C-1Pro Eos 5Ds,5DsRに対応。  7月21日(火)  5247


b0069507_4175665.jpgプロがよく使っている、Rawデーター変換、調整ソフトC-1こと、Capture One ProがEos 5Ds,5DsRに完全対応するようになりました。
これまでのC-1では、Eos 5Ds,5DsRのRawデーターの処理はできましたが、PCに繋いで撮影するティザー撮影はできませんでした。
これまでは、CanonのEos Utility3でデーターを取り込んで、それからC-1で処理をしていたので、これで、通常の運用ができるようになりました。
C-1はPhase,Leafのバックタイプの中判デジカメ、Canon,Nikon,Sonyの35mmタイプデジカメのティザー撮影ができて、同じインターフェースで画像処理ができるので、至極便利です。
MASHは、仕事ではLeafとEosを使っているのですが、同じ操作で作業ができます。
また、単にRawデーターの変換だけではなく、変換処理が細かく設定でき、レイヤーで明るさの処理等もできるので、かなりの部分をC-1で処理をして、Photoshopで最終仕上げという流れが便利です。
5Ds系になって、俄然有用性が認識できたのが、キヤノン純正のRaw変換ソフトDPP(Digital Photo Professional)にある、デジタルレンズオプティマイザーという機能です。
最近は、他社のデジカメとその専用ソフトでも同じ様な機能が追加されてきました。
高画素デジタルカメラでの撮影では、フィルム時代にはそんなに問題にならなかった、絞りを絞る事による、レンズの回折現象が顕著にわかるようになり、問題なのです。
広告系の撮影では、人物撮影でも、絞って人物と持っている商品両方にピントを来させる撮影は結構あります。
Eos 5D MkⅢ発売の時から、DPPにはデジタルレンズオプティマイザーがついたのですが、その効果は、正直そんなに・・・ だったのですが、5000万画素の5Ds系では、デジタルレンズオプティマイザーの効果が大きいのです。
この、処理をC-1がどうしているか? 今まで以上に 色々比較、テストする必要を感じています。(実は、もうついていて、私達が使っていないだけかもしれません。)
デジタルカメラ、Jpgで撮影しているだけなら、楽ちんなのですが、それ以外は奥が深いというか、フィルムだったら、プロフェッショナルカラー現像所がやっていた事をフォトグラファーがしているようです。
もう、フィルムには戻らないとは重々わかっていますが、デジタルは撮影は比較的楽で結果がすぐわかるというのは、精神的にはいいのですが、その後は、フィルム時代よりフォトグラファーにとっては大変なのです。なんて言っていられるのは、後、長くて10〜15年くらいで、現役の全部のフォトグラファーがフィルムを全く知らないという時代が、目の前に迫っています。今の現役の殆どのデザイナーが写植屋さんをしらないのと、同じになるのでしょう。
フィルムの生産は、現像所は、いつまで残るのでしょうか?

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-07-22 07:44 | 撮影準備 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/24713439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 委嘱状   7月22日(水) ... 海の日・休日原宿  7月20日... >>