プリント集中日    8月17日(月)   5274


b0069507_432402.jpg今日の午後は、作品のプリントを、「ながら」集中プリントしていました。
「ながら」というのは、プリンターからプリントが出て来る間に、他の事をし「ながら」プリントをしていたからです。銀塩写真で暗室に入ってプリントをしだしたら、せめて音楽をかけ「ながら」作業するくらの事しかできません。
実は、今「写真」に凝っています。
私のいう「写真」とは紙媒体にカメラで写したRGB画像をプリンターで自分でプリントしたものの事です。
仕事でCMYKで印刷のされた、紙媒体とは違います。
「印刷」と「プリント」という言葉が、デジタルになってゴチャゴチャに使われているのが気になってしょうがありません。
プリンターで印刷する・・・ なんて事を言う若いフォトグラファーがいると、「え〜」という気分になります。
もうひとつ、デジタルとアナログの違いはなにか?  
色々ありますが、データーとメディアが別々なのも大きな違いの一つです。
デジタルは、写真の場合、カメラで映像を作ったら、オリジナルとしてSDカードにも、CFカードにも、ハードディスクにも保存できますし、USBメモリーにも保存できます。DVDディスクにも、CDにも保存できます。
でも、アナログ写真のオリジナルは、本来媒体でしかないフィルムとデーターが一体です。カメラで映像を作ったらその映像の受け手は感光剤を塗ったフィルムしかないのです。
デジタルデーターって不思議です。データーそのものは見えないのです。

今日は、オヤジの独り言でした。異論、反論、オブジェクション どうぞ。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-08-19 05:01 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/24799117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 締め切りだ〜 8月18日(火)... 秋のヨドバシカメラ撮影会シーズ... >>