休みの事務所 9月18日(月・敬老の日) 6169

b0069507_02455750.jpg連休の最後の午後は事務所に出て、明日から来る新アシスタント君2人目のための準備とアサヒカメラ用のデーター準備。
誰もいない、電話もかかってこない事務所で、Netflixの軽めのドラマを「ながら見」しがら作業をするのは、落ち着きます。
ついでに、冷蔵庫にあったエビスビールの夏限定The Hopというビールをいただきました。

という訳で、数ヶ月間に渡って、アシスタント君を募集していましたが、ほぼ同時期に2人確保できました。
デジタルになり、写すのは簡単になりましたが、その代わり「後始末」の時間はフイルム時代よりはるかに時間がかかります。
今、アシスタント君をしている人達は、これからは仕事では99.9%フィルムに触る事も見る事も無いはずです。
フィルム時代と比較した話をしても、同感してくれるフォトグラファーは10年か15年、20年もすれば全くいなくなるでしょう。
kodakがエクタクロームを2018年に再発売するらしいですが、経済原理からすれば「ちょっとな〜」と疑問です。1本の値段を相当高くしないとやっていけないはずです。
後10年、写真用フィルムは残っているのでしょうか? 
映画用フィルムは残っているかもしれないので、映画用フィルムを使ってライカができたように、先祖帰りで写真は映画用フィルムを使うようになるかも・・・ なんて事をアシスタント君の書類を作りながら、ビールを飲みながら、妄想していた本日の午後でした。
まあ、その頃は天国か地獄かはわかりませんが、私は別の世界から人間世界を覗いていると思います。


by mash_boss | 2017-09-19 07:30 | 日常生活 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/27124028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kook at 2017-09-19 08:09 x
その昔、トライXの長巻をパトローネに詰め替えていた頃を思い出しました。
<< 今日からプリント 写真展 §6... 久しぶりの六本木ヒルズ 9月1... >>