お疲れさん・・・  4月30日(木)  5169


今日の18時からは、JPS・公益社団法人日本写真家協会・広報委員会の「お疲れさん」会。
いつもの、広報委員会会報編集会議後の居酒屋懇親会と異なり、2年の任期の締めくくりの公式懇親会。費用はJPS持ちとはいえ、贅沢はできないので、近くのダイヤモンドホテルのプルメリアで「おつまみ DE バイキング」。2時間飲み放題食べ放題で¥3,000,-というお手頃コースです。居酒屋より安いくらいです。
我々、9人の広報委員会の任期は2年。理事選挙がある2年事に任命され委嘱状をもらいます。
5月22日の総会をもって、今期の任期は終了です。でも、次号の編集作業は続いているので、全員来期も広報委員を続けます。
b0069507_3522357.jpg難しい事は抜きに、全員フォトグラファーなので、飲めばカメラや写真の話。
今日の話題は、ライカ使いの関君が来たので、もっぱら新型ライカ モノクロームでした。
関君によると、新型ライカ モノクロームでもライブビュー撮影ができるようになったのは、広角レンズでインテリア等を撮影する時には助かるそうです。ライカといえども、レンジファインダーだけだと、パララックスがあったり、ファインダーでフレーミングをしても、余分な物が写り込んだりする場合もあるので、精密なフレーミングにはライブビューが役にたつという事でした。
もちろん、望遠レンズの時には、そのありがたみは際立ちます。
フィルム時代のレンジファインダーカメラがすたれたのは、新しいファインダーでもある、一眼レフカメラの性能が、日本製のカメラで飛躍的に良くなったからでした。
デジタルになり、ライカと言えどもライブビューを搭載したのは、レンジファインダーの弱点を補完する必要を認めたからなのでしょう。
普通のカラーのM形ライカデジタルでライブビューができるようになったのは、2013年発表のライカMからで、写真に写っている関君のライカM9にはライブビューは無いのです。
ライカM9には
ズミクロン35mm、モモ(桃井)ちゃんのパナソニックLumixには、オリンパスM.Zuiko 17mm(フルサイズ換算34mm)がついています。写真通は35mmということでしょうか?
新型ライカモノクローム、Mapカメラで28mmレンズセット予約で、¥1,000,000,-越えです。
高い「ミラーレス」です。
欲しいけど・・・ 

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2015-05-01 07:08 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/24424924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ロケハン   5月1日(金 M...  山口小夜子 Wonderfu... >>