CP+  今年のゴールデンルート 2月1日(金)3658


b0069507_8143981.jpg今日は、昼過ぎから横浜のパシフィコ横浜で開催中のCP+に行きました。
せっかく、横浜に行くのですから、そのゴールデンルートをご紹介です。
まず、横浜美術館で1月26日(土)〜3月24日(日)まで開催中の「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」展の行きました。
「見るべし!!! 」写真展です。横浜美術館収蔵の、お馴染みキャパの写真193点とキャパの公私共のパートナーだった幻の女性報道写真家ゲルダ・タローの2007年に世界初となる個展「Gerda Taro Retrospective」が、ニューヨークの国際写真センター(ICP)で開催され、そのICPの全面的協力で、展示されたオリジナルプリントを中心とする日本初公開の写真83点、計276点が展示されています。
入場料は、¥1,100,-です。私のスピードで1時間半くらい時間が必要でした。
b0069507_9134187.jpg
横浜美術館からCP+の会場までは、無料のシャトルバスが出ています。私が乗った時は、私一人だけ・・・
美術館のシャトルバス乗り場でも、CP+の入場券がもらえるようです。
b0069507_9182692.jpg
会場入り口のすぐ左側、オリンパスのブースでは、お馴染みモモちゃん(フォトグラファー桃井一至君)がレクチャー中でした。
b0069507_9354256.jpg
キヤノンのプロサービスの部屋でフォトグラファーの小澤君にお会いしました。(写真・左)お互いに、ブログ用の写真を写しました。
私はG1Xで、小澤君はEOS 6Dで写しました。
写真右はSIGUMAのブースでレクチャー中の小澤君です。
小澤君は、キヤノンの他にも何社かのレクチャーをしています。

b0069507_9531727.jpgこちらは、トキナーでレクチャー中のENZZ事、フォトグラファーの小河君(左)です。
右は、JPSの会員でもあるケンコートキナーの田原さんです。

b0069507_9591616.jpgプロとして、一番面白かったのはこの展示です。
ファイルムービー、動画関連の製品がずらりと展示されていました。プロ向け製品の展示が少ないCP+では、最大規模のプロコーナーです。
日本のカメラショー、紆余曲折、合体分離を繰り返しました。
日本カメラショー、写真映像用品ショー、ラボシステムショー、国際プロ・フォト・フェアが合体して2005年〜2009年に開催された「アメリカのPMA、ドイツのフォトキナに並ぶ国際イベントにする」と言っていた「フォトイメージングエキスポ」が良かったと思うのですが、4年前にCP+とPHOTO NEXTに分かれてしまいました。世界一のカメラ生産国なのに、大きなショーが無いのは残念です。
b0069507_10345354.jpg
スティディーカムの実演もしていました。
ファイルムービーのカメラ、EOSやNikon,Sonyは小さいので、体格の小さい日本人でもスティディーカムを使っても楽そうです。

b0069507_10192820.jpg
この人だかりは、ハッセルブラッドのブースです。
本当は、サインボケを修正する、プロ向け中判デジタルカメラ、ハッセルブラッドHシステムのデモなのですが、お客さんは派手な衣装のモデルさんに感心があり、撮影をしていました。
b0069507_10234960.jpgCP+は17時で終了です。帰りには、APA・日本広告写真家協会の写真展、APAアワード展と全国学 校図工・美術写真公募展をご覧ください。19時までオープンしていて、無料です。
会場は、みなとみらい駅や桜木町駅に向かう、クイーンズスクエア横浜 クイーンモール2 階の右側にあるギャラリーです。CP+の会場から5分もかからない距離です。
日本の広告写真と、小中学生のみずみずしい感性がごらんになれます。
そして、最後は中華街で一杯というのが、私的CP+ゴールデンルートです。

ブログ ランキングに参加中です。ココのクリック、よろしくお願いします。

 
by mash_boss | 2013-02-02 10:40 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mashtokyo.exblog.jp/tb/19934672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スタジオリニューアル中。2月2... 千客万来ⅲ 1月31日(木) ... >>