こだわり・・・   6月22日(水)  5686


b0069507_4505210.jpgDGSMプリントの初体験をしました。
DGSMプリントご存じですか?
デジタルカメラのデーターを、ピクトリコから発売されているデジタルネガフィルムTPS100 にインクジェットプリンターでプリントしてネガを作り、銀塩印画紙に密着プリントして作品を作るとい方法です。
正式名称はDIGITAL GELATIN SILVER MONOCHROMEプリントです。
「最終工程を銀塩モノクロ印画紙に焼き付ける事により、銀塩ならではの柔らかな階調、ハイエストライトやシャドー部の微妙な調子再現が可能になり、恰もフィルムで撮ってモノクロ印画紙で仕上げた・・・」というのがDGSMプリントです。
なぜ、このプリントをしたかというと、西麻布のギャラリーEMで7月27日(火)〜8月27日(土)に開催される写真展、monochrome XIII 「Nostalgie」への出展のお誘いをいただいたからです。この写真展の出展条件は銀塩の印画紙にプリントをする事。でも、ここ10年以上、フィルムでの撮影もしていないし、暗室もありません。そこで、写真展の主催者でDGSMプリントのネガフィルムTPS100の開発ににも関わった、DGSMの第一人者のフォトグラファー永嶋さんにプリント制作をお願いし、本日できあがりました。
できあがったプリント、温黒調でシットリした感じで最高です。印刷しない写真展には最高のプリントです。印刷してしまったら、意味が無くなってしまうプリントです。
こだわりの、玄人好みの写真表現です。
b0069507_5452559.jpg19時から、渋谷ヒカリエで明日から開催される、東京カメラ部2016写真展のオープニングレセプションに伺いました。
会場で、昨年も一昨年も、このレセプションでお会いしている、フォトグラファーの相原さんとお会いしました。
東京カメラ部、Web,デジタル時代の申し子で、それを最大限に使い写真愛好家を組織する、システムです。
こちらは、最先端の表現、媒体をどんどん取り入れる写真展で、今年はインスタグラム部門がありました。
写真展のプロモーションも上手で、フォトグラファー頭では無い人達が運営しています。
レセプションの後、フォトグラファーの相原さん、HARUKI、森脇さん、コムロ ミホさん達と自主的レセプション2次会でした。
本日は、究極のアナログ表現とデジタル表現を体験した日でした。


ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも
、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2016-06-23 07:48 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/25940696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< La Habana   6月... 思いでの地。   6月21日(... >>