チョット気になる・・・Ⅱ  10月1日(土)   5820


b0069507_335440.jpg最近、こんな物のカタログいただきました。
何と、最長7.5mの撮影用ロッドです。
伸縮棒とでも言いましょうか、この棒の先にカメラを付けて、リモート撮影をします。
TV通販でちょくちょく見る、高いところの樹木を切る、はさみみたいです。
手元のモニターで撮影したカット、あるいはリアルタイムで画像が見られるのは、デジタルカメラならではです。
この、発想は昔からありました。でも、実用的になったのは、デジタルカメラになってからです。
b0069507_3192119.jpg「昔からあった発想」の一コマ。
1964年東京オリンピック開会式のクライマックスにとっか現れた3台の「リモート」カメラ・・・
当時、TV中継を見ていて、ビックリしたのを覚えています。青空を背景に、最終聖火ランナーが聖火台に火をつけるせっかくの見せ場なのに、何だこれは、カッコ悪いと、子供心に思いました。
その後、どういう訳か、棒の先のカメラで撮影されただろう写真は見た事がありません。よく写ってなかったのか、はたまた、この撮影方法が掟破りで禁断の写真になったのでしょうか・・・
ちなみに、この時使われたカメラは、Nikon SP モータードライブだったと聞きました。

長いロッドを使うときは、諸々気をつけないと、やっかいな事になりそうな、現代です、



ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。

by mash_boss | 2016-10-02 08:19 | 機材 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/26241669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋晴れでした。   10月2日... 四代目・・・  再びアシスタン... >>