大掃除  JPS会報整理。 11月26日(水) 5015


あと一ヶ月で仕事納め。1年早いです。カウントダウン開始です。
年末には、大掃除しなければ・・・ なんて思っている方もいらっしゃると思います。
JPS・公益社団法人日本写真家協会の広報委員会では、JPS会報誌の整理をしました。
b0069507_512116.jpg朝、10時30分に事務局に集合。
今日やる事は、これまでの会報誌のファイリングの整理整頓。
ファイリングは会報創刊から最新号まで、4セットあるのですが、それを整理します。
b0069507_5101573.jpg本来は、専用の黒いファイルに8冊ずつ、発行順にファイリングされているはずなのですが、冊数がバラバラだったり、重複していたり乱れています。
ファイリングは本来は4セットあるはずが、実は1セットは行方不明になっているのです。
昭和25(1950)年の創立以来、事務局の引っ越しは3~4回あるのですが、その間にどこかに行ってしまったのです。
JPS会報誌は、今は年に3回発行されて現在157号。
設立当時は、どのくらいのペースで発行されていたのかは不明ですが、残念なのは1号から3号までの会報誌が無いのです。
JPS設立当時お世話になったという、フジフイルムのもないし、国会図書館にも無いようです。
Wanted! 日本写真家協会会報 1号、2号、3号、万が一、お持ちも方、お知らせください。そしてJPSに寄贈をお願いします。
b0069507_536698.jpgこういう作業をしていると、ついつい古い記事に見入ってしまいがちですが、そうすると作業が滞ってしまうのですが、今日はそんなことをしたくなくなる分量でした。とはいえ、偶然見つけたのが、私の2番目の師匠の故杉木直也さんの新入会員紹介。入会は1965年(昭和40年)東京オリンピックの翌年、49年前でした。ご存命なら今年85歳です。
事務所の住所が渋谷区穏田1-90、現在の住所表記だと渋谷区神宮前4-30-3,現在の東急プラザ表参道原宿のところにあったセントラルアパートです。表参道一帯は穏田という町名だったのです。田舎という感じの町名です。
b0069507_5563381.jpgついつい、広告にも見入ってしまいます。
たまたま開いたページに載っていたPENTAX LXの広告です。
当時の旭光学、PENTAX6x7やスポットメーターは、多くのプロが使っていましたが35mmのPENTAXはアマチュアユースが殆どで、プロが使っているのは皆無でした。
そこで、プロユースに向けてレンズマウントも変えて、開発、発売したのがLXでした。たしか防塵機能もあり小型でシステムもそろった良いカメラだったのですが、成功はしませんでした。
キヤノン、ニコンの壁は高かったのです。ミノルタも同様でX-1というシステムカメラを発売したのですが、成功しませんでした。後にキヤノン、ニコンの牙城を多少破ったのがヤシカ・京セラのコンタックスだったのですが、もうやめてしまいました。
一眼レフでキヤノン、ニコンに立ち向かったミノルタはソニーに、旭光学は保谷を経てリコーに、コンタックスは休眠ブランドになってしまいました。
デジタルの現在、ミラーレスという新しいシステムの35mmフルサイズカメラで、プロユースに挑戦しようとしているSONY、フォーサース規格でプロユースを開拓しているオリンパス、20年後30年後、我々の後輩の広報委員が会報誌を整理する時にはどうなっているのでしょうか?
見えるものなら、あの世から見てみたいです。
b0069507_626722.jpg17時近く整理終了。広報委員会のキャビネットには4号から〜157号までのファイリングCセット。
白い封筒は、各号に分けて、古い号は現存する部数だけ、141号移行は各号40部ずつ保管し、余ったものは廃棄処分にします。
今後の課題は、会報全号のデジタルアーカイブ化と行方不明の1,2,3号を探す事です。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-11-27 08:39 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/23796044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 始まりました。 11月27日(... 一月早いクリスマスプレゼント?... >>