師走22日め。© copyright  12月22日(日)3979


今日は、近所の本屋さんで最後の1冊のカーグラフィック1月号・小林彰太郎さん追悼号を買ってきました。昨日につづいて小林彰太郎さん=Car Graphicのお話しです。
CGはフォトグラファーのcopyrightを、大切にしてくれている雑誌だと思います。
b0069507_5472099.jpgcopyright・著作権は全ての人が創りだした作品に、創った人が持っている権利です。
プロもアマチュアも関係ありません。
雑誌の世界はcopyrightを大切にしていて、写真でしたら原則撮影したフォトグラファーの名前を載せています。さらに進んで、一時期CGは写真の下にフォトグラファーの名前を入れていた事もあったように記憶しています。
広告の世界では、ちょっと事情が違ってきます。(本当は違ってはいけないはずなのですが・・・)
著作権、デジタルになり、メディアが多様化して色々な問題が出てきています。2004年には、グーグルが進める書籍の電子化・検索プロジェクト「グーグル・ブックス」の問題が起きたり、それに伴いフェアユース、近くはTPPの知的財産問題、そして中国のパクリ問題等々これからも色々あると思います。
我々、日本のフォトグラファー、デジタルになり元々あまり大切にされていなかった著作権が、最近はもっとぞんざいに扱われています。写す方も個人情報保護法やこんどの法律で、ドキュメンタリー等は、何か写しにくい雰囲気になりつつあります。

さて、取り上げたのは、今日買ってきたCG 2014年1月号に掲載されているメルセデス ベンツ日本からの、小林彰太郎さんの死を悼むメッセージ(広告)です。
写真は荒川政幸さん撮影、CGスタッフフォトグラファーの方だと記憶しています。(フリーになられていたら、すみません。)

小林彰太郎様

嬉しい言葉。
悔しい言葉。
勇気づけられる言葉。

世界中の車を鍛えたのは、
あなたの言葉でした。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

メルセデス・ベンツ日本株式会社
Mercedes-Benz
The best or nothing

日本のメーカー、何故こういう広告ださなかったのか、出せなかった、思いもよらなかったのか・・・
この姿勢の差が、日本の車の「味」や、世界のなかで日本の高級車種のポジションと、かのメーカーの差に結びつくのでしょう・・・
文化には時が必要なようです。

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。 
by mash_boss | 2013-12-23 07:04 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/21701912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 師走23日め。 〆は神楽坂  ... 師走21日め。合掌 12月21... >>