シミュレーション 9月5日(金) 1628


b0069507_4485557.jpg今日は来年の1月の仕事のシミュレーションを、三次君をヘッドに若者3人がしています。
この仕事は私の(最初は私ですが今はMASH)一番長く、25年以上続いている大切な撮影なのですが、来年から、こちらはそうはしたくないのですが、デジタル化をしなければならなくなりました。四半世紀使い続けたポラロイド8x10フイルムがついに今年手に入らなく(生産中止)なったのです。
仕事としては「単純」な仕事です。
ちょっと前に人気ブロガーのYodaさんがブログ上でしていた「表紙」遊びなのですが、こちらはポラロイド8x10フイルムでアメリカの世界的週刊誌の出版社の日本支社開催のNew year partyで撮影していました。招待されたお客様を撮影しその週刊誌の表紙にしてお渡しする・・・・
お客様はその週刊誌の価値がわかる人達なので、とても喜んでいただきクライアントもそのためには「高コスト」なのですが、四半世紀以上続けていて、毎年あそこのパーティーに行けばあの写真をうつしてもらえるという、名物みたいな催しものになりました。もう何年もこのパーティーにいらして、毎年の写真をオフイスに飾っていらっしゃる方もいますし、今年は、あのお客様いらっしゃらないなと思ったら、亡くなられていたという事もありました。
撮影する方は、ポラロイド8x10フイルムで1枚だけなので、目つぶりがないように、いい表情が写せるように、短い間でリラックスしてもらえるように、ポートレート撮影の要素をすべて駆使して一人1分以内で撮影しなければならないので、フォトグラファーとしては鍛えられるしごとなのです。
お客様も、ポラロイド8x10フイルムの特徴を理解なさって、世界で一枚しかない「表紙」を楽しむイベントなのです。
遊びが遊びたる理由は遊びがわかる人が遊ぶからです。
そして、この遊びの肝はポラロイドフイルムなのですが、それがなくなり、遊びの要素は少しへりますが、来年からはデジタルで「似たような」ものを作るべく、シミュレーション中なのです。
デジタル化すれば、より本物に近いものができるでしょう。でもそれでは「遊び」ではなくなり、イミテーションになってしまいます。ポラロイド8x10フイルムという究極のアナログフイルムを使った、デジタルには無い、ユルユル感、隙、といったものが「遊び」の要素なのだと思います。
無くなってしまったものを、いつまでも悲しんでいてもしょうがありません。
デジタルでは、デジタルならではの「遊び」の要素がやがて見つかるでしょう。

 ブログランキングへ参加中です。クリックよろしくお願いします。
by mash_boss | 2008-09-06 04:40 | 撮影準備 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/9442235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AAA at 2008-09-06 07:08 x
× シュミレーション
○ シミュレーション
ですね。
Commented by mash_boss at 2008-09-06 08:18
AAAさん、ありがとうございます。
Commented at 2008-09-06 19:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mugnum-yoda at 2008-09-06 19:34
TIME LIFEの写真の教科書で
初学を勉強した僕にとっては
TIMEは存続を願いたいです。

PLAYBOYのように
大好きな雑誌が無くなると寂しいですからね!

TIMEのサイトを見ると過去の表紙が
並んでいて楽しくて時間を忘れます。

繰上さんあたりが勢いがなくなってから
アメリカ風の光の捉まえ方した
写真が日本の雑誌から無くなったのも寂しいです。
<< 十三の姉ちゃん。9月6日(土)... 写真仲間 9月4日(木) 1627 >>