壊れる電磁波??? 10月23日(金)   5341


b0069507_7514856.jpg少し前、モテキという言葉が流行りました。ある時、突然モテる時が来てその時期をいう言葉らしいのですが、私の10月はコワレキのようです。
10月3日に、購入間もない1TBのポータブルHDDが故障。理論障害と思っていたら、物理障害もありデーター復旧に¥64,000,-。
10月5日には、Macの液晶パネルを不注意から壊してしまい修理出し。(まだ、修理が上がっていません。)
そして、昨日は携帯電話の電池消費が突然早くなり、2時間程で60%位から12.5%まで低下。
家で充電したら、全く充電されず、今日の朝一でDocomoに充電器も持って飛び込みました。結局、充電器の故障が判明。新しい充電器を購入する事になりました。
なぜ、急激にバッテリーが減ったのかは、原因不明。
物を壊す電磁波でも、私の体から出ているのでしょうか?
b0069507_8585970.jpgさて、まだ修理の上がってこないMacbook Pro13ですが、液晶パネルを傷つけてしまって、修理に出すところをNetで探して新横浜の某社に持ち込みました。
2013年MidモデルのMacbook Pro13なので、そろそろ買い換えと思っていたので、修理金額がお安い所で、すぐに修理ができる所を探しました。
持ち込んだ修理屋さんのうたい文句は「当日修理可能、お値段も4万円〜」というもの。
持ち込んで、Macの型番で調べたら、短い期間だけ作ったモデルで製造台数も少ないので、液晶パネルも取り寄せになるという事で、3日間位かかるとの事。仕方ありません。預けた次の日、調べたら傷が深くて液晶だけでなく発光部分にまで傷がいっているので、結局、蓋の部分全部、アルミの部分まで取り替えになるので、その部分を取り寄せるので、修理期間が延びると連絡がありました。
それから、2~3日後、蓋の部分全体を付け替えたのですが、うまく表示されないので、ロジックボードの不具合を調べる事にした。1〜2週間修理にかかるとの連絡がありました。
仕事に使っているPCが2週間も無いなんて!!
対応策として「PC内蔵HDDのクローンを作って送ります。OPTIONを押しながら起動すれば、他のMacでも、これまでのMacと同じに使えます」との事。2日後に送ってくれるはずなのに、クローン作成がうまくいかなかったので、1日のびますとの事。その後、新たな約束の日に送ってこないので連絡をしたら「クローンはできたのですが、パスワードがかかっていたので、テストできず、昨夜携帯に連絡したけど、連絡が付かなかったので、まだ発送していません」との事。それがわかったのは、送られてくる約束の日の夕方になっても来ないので、こちらから連絡して、わかった事です。
前の日の夜に連絡したお客に、その時に「連絡がつかなかった〜」と言って、次の日にこちらが連絡をするまで、ほっておいて、私からの電話で、電話口の人は荷物が送られていない状況がわかったらしいのです。ようは、会社の内部間の連絡が良く無いようです。
その電話で、パスワードを告げて、PCが動いたので宅急便の最終ピックアップに間に合うので、明日着で送りますとの事。
さて、次の日に待っていたのに来ません。また、電話をすると「16時過ぎに配達完了になっています」との事。どこに送ったのとかを聞くと、修理に出して3日ぐらいに、発送先を変えたのですが、以前の送り先に送ってしまっていましたとの事。
送り先の変更メールを出し、発送先変更確認の返信がきていました。その事をいうと、発送伝票を書く経理に変更が伝わっていなくて、変更前の送り先に送ってしまったとの事です。
結局「クローンを作って送ります。」と言ってから、1週間もかかりました。
さて、ロジックボードの修理ですが、何処が壊れているかの推測をつけて調査、壊れているチップを「輸入」して、付け替えて修理するという方法との事。チップを変えても動かない場合は、また別のチップを輸入して付け替えてみるとの事。これじゃ時間がかかるのが、あたりまえ。
修理費がどのくらいかかるのかを、これまで何回か聞いても「まだわからない」のいってんばりなので「経験上どの位の費用が追加でかかるのか教えろ!」とつい強い口調になってしまいました。結局、だいたい20,000,-円位かかるという事でした。
もしロジックボードを全部変えたらどのくたいの費用なのかを聞いたら38,000,-円くらいとの事。先方の修理プランだと、もう一回チップを変えてテストをしてみてダメだったら、ロジックボードを交換する。今、発注しているチップが届くのは2~3後で、テストをしてNGだったら、そこからロジックボード発注するので、さらに1週間程時間が必要だとの事。
「仕事に使っているPCだから、少しでも早くなおしたいので、そちらに出した事はわかりますよね?
だったら、これまでの対応はおかしい。」とつげ、ロジックボードも早く発注して、チップ交換で動かなかったら、直ぐにロジックボード交換で修理できる体制にするようにしてくれと依頼しました。
少し、お金がかかっても、アップルの引取修理を利用したほうが、はるかに早く修理ができていました。
「安物買いの銭うしない」でした。今回は銭ではなくて、時間失いです。
結局、修理を出した先は、技術者集団で、お客の何を優先すべきかを判断できない会社のようです。ひとりでも、営業の人がいたら、随分違うと思うのです。
しかりした、技術を持っているようなので、残念です。
そして、今現在、いつ修理ができあがるか不明です。
古いMacbook pro13を引っ張り出して、使っているのですが、こちらの動きも怪しくなってきているので、心配です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-10-24 10:37 | 機材 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/25023061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ギャラリートーク 10月24日... オープニングレセプション 10... >>