特集ページの扉を撮影しました。
ちなみに、メカのページの扉は私の4番めのアシスタントだったフォトグラファー川上君が撮影しています。一緒になるのは、たぶん、初めての事だと思います。
さて、今度のムックですが名前からして、なかなか斬新で、内容もEOS M5のある楽しい生活を前面に押し出していて、メカの解説は後の方にあるという、あまりカメラ誌らしくない編集で面白い雑誌です。
この仕事は、打ち合わせから撮影まで土日を入れて4日間、撮影してから雑誌発売まで20日間という、雑誌としても、異例的スピードのお仕事でした。
撮影も雑誌的でフォトグラファーとしては、面白かったです。
編集長の注文は、
カメラがM5なので、今までの黒バックにカメラという調子の表紙にはしたくない。
M5なので、小さく軽くそれでいて本格的なので、旅を意識した表紙にしたい。
この二つだけ。
編集長と私とプロデューサー山内の3人で打ち合わせて、外出を象徴する帽子を入れようという事にしました。
あとは、全ておまかせです。
こういう撮影では、スタイリスト選びがキーポイントになります。
この本の想定読者層の事が理解できる、ベテランのスタイリスト徳永さんにお願いしました。
打ち合わせした内容をスタイリストさんに伝え、後はスタイリストさんのセンスに運をまかせます。
普通は、撮影前にスタイリストさんと会って打ち合わせをします。時間とお金に余裕のある広告系の撮影では、時には集めた小道具のチェックをするなんていう事もありますが、今回は時間が無いのでプロデューサー山内がまとめた打ち合わせメモをスタイリストさんにメールして、細かなニュアンスは電話での打ち合わせ。
私は、撮影までの4日間、いつものPEN-Fに変わり、M5を傷を付けないようにぶら下げて日常使い。使いながら表紙イメージを膨らませます。
背景を考え、フレームを考え、配置を考え、ライティングを考えます。
撮影当日は、まずスタイリストさんが集めたものをチェックします。一番ドキドキする瞬間です。
良い物を集めてくれて、ほっと一息。やる気が増します。
後は、考えたイメージ通りにセットを作り、テスト撮影をして編集者にチェックをしてもらいます。
今回は、最初のライティングの影が「夏」過ぎるという注文が出て、少し柔らかいライティングに変更、色温度を調整してセピア調の暖かい調子にしました。
M5のストラップは、最初は純正をつけていましたが、ちょっと重い感じなので編集者が自分のカメラに付けていたストラップが、良かったので、それに付け替えました。
表紙の撮影は無事に終わり、後は扉の撮影です。
背景を壁に見立てて撮影しようというアイディアは、現場での編集長のアイディア。
直ぐに、セットを作り直しライティングを変更しました。
撮影は、スムーズに終わり、その場でTIFにして編集長に渡して終了。今回はノーレタッチです。
カメラはEOS 5D MkⅣ、M5本体にはピントが来て、背景はボケるようにレンズはSIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSMの望遠系マクロを使いました。
本日発売です。近くの書店で、ご覧になってください。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-21 07:34 | 写真世界等々 | Comments(0)
楽あれば苦あり・・・   2月9日(木)  5949


b0069507_6245871.jpgデジタル撮影、撮影が終われば必ず何らかの作業があります。
デジタルカメラで育ったフォトグラファーは、そんなの「あたりまえ」って言うでしょうが、フォトグラファー生活の2/3近くをフィルム撮影で過ごしてきた私には、撮影後の作業は「苦痛」です。
特に、今、続いている企業冊子系の撮影は、色々な現場で撮影します。
広告系の撮影ですと、ロケハンをしてライティングを考え、ディレクターが明確な目的を示し、アシスタントも同行しての撮影となり、ギャラも安くなったとはいへ、少しはいただけますが、企業等のエディトリアル系の取材撮影では、結構大変です。
アシスタント君も、若いフォトグラファーの大きな仕事の方に付けるので、この種の撮影では、全て一人で対処する事が多くなります。ディレクターとの撮影では無く、ライターや編集との撮影で、ロケハンも無く、現場の情報は少ない事も多く、現場での撮影の裁量は大きいので、フォトグラファーとして撮影は楽しいですが、撮影状況によっては後処理の役割も大きくなります。
もちろん、専門のレタッチャーに後処理をお願いする予算は無く、フォトグラファーとして満足する仕上がりにするには、それなりの時間がかかります。プロなので、全体のギャランティーを考えて、ギャランティーに見合う作業にしないと、時給に換算すると、最近人出不足で時給が高くなったコンビニのアルバイト代より安くなってしまいます。モノを作る人間としての良心と、「仕事」としての割り切りのバランス必要です。
やっと、一つ終わりました。明日からはもう一本の作業開始です。撮影から納品まで時間がある仕事なので、助かっています。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-10 07:25 | 写真世界等々 | Comments(0)
合掌 おヒョイさん。 2月4日(土)  5944


b0069507_0235534.jpgおヒョイさんと呼ばれて親しまれた藤村俊二さんが、御逝去されました。
10年近く前に、一度だけ撮影させていただきましたが、撮影していて楽しくなる方でした。
私は、人物写真専門でもなく、若い頃は雑誌の表紙を何誌か撮影していましたが、その後雑誌の仕事は殆どしていませんが、それでも俳優さんや、タレントさん等を写す事はあります。
そんななかでも、藤村さんは印象に残るかたでした。チャンスがあったら、もう一度撮影させていただきたいと思っていました。カメラの前でも本当に自然体、お話の内容はオシャレでした。今、TVの地上派を席巻している「芸人」と呼ばれる人達とは違い、品を備えた方で、しかも多方面に才能を発揮する方でした。
今の日本の広い意味での社会状況を思うと、二度と現れないタイプの方かもしれません。残念です。ご冥福をお祈りします。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-05 07:30 | 写真世界等々 | Comments(0)
入会手続き    1月24日(火) 5933


b0069507_4565520.jpg夕方、大山謙一郎さんと、JPS・公益社団法人日本写真家協会の入会希望者の推薦はんこう押し。
入会受付締め切りは、今月末です。
事務所で作品を見て捺印。その後、居酒屋で前祝いとなりました。
JPSの入会推薦者は2人。
一人が、推薦文を書き、どちらかというとメインの推薦者になります。
メイン推薦者になると、推薦した入会者が会費滞納をすると、支払うように催促する役目をしたりします。それなりに、責任はあるのです。
今日推薦したのは、以前私のアシスタントをしていたフォトグラファー。
これから、推薦文を書かなければ・・・
b0069507_5294412.jpg午後は、顧問弁護士さんの事務所で色々相談。
MASHでは、受ける方も、出す方も、全ての契約書類は顧問弁護士さんにチェックしてもらいます。
写真の無断使用や撮影契約違反、はては、事務所の水漏れ事故まで、顧問弁護士さんに活躍してもらっています。
法律的な事と健康に関する事は、専門家に任せるのが一番です。
「生兵法は大怪我のもと」という諺、本当です。

定点観測中の「四谷ヒルズ」クレーンや杭打ち機の数が増えてきました。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-25 07:30 | 写真世界等々 | Comments(0)
年に1度の・・・  1月20日(金)    5929


b0069507_329448.jpg今日は、年に1度の日。
APA・公益社団法人日本広告写真家協会の会議集中日です。
全国の支部の支部長、地方在住の理事も東京に集まり、朝9時40分から、新入会員入会審査、業務役員会、理事会、賀詞交換会の20時終了までという特異日でした。
効率は良いですが、疲れます。
b0069507_3402685.jpg18時から、内幸町のプレスセンター アラスカで賀詞交換会。
12月のJPS・公益社団法人日本写真家協会の会員相互祝賀会に始まる写真業界の年末年始の行事も今日で終わりです。
さて、今日の東京寒かったです。
今日の東京の寒さ「札幌より寒い。寒さの質が違う、苫小牧の寒さに似ている」とは札幌在住の理事の感想です。
1日中会議だったので、雪が降ったのを見られませんでした。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-21 07:30 | 写真世界等々 | Comments(0)
疑似編集&レイアウター   1月17日(火)  5926


b0069507_5374856.jpg今日の午後は、JPS・公益社団法人日本写真家協会会報164号の編集作業に集中でした。
私の担当は、賛助会員トピックスというページで、JPSの法人賛助会員からのトピックスを掲載するページです。
あらかじめ、字数と写真枚数等を指定して賛助会社さんにトピックスを募集します。それをJPS事務局到着順に、送られてきた文章には全く手を加える事なく掲載するのですが、掲載は無料なので最近人気がでてきて、応募社数が多くなり、レイアウト作業はそれなりに大変です。
使うソフトは、アドビ・インデザインです。詳しい使い方を知らなくてもそれなりのレイアウトができてしまうのが、凄いです。
写植、トレスコ(若い人は?だと思います。)を知っている世代の私としては、昔はレイアウターがやっていた仕事を、フォトグラファーができてしまうソフトウエアに感慨深いものがあります。
以前、デジタルのDTPソフトといえばクォーク・エクスプレスが定番でしたが、価格と日本語開発の遅れから、今はインデザインが主流です。
私はこの作業を、ワードでしていたのですが、インデザインがリリースされて、すぐに使い始めました。
最初は、ワードに比べて設定が細かく編集、レイアウト用語も多く戸惑いましたが、わからない事があると、Webで調べながらどうにか作業をしています。インデザインもバージョンが上がる事に使いやすくなっています。
JPSの広報委員になっていなかったら、インデザインなんて使う機会は無かったとおもいます。何でもやってみるものだと思います。
b0069507_6272387.jpg数時間の編集作業を終えて外にでると、御同輩が仕事中でした。(ちょっと三脚細いかな〜 ウエイトつけなくてだいじょうぶかな〜)
寒いなか、ご苦労様です。
それこそ、フィルム撮影だったら、きちっとした写真が必要な、夜の建物や店舗の外観撮影は大事でした。
それが、高感度・高画素の現在のデジタルカメラだと、いとも簡単に撮影できて、後はフォトショップでちょっと処理すればOKです。
仕事の撮影では、エクタクロームが再販売されようが、コダクロームの復活が噂されようが「そんなの関係ねぇ~!!」です。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-18 07:29 | 写真世界等々 | Comments(0)
 新年会   1月13日(金) 新年会  5922


b0069507_91920.jpg忘年会より少ない新年会ですが、今日はJPS・公益社団法人日本写真家協会の新年会でした。
場所は、ちょっと気取ってダイヤモンドホテル・・・
ダイヤモンドホテルはJPS事務局の直ぐそばにある、1952年開業の老舗ホテルです。
ホテルで新年会というと、豪勢に思われるかもしれませんが「おつまみ DE バイキング」という、お一人様3,000円(税別)という2時間飲み放題コース。笑笑より安いです。アルコール類は各種揃っていますが、ビールはビールでは無く発泡酒の麦とホップです。
お料理は、ビュッフェスタイルで、ホテルなので洋風が中心ですが、中華もあってまずまずです。
1年に1回だけ¥10,000,- このての懇親会にJPSから補助がでるので1人¥2,000,-ちょっとの個人負担でした。
ささやかな楽しみです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-14 09:56 | 写真世界等々 | Comments(0)
スタート  1月5日(木)  5914


b0069507_683886.jpg今日から、MASHもスタートです。
まずは、モニターとプリンターのキャリブレーションから・・・
基本中の基本です。
フィルム時代のカラー現像所は、年明けの現像は、年末に現像機を止めるので、どうしても仕上がりの色が停止前と若干異なりました。
デジタルですと、キャリブレーションを定期的にとっていると、色の違いはでません。
化学と物理の差です。
キャリブレーションは基本の基です。
b0069507_6213822.jpgスタジオはホリ塗りからスタート。
スタジオのホリゾントは、無限の可能性を秘めたスペース。
今年は、ここからどんな作品ができるのでしょうか・・・
b0069507_6294288.jpg原宿の事務所は、明治神宮のそばです。
まだまだ、初詣の人で大賑わい。
いつもと違い、横断歩道を渡る人達は「大人」と男性が多いです。仕事がらみの初詣が多いのでしょう。
b0069507_6302572.jpg夜は、新宿の山形牛の焼肉屋でコアメンバーで新年会。
b0069507_6333936.jpg牛の握りうまかったです。
山形牛でパワーをつけて、これで1年がんばれます。
b0069507_64425100.jpgというわけで、今年もよろしくお願いします。
本日出席できたのは、前列左から、営業・岩佐、スタイリスト・水嶋、私、プロデユーサー/フォトグラファー・飯島、フォトグラファー岡安、スタイリスト・笹子、プロデユーサー・山内、コーディネーター・岡本、マネージャー・多比良、ヘアメイク・大門、アシスタントフォトグラファー・堀内、営業・北川、フォトグラファー・池嶋です。
一本締めで、今年のスタートです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-01-06 07:42 | 写真世界等々 | Comments(0)
やっと開放!  12月30日(金) 5908


b0069507_353645.jpg3大画像処理ソフトがOLYMPUS OM-D E-M1MkⅡのRawデーターに対応しました。
これで、やっとオリンパス純正ソフトから開放されます。(オリンパスさん、ごめんなさい。)
ただし、キャプチャー ワンは新しくなったPro10が対応しているので、9を使っているMASHはアップグレードしなければ、使えません。(チャリンとレジスターの音がします。)
Camera Rawが対応したので、ブリッジからも、LightroomCCからも現像ができるようになり、大助かりです。
私は、JPSの説明会のために11月下旬から2週間程、先行してE-M1MkⅡを使ったのですが、その時はオリンパス純正ソフトしか対応していませんでした。感想は・・・ 3大ソフトの偉大さを実感しました。
b0069507_3295360.jpg本日の午後、スタジオに出て、昇降機の修理をしました。
MASHのスタジオは地下にあるので、荷物を運ぶために設置したのが、建築現場で屋根に瓦等を運ぶためのリフトを改造した荷揚機です。
28日の作品撮影で、訳ありで、ワイヤーがこんなになってしまいました。
29日は、東北だったので本日修理。1時間程で修理できましたが、ワイヤーがかなり傷んでいるので、年明けには交換しようと思います。
こんがらかったワイヤーは修理できますが、こんがらかった人生は多くは修理できません。なんて事を思いました。(^_^;
b0069507_348049.jpg時間は遡り、夜中です。
東北被災地撮影から戻り、直接東京オート洗車中野店へ。
今年最後の入浴です。
年末の東京オート洗車は混んでいます。
アルバイトさんの数も増えるので、思ったより待ち時間は短いですが、仕事が若干粗くなる事も・・・
まっ、いいか。寒いなかご苦労さんです。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-12-31 07:15 | 写真世界等々 | Comments(0)