紺屋の白袴・・・  8月2日(火) 5730


b0069507_3153624.jpg先日、自分のポートレートを撮影してもらいました。
紺屋の白袴といいましょうか、フォトグラファーなのに、ちゃんと写した自分の写真ってあまりありません。
今回は、ヨドバシカメラの撮影会等のイベントに使う為に撮影とあいなりました。
今、使っている写真は4年程前にスタジオで写した写真を使っています。
「そろそろ変えてください」と、マネージャーの多比良に言われました。
今回は、外での撮影にしました。
撮影場所を自分で決めて、撮影は飯島君にお願いをしました。
まずは、ホワイトバランスを取ります。
b0069507_3285480.jpg撮影場所は、スタジオの前。
背景は、後ろの緑にします。
70〜200mmの長い方を使い、背景をぼかします。
撮影ではフレーミングを安定させるために、三脚を使います。
プロ、特に広告系のフォトグラファーは、殆どの撮影で三脚を使います。
ゴミは、フレーミングには入りません。
画面、右斜め後ろからの薄曇りのトップライトで、ポートレートにはちょうど良い天気です。
白レフを柔らかくあてました。
写真では、私がレフの一方を持っていますが、これでは強すぎたので、本番では私は持つのをやめて、地面に置き、もう一方は長井君が高さを少し低くして持ちました。
b0069507_3371957.jpg撮影後、Raw現像はC1(キャプチャー ワン)で、画像処理は定番フォトショップです。(画像処理といっても、シワ等を消すわけではありません。)
画像処理は自分で指示して、実作業は長井君にやってもらいました。
背景の緑、針葉樹で薄曇りなので、少し青っぽく、暗めに写っているで、調整レイヤーで背景の緑だけを、トーンカーブで明るくして、同じく緑の彩度を上げます。
細い目の中のキャッチライトを強調します。
白いシャツのディティールがでるように、白とハイライトを押さえます。
顔の明るさを微妙に調整して、最後は立ち過ぎた髪の毛を少し消し、トリミングをしてておしまい。

b0069507_3451147.jpg恥ずかしながら、できあがったポートレートです。
ゴミの前で写したとは思えないでしょう。
ヨドバシカメラのイベントでの写真は、これを使います。
感想は、写される事にもっと慣れなければと思いました。


それにしても、目が細いです。
ちょっと、目を大きくしちゃおうかな〜


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-08-03 07:39 | ロケーション | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/26074126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 調子にのって・・・   8月3... Better with Cok... >>