70's原宿ストーリー  11月24日(月・祝)  5013


b0069507_2141830.jpg昼、11時過ぎに、六本木のミッド東京で開催中の『70's 原風景 原宿』を見に、六本木へいきました。
横木安良夫さん、広川泰士さん、伊島薫さんら8名の写真家が写した、70年代原宿の写真展です。見に行こう行こう思っていたのですが、ついに本日最終日。そして13時までというので、慌てて行きました。
会場の前に出展者の横木さんがいらしたので、ご挨拶。
11時過ぎの六本木なのに、広くない会場はにぎわっていました。
b0069507_21151345.jpg会場のミッド東京というのは、以前は「乃木坂スタジオ」というレンタルスタジオで、六本木では六本木スタジオ、アートセンターについでオープンしたスタジオでした。たしか、2011年に亡くなった、俳優の竹脇無我さんのご親戚が経営されていたスタジオでした。
私も、若い頃には何回かお世話になりました。
写真のとおり、乃木坂スタジオの看板が出ているという事は、現在も営業しているのでしょうか・・・
b0069507_21213133.jpg六本木まで来たので、東京ミッドタウンにある、フジフイルムスクエアの写真展も拝見しました。
写真歴史博物館企画写真展・「土門拳の2つの視線 第1部【こどもたち】」
フジフイルムスクエア企画展・「蜷川美花写真展」
ギャラリーX・「世界のX-Photographer展 Part 2 -Documentary・Portrait編-」
以上、3つの写真展を開催中でした。
土門拳さんは1枚1枚を見せながらの組写真。X-Photographer展は1枚1枚の写真を見る写真展。蜷川さんの写真展は1枚1枚というより、複数の写真と展示方法で蜷川美花ワールドを展開する空間でした。
『70's 原風景 原宿』は写真の記録性という機能の写真展。
4者4用で、写真を「考える、感じる」意味では面白い体験でした。
b0069507_21395458.jpg遅い昼は、東京ミッドタウンのBa-tsu Cafeでアンチョビキヤベツの黒胡椒がけと・・・
b0069507_2141877.jpgマッシュルームのアヒージョ(これにもアンチョビ入りでgoodでした。)、フォカッチョとハートランドビール、マルティンサンチョ ルエダという白の辛口の軽い感じのワインをグラスでいただきました。
休日の、軽い昼のみは最高です!
三連休の最終日だからでしょうか? それとも曇りのせいでしょうか? 東京ミッドタウン、意外に空いていた。もっとも、ここは、今の季節は夜のイルミネーションがきれいな場所。夜は混むのでしょう。
人混みは、昨日で充分なので、早めに帰宅でした。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-11-25 07:44 | 写真展 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/23784891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 一月早いクリスマスプレゼント?... 東京の紅葉・・・ でも、人が・... >>