車事情。世界のハイエース   7月26日(日)  5252


b0069507_427676.jpgこのブログで時々登場するのは、2002年製のMB S210最終形。
MASHには、もう一台2009年製のハイエースがあります。
軽油とオイル、1年1回の車検で故障する事なく(ナビはタッチパネルが数年前に不調になり使い物になりません。)毎日動いています。ハイエースは世界中で人気のある車種です。
走行距離は62000Km+。ハイエースにとっては、何でもない走行距離です。
ただし、外観はごらんのように、ボコボコです。
これでも、これまで何回か板金修理をしたことがあるのです。(トホホ・・・)
車に対する考え方、色々あると思いますが、MASHでは基本的には仕事の道具で、それ以上でも以下でも無いと思っています。1番困るのは「動かない」事。外観がいつもピカピカでも、故障で動かないのでは「道具」としては本末転倒です。
私が修行したボスのなかには、車の掃除に厳しい人がいて、時間があればアシスタントが車を掃除していて、いつもピカピカという師匠もいました。それも行きすぎると、経験上アシスタント君達の負担になるので、私は、そんな事は求めていません。
車の運行記録を付けて、いつ誰が、何の目的で使ったかは記録するようになっています。もちろん、車を傷つけた時には、報告します。わざとぶつけるわけでは無く、仕事上の事なので、たいがいは注意ですませます。
社員ばかりでなく、スタイリストさんもMASHの仕事の物集めで使用したり、仕事を委託したフォトグラファーも使用します。運転する人数が多ければ多いほど、事故のリスクは高まります。幸い、人身や車と車の大きな事故はありません。それでも、塵が積もれば山となるではないですが、こうなります。

思うに、今の若い人は、我々の高度経済成長期に育った世代に比べて、運転に慣れていません。
若くはないですが、50代と40代では車に対する慣れが違います。
私の世代は、今年より来年の方が経済的に良いに決まっている日本でした。途中にオイルショックやプラザ合意で円高になりましたが、経済成長は今の中国と同じか、それ以上の感じでした。
パソコンもゲームも携帯電話もありません。
東京の車好きの高校生は16才で原付かバイクの免許を取り、あるいは軽自動車免許(今はありません)を取りました。車に対して、さして興味のない人も、18才か大学に入ったら普通免許をとり、家の車か、バイトで買った車、お金持ちの子は親に買って貰った車で、アチコチに行ったものでした。
女の子の免許所持率も上がっていきました。
大学にも、車で通学したりしました。思えば、車の運転が若い頃に身に染みついたのでしょう。バイトで買った車は、傷つけないように大切に乗りました。
フォトグラファーも、車を持つのが当たり前でした。フリーになったら、車はカメラと同じ必需品でした。
世の中的に1980年代後半のバブル絶頂期には、BMWは六本木のカローラと言われた時代です。
それに比べると、1990年のバブル崩壊後は様変わり。その後の日本は、右肩下がり、よくて現状維持の経済状態。その後、PCや携帯電話、ゲームと生活に必要でお金がかかる物が登場しました。そして、リーマンショック以後の正社員より契約社員という最近の雇用形態の変化・・・ 
車の維持にはお金がかかります。正直、車どこではないのです。当然、若い頃に車の運転が身につくチャンスがどんどん減っていきます。
バブル崩壊後に大学を出て社会人になった人でも、もう45才になります。45才より若い人は、運転のチャンスは少なかったというのは、暴論でしょうか?
MASHに来るアシスタント君達には、教習所卒業以来運転をしていないという子もいます。そんな人達にとってハイエースの運転は、恐怖に感じる事さへありそうです。その原因は「大きさ」。決して大きくはないのですが・・・
教習所卒業以来、運転をしていない人は、内輪と外輪の差なんて事は、とっくに忘れているので、ご覧の写真のような状態になってしまいます。
また、フォトグラファーになっても、デジタルになり、リーマンショックが起き、雑誌の取材などでは経費節減で、駐車場代すらケチられるようになり、電車で移動なんて事も当たり前です。
これじゃ、車の運転の機会は減るばかりです。
そんな現状ですが、最近ある事があって、車の扱いについて、私が「爆発」、社員全員に雷を落としました。
そして、傷ついた箇所を全部修理に出しました。あと、何日かすれば、新車のようになって戻ってきます。

ちなみに、任意保険は、対物、対人、同乗者はかなりの高額、とくに対人は無制限、対物は宝くじの一等賞くらいはかけています。車輌保険は最初の頃はかけていましたが、現在はかけていません。本当の事故で、板金を伴う修理をしなければ、動かないような事故でもないかぎり、車両保険を使って修理すると、翌年の保険の等級が下がり、翌年の保険料金があがり、かえって費用がかかったりします。

ハイエース君、あと5~6年は現役です。きれいになったハイエース、どんな扱いを受けるか注目です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-07-27 07:33 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/24729737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 〆はステーキ  7月27日(月... APA アーカイブ 23回め ... >>