プチNAVI比較 9月6日(木) 1243
b0069507_424740.jpg

今日は午前中、打ち合わせに横浜の港北地区にあるクライアントへ8月23日に納車されたハイエースで行きました。ハイエースを選んだのは、ナビの性能を比較するためです。
ナビ後進国のMASHは、今夏2台のナビを導入しました。なぜ、ナビ導入が遅れたのかの一因に、人間ナビ、アシスタント君がいるからです。たとえば、ロケに行く時にはロケ場所までのルートを「修行」の一環として、前もってアシスタント君が調べておくからでした。
とは言え、ハイエースの導入にあたり、トヨタ純正ナビのなかで一番シンプルでリーズナブルな価格のNDDN-W57を付けました。上左の写真です。一方、S124 にはSONYのポータブルタイプのNV-u1を導入しました。上右の写真です。
NDDN-W57はDVDナビでジャイロ、車速パルス検知、FM多重VICS。
NV-u1はメモリーに地図を入れておくポータブルタイプナビで、車に取り付け工事が必要なジャイロ、車速パルス検知が無い変わりに、SONYが開発した自車位置をハイブリッドで測位するという「ポジションプラス」付、FM多重VICSが無い変わりに、オプションのビーコンVICSユニット付。
感想1:大都会、高層ビル建ち並び、高速道路の高架線が入り乱れ、地下パーキング多数の東京中心部は、NAVIにとっては鬼門です。
感想2:高速道路上では、ビーコンVICSユニットはマストです。ビーコンVICSユニットが付いたNV-u1は、素早く的確に渋滞回避をしてくれますが、FM多重VICSのNDDN-W57は渋滞は知らせてくれるものの、渋滞回避はしてくれないようです。
感想3:矛盾的ですが、新宿周辺の大渋滞地域では、ビーコンVICSユニット付のポータブルタイプのNV-u1は全く使い物にならず、「迷うための道具」のようです。つまり、大都会の幹線道路が交錯する地域では、ビーコンVICSの情報が多すぎてナビ本体のCPUが処理仕切れない感じです。
感想4:ジャイロが無いせいでしょうか、NV-u1の立ち上がりは遅く、車が動き出して数分してから、やっとナビが動き出すという事もたびたびです。これは、初めての地点では苦しい事です。その点、NDDN-W57は車が動き出した瞬間から反応します。

やっぱり、台風情報と同じで、米軍がもうチョット詳しい位置が測定できるGPS情報を開示してくれたら、だいぶ問題は解決するのでしょうが、今の性能のナビだけに頼るのは問題ありのようです。助手君NAVIはまだまだ必要なようです。
今週末は、仙台のヨドバシカメラの撮影会のために、仙台でナビ付ハイエースを借ります。地方都市での純正ナビの性能を実感できます。また、今月下旬には、石川県の阿久津温泉までS124 で出かける片道500Km+のロケがあります。NV-u1の性能をたっぷり試せます。

 ブログランキングへ参加中です。クリックお願いします。
by mash_boss | 2007-09-07 04:55 | | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/7407671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 中越典子 映画でのリアル.. at 2007-09-08 20:07
タイトル : 中越 典子 映画『ストロベリーショートケイクス』でのリア..
中越典子 映画でのリアル顔射シーン! 中越典子 画像,中越典子 ブログ,中越典子...... more
Commented by でんきがま at 2007-09-08 12:13 x
bossはロケの時は自分で運転されるのでしょうか?
Commented by mash_boss at 2007-09-10 06:45
でんきがまさん、運転嫌いな方ではないので、運転していて面白い車の場合は自分で運転する方が多いです。つまり、S124 の時は自分で運転する方がい多いです。
<< 色々準備 9月7日(金) 1244 ライティング 9月5日(水) ... >>