設備投資候補 10月12日(土)3907


b0069507_415466.jpg土曜日ですが、池嶋君が次の設備投資候補のストロボでテスト撮影。
これまでの20台近くあるストロボは使い続けながら、新しい機種に入れ替えを考慮中です。
とりあえず、3台9灯で450万円・・・ フー〜(ため息)
JALがボーイング777Xから、エアバス350に機種を変えるのと同じように、ストロボを変えるのにも色々大変なのです。
タングステンオンリーだったスティル撮影照明器具にストロボにが加わったのは、日本では約55年前、約20年前にHMIがスティル撮影にも登場、デジタルになり蛍光灯、最近ではLEDと照明機材も新しい機材が加わってきました。
スティル撮影のデファクトスタンダードのストロボにも、技術の進歩は確実にあり、PCで光量をコントロールできたりするもの等もありますが、高速発光と光の質で選ぶとブロンになります。
これまで、必要に応じて、レンタルで使っていたのですが、デジタルバックのリースが終わり、1年に1度リース料を払えばよくなりあと2~3年は使えそうなので、次はストロボです。写真のクオリティーを求めると、機材もどうしても良いものが必要になります。その、良さの差は「わずか」です。その「わずか」にこだわるかこだわらないかが、勝負の分かれ目です。
でも、撮影代は安くなったまま・・・ 
アベノミクスに答えて設備投資するのだから、撮影代にもアベノミクスを!!

ブログ ランキングに参加中です。こちらのクリックも、よろしくお願いします。
by mash_boss | 2013-10-13 04:50 | 機材 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/21269325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ミリタリーショップ オープン。... 管理職の日 10月11日(金)... >>