フィルム191本分 ! 2月16日(日) 4033


b0069507_23294259.jpgだいぶくたびれた、写真のSDカード、毎日持ち歩いているカメラに入れているカードです。
2012年10月21日のCANON大撮影会東京でSanDiskさんから提供していただいたカードですが、そろそろイッパイになります。
オリンパスE-M1のRaw撮影で、あと18枚撮影可能との表示がでます。現在のカウントは6893枚!
1年と4ヶ月の間に、Canon GX1,Fuji X20,100S,XE-1,Nikon D5000,OLYMPUS E-P5,E-M1と7種類のカメラでRawとJpg、そして少しの動画を写してきました。
35mm36枚撮りに換算すると約191本分です。!!
あらためて、凄いなと思います。
35mmカラーポジフィルムで撮影したら、フィルム代1本900円として¥171,900,-分の枚数です。それに、現像も必要です。現像代1本¥900,-とすると、フィルムで撮影したとしたら両方合わせて¥343,800,-もかかるのです。
デジタルになり、コスト面でも写真は写しやすくなりました。
SDカードを使って思った事は、カードの筐体の強度の事。1年と少しの間、殆ど毎日カメラとPCで抜き差しを繰り返していると、1流メーカーのサンデスク製でも怪しくなってきます。
プロ用やアドバンスアマチュア用のカメラがCFカードを使う理由が分かりました。CFカードは大きいですが、筐体は経験上SDカードより、じょうぶにできているように思います。
さて、明日はカードから最後のバックアップを取ってから、全データーを消去して1から使い始めます。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2014-02-17 07:34 | 機材 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/22078251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 週初めは、機材チェック。 2月... やっぱり、雪に弱いな〜!  2... >>