無料で2 次使用 ?  8月7日(金)  5264


b0069507_9355760.jpg以前、ハウツー本の3冊の写真撮影をした、某出版社から、電子書籍化するので、著作件使用許諾をして欲しいとの依頼がきました。
紙媒体と同じ様に、クレジットは表記してくれて、電子版を1冊、数百円で販売するとの事です。
でも、どこを読んでも、写真の2次使用料金の事は書いていません。???
自分たちは、電子書籍化で利益を出すのに、制作者には利益を分配しなという事でしょうか?
おかしいですね〜。不思議ですね〜。
我々、プロフェッショナルは仕事で写真を写しています。仕事には対価がつきものです。それがなかったら、資本主義経済は成り立ちません。
というか、最初から「無料」で使用できると思っているのでしょうか? こういう中堅クラスの出版社、案外多いのです。
大手や昔からある出版社は、これまでも2次使用する時は、使用希望とともに、使用料金を払ってくれています。
広告の場合は、目的が決まっている撮影で、そのための撮影なので表現的に他に流用しにくく、しかも、モデルさんやタレントさんを使っていると、そちらの契約もあり、流用や2次使用は難しいのです。もし2次使用をするときには、ちゃんとおことわりがあり、2次使用料金を支払ってくれます。
金額の多い少ないではなく、ルールを守って欲しいのです。
現在、この問題に積極敵に関わっているのは、一般社団法人・日本レップエージェンシー協会です。
今回のように、許諾のお願いもなく無断で2次使用という事も結構あるのです。デジタルになり、データーが出版社なり、編集プロダクションに残っているので、つい気軽に使ってしまう事にもなるようです。若い編集者やフォトグラファーは、権利やそれを守る意識も低いようです。(知らないといったほうが正しいかもしれません。)
写真関係やデザイン関係の大学や、専門学校では、著作権を教える授業はないのでしょうか?
ちなみに、著作権はプロが写した写真ばかりでなく、アマチュアのフォトグラファーが写した写真にも当然あるのです。
法律で著作物の例外、つまり著作物ではないと認められているのは、

版画・絵画の写真(複写)
証明書用の肖像写真
防犯カメラの写真

以上3つだけだそうです。

許諾する許諾しないのどちらかに✓をつけて、許諾しない場合はその理由を書く欄があるので、2次使用料の事を質問してみようと思います。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-08-08 10:07 | 機材 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/24768337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by m at 2015-08-08 18:41 x
いつも勉強させていただいております。
先日、私も同じようなことがありました。
電子書籍化の場合、社の規定で、2次使用料は発生しないと言われました。そういうものかと思い、ついOKしてしまいましたが、やっぱりおかしいですよね?
是非、この件、その後の顛末などもお知らせ頂けると後輩のためになると思います。よろしく御願いいたします。
<< 修理上がり   8月8日(土)... 銀座 少し裏も、変わります・・... >>