オリンピック平和   8月6日(土)   5734


b0069507_6155321.jpgリオデジャネイロオリンピックが始まりました。
色々問題はあるようですが、やっと開催にこぎつけたという感じです。
やはり、開会式のTV中継を見ているとオリンピックって良いものだと思ってしまいます。
オリンピックに関しては、世代間の意見がわかれます。私のように1964年の東京オリンピックの記憶が鮮明な世代と、全く記憶の無い世代とでは、2020年の東京オリンピックに関する期待度は全く異なります。
1964東京オリンピックの時は太平洋戦争敗戦から、わずか19年。この歳になって思うのは、焼け野原だった東京から20年もしないうちに、よく開催できたと感心してしまいます。それだけ、経済成長が著しかったのでしょう。
1964東京オリンピックはキューバ危機から2年、ベトナム戦争へアメリカが軍事顧問団を本格的に送り始めた頃でした。
当時のカメラはNikon Fモータードライブ付きが主流。そして85〜250mmの大きなズームレンズが目立っていました。残念ながらCanonはまだまだでした。
そして今年のリオオリンピック、ISによるテロの拡散、ヨーロッパはそれに加えて難民問題の真っ最中。スティルカメラはデジタルになり、Canon 1Dx MkⅡとNiko D5が主流です。
1964東京オリンピックの市川崑監督の記録映画の最初に出てくるロールに「オリンピックは人類の持っている夢のあらわれである」そして、エンドロールに出てくる「聖火は太陽へ帰った。人類は4年ごとに夢を見る。この創られた平和を夢で終わらせていいのであろうか」という字幕が忘れられません。
リオデジャネイロオリンピック、とにかく3週間無事に進みますように・・・ 夢をみられますように・・・

朝の広島からの原爆犠牲者慰霊中継を見て、オリンピック開会式の中継を見て、21時からのNHKスペシャル「決断なき原爆投下~米大統領 71年目の真実~」を見ました。
ルーズベルト大統領の急死後、トルーマン副大統領が急遽大統領になり、一瞬の隙があったらしいのですが、アメリカのような国でも「軍部独走」があるんだと、ちょっと驚きでした。
ただし、ちょっと救われたのは、能力と決断力が無さそうに描かれているトルーマン大統領ですら、非戦闘員に原爆を落とすことには反対していた事、そして軍部の意向に反対し2発以降の原爆使用後中止決定をしたという事。
広島、長崎の20万人を越える尊い犠牲者、さらには3月10日の東京大空襲の10万人の犠牲者が、7月26日に発せられたポツダム宣言受諾判断の一部になった事は完全否定はできないのではと思います。そして、そこまで自国民の犠牲をださねければ、終戦処理をしなかった、当時の日本の指導者に疑問をいだかざるを得ません。
全ての戦争・テロ犠牲者に合掌。
b0069507_711563.jpgオリンピック中継を見たあと、所用で外出したついでに、海が見たくなり、銀座から直ぐの東京湾・晴海埠頭へ行きました。
車の外気温計は37℃。でも海のそばは暑かったですが気持ちよかったです。
その晴海埠頭には、2020東京オリンピックの選手村の建設予定地があります。
ここは以前、見本市会場があった場所。東京モーターショー等もここで開かれていました。
今は何も無いここに、17000人の選手村ができるのです。
4年後、世界は、日本はどうなっているのでしょう?
つかのまでも、夢が見られますように。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-08-07 09:26 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/26086406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 裸を見るな。裸になれ。    ... 乾杯!! 8月5日(金)  ... >>