復習大切です。!!   11月20日(日)  5868


b0069507_303847.jpgこんな本を頂きました。著者は宙玉レンズの上原ゼンジさん。
デジタル写真の諸々の知識、私のような、勉強嫌いで、その上非数学的頭の持ち主で、実践上で覚えたり、周りにデジタル画像処理の凄い人達がいて「門前の小僧習わぬ経を読む」的に覚えた人間にとって、基礎を確認し再チェックをするには、とても良い本です。何事も、基礎がしっかりしていないといけません。今になって、復習の大切さを感じます。
タラレバの話になってしまいますが、小学校、中学校時代に予習・復習がちゃんとできていれば、人生変わっていたかもしれません・・・

著者の上原ゼンジさんと、監修者の庄司正幸さんとは、今から12年程前にAPA・公益社団法人日本広告写真家協会が主体となって作った「印刷入稿のためのRGB画像運用ガイドブック」2004年版と。その後の2007年版という小冊子の制作に関わった時にご一緒しました。
私は、APAの役職上名前を連ねただけなのですが、その他の皆さんは、デジタル撮影、印刷のエキスパートで、お話をきいているだけで、勉強になりました。
上原さんとは、その後、NPO法人 日本の写真文化を海外へプロジェクトの写真展でお会いし、その時に宙玉レンズを見せていただきました。
「印刷入稿のためのRGB画像運用ガイドブック」は、sRGBかAdobeRGBか、RGBかCMYKか・・・ デジタル写真が一般的になってきた頃、今では考えられない、デジタル撮影による印刷上の色のバラツキが出ていた時期があるのです。それを、編集者やデザイナーから、みんなフォトグラファーのせいにされてしまう「暗黒」の時期が少しだけあったのです。何でもかんでもフォトグラファーのせいにされてはたまらん、ちゃんとしたワークフローを作って、デジタル撮影時にフォトグラファーのやるべき事を決めようと、フォトグラファー自身にと、後工程の作業する方達に提案した、ガイドブックです。
その後、わずか10年でフィルムは殆どなくなり、写真=デジタル撮影になり、色もちゃんとでるようになった現在です。
「印刷入稿のためのRGB画像運用ガイドブック」基礎中の基礎として、今、当たり前に行われている事が書かれています。
デジタルカメラでフォトグラファーになった方は、一度ごらんになるといいかもしれません。

「印刷入稿のためのRGB画像運用ガイドブック」
2004年版はココからダウンロードできます。
2007年版はココからダウンロードできます。



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-11-21 07:29 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/26394461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東京紅葉見ごろです。 11月2... プロ向け機材の違い・・・ 11... >>