行動力なのか、無鉄砲なのか・・・ 6月9日(月) 4235


今日のエントリー、ちょっと迷ったのですが、フォトグラファーを目指す方達や、現役の若いフォトグラファーの方達に、何かヒントにになればと思い載せる事にしました。デジタル写真だからこそ、起きる事なのです。
MASHは市ヶ谷の撮影・スタジオ部門以外に、MASHmanagementというフォトグラファー、ヘアメイク、スタイリスト等のクリエーターをコーディネートする事務所が原宿にあります。
そこには、いつもクリエーターが、作品を持ち込みにきます。できるだけ、私とコーディネーター岡本が直接あって、作品を拝見しながら色々お話しをします。プロですから仕事はできて当たり前。その人の人となり、雰囲気等も重要なのです。
そのなかには、外国の方もいらっしゃいます。そして、勇気があるのか、無鉄砲なのか判断につきかねる方もいるのです。
今日の方は、メールでのコンタクトだけです。日本人の奥様と何回かやりとりして今日のメールになりました。
ご主人はヨーロッパの某国の方です。奥様は日本人。ご主人は、母国でフォトグラファー以外のクリエーターをしていたのですが、写真に興味を持ち、デジカメで撮影もするようになり、いくつかの仕事をしたようです。
彼の特長は、アイディア出しから撮影、フィニッシュまで、自分でするとの事です。
どういう経緯かは知りませんが、最近、奥様の母国日本で暮らすようになり、日本でも友人の紹介で、アイディア出しから撮影フィニッシュまでの仕事をした事があるそうです。
お住まいは、東京ではありません。新幹線で東京まで移動できる地方都市です。年齢は、40代半ばです。
彼のやり方で、フォトグラファーとして、人物写真で東京の仕事をしたいとの希望をお持ちです。
最初にメールを頂き、webで作品を拝見し、以下のような返信をさせていただきました。
・ヨーロッパと違い、日本では、広告系の仕事では、フォトグラファーがアイディア出しから始まって、フィニッシュまで関わる仕事は殆ど無い事。
・東京では、クリエーターは高いスキルを持った専門性が要求されるので、多くの人が認めるよほどの才能がない限り、何でもできますは、かえって、自分を安く売る事になり、そのようなクリエーターはマネージメント事務所には馴染まない事。
・仕事のたびに、地方都市から東京に来る事、御本人とは母国語と英語でのコミュニケーションで、必要な時は奥様が通訳する事等の経費と時間のハンディ−。
・ファッション雑誌等の仕事は、出版社は殆ど東京にあり、雑誌への売り込みは、本人が行った方が良い事。
ページ当たりのギャラは¥15,000,-~30,000,-位で、1日で何ページも撮影できるようなフォトグラファーになるには相当難しい事。以前は機材費等も潤沢にでましたが、今は雑誌の冬の時代で、経費削減で撮影フィー以外には、殆ど経費がでないようになりつつある事。
・拝見したWebが、フォトグラファー以外のクリエーターとしての作品も掲載されていて解りにくい事等々・・・

その後、奥様から電話を頂き、お話した事もありました。
何日か前に、フォトグラファーとしてのWebを作り直したので、見て下さいとの連絡があり、拝見しましたが、
・日本で仕事をしようとしているのに、プロフィールが英語でしか載っていない事。
・ネーチャーやJAPANといったカテゴリーの写真も載っていて、まだまだ目的が不明確なWebになってしまっている事。
数日前に以上のようなアドバイスをして、今日のメールでのやりとりになりました。

XXX様(奥様の名前) お答えします。
1、写真家として働かせていただきたいと希望しているのですが、XXXでの撮影では必要な機材をすべてレンタルしておりました。日本では、ストロボなどをカメラマンが持参するというようなことを聞きましたが、どうなのでしょうか?

日本では、広告、ファッション系のフォトグラファーは原則35mmタイプのデジタルカメラとモノブロック等の最小限のストロボは持っている事が必須条件です。
東京には、プロ用レンタル機材屋さんはあります。
デジタルバック等が必要な時は、クライアントや代理店と交渉して、レンタルフィーを出してもらえるように交渉します。
ある程度、大きな仕事なら、照明機材やアシスタントフィー等も出してもらえます。

2、アシスタントはいるのでしょうか?
パートタイムのアシスタントの事でしょうか?
パートタイムのアシスタントはいます。1日¥15,000,-〜¥30,000,-くらいです。
仕事によっては、アシスタント代が別枠で出る仕事もありますが、そうでない時で、どうしてもアシスタントが必要な時はフォトグラファーが自分のギャラの中から自腹で払います。

3、彼のサイトに載っている写真のほとんどはSONY DSCR1を使って撮影しました。そちらでマネージメントいただくために必要なカメラの種類などはあるのでしょうか?

特別な種類はありませんが、SONY DSCR1では、全く話になりません。

画素数2000万画素以上で、RAWデーターが撮影できるカメラであれば問題無いと思いますが、現在、35mmタイプのデジタルカメラでは、日本のフォトグラファーというか、世界的にみてもがプロフェッショナルが使用している機材はCANONの5DMkⅢかⅡ、1DS MKⅢ、Nikon D800,D800E,D700,D3、D4等がスタンダードだと思います。 

4、彼が働かせていただけるとすれば、一つのお仕事、いくらぐらいの収入が予測できますか?

ケースバイケースですが、お渡しできる金額は、最低は¥XX,XXX,-〜XX,XXX,-から、上は無限です。仕事次第です。
¥XX,XXX,-~¥XX,XXX,-から、新幹線代や東京での宿泊費を払って、ペイできますか?
そのほか、打合せが別日で必要な時も多々あります。

最後ですが、webで作品を見せていただいた限りでは、MASHmanagementとしては、契約はできません。
ご本人に一度もお会いしていないし、ブックも見ていません。
そして、ちょっと厳しいですが、写真があまり良くないからです。
XXXさん、老婆心ながら、今の状態、誰もが仕事を頼みたくなるような写真をご主人は写していない、その上、日本語もできない、XXにすんでいて急な打ち合わせに対処しにくい、プロのフォトグラファーとしてのスキルも高く無いでは、日本でプロのフォトグラファーとしてやっていくのは、無理だと思います。
東京は諦めて、XX方面にマーケットを絞るか、あるいは別の道をお考えになった方が、ベターだと思います。
クリエイティブの世界では、「やりたいこと」と「できること」は別なのです。
厳しい事を書きましたが、一度よく考えてみてください。

「ご丁寧にお答え頂きありがとうございました。勉強になりました。感謝します。」と奥様から短い御返事をいただきました。

私は、外国の人が持つ行動力は大いに良いと思うのです。
私も含めて日本人も行動力は見習うべきです。でも、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」、 英語でも If you know the enemy and know yourself, you need not fear the result of a hundred battles. という諺があるそうです。
もうすこし、日本のマーケット、写真そのもの、を研究すればよかったのにと思うのです。
また、外国の人には「自分の作品は優れているんだ!」という主張ばかりで、相手の事を研究しようとする点が少ない方もいらっしゃいます。
別の外国の方で、何回かお見えになった方で「自分の作品は優れているのに、どうして売れないんだ」というばかりで、聞く耳持たずの方がいらっしゃいました。郷に入っては郷に従えの面も多少ないと、無理なのですが・・・
私の判断が正しいとは限りません。夢や、プライド、あきらめない心は重要です。でも、その一方冷静な心も必要なのです。

もし、デジタルカメラでなかったら、簡単に写真は写せなかったし、彼は勘違いをせず、本業を突き詰めて平和な暮らしをしていたかもしれません。デジタル写真の功と罪です。なんかむなしく思えました。
そんな思いで、銀座に出たら目に飛び込んで来た風景です。
b0069507_452482.jpg

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-06-10 08:37 | 写真世界等々 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/22761151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kihayuni at 2014-06-10 22:17 x
 はじめまして。素晴らしい正論だと思います。

 個人的に傑作を撮ることと、相手の意に沿ったものを確実に撮ることは全然違うスキルです。

 加えて、光を自在に操ることが要求される広告系写真は、ちょっとやそっと高級機材を操って撮れるほど、敷居が低いものではありません。途方もない経験と失敗を繰り返し、そこから這い上がってくる人がモノを言う世界だと思います。

 そして、プロになったらなったで、歩止まりのよさが要求される厳しい世界・・・。

 公園や線路脇で自己満写真をちまちま撮っている私には、到底及びもつかない世界だと思います。
<< PENTAX 645Z プロフ... 異空間   6月8日(日)  ... >>