月光&モノクロ写真 4月6日(金) 1038


b0069507_4421042.jpg昨日、久しぶりにピクトリコのS君が新発売のモノクロ用インクジェットペーパー「月光」のA3ノビを2種類「レッドラベル」「ブルーラベル」と新しいA4のカラー用のインクジェットペーパーを持って遊びにきました。
「月光」サンプルプリントを見る限り「モノクロこれでOKジャン、言うこと無し!!」です。特に「レッドラベル」、ベースとなる紙は輸入品だそうで、若干クリーム色がかった白でとても良い感じです。
銀塩でこのての厚手の紙を使った印画紙で引き延ばしをして、きれいなプリントを創るとしたら、良い伸ばし機、確かな腕、良い現像液、水洗用の膨大な水が必要です。(デジタルは環境にも優しいのです。)残念ながら、私にはバライタの良い印画紙を使い切る「腕」はありません。
こういうインクジェットペーパーが出ると、プリントでの表現が見直され、モノクロの展覧会も盛んになるのではないでしょうか。
レッドラベルを使用したかったのですが、対応しているEPSONのPX4000は、現在殆ど動いていないので、Canonの9900にも対応している、月光「ブルーラベル」でヌード写真をプリントしてみました。
今回プリントした写真はKodak BW400CNフィルムを使用し、ハッセルブラッドで写しポラスキャン120でスキャニングしたデータを使用しました。微粒面の上にプリントされた、ヌード写真、PCのモニターでは絶対に表現できない「質感」です。
その1番簡単な理由は、微粒面のペーパーにプリントされた画像は、微粒面のわずかな凹凸による3次元の表現になるのです。
レッドもブルーも今度発売される顔料インクのCanon Pixus Pro9500もOKだという事なので、楽しみが一つ増えました。

ブログランキングへ参加中です。クリックお願いします。

by mash_boss | 2007-04-07 05:13 | 機材 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/6701683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 1-kakaku.com at 2007-05-15 18:11
タイトル : PIXUS PRO9500
10色顔料インクにより耐候性に優れたプリントを実現 新製品はいずれも、高密度プリントヘッド技術「FINE(Full-photolithography Inkjet Nozzle Engineering)」をベースとして、さらなる高画質化を実現するとともに、再現性、操作性、デザインのあらゆる面でデジタル一眼レフカメラEOS DIGITALシリーズとの調和性・親和性を追求したモデル。 EOS DIGITALシリーズのRAW画像閲覧/編集ソフトウエア「Digital Photo Profess...... more
Commented by mugnum-yoda at 2007-04-07 15:13
ライトルーム世界が一段と広がって来たのですね!
月光!懐かしい響きです。ヨドバシで買うのは照れくさいな〜

最近、モノを買うたびに、どう使うのどう使うのと、聞かれ過ぎ〜
でも、一般に知れ渡った用途じゃなく使うのは楽しいです。
Commented by k2dmd at 2007-04-07 19:41
ピクトリコが月光ブランドでモノクロ用ペーパーを出す話はきいていましたが、
楽しみがまたひとつ増えました。
<< B級グルメの旅 しんみち・曙橋... 春の便り 4月6日(金) 1037 >>