楽あれば苦あり・・・   2月9日(木)  5949


b0069507_6245871.jpgデジタル撮影、撮影が終われば必ず何らかの作業があります。
デジタルカメラで育ったフォトグラファーは、そんなの「あたりまえ」って言うでしょうが、フォトグラファー生活の2/3近くをフィルム撮影で過ごしてきた私には、撮影後の作業は「苦痛」です。
特に、今、続いている企業冊子系の撮影は、色々な現場で撮影します。
広告系の撮影ですと、ロケハンをしてライティングを考え、ディレクターが明確な目的を示し、アシスタントも同行しての撮影となり、ギャラも安くなったとはいへ、少しはいただけますが、企業等のエディトリアル系の取材撮影では、結構大変です。
アシスタント君も、若いフォトグラファーの大きな仕事の方に付けるので、この種の撮影では、全て一人で対処する事が多くなります。ディレクターとの撮影では無く、ライターや編集との撮影で、ロケハンも無く、現場の情報は少ない事も多く、現場での撮影の裁量は大きいので、フォトグラファーとして撮影は楽しいですが、撮影状況によっては後処理の役割も大きくなります。
もちろん、専門のレタッチャーに後処理をお願いする予算は無く、フォトグラファーとして満足する仕上がりにするには、それなりの時間がかかります。プロなので、全体のギャランティーを考えて、ギャランティーに見合う作業にしないと、時給に換算すると、最近人出不足で時給が高くなったコンビニのアルバイト代より安くなってしまいます。モノを作る人間としての良心と、「仕事」としての割り切りのバランス必要です。
やっと、一つ終わりました。明日からはもう一本の作業開始です。撮影から納品まで時間がある仕事なので、助かっています。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2017-02-10 07:25 | 写真世界等々 | Comments(0)
<< 吹雪?  2月10日(金)5950 ジーンズ系禁止  2月8日(水... >>