いい場所みっけ。  8月11日(木・山の日)  5739


b0069507_1305314.jpg今日、ほんと〜に、久しぶりに自分で洗車しました。
何故かというと、購入した車屋さんがCar Beauty PROというコーティングをサービスでしてくれたのですが、コーティングを長く(1年)持たせるには、専用のトリートメントシャンプーで洗うと効果があるというのです。
そして、機械洗車はコーティングを長く持たせるにはNGとも言われました。というわけで、この車になって2回行った、いつもの東京オート洗車でもオプションの「手洗い」を+1,000,-で頼みました。
いつかは、専用のトリートメントシャンプーで洗車したいと思っていたのですが、スタジオの駐車場には水道がないし、なかなか車を洗える場所がありません。
郊外にあるような洗車場は都心には無いし、どうしようかと思っていたら、首都高速の子会社が運営している駐車場には洗車ブースがあって、誰でも使っていいとWebに載っているのを発見!
さっそく、本日行ってきました。そういえば、日比谷公園の地下駐車場で「洗車」という文字を何回か見かけなしたが、今までは全く意識外でした。
洗車ブースがある首都高速運営駐車場は都内に4つあるのですが、今日行ったのは、海岸通りの首都高の地下にある汐留駐車場。中央区と港区にまたがる大きな地下駐車場です。
455台駐車できる駐車場のB2の端っこに洗車スペースがありました。洗車スペースは7〜8台分あるのですが、一般が使えるのは2台分だけ。あとはハイヤー会社2社分の専用スペースになっていました。
B2は、定期契約者中心のフロアーらしく、休日の今日は黒塗りのハイヤーばかりが駐車していました。休日なので、法人相手のハイヤーは暇なのでしょう。
一般用の各ブースには、長いホース付きの蛇口と、短いホース付きの蛇口があります。それと、車の屋根の上を洗うときに使う、ビール瓶用のプラスティックの箱が2〜3個ありました。バケツやタオル類、スポンジ等は持参しなければなりません。
ハイヤー会社専用の洗車ブースには、洗剤やワックス、脚立、タオル等が置いてありました。
洗車は1時間弱で終了したので、1時間分の駐車場代420円を払っておしまい。安い、空いている、夏なのに太陽直射ではない等々いろいろ便利です。
b0069507_217959.jpg洗車のあとは、遅い昼食兼早い夕食で、2020東京オリンピックの国立競技場前の千駄ヶ谷のホープ軒で、ワンタン麵のワンタンWを頂きました。
ホープ軒のラーメン、油が多いので、食べる回数は1年に数回に制限しています。
今日は、この後に誰にも会わないので、おろしニンニクをたくさん入れてしまいました。
b0069507_2414970.jpgホープ軒の前の「今」です。
塀のむこう側は、国立競技場でした。つまり2020年には、ここに新国立競技場ができるあがっているのです。
塀の上に見える金網は、神宮第二球場のバックネットです。
旧国立競技場でJリーグの試合後やイベントがあった後、ホープ軒は賑わっていました。現在は、神宮球場でヤクルトの試合の後には混みます。
ホープ軒、今はまだ外国人観光客は少ないですが、2020東京オリンピックの時には、お店がどんな状態になるか楽しみです。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-08-12 07:46 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/26100598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お盆休み  8月12日(金) ...  まただ〜!    8月1... >>