コンデジ修理。1月25日(金) 1408


b0069507_321929.jpg久しぶりにコンデジを修理に出しました。
落下事故で沈銅式のレンズが出なくなってしまったLumix DMC-FX07です。
Canon,Nikonなら修理得意なんですが、パナソニックのカメラだと修理に出すメーカーさんの窓口ががすぐに浮かんできません。
そこで、有楽町のビックカメラに出してみました。
「修理期間は2週間程かかります。」との事だったのですが、修理上がりの電話があったのはたった2日後でした。
修理というより写真のように、レンズ部分のユニット交換でした。精密機器なのでユニットごと交換したほうが精度が保てるのでしょう。
修理を出す時に、前金¥1,000,-を払い、合計は¥18,165,-でした。基幹部分だけあって結構なお値段です。
こんど、暇な時に交換された部品、分解してみようと思います。

 ブログランキングへ参加中です。クリックお願いします。
by mash_boss | 2008-01-26 03:36 | カメラ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/7980610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Dark at 2008-01-28 12:26 x
僕は昨年富士のF700というコンデジを子供が「レンズをのばしたまま」落っことして修理となりました(泣
修理代は忘れもしません、1万円でした・・・。
<< 甘いけど甘くない撮影 1月26... 始まりまじまり・・・ 1月25... >>